2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

.hack//Roots

2006年10月 4日 (水)

.hack//Roots第25話の感想

「Truth」

 

タウンでは、ハセヲがゲームをやめたという噂が広まってます。

そのことでタビーはフィロの所へ。

でもフィロは淡々とした様子で、辞めるのもアリだろうと言いました。

それでもタビーは、ハセヲが戻ってくることを信じています。

志乃さんを救えるのは、ハセヲしかいないから。

確かにその通りかもしれないけど、タビーだって何かしようとすれば出来るのになぁ。

ホント、他力本願です。

フィロも、そんなタビーに、あまりハセヲばっかり頼るなとか言ってるし。

 

藤太と三郎、腹黒いコメントの応酬。

やっぱTaNにいたヤツらって、抜け目ないというか、なんと言うか。

 

ハセヲがトライエッジと戦って未帰還者にならず、レベル1になる程度で済んだのは、因子保有者だから、と冷静に推測する八咫様とパイ。

それについていけず、やたら動揺するクーンさんが素敵です。

 

清作はタビーに、ハセヲのことなんか忘れて楽しくやろ~ぜ☆と言いますが、ノってくれずガッカリ。

タビー、今まで他人任せだったことに気付き、なにかしら行動を起こすことに。

25話にして、やっとかよ。

つか、その他人任せだったことも、フィロや三郎に指摘されてのことだもんなぁ。

タビー、もっとしっかりしようよ。

 

アルケケルンにて、待ち合わせするフィロとオーヴァン。

「待った?」

「ううん、今来たこと~。」

みたいなトークに鳥肌が立つ。

 

フィロはオーヴァンに、ハセヲに何をさせたいか問いかけます。

秘密は墓場まで持っていくらしいです…

って、フィロ、まさか、し、死ぬ、の?

ペットもいなくなったって言ってたし。

ダメだよ、フィロがいないとつまんないよ!

 

八咫様の緊縛プレイから逃れられたオーヴァンですが、その転送先は大聖堂でした。

タイミング悪く、ウフフアハハと入ってくる志乃さん。

で、よく分からなかったのですが、志乃さんをキルしたのって、オーヴァンなのかなぁ。

右腕が制御出来てなかったし。

う~ん。

 

藤太はフィロにハセヲのことを報告。

リアルで無事なら充分だとフィロは言いますが、腹の底を見抜いた藤太に言い返されましたよ。

このゲームが、リアル以上のものになっているから、フィロはハセヲのことが心配なんだと。

何度もハセヲのことを思って、彼に文句言ってきたのに、聞いてくれないんだもんなぁ。

もっと他に言い方があったのかもしれませんが、聞く耳を持たないハセヲにフィロの言葉が届かなくなったのが残念です。

 

クーンさん、シラバスとガスパーに、ハセヲがログインしたら、助けてやってくれと頼みました。

こんな所で根回ししてた!

クーンさんのいい人っぷりに感動です。

たとえ女の子のメアド1000人斬りを目指していようとも、感動です。

 

フィロは藤太に何事かを頼みました。

「荷が重過ぎる。」

深刻な表情の藤太。

何を頼んだのか、めっちゃ気になりますが、やっぱフィロさん、リアルで退場?

 

タビーは、リアルの志乃さんを見つけた模様。

その時、毎日お見舞いに来ている高校生とすれ違ったそうです。

どうやらそれがハセヲだったみたい。

色んなことが起こって悩むタビーに三郎がアドバイス。

「一番大事な事だけ考えてればいいじゃん。」

三郎、性格はアレだけど、肝心な時にいいこと言います。

 

@レイブンでは、なぜオーヴァンが要注意人物なのか、クーンさんに過去の記録を見てもらうことに。

つか、PCを閉じ込めてなんてことしてんだい!

って倫理観からオーヴァンの身を案じるクーンさんの反応が新鮮でした。

そうですよね、普通、こういう反応しなきゃいけませんよね。

やっぱ八咫様ってキモ怖いなぁ。

 

大聖堂で藤太は、中の人が別人のフィロと会います。

やっぱ、リアルのフィロはお亡くなりになられたみたいです。

ええええ~!?

このアニメが始まって以来のショックだよ。

不覚にも涙が出た!

くそぅ。

色々心残りがあるだろうに、それを置いてけぼりで消えていかなきゃならないフィロの心情を思うと、悲しくて堪りません。

 

タビーも、どうやらこのゲームを去るみたいですね。

1人で出来ることは限られているけど、自分と向き合ってみたい。

タビー、25話にしてカッコよく成長した!

良かった!

 

最後にゲームに復帰したハセヲ。

「世の中どうせ、他人事だよな。」

この言葉が今のハセヲの心境を物語っているみたいで、これにも涙が出そうになりましたよ。

ハセヲがますます自分の殻に閉じこもってくみたいで、しょんぼりです。

 

で、一番しょんぼりが。

 

26話、録画失敗☆

 

い、いいもん。

どうせ、そんなに話の進むテンポが速いわけじゃないし、どうせ、ゲームの1と被ってるし、あとで他の人のブログ見に行くし、べ、別に悔しくなんかないんだからね!

タビーだって看護士になるために頑張ってるってゲームの誰かが言ってたもん。

あとはゲームを解けば、真のエンディングが見れるもんね~っだ。

 

2006年10月 1日 (日)

.hack//Roots第24話の感想

「Confront」

 

わお☆ゲームの1巻あたりのエピソードだね。

 

という訳で、とっととゲームをやらないといけないので、今回も箇条書き。

 

・藤太とフィロ、いつもの橋の中央で逢引。

ハセヲがこの居心地のいい場所を離れてしまったのが残念な藤太。

その気になれば戻れる、と強気なフィロ。

 

・「志乃さんは未帰還者だから、あんなになっちゃったんだハセヲ。」

しょんぼりなタビー。

何をいまさら。

 

・三郎が遠まわしの励まし。

そんな励ましに気付かず、ハセヲのことを語り続けるタビー。

ログインしたらハセヲは必ず聖堂に向かうそうです。

三郎、「今は強さだけ求めてるんじゃない?」。

その通りだと思います。レベル上げって楽しいもんね。

 

・三郎から、志乃さんの為に何かしてるのか尋ねられて、答えに詰まるタビー。

わお☆痛いところ突かれたね。

 

・「死の恐怖」と呼ばれているハセヲを志乃が喜ぶと思うのか?

フィロ、ハセヲのガラスハートにクリティカルヒット。

また都合悪くなると逃げちゃう負け犬・ハセヲ。

 

・肉球団は、タビーなしで建て直しを計る様子。

タビーの存在の軽さに思わず涙。

 

・ハセヲ、月の樹の榊と口喧嘩。

オーヴァンを見つけ、喧嘩もそっちのけで追いかける。

でも真相は、口では勝てないからさっさと逃げたんだと思う。

 

・「久し振りだな、ハセヲ。」

失踪して皆に迷惑かけた割には、どのツラ下げて出てきやがったんだ、オーヴァン?

とか思ったのに、我関せず。

その厚顔無知さに愕然。

でもハセヲ、口ではツンツンしてるけど、嬉しそう。

 

・オーヴァンの口から愛しのトライエッジが聖堂に現れると聞くハセヲ。

嬉しそう。

 

・聖堂では三郎がハセオの出待ち。

 

・現れたと思ったら、トライエッジも出てきちゃった。

 

・ハセヲ、データドレインされてレベル1に。

ドラクエのデータが消えるのと、どっちがショックか考えてみた。

<ドラクエ。

 

さ~て、ゲームしよっと。

 

2006年9月30日 (土)

.hack//Roots第23話の感想

「Trial」

 

あああああ、時間が無さ過ぎて感想が書けません。

もうゲームの2巻も発売してるのにね。

それのプレイ日記も書かなきゃなのにね。

まあ、ウチは2週遅れだから、まだ最終回はやって来てないんだけども。

ちょっと今回は箇条書きです。

 

・ヒデオ、ハセヲをパパと呼ぶ。

 それ、なんてイジメ?

 

・ハセヲ、いつか愛しのトライエッジと再び会えることを信じてPK狩り。

 

・クーン、ギルド・レイブンに押しかけてみる嫌がらせ。

 

・八咫様と名乗るヘンな人がハセヲのストーキングをしていることと、それを隠そうともしない堂々とした態度に驚愕するクーン。

 

・「ドットハッカーズの伝説を聞いたことはないか?」

八咫様、不思議話でクーンを煙に巻こうとする。

どうやらThe Woardには仕様外の力が内包されている。それをコントロールし、どうしてそれが存在するのか解き明かすのがレイブンの目的。

この辺、今までのおさらい。

 

・ハセヲ、何十人ものPKから狙われている。

そのモテっぷりに嫉妬したフィロは、いままで通り静観。

 

・ここで活躍して、ヒロインが誰か分からせてやる!

タビー、ハセヲに恩を売るため回復役を買って出る。

巻き込まれた肉球団は、いい迷惑。

 

・フィロは藤太に、このハセヲ祭りを誰が仕組んだのか、調査依頼。

ちょっとくらい心配してるフリをしないと、役立たずって思われるから一応動いてみるフィロ。

 

・タウンへ回復薬の補給に戻ろうとするPK達を、ゲートの前で邪魔する三郎。

なにげにハセヲのサポート。

どうせ助けるなら、このくらい遠い位置からの方がカッコよく見える件。

 

・藤太、ハセヲ祭りを仕組んだ女PKにコンタクト。

実は100人倒したハセヲをいつか自分のパーティーで倒し、名声を得る為に仕組んだ。

意外とくだらない理由でガッカリ。

八咫様が噛んでると思ったんだけどなぁ。

 

・ハセヲ、全員ぬっ殺して、フィールドを去る。

死んじゃったタビーには目もくれません。

真の人でなしにゾクゾク。

 

・「これでもまだハセヲさんのサポートを続ける気ですか?」

しょんぼりな結果になった清作とヒデオが、これ以上やってらんないと離脱。

 

・「また一人ぼっちになっちゃった。」

ちょっとした不幸なヒロインっぷりに酔ってみるタビー。

 

・聖堂で志乃さんを思い出すハセヲ。

PKされた所を何度も脳内でリプレイ中。

実はこのシーンがお気に入りだったりして?

なんて、ハセヲが妙な気質に目覚めたんじゃないか心配。

 

で、ホントに可哀想なタビーに同情。

 

2006年9月19日 (火)

.hack//Roots第22話の感想

「Bonds」

 

「戦いにキズ付くアナタを癒します!」

奇妙なポォジングで他のPCの加勢に来た肉球団ですが、大コケ。

根本的に、団として見直しをしなければいけません。

いや、これはこれで話題になるかも。

毎回やって来るけど、ズタボロで帰って行く3人組みがいるって。

まあ、それでは全くダメダメなので、ポーズの練習から…

もうその辺りで間違っているので、藤太からレベルアップ命令が出されましたよ。

3歳児並みの体力じゃ、ちょっといけませんね~。

 

一方、ヘンなボコボコしたヤツに遭遇したクーンさんは、どうやら碑文使いとして覚醒しちゃったようです。

パイが早速勧誘しに来ましたよ。

クーンさんのPCは周りを巻き込むと危険なことになる能力を秘めているので、誰も巻き込みたくなかったら、今のギルドを離れるべきだと諭します。

「自分の行く末を決めたら連絡ちょうだい。

もちろん行く末っていうのは、ハセヲストーキングの一員だけどね。」

用件だけ伝えるとさっさと帰るパイでした。

 

当のハセヲは、フィロの所へカエル飛びで参上。

「ゲームの中でレザボアしてどうする。」

フィロは、ハセヲがノラ犬になったと例えます。

ノラ犬っていうか、黒いヘンな爬虫類じゃね?

 

トライエッジは消えたので、志乃サンのことは病院に任せろ。

もしトライエッジに会っても話は出来ないだろうとフィロ。

でもハセヲは聞く耳持たず。

トライエッジを力尽くでねじ伏せることしか頭にありません。

それでも話を聞き出せなければ、聞けるまで追いかけるそうです。

ハセヲ、堂々のストーキング宣言!

で、フィロから視野が狭くなってるだの何だの言われ始めると、さっさとカエル飛びで去って行くのでした。

自分の都合の悪いことになると、すぐ逃げるよね、ハセヲ。

 

その頃、肉球団とカナードのメンバーが、どっかのダンジョンでご対面。

タビー達は、適正レベルのダンジョンでレベル上げしてなかったようで、効率悪いとクーンさんに言われてしまいます。

気持ちは分からないでもありません。

早くレベル上げて、ハセヲの力になりたいんだよね。

でも最初から強い所に行くと、薬はすぐ切れるわ、SPもすぐ無くなるわでいいとこ無し。

ここはチマチマ上げるのがいいのかも。

 

そんなクーンさんを盗撮してる八咫様。

興味ないのか、彼には長期戦でいく予定。

良かった、クーンさんがネコミミとかじゃなくって良かった。

 

アルケケルンで小休止の肉球団。

タビーの家庭はみんな仲がよろしくない様ですね。

そんな彼女に、清作は肉球団を家族にしてみては?と微妙な励ましの言葉を投げかけます。

んで、さりげなくリアルデートのお誘い。

コイツ、デキる。

 

まだ迷っているクーンさんをダンジョンの奥に連れて行くパイ。

そこにはバグったモンスターがおりましたとさ。

CC社の人~。早く何とかしてくださいよ~。

こんなもん放っておいたら、クソゲーとか言われますよ~。

パイは自分の特別な力でそのバグを撃破。

クーンさんにもこの力が宿っており、コントロール出来なければ危険だと言い切ります。

「制御出来ない力がどんな結果をもたらすか、夏コミ会場なんかを想像してみるがいいわ。」

そいつは危険だぜぇぇぇ!

 

一方、藤太は肉球団に素敵なハセヲストーキングのオススメ。

ハセヲにキルされたプレイヤーを蘇生して、傷付いたハセヲを回復。

話題作りには持って来いです。

大丈夫、ハセヲストーキングなんか皆やってるし、気軽にやってみよ~☆

 

クーンさんは考えた挙句、カナードを抜けることにした模様。

やたらカッコいいシラバスにキュンです。

ゲームでは箸にも引っかからないビジュアルなのになぁ…

号泣するガスパーにホロリ。

やっぱ矢島さんはいい演技するなぁ。

妙なことに巻き込みたくないクーンさんは、後ろ髪を引かれながらもカナード脱退。

「クーンさぁん、いつだって戻って来ていいんだからね。」

ガスパー、お前ってヤツは、どこまでいいヤツなんだよぅ。

 

レベル上げも順調にいったのか、肉球団がハセヲの前に姿を現しましたよ。

藤太のアドバイス通り、キルされたPCを蘇生し、ついでにハセヲも回復。

その行動に「バカだ…」と冷笑するハセヲ。

お 前 が ヴ ァ カ だ !

 

気になるのは一般PCの会話ですね。

TaNの隠しアイテム無料貸し出しって、誰が何をやらかす気なんだろ?

2006年9月 8日 (金)

.hack//Roots第21話の感想

「Defeat」

タウンでは、トライエッジから逃げてきたPCのウワサでもちきり。

ホント、みんなウワサ好きって言うか、物見高いよね。

その物見高い人のトップランナー・八咫様とパイは、本日は趣向を変えまして、ハセヲではなくこのPCを盗撮☆

「いかがいたしましょう。」

「パイ(ウザイんでいちいち聞かないでくれないかな、このアマ?)、オーヴァンのように考えオーヴァンのように振舞え。」

八咫様、そんなにオーヴァンのことが忘れられないのかしら(違

 

タビーはフィロに人生相談しに、橋まで来ましたが彼はおらず、代わりに藤太が立ってました。

タビー、コイツでもいいやと思ったのか、人生相談開始。

「志乃さんなら、どうするんだろう。」

結局、どうあがいても自分は志乃さんにはなれない、自分が精一杯出来ることをしようという思いに至るタビー。

それを受けて、藤太がアドバイス。

ステキなギルドマスターのススメです。

個人じゃ無理でも組織なら出来ることもある。

んでも、その組織で大失敗したよね、藤太。

ま、気を取り直して、さっさと前向きにGO!

 

一方、ウワサのPC・碧はハセヲと接近遭遇。

どっちも不遜な態度です。

それをちゃっかり盗撮中の八咫様は、めっちゃ嬉しそうです。

「これは想定外の展開だな。うほ。」

 

タビーはギルドを作ったものの、その運営方法が分からず思案中。

清作が親身になって考えてくれます。

タビーがどうしたいのか。

それを形にするにはどうしたらいいか。

タビーはあくまでもハセヲの手伝いがしたい様子。

回復専門のギルドという考えが、漠然と湧いてきてるみたいです。

ハセヲにキルされたプレイヤーも回復してあげようなんて、ホント、タビーはハセヲの為に何かしたくてしょうがないんですね。

けな気。

 

さて、殴られ屋の碧ですが、過去ログを洗ってみると、トライエッジとオーヴァンの戦いを目撃していたらしいです。

あらあら、またまたハセヲに絡まれポイント上昇ですね。

 

三郎はPCを返却する為に、パイに会いに。

でもパイも用済みのボディはいらないらしく、返さなくていいと三郎に伝えます。

でも三郎もいらんって。

ちょっと可哀想、そのPCボディ。

 

一方、パイに踊らされているとはしらず、藤太は碧の元へ。

トライエッジを知っているか尋ねます。

彼女は目撃者であり、生還者。

実際、ロストグラウンド・ブリューナギリオンで、トライエッジとオーヴァンが戦っているのを見たそうです。

 

情報収集が終わった藤太は、タビー達にステキなギルドのアドバイス。

清作にはPCをハーベストに変更するよう指示。

アンタ、何様?

ギルドを作るには3人必要なので、清作のリアル友達を巻き込むようです。

それにしてもギルド名・肉球団。

に、肉球ゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!

儂も入れてください(ウットリ)。

 

ま、それはいいとして、ハセヲは碧から情報を聞き出そうと会いに行きましたよ。

んでも、唐突に鎌を碧に叩きつけます。

「トライエッジを倒したヤツを思い出せ。」

だめだ、コイツ…

つか、走り方がおかしいよね、ハセヲ。

なんだろ、あのがに股走り。流行ってんの?

で、あんだけ強気でかかって行きながら、PKされちゃったハセヲ。

つ、強くなったんじゃないんですか!?

まだまだダメっ子なんですか!?

それに、この軽妙なBGMは何ですか?

イヤミ?

 

.hack//Roots第20話の感想

「Pursuit」

 

「トライエッジを知らないか?」

最近めっきり影が薄くなったハセヲが、荒みまくって登場です。

テコ入れ大間違い☆

 

タウンではトライエッジ失踪のウワサが流れています。

タビーはアカウント停止にでもなったかと天然発言しますが、フィロはトライエッジにそんなもんがあるかどうか疑問視していますね。

はい、フィロに1点。次の質問、アタックチャ~ンス!

 

八咫様は、今日も元気に引きこもってモニター監視。

「彼が因子を持っているのは間違いない。」

ハセヲの持つ因子を覚醒させる為には揺さぶりが必要な様子。

パイの場合は、制御しきれない感情の奔流があり、リアルとゲームのパイがシンクロし、リンクしてしまったそうです。

ハセヲも不安定な状態だし、後は揺さぶるだけ、とハセヲにちょっかい出しに行くツンデレ女王パイさん。

「さて、そううまくいくかな?

つかパイもどっか行ったことだし、ハセヲきゅんの姿でも見つめよっと♪」

そんな感じでハセヲを舐めまわす様に監視する八咫様(ウソ)。

 

ハセヲは盗撮されてることなど一切知らないので、調子ブッこいてPKに乱暴し放題。

キレたプレイヤーだと専らのウワサになってます。

心配するタビーとフィロ。

もういい加減、なまぬる~い目で遠~くから見るだけにしといた方がいいんじゃないかしら。

フィロはハセヲのことを閉じた貝に例えて語ります。

無理矢理こじ開けようとすると壊れちゃう。

うん、適切な例えです。

とりあえず何とかしたいタビーは、ハセヲと語ることを決心。

ガンバレ、タビー。

 

一方、ネコミミショッパーズとくっちゃべる藤太。

トライエッジをロストグラウンドで倒したヤツがいるというウワサを耳にし、裏を取ってみることに。

でもTaNのネットワークはもう使わない様です。

ケジメってことかな?

それにしても藤太になってからの俵屋、やたら重要な位置にいる様な。

ビジュアルの勝利ですか?デヴでは脇役以上にはなれないんですか?

 

タビーはゲート前でず~っとハセヲを待っていた模様。

回復アイテムを渡そうとするタビーを「お前ウゼェよ。」と拒絶するハセヲ。

お前がウザイ!

「そんな簡単じゃないの、分かってたもん。」

うわ~、耐えるタビーが哀れで堪りません。

もういいやん、見放しなよ、そんな三白眼。

 

三郎はパイからPCボディの返却を迫られていました。

ハセヲに三郎のPCボディで試したいことがあるそうです。

んでも、いきなり返せって、ちょっと酷いよね。

 

その頃タビーは、冷たくされたハセヲのことをまだ心配してました。

あんた、M?

仲間だし、酷くなってくのを見たくない。

う~ん、その気持ちは分かるけど、今のハセヲは誰の言うことも聞かないと思うよ、三白眼だし。

 

三郎は、パイ達がこの世界で試せること、やろうとしていることを思索中。

そして、ハセヲが手に入れた強さを測りたいんだと悟ります。

ハセヲとコンタクトを取る三郎。

「たかがゲームだよ。」

三郎の言葉に拳を握り締めるハセヲ。

彼にとって「たかが」ではありませんからね。

つか、そろそろ1人で解決出来ないって気付け。

三郎も頭キレるし、仲間になってもらえばいいのに。

ちょっと性格に難アリだけど、ハセヲも難アリだし、ちょうどいいよね?

 

「前のあんたはまっすぐだった。」

ハセヲと対峙した三郎は、今のハセヲはねじれていると看破。

「あんたにしか無いモノ、私に見せてみろよ!」

問答無用でバトル開始ですが、力の差は歴然でした。

 

それを盗撮していた八咫様。

「一般的プレイヤーでは相手にならない。

例の未知の現象をぶつけてみるか。」

また妙なことを企んでますよ。

でもパイは反対の様です。

「リスクが大き過ぎます。

それにハセヲを独り占めするのはよしてください、この変態。」

 

「敵が増えてきたな。」

ハセヲを心配するフィロ。お話し相手の藤太。

この二人の前にハセヲがふらりと姿を現しましたよ。

久し振り~、元気だった~?

 

「俺にしかないもんて何なんだよ?」

挨拶も無しに本題に入るハセヲ。

この人、社会に出て苦労するよ。

礼儀大事、礼儀大事。

 

フィロはハセヲを諌めますが、聞く耳持たず。

さっさと消えるハセヲ。彼をストーキングする藤太。

あわわわわ、新たなハセヲストーカーの誕生です。

 

その頃、フィロの元には太白が。

「彼の変わりようは何だ?」

太白もハセヲに興味津々。

タイヘン、もてもてすぎていつか背中から刺されないように気をつけて、ハセヲ。

太白は『痛みの森』イベントは、早く正当な手段で強くなれるイベントだったと自己判断。

しかも本当にクリアしたのはハセヲのみだと断言します。

んでも太白は、本当にクリアしなくて良かったとポロリ。

そりゃあ、クリアしたみんながあんな三白眼になったらなぁ(違

 

そんな三白眼は藤太に会って、彼が俵屋だと気付きます。

ヤダ、このシーン、なんかラヴい。

よかったね、俵屋。ちゃんと覚えててもらって。

 

2006年8月25日 (金)

.hack//Roots第19話の感想

「Violation」

 

たわらやぁぁぁぁぁ!!!!!

お帰り、激ヤセですね?

どんなダイエットを試みたんですか、教えてください。

 

それは置いといて、ショップの人に俵屋だと言われて、否定する緑の髪の人。

でも言動がどう見ても俵屋です。

まあ本人が藤太だって言い張ってるので、そう呼んであげよう。

た、藤太はアイテム価格の高騰に驚きます。

どうもTaNが消えると、だんだん高くなったみたい。

BBSには業者介入の話まで上がってました。

そこでは何もせずフラっと去るた…藤太。

 

た、藤太(しつこい)はフィロの元へ。

フィロには自分が俵屋であることを否定しないんですね。

そんな仲ですかそうですか。

え?

別にベーコンレタスとは言ってませんよ。

特殊な信頼関係だと思っただけですよ。

藤太はフィロに直毘の居所を聞き出そうとしますが、フィロは知らないと言います。

知ってるくせに…

ただ、ゲームから消えたということだけ教えてあげます。

フィロの成分は中途半端な優しさで出来ている模様。

 

ここで藤太のリアルがほんのちょっと明らかに。

彼ってば、留学が決まったインテリ大学生だったのでした。

てっきりミナミの商人だと思ってましたよ。

 

一方、もう出ないと思っていた毛糸兄弟が再登場。

なかよく遊んでます。

宝箱から見つけたツインソードを持ってショップに売りつけに。

俵屋リスペクトなショップの人、え~っと?

ヒロキオ?

の所に持っていくのでした。

ここで偶然、藤太にタビー探しといてくんねぇ?依頼をする毛糸兄弟。

といういことは、また出てくる予定なのかしら?

それはいいんだけど、今回タビーもハセヲも出て来ねぇな。

 

と思ったら、モニター越しのハセヲにコンニチワ。

今日も今日とてハセヲストーキングに忙しい八咫様。

パイは俵屋が戻ってきたことを危惧しますが、八咫様はどうでもいいみたい。

だってデブ専じゃないし?

男子高校生好きなので。

 

場面変わって、ネコミミショッパーズ。

TaNの在庫を安く売る残党だとウワサを流され、お店は閑古鳥。

藤太も心配らしく、ちょくちょくこの店に顔を見せます。

と、悪人顔のRMTの人が、お店に難癖付けにやって来ましたよ。

「よくまあ、、また商売する気になったな。」

と、憎まれ口を聞いて去っていきます。

コイツの命もあと5分くらいか?

 

パイ、よせばいいのに藤太をストーキング。

で、エンダーだと見破られちゃいました。

クールビューティー気取ってて、この人が一番マヌケだよなぁ。

好きですが。

パイは、藤太から直毘への伝言を一方的に預かりました。

「今夜、RMT集団をおびき寄せて、一網打尽にする。」

藤太って、この世界を愛してるよなぁ。

 

その伝言を聞いた八咫様。

「どうしたもんかな…

デブにもマッチョにも興味ないし…

第一、ハセヲを盗撮するのに忙しいしな…」

ちょっぴり困惑気味な八咫様。

 

なぜかショップの人がRMT集団おびき寄せ作戦の最前線に立ってます。

オマエら、それでいいの?

 

それをモニターで監視していた八咫様ですが、おもむろに上の人に話を通すことになりましたよ。

ヒロキオか?

ヒロキオのネコミミに萌えたのか?

 

周りからはRMTの人達に剣を突きつけられ、見えない所からは盗撮され、絶対絶命なネコミミショッパーズでしたが、間一髪で毛糸兄弟が駆けつけます。

そして高い所から藤太も参上。

高い所から…

 

「お前らの商いは、客を幸せに出来ない!」

めっちゃカッコイイこと言った!

でも瞬殺された!

 

でも、ホントのホントに危機一髪で、システム管理者が介入。

なんとか助かったのでした~。

 

マク・アヌでフィロ相手にしみじみ語る藤太。

レアアイテムに匹敵する様なものが、残っていたそうです。

良かったね、藤太。

世界が全部、敵ってワケじゃないもんね。

 

そしてその場を去ろうとする藤太。

前方からインド人もビックリなド派手サリーちっく衣装で、ヘンな人が歩いてきます。

その不審者は、藤太とスレ違う瞬間、こう囁いたのでした。

「キミがこの世界に帰って来たことを、心から歓迎するよ。

良く見れば、キミも私の範囲内だ。」

藤太、気をつけて!

 

つか、八咫様の指の格好って、歓迎って感じじゃなかったよな…

 

2006年8月17日 (木)

.hack//Roots第18話の感想

「Limit」

 

ハセヲ、ますます白目になりつつ『痛みの森』を攻略中。

このイベント参加中は、ショートメール等、外部からの連絡が一切取れなくなるそうです。

森の中では取れるようになるとか。

このことが一層、このイベントの特異性を物語っています。

タビーだって、ホントは行って何かしてやりたい。

ハセヲの役に立ちたい。

そう思っていますが、彼女が行った所で、ハセヲが喜ばないことも理解しているタビー。

待つことしか出来ません。

まあ、待つことも大事だから。ツライだろうけど、ガンバレ、タビー。

 

いろんな人が心配していることに気付かないハセヲ。

「強くなる。絶対強くなる。」

と、フシギな呪文を唱えています。

あれ?死んだか?

 

一方、順調に最深部まで辿り着いたダンディ・太白。

大剣を引き抜き「これで終わりなのか?」と拍子抜けの様子。

う~ん、どうでしょう?

 

マク・アヌではタビーが明日の予習をしながらハセヲの帰りを待っています。

ここでフィロのリアルがチラホラ判明。

どうやら、12歳になるシュナウザーとニャンコを飼っている様です。

家族は無く、一人なのかな?

ちょっぴり切ない話ですね。

 

その頃、太白さんはハロルド・ヒューイック声(The Worldを作ったちょっとぶっ飛んだアレな人)のヘンなキモイ人に質問されてました。

 

「我、汝に問う。

我らが娘は健やかなりしか?答えよ。」

 

わっちゃ~。

太白さん、妙なヤツに絡まれちゃったね。困ったね。

でも礼儀正しい太白さんは、キチンと答えます。

「知らんけど、元気ならいいね~。」

「OK!じゃあ、この剣あげるよ。」

こんな感じでヘンなキモイ人から剣を貰いました。

でも嬉しくなさそう。

なんかヘンな菌とかついてそうだもんね。

 

リタイヤしようとしてパイに怒られてた三郎は、結局リタイヤするみたい。

ハセヲに回復薬とアドレスを渡して、さっさとトンズラ。

一応、戦闘は避けろとアドバイスしてくれましたが、モンスターがハセヲを放っておかず、次々と襲ってきます。

わお☆モテモテだね、ハセヲ。

 

ゲートをくぐった三郎。

目の前にはプンプンなパイがおりましたとさ。

パイ=エンダーと見抜く三郎。

すごい洞察力です。

どっちが素なのか考えると怖くなるけども。

少なくともエンダーは願いこうむる。

あんまりにも酷い扱いにキレた三郎は、パイ達にはもう従わないと去って行きました。

「納得のいかない仕事を黙々とやらされるのは、リアルだけで充分!」

ごもっとも。

 

太白が『痛みの森』イベントをクリアしたことは、タウンでもBBSでも話題になってました。

みんな情報早いね。

それを聞いて、ハセヲのことを心配するタビー。

フィロは兎に角「待とう」と一言。

結果がどうあれ、頑張らなかったことを後悔したくないから、ハセヲも森の中で一人で頑張ってる、と。

う~ん。

どうなんだろ?

ハセヲとしては結果を大いに期待してると思いますよ?

一刻も早く志乃さんを助けたいですからね。

 

そんなハセヲもついに最深部に到達。

剣を抜くと、例のあの場所へ転送です。

 

ここでハセヲストーカー・八咫様登場。

今日も元気にハセヲを盗撮。

消えたハセヲに一瞬焦った八咫様ですが、いつものヘンタイ振りを取り戻し、静観する模様。

さすが一筋縄ではいかないヘンタイ。

 

ハセヲはというと、ハロルド・ヒューイック声のヘンなキモイ人とご対面してました。

「娘が元気でやってるか知らんかのぅ?」

「知るか、バ~カ!」

「んだと!お前なんかに剣をやるもんか!

バ~カバ~カ、お前のかーちゃんデ~ベソ!」

こうして、ハセヲのデータが何かタイヘンなことに。

 

フィロは太白の元へ。

どうやら、軽くお知り合いの様です。

相変わらずフィロの顔の広さにはビックリです。

太白はフィロの暴言を嗜めますが、フィロはハセヲを想っての暴言。

実際、トライエッジに対面したことのある者から見れば、ハセヲが歩もうとしている道は修羅の道。

ここで自分の無力さを実感し、折れて欲しいと願ってとのことでした。

老婆心から来てるんだろうけど、決心した者には邪魔なだけなんだよなぁ。

ハセヲの行動を『止める』んじゃなくて、『協力する』ことは出来ないのかしら?

 

タビーは森のゲートで、ハセヲの帰りを待っていました。

ハセヲは自分のことを友達とも思ってないだろうけど、それでも待つ。

そう口にしたタビーは、なんとなく自分がやりたいことに気が付いた様です。

ああもう、みんな最終的には、楽しくゲームがプレイできる様になればいいのに。

 

待っているうちに、イベント終了のお知らせが流れ始めました。

このエリアはイベント終了時に消滅するそうです。

それでも帰ってこないハセヲ。

遠くの方からグラフィックが壊れ始めた瞬間。

空からハセヲが降って来ました。

 

ハセヲ、3rdフォームに卍解です。

怖ェェェェェ!!!!!

白目もさらに倍増。

怖ェェェェェ!!!!!

 

それを見た八咫様。

「彼が因子所有者だ。」

ウッキウキの御様子です。

 

2006年8月11日 (金)

.hack//Roots第17話の感想

「Painful Forest」

 

やれやれ、やっと感想が書けました。

こっちでは1週遅れとはいえ、遅すぎですね。

 

つか、OP映像はもう変化無しですか?

曲はあのままで変えて欲しくないんですが、いい加減、直毘は八咫様に差し替えた方がいいと思う。

 

それにしても今回の作画も酷かったですね。

ハセヲの荒み顔を意識してなのか分かりませんが、ちょっと…

 

まあ、そんな酷い作画で自分の顔が描かれているとは知らないハセヲ。

痛みの森イベント奮闘中であります。

どうやら、この痛みの森もロストグラウンドだそうで。

ホント、大丈夫か?

このゲーム。

 

一方、いつもの橋では、フィロとパイがお話中。

「あの子」ってのは誰のことなんでしょうか?

服装からして、可愛い女の子っぽいけど…

フィロは、そのことに関しては全く答える気は無いみたいですね。

 

あら、八咫様!!!

この人も、お外に出てくることがあるんですね。

てっきり薄暗い部屋が大好きな引きこもりさんかと思ってましたよ。

「お外に出ると紫外線でシミやシワが増えるのよ。

だから外には出ないようにしてるの。」

てな、人かと思ってましたよ。

その八咫様ですが、唐突にある少女の話を始めます。

その少女を通じて、フィロとオーヴァンは知り合った模様。

だ か ら 、その少女って誰なんだ?

 

分が悪くなったのか、フィロは夕食の支度をすると退場です。

自炊ですか?

 

そのころタビーは…ウジウジしてました。

三郎がいいこと言って励ましてます。

でも、まだまだウジウジには効かないみたい。

タビーも思いつめるキャラですね。

頑張って悩め。

 

三郎はパイに呼ばれ、移動。

パイからハセヲを追って痛みの森へ行くよう指示されます。

「鵜飼いの鵜の気持ちが分かる」

とかなんとか言いながら従いますが、そんなにイヤなら断ればいい。

ちょっと語気が荒いのは、三郎が気に入らないからです。

気にしないで下さい。

 

タビーはフィロにウジウジ中。

痛みの森イベント攻略中のハセヲのことを心配するタビー。

フィロは、トライエッジと渡り合うためには、強さだけでは足りないと確信しています。

ただ、それをハセヲに理解させることは無理でしょうね。

ハセヲ君、余裕無いもん。

「私にも何かできる事ないかなぁ。」

タビー、キミも思い詰めてたらどうにもならんぞ?

 

三郎は、うまいことハセヲに接触。

なぜ、このイベントをやってるのか問いかけます。

シャイで人見知りが激しいハセヲ君は、いつもの様に邪険に扱います。

初対面の人なのにね。

マナー、なってないよね。

そんなハセヲの態度にお構い無しの三郎は、一人でベラベラ喋りっぱなし。

ウゼェ。

『痛みの森』イベントをクリアしても、報酬やレベルアップが望めるかどうかも定かではないそうです。

お先真っ暗情報を伝えられたハセヲ。

ますます三郎のことを邪険に。

もっとやれ。

 

その頃、トライエッジさんはオーヴァンとコンニチワ。

一瞬、驚くオーヴァンですが、ニヤリと笑う辺り、結構余裕です。

ちょ、キモ、このグラサン!!!

とか思ったのかは分かりませんが、おもむろに腕輪を出し、オーヴァンをデータドレインしようとするトライエッジ。

トライエッジの目から見たオーヴァンは、モンスターと一緒って認識でいいですかそうですか。

んでもオーヴァンはまだまだ余裕。

黒いボコボコした物がヤツのグラサンに映ります。

ヤバイですよ!

逃げてください、トライエッジさん!

ヘンタイが何かやらかそうとしてますよ!!!

 

緊迫した戦いを他所に、三郎は一方的にハセヲに話しかけてます。

AIアウラの話ですね。

アウラが出てこなくなった代わりに、トライエッジが出て来たみたいだと自分の考えを得意げに述べてます。

好きなことは、人がどんな反応を示そうとも語り続ける三郎さん。

B型か?

 

シーン変わって、ヘンtオーヴァンはトライエッジをとうとう退けちゃいました。

こんの~、キモいグラサンめっ。

今度会ったら覚えとけ!

くらいにガン見しながら消えていくトライエッジ。

ちょっと同情。

 

あらら、またまたクーンさん登場です。

意外と出てきますね、よしよし。

クーンさん、初心者支援ギルド・カナードを立ち上げる為、忙しいみたい。

でも人の集まり良くないよね。

交渉とか苦手なのかな?

タビーが、クーンの話を聞いて、何か思うことがあったみたいだけど、ぶっちゃけ興味ないので飛ばします。

清作の中級者支援の話も興味ないので飛ばします。

儂が興味あるのはヘンタイだけ~(違

 

ハセヲ、ダンディハウス・太白と遭遇。

最深部に行けばクリアなのか不確定要素が多いこのイベント。

「無いと思って遊ぶか、あると思って遊ぶか。」

太白の発した言葉にオーヴァンの言葉を重ねるハセヲ。

アイツのことは忘れなよ。

ただのヘンタイだってばよ。

 

最深部で会おうと分かれた二人。

あれれ?

三郎さん、太白にくっ付いて行ってますよ。

一目惚れか?

でもダンディ太白は、三郎が好みのタイプではなかったらしく、そっけない態度です。

あまつさえ、三郎の言動を『寄生』と一蹴。

もっと言ってやれ。

 

傷付きながら、一人でちゃんと前に進むハセヲには好感が持てます。

その進み方が正しいか間違っているのか、それは置いといて。

にしても…

 

「フォォォォォォォォォォッ!!!!!」

 

ハセヲもヘンタイに!!!!!

 

2006年7月27日 (木)

.haco//Roots第16話の感想

「Resolution」

 

うぉぉぉぉ~い!

太白やん!

ゲーム、G.U.一のダンディ野郎・太白やんけ。

 

オーヴァンが後ろにいるよ。

危ないよ、ストーカーかもしれないよ?

あ、オーヴァンが太白に話しかけてきたよ。

どうやら面識はないみたい。

も、もう、オーヴァンの行動がホントに理解できません…

 

マク・アヌでは期間限定イベント『痛みの森』の話で持ちきりです。

や、再びクーンさん登場ですね。

1回きりだと思ってたのに、嬉しい誤算。

クーンさんによれば、このイベント、期間は1週間。

最深部まで行って何かするそうですが、たどり着いた者がおらず詳細は不明とのこと。

それだけ言うとクーンさんは、新しいギルドの準備をする為、去って行きました。

そのギルドはアレですね?

初心者支援ギルド・カナードですね。

いろいろあるでしょうが、頑張って下さい。

 

フィロのところにハセヲがやって来ましたよ。

ハセヲさん、先週登場してないので、それを取り戻そうと必死です。

お顔もタイヘン凶悪になってきてます。

ファン、減るよ?

 

ハセヲはフィロに会うなりトライエッジの情報を求めます。

どしたん、ハセヲ?

一目惚れか?

 

焦るハセヲに対し、フィロは冷静にトライエッジのことは諦めろとアドバイス。

お前とヤツとじゃ住む世界が違う。

傷付くのはハセヲの方だぞ。

とは言ってません、念のため。

 

一方、旅団公式ストーカーの八咫パイコンビ。

お日柄も良く盗撮中です。

どっちも気になるけど、真性ヘンタイな八咫様はハセヲの方が好みみたい(違

もうちょっと泳がせるそうです。

だってコッソリ見てる方が性に合うから(ウソ

 

パイは三郎とコンタクトを取ります。

タビーと接触する様に指示。

三郎はハセヲの方がいいとダダをこねます。

ホント、大人気です、ハセヲ。

 

そんな、ちょっと気になるタウンのアイツランキング№1のハセヲさん。

タビーとフィロが『痛みの森』の話をしてるところに割り込んできましたよ。

このイベント、トライエッジを倒せるキャラの選考会だというウワサが飛び交っているようです。

フィロはそれを ガセ と一蹴。

だけどハセヲはなかなか納得できない模様。

まあ、ハセヲにとってはガセでも何でも、トライエッジに関わることなら知りたいだろうしなぁ。

でもせっかく協力してくれそうな雰囲気のタビーを邪険に扱うのはヤメロ。

お前には関係無いって言うな。

タビーだって、志乃さんのこと心配してるのに。

ホント、ハセヲって器ちっちぇな。

 

聞き分けの悪いハセヲを連れて、フィロはトライエッジに出くわしたあのエリアへ。

今のハセヲのレベルではトライエッジに太刀打ちできないし、やってみてダメだったら未帰還者になってしまうかも。

そう諭そうとするフィロの言葉はハセヲの耳には入りません。

みんながハセヲのこと、心配してるのになぁ。

やれやれだぜ。

「周りが何も見えていない」

フィロの言葉に激しく賛同。

それにしてもフィロは強いですね。

呪療士なのに。

もしかしてレベル上限ですか?

かっちょいいですね~。

タヌキ体型だけど。

 

そんなタヌキに目をつけたヘンタイが一人。

「フィロ、一体オーヴァンの何なんだ。」

そりゃ、こっちのセリフですよ、八咫様。

 

せっかくフィロが稽古つけてやったのに、ハセヲには通じません。

「強くなりゃいいんだろ!?」

力こそ、正義!!!

と、どっかの悪役と同じ考えに陥ったハセヲ。

一人で何でもしようとするハセヲが少しは変わればいいとフィロは考えたのですが、どうやらムダに終わったみたいですね。

ハセヲ、ますます一人遊びが得意になった模様。

 

マク・アヌで三郎がタビーと接触。

タビーはハセヲを待っていたようです。

肝心のハセヲは痛みの森イベントに突入。

累々と転がる屍に怯むことなく進んで行きます。

あれ?

ダンディハウス・太白も参加してるよ。

面白い展開になりそうです。

 

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク