2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

アンジェリーク

2008年10月 8日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 最終話の感想

「永遠のアルカディア」

 

はぁ…今回でニクスたまともお別れ。

秋の訪れと共に、うっすら物悲しいものがあります。

 

 

星の舟で到着した場所は、荒廃した擬似アルカディアでした。

そこには、在りし日の陽だまり邸まで再現されています。

さっそく中に入るアンジェ達。

懐かしそうに見渡していると、突然火災が発生します。

激しい火炎でみんなバラバラに。

エレボスがアンジェ達を引き離そうという魂胆が見え見えです。

 

で、アンジェが飛びこんだ部屋にはニクスたまが!

はぁぁぁ~、ニクスたまは前後左右どこをどう見ても全方位カッコイイですねぇ。

アンジェも、ハンサメンを1人も欠ける事無くコンプリートしようと必死です。

「ニクスさん!一緒にアルカディアに帰りましょう!」

彼女の呼び掛けに答えず、優雅に紅茶を飲んで軽くスルーするニクスたま。

うっとりです。

 

 

レイン・ヒュウガ・ジェイドは、偽アンジェに翻弄。

「女王になりたくない」という偽者の言葉に、一瞬怯んでしまいます。

でも、みんな騙されませんよ。

特にヒュウガさんの態度がヒドイw

「アンジェリークを愚弄するな!」

偽者を、ものっそい冷たい目で見下ろして一閃。

躊躇も何もありませんでした。

パーフェクトだ!ヒュウガ!

そんな感じ。

 

偽アンジェに斬りつけると、今度は中から透明なマネキン軍団が出てきましてですね。

一斉に、陽だまり邸に帰りたいコールです。

この言葉に、楽しかった陽だまり邸での生活がフラッシュバックされ、みんな一斉にホームシック。

特にディナーの時間が1番楽しそうでしたが、気のせいか?

 

アンジェも思いは同じ。

「陽だまり邸に、帰れるものなら帰りたい…」

心揺れるアンジェですが、ニクスたまの常套句「ノーブレスオブリージュ」を思い出し、気持ちをしっかり持ち直します。

しつこいほど言っといて良かったね、ニクスたま。

 

オーブハンターの皆様も、「アンジェの女王の道を妨げるな」と透明マネキンに攻撃します。

ここはほっといても片が付くのでっと。

 

アンジェvsニクスたまが、すごいことになってました。

「さあ…踊りなさい!」

ニクスたまったら、か弱い乙女を鞭で容赦無く打ち据えますよ!

いやぁん、儂も!儂もぶって!(←病気

 

ニクスたまがS丸出しの表情で鞭を振り回している所へ、レイン達が駆けつけます。

そして必死の「仲間」コールで、ニクスたまってば、正気に戻りあそばされましたよ。

アンジェ、ここで会心の微笑み。

「ニクスたまは私の大切な眼鏡です!」

この一言で、完全に正気に戻ったニクスたまが、「オーブハンター」の「ンター」に戻ろうとしたその時!

エレボスが!

ニクスたまの中のエレボスが、ニクスたまのお顔をとんでもないことに!!!

やめて!

赤い目はいいとして、そこに睫毛まで生やさないで!

ブッ細工すぎるやん!

イヤや!こんなん、ニクスたまや無い!!!

 

女王の卵候補の怨念をも取り込んだエレボス。

彼女達のアルカディアに対する恨みは生半なものではありません。

アンジェの説得も全然、聞く耳無し。

さらなる攻撃に入ろうとします。

しか~し!

ここで後ろから美しいニクスたまがご光臨☆

ス タ ン ド ?

 

動きが止まったニクボスに、笑顔で駆け寄るアンジェ。

「でぃッ!」

アッー!!!

ニクスたまを容赦なくブッ刺したァァァ!!!

酷ェェェ!!!

さらにアンジェさん、すかさず浄化の光でエレボスを完全浄化。

なんか、笑顔で成仏していく女王の卵候補たち。

ついでにホントに正気に戻るニクスたま。

 

はぁ、やれやれ、やっと儂も成仏できるわい。どっこいしょ~、と勝手に退場しようとするニクスたまを、アンジェは引き止めます。

彼女は、ニクスたまも幸せになるために生きろ、そなたは美しい。♪はりつめた~弓の~byもののけ姫

それだけ伝えると、ニクスたま、消えてしまいました。

笑顔で振り返るアンジェ。

「ニクスさんは大丈夫。」

ホントかよ!今、消えたぜ?

吸血鬼とかが成仏するような感じで消え去ったぜ?

大丈夫なのか!?

 

そんな心配をよそに、エルヴィンがアンジェに駆け寄ってきます。

その瞬間、アンジェは不思議空間へワープ。

んで、野太い謎の声が語りかけてきましたよ。

エルヴィンに取り憑いていた、宇宙意思さまのお出ましです。

宇宙意思の問い掛けに、アンジェは聖地へ行き女王になることをはっきりと宣言。

「行くな!アンジェ!!」

事の重大さを、今更ながら気付いたレインが止めに入ります。

でもアンジェは翼を生やして飛んで行っちゃいましたとさ☆

 

 

女王となったアンジェは、宇宙からアルカディアを眺めます。

「なんて美しい…私の故郷。」

 

うわぁぁあ!!!

これ、ある意味バッドエンドだァァァ!!!

なぜ、今まで攻略してきたハンサメンズを聖地にテイクアウトできない!

いーじゃん!いーじゃん!み~んなでアルカディアを見守ってたって。

みんながムリでも1人だけでもさぁ!

アンジェ…自分の我がままを押し殺して、他人の為に生き続けるなんて、なんていいMなのかしら(マテ

 

 

んで、残されたハンサメンズですが…

みんながアンジェを待つか、探しに行く気満々です。

チックショー!アンジェ!

最終回までモテモテだぜぇ!

そりゃそうだよね。

プチティアラに真っ白な羽とパステル調のロングドレス。

めちゃモテ女王コス全開だもんね☆

 

つか、ルネの後ろにマティアスの霊がいたことが気になって仕方ありません。

誰か見える人連れてきて!

 

あと、ジェットが生きてたことも嬉しい限り。

 

そしてそして!

もっと嬉しいことと言えばニクスたま!

なんとエルヴィンに懐かれてますよ!

やったね、ニクスたま!

いや~、いい男には、猫と花びら舞い散る庭園がよく似合います。

 

 

アンジェのラストはちょっと不満でしたが、この半年、楽しませて頂きました。

ありがとう!片メガネ!

ありがとう!メガネ!

ありがとう!メガネじゃない人達!

 

 

2008年9月24日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第12話の感想

「天空へ…」

 

あと1話でネオアンも最終回。

PS2版の全てのエンディングを見た儂としては、どのエンディングを持ってくるのか興味津々。

でも聖地女王エンドはイヤだな。

アンジェが可哀想過ぎる。

 

Cimg0464

 

 

エルヴィンのことをベル兄に頼むアンジェ。

「…ああ」

ベル兄がめっさテンション低いィィィ!!!

小さなアンジェ時代から彼女を見守ってきたベル兄としては、彼女が無理しているのが分かるみたい。

アンジェ一人が背負わなくても、人の力で何か出来るんじゃないか。

世界中の人達が幸せになっても、アンジェも幸せにならなければ意味は無い。

そして、これからの年月、1人聖地で祈りを捧げる彼女のことを想うと、ベル兄は耐えられないと心情を吐露。

 

これは…告白タイムなのか?

 

 

アンジェは、夕日を見ながら黄昏れています。

そこへ、ロシュがやって来ましたよ。

彼は、自分自身の力でアルカディアもアンジェも守ると力説。

「行くなよアンジェ」

ロシュさん、どさくさに紛れてアンジェの肩を引き寄せます。

近ぇ!顔、近ぇ!

今回はアレですね。

地上居残り組がアンジェに対して、最後のリアクションを起こしてますね。

 

 

オーブハンターの皆様は、夕飯の準備をしながら暗い顔。

お夕飯もお通夜みたいです。

あんな楽しくなさそうなジャガイモの皮剥き、初めて見たよ。

 

耐えられずに、アンジェは夜の海辺で涙を流します。

あ!ジェット来た!

「寂しいのなら、行かなければいい。」

励ましてるのか?

でも、アルカディアを守りたいというアンジェに対しては、

「それなら行けばいい。」

と答えるジェット。

ええええええええええ!?

いや、まぁ、そうだけどさ。

もっと言い方ってあるやん?

アンジェも言葉に詰まってんぞ?

 

しかしここからがジェットさんの本領発揮です。

「お前の主は、お前ではないのか?」

誰かに言われた言葉を1番効果的に使う。

さすがジェットさん。そこに痺れる憧れるぅ!

 

ジェットは、アンジェが望む道を行けばいいと説きます。

そして、とどめ☆

「お前にだけは泣いて欲しくない。」

ぎゃぁぁぁぁぁ!!!!

何それ、何それぇぇぇ!?

ジェットさん、あんた…そんな赤カブトも一発でノックダウンするような殺し文句を…

 

どうやら彼は、天然ホストへの道を歩き出したもようです。

 

ジェットの言葉で、自分の進む道を決めたアンジェ。

朝っぱらから巨大オムレツをかき込みますよ。 

そこへエプロン姿のジェットさん登場です。

「外はフワフワ、中はトロトロだと推測する。」

ちょ!

あんたが作ったんかい!

つか、クールな声でこのセリフ。

んもう、キュンキュンですよね!

 

アンジェは、アルカディアの人が幸せになることが、自分の望む道。それが自分の幸せだと断言しました。

彼女の吹っ切れた姿を見て、オーブハンターの皆様も、彼女の望む未来を応援してやろうと決意。

 

ついに旅立ちの時が来ました。

船に乗り込むアンジェを見送るエレン。

真っ赤な顔で握手を求めましたよ。

何、このチェリー丸出しのシャイボーイは!

か、かわいいじゃないかよ!

 

銀樹騎士団のハンサメンズもお見送りに来られました。

賑わうドッグ。

しかし、出航まであと少しのところ、船内に妙なものが発見されます。

熱源式の爆弾らしく、このままだと出航にあわせて爆発してしまうそう。

それを聞いたジェットは、迷わず取り除きに走ります。

爆弾を持ち上げた瞬間、停止は不可能だと判断。

急いで投げ捨てようとしましたが、下には見物人がたくさんいます。

足手まといどもが…

 

ジェットは、爆発を最小限に抑えるため、爆発を抱え飛び降ります。

あああああああああああああ!

あああああああああああああ!

あああああああああああああ!

いやいやいや、しんでないよね!

きっと大丈夫だよね!

ボロボロになってるかもしれないけど、エレンが回収して直してくれるよねェェェ!!!!?

 

 

2008年9月19日 (金)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第11話の感想

「セレスティザムに眠れ」

 

マティアス様が逆らったという理由で、ニクボスさん、容赦無く聖都を破壊。

徹底したドSぶり、ゾクゾクきます。

ここに来てマティアス様は、 ルネが居てこその自分と聖都だということに気付きました。

さっそくニクボスを攻撃です。

しかしあっさり避けるニクボス。

流石です。

さらに捨て台詞がキラリと光りますよ!

「まだ死んではなりませんよ、マティアス。

ここが荒れ地と成り果ててから逝きなさい。」

お 逝 き な さ い 

うはぁ!なんて非情なお言葉!

怨みの門の門番、釈由美子もビックリです。

 

 

ニクボスの攻撃は容赦ありませんが、ニクスの肉体が傷つくのを恐れ、オーブハンターの皆様は本気が出せません。

調子に乗ったニクボスさん、♪誰にしようかな神様の言うとおりケツケツ柿の種☆と、攻撃する対象を選びにかかります。

真っ先に選ばれたのが、ルネ。

即位祝いだって。迷惑な話だよね。

でもマティアス様が盾になってくれたので、ルネは無傷で済みました。

倒れるマティアス様を嘲笑うニクボス。

アンジェは、生きる意味を知ったマティアス様を侮辱するニクボスに激怒します。

「んも~、許さないんだから☆ぷんぷん」

女王の力でニクボス撃退。

 

 

マティアス様は、チップの影響で肉体の限界を越えていた為、回復出来ません。

でも彼は、ルネに感謝しながらご退場されました。

はぁ…いいハンサメンを亡くした。

 
 

ルネ、悲しみを乗り越え、銀樹の葉をあるべき場所に戻そうと、不思議パワーを発動させます。

どうやら銀樹の葉は、ファリアンにある星の船の鍵らしいですね。

アンジェ一行は、さっそくファリアンに向かうことに。

しかしルネは、アンジェが女王になったら、1人で聖地に行かなければならないことを知っています。

彼女の運命を嘆き、どさくさで抱き付きますよ!

ファインプレー☆

んで、それを見聞きしちゃうレイン。

ルネ、後でボコる!

そんな感じ(違

 

 

一行はファリアンの財団へ到着。

笑顔で迎えてくれるエレンフリート。

えっらい変わったなぁ、このメガネ。

キミはいい男になるよ。メガネだし、うん。

マティアスの死を無駄にはしないと、星の船の整備を急ぐ皆様。

適材適所の中、1人足を引っ張るヒュウガがカワイイです。

機械音痴…なのか?

 

 

で、話数も少ないことだし、出番はちょっとでも欲しいと、夜中にジェットがやって来ましたよ。

エレンに会うなり、「解体してくれ」発言です。

なんかね、主人じゃないのにアンジェの命令を聞いちゃう自分は不良品なんだって。

つか、それって、「アンジェのことが好き」ってうっかり告白してますよね。

ジェットさん、ジャスパードールとはいえ、恋愛に疎過ぎ!

天然ホスト・ジェイドを見習えばいいよ。

あと、やたら主人を求めるあたり、M属性なのかもしれません。

アンジェと女王様ごっこをしたらいいと思う。

 

 
ベル兄とロシュは、足手まといにならない為に、ファリアンに残ることにしました。

アンジェを自分の手で守りたい彼らにとっては、苦渋の決断ですよね。

 

ベル兄の発言で、アンジェはあと数日でハーレムが終わることを悲しみます。

せっかく選択肢を間違わない様に、細心の注意を払って好意度を上げてきたのに!

アンジェはしぶしぶ、楽しいお食事会で、聖地に行かなくてはならないことを告白しました。

ショックを隠せない皆様。

特にレインは、1話でアンジェの部屋に誘われたこともあり、ガッカリモード。

好感度もかなり高かったろうに…

 

 

あ、でも儂もアレですけどね。

レインの好感度高いですよ。

Cimg0412

だ が 断 る 。 

 

2008年9月11日 (木)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第10話の感想

「罪の代償」

 

 

聖都に入る前に、ルネはアンジェにエレボスとは何かを伝えます。

エレボスは太古から存在する邪悪な存在。

そして驚くことに、それを大きくしていったのはアンジェのような存在。

彼女たちの苦しみや絶望を糧に、エレボスは成長していったとのこと。

どうも、昔の女王の卵に足りなかったのは、逆ハーレムってことになりますね。

カワイソウに…

心から同情しますよ!

 

こんなにエレボスの攻撃が激しくなったのは、アンジェが真の女王となりそうだからだそうです。

やはり必要な要素は逆ハーレム!

 

 

一方、マティアス様の独り言を聞いたロシュ。

彼が後悔しているのを見抜いたロシュは、アンジェのもとへスーパーダッシュ。

しかしそれを邪魔する様に、彼の前にニクボスが現れました。

アンジェとマティアス様には、共倒れになって欲しいんだって。

鞭を振り振り、いつものノーブル口調で外道なこと言ってるニクボスにキュンです。

あ、ええ…儂の心は腐ってます。

 

 

 
聖都に入る皆様。

さりげにベル兄が、オーブハンターのメンツみたいになってるのが笑えます。

ポストニクス!ポストニクス!

 
 

その頃のロシュvsニクボス。

お高く止まったセレブが気に入らないと、ニクボスの顔にパンチを入れます。

「ぶったね!?アンジェにもぶたれたことないのにー!!」

怒り狂ったニクボスは、ロシュを特殊攻撃で気絶させます。

とどめを刺そうと近寄ったニクボスの足元に、ロシュが隠し撮りしたアンジェの写真がハラリ。

それを見て正気に戻るニクスたま。

( ゚д゚)ホスィ…

「…命の代わりにこれを貰っておきます。」

えええええええええええええ!?

ニクスたま、写真をカツアゲですよ。

貴族にあるまじき行為!

 

 

銀の大樹の前で、マティアス様と戦う皆様。

ベル兄、アンジェをかばって名誉の負傷です。

や~、やはり大人の殿方はいい!

カッコイイですね!

でもベル兄さんは儂の嫁だから!

Cimg0458

儂はベル兄の小さなにゅげだから!

 

 

戦局はマティアス様に有利に働きます。

しかし、ルネがブっ刺されそうになった瞬間、ロシュの短刀が!

  

オレにも出番をくれよな☆

 

でもマティアス様も引きません。

血を吐きながらも、銀の葉をルネから奪おうとしますよ。

「あれがあれば、真の教団長になれるはず!」

銀の葉をマティアス様が手にした途端、さらに枯れていく銀の大樹。

あばばばばばば。

絶望した!

自分の運命に絶望した!

くず折れるマティアス様。

オーブハンターの皆様、その隙を付いて、彼をフルボッコにしようと構えます。

それを庇うルネ。

「私の育んできたルネ…」

わ た く し の 育 ん で き た 

 

なんかエロス!

 
ルネの姿を見て、自分の生きて来た意味を、初めて分かったマティアス様。

彼の心が折れた瞬間、すかさずアンジェが落としにかかりますよ!

アンジェも、マティアス様と同じように、大事な場所を失う痛みを知っていました。

 

うんうん、これは相手と同じ目線に立つことで、共感を得ようとの作戦ですね☆

 
アンジェが絶望に囚われそうになった時、救ってくれたのはイケメソ達。

彼等を見回し、結果に満足するアンジェ。

恐ろしい子!


これで、あとニクスたまさえ取り戻せば、コレクションコンプリートね☆

アンジェさん、そっとほくそ笑みます(嘘

 

そこへ、華麗にニクボスたま登場!

「さあ、ラストワルツを踊りましょう。マドモアゼル。」

 

ラ ス ト ワ ル ツ … !

 

さすが顔がもじゃっても貴族!

言うことが違うぜぇ!

 

2008年9月 5日 (金)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第9話の感想

「雪原のtermination」

 

 

ウォードンへ急ぐエレンフリート。

その途中で、ヨルゴの死刑執行が翌朝だと知ります。

徒歩では確実に間に合いません。

周りの人に馬車の用意を頼みますが、街を破壊されたのは財団のせいだと思っている人々は赤毛メガネに冷たい対応。

渡る世間は鬼だらけです。

でも1人のじいさんが助けてくれましたよ!

エレンの横を、馬車でかなりのスピードで追い抜き、彼を転がしといてから止まるという軽い嫌がらせ付きでしたけど☆

 

 

一方、雪山をさ迷うジェットさん。

「俺は…どこへ行けば…」

先週からず~っと迷子の様です。

極限状態なのか、自分は不良品ではないことを証明する為に、アンジェとジェイドを捜すという、不思議な結論に到達。

2人を見つける為、辺り一面真っ白な雪山を、再び闇雲に歩き回ることに。

 

 
エレンを助けてくれたじいさんは、ジンクスに助けてもらったので、財団を悪く思っていません。

その言葉でちょっとホンワカするエレン。

ウォードンに到着した彼は、さっそくヨルゴの助命を請いに。

しかし話は聞いてもらえず、門番に止められてしまいます。

ですが、じいさんのエクストリームにわとりアタックで、まんまと処刑場に入り込むことに成功。

ここでも動きを阻止されてしまい、万事休すと思いきや。

 
いいタイミングでルネのお守りを落としたことから刑は中止。

お守りの中には、聖都の使者である証が入っていたのでした。

なんて…ご都合主義…!

いやいやいや、これも女王陛下の思し召しですね☆ 

 

エレンは、聖都がマティアスに占領されたことを告げ、ヨルゴの助けが必要だと訴えます。

議長閣下は、この危機を回避できたら償いと認め、 ヨルゴの刑もそれまで無期延期にすることを決めました。

実は、アルカディア中から助命嘆願書もいっぱい来てたんだって。

な、なんだってー!?

じゃあ、ムリヤリ刑の執行することなかったんじゃん!

でもまあ、エレンの頑張る姿が拝めたので良しとします。

「僕のやったことは無駄じゃなかったんだ…!」

感無量なエレン。

ちっ、かわいいなぁ。

 

 

その頃、アンジェ一行の前に、ジェットが立ちはだかります。

どうやって嗅ぎ付けたのかは分かりませんが、すげぇ嗅覚ですね(だからそんな問題ではなく…

 

ジェイドは彼に、命令を下した人達はもう主人じゃないんだから、自由だと諭します。

しかし、自分は不良品ではないから、完遂出来ていない命令は実行せねばと聞く耳持ちません。

ジェイドはジェットを止めるため、仕方なしに戦うことに。

「1分だ!」

あわわわわ!

ジェットさん、1分で破壊宣言しちゃったよ!

これ、だいたいのセオリーとして、予告した方がフルボッコにされちゃうよね☆

 

ジェイド、今ここで誰かを傷付けたら、いずれジェットが苦しむ。

それを思い、自分が傷付くことも省みず、ジェットを止めようとします。

あともう1個。

「アンジェの笑顔を守る為」と立ち向かったジェイド。

やぁ~いいね~、ネオロマだね~。ケツがムズムズしますよ!

この言葉に、ジェットさんも反応します。

彼のリピートした記憶が、花畑でアンジェが花を摘むシーンって、これまたケツがムズムズ!

いや~、いいですね~。この展開。

ジェットさん、ステキ過ぎますね~。

 
で、隙が出来たジェットを、ジェイドが一発KO☆

 

目覚めると、アンジェが泣きながら手を握ってましたとさ。

狙った獲物は確実に獲っていくアンジェ。

乙女の鑑ですね。

 

ジェットは、自分に心が生まれたのを認めた様子。

「お前にだけは泣いて欲しくない。」

そして彼はクールに去ります。

 

うわぁ、カッコイイ!

以前もらったアンジェのハンカチを返すことにより、馴れ合いの関係を拒絶するのもカッコ良過ぎ。

でも捨て台詞が「お前にだけは泣いて欲しくない。」ですよ!

これは落とすつもりで落とされちゃいますね!

儂なら付いていきますね!

んで、雪山で一緒に遭難ですよ!

 

2008年8月28日 (木)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第8話の感想

「少年達の覚悟」

 

 

さぁさぁ、今日も♪デッスティニィィィの時間がやって来ましたよ。

この歌はいい。

親父は聞いてないけど。

でも本編は、見 て る ☆

 

 

チップの影響で苦しむマティアス様。

それでも誰かの前では、ガ マ ン 。

う~ん、ヤダなぁ。こんなマティアス様は見ていて辛くなりますね。

さらにジェットがアンジェ拉致に失敗すると、失敗作イラネって彼すらも手放します。

誰一人、自分のもとに残さないなんて。

マティアス様の孤独が、とても悲しいですね。

 

あ、でもマティアス様のことより、自由になったジェットがどこへ向かうか気になります。

アンジェの所か、赤毛メガネの所か?

アンジェの所はね、簡単だよ。

あのハンカチの匂いを覚えてさ、足跡を辿ればいいんだよ☆

 

 

アンジェと合流したオーブハンター+ベル兄+ルネ。

皆でニクスたまの別荘へ。

ニクスたまの断りも無く、勝手にお部屋や暖炉を使う皆様。

厚かましさに絶句。

つか、またニクスたまが、ここに出てくるとは思わないのか?

 

落ち着いた所で、皆様はアンジェから、ニクスたまがエレボスに取り憑かれていることを聞きます。

な、なんだってー!?な皆様。

でも意外とそんなに驚かないのね。

あと、何気にベル兄の「ニクス氏」って呼称がヲタ臭くて笑えます。

暖炉の近くで体育座りのルネも笑えます。

 

 

いい感じで場が盛り下がった所に、アンジェが発言。

「死なせたくない。」

ニクスたまを助けたい!

そんなアンジェの発言に、皆の好意度がアップですよ。

毎晩ゲームをやっている儂としては、ブルーのシャリラリラ~ンな輝きを幻視しちゃうくらい、好感度アップしたのが分かりますよ。

ちっ、うまくやりやがって。

 

 

一方、苦しむマティアス様の前には、ニクボスが出現。

マティアス様、言うに事欠いて、セレスティザムはエレボスのすることを黙認するって誓っちゃいましたよ。

代わりに聖都は、綺麗なままで自分の物にしてくれだって。

お前は何を言っているんだ?

つか、自分1人のものになったって、そこに何も無いんじゃつまらんよ。

むしろ物悲しいよ。それは分かってるだろうになぁ。

 

 

レインから、チップに副作用があることを教えてもらった赤メガネ。

急激にしょぼ~んですよ。

あれ?コイツ、こんなに可愛かったっけ?

儂、ショタメガネ小僧には興味が無いんですが、ちょっぴりエレンの好感度が上がりましたよ。

あ、べ、別にメガネだから甘くなってるワケじゃないですからね!

 

エレン、ヨルゴが極刑判決を受けたと聞き、半狂乱に陥ります。

はっ、チャーンス☆

ここぞとばかりにエレンを落しにかかるアンジェ。

自分のしたいことを思い出せとか何とか、優しい言葉でガラスの10代ハートを揺さぶります。

そしたら、まんまとうまいこといってさぁ。

「今まで酷いことをしてごめんなさい。」

エレンが素直になったァァァ!!!

やっだ、何この弱々しい傷付いた子羊ちゃん。

ものっそい母性本能くすぐられるんだけど。

あ、でも儂の心はニクスたまのもの☆

 

アンジェ、「掛かった!」と、エレンの両手を握り、1番いい笑顔でキメます。

はぁ…犠牲者がまた1人…

 

 

でもどうしてもヨルゴLOVEなエレンは、夜中にこっそり抜け出します。

それを追っ掛けてきたのは、なんとルネたま。

マティアスを変えてしまったのは自分だとカミングアウト。

エレンは、僕が何とかすると、ルネたまを励まします。

気をよくしたルネたま、エレンにお守りを渡しましたよ。

「こういうの初めてだ。」

おいおいおい、いい感じで親交を深めてるよ。この十代ボーイズ。

 
エレンに勇気を貰ったルネたまも、聖都に戻り教団長になることを決意。

自分に出来ることをするんだって。

これが若さというものか!

 

しかし懸念が1つ。

銀の大樹が枯れかけていること。

銀の大樹は、アルカディアの全ての命と繋がっています。

それが枯れかけているということは、命が衰えているということ。

この大樹を何とか出来るのは、ルネたまだけだそうです。

聖都に帰れば、マティアス様と向かい合わなければなりません。

でもそれがお互いの為になるんだから、避けては通れませんよね。

 

 
で、本編の最後の最後で迷子なジェットが、ホント、気になります。

この人きっとエレンと合流するんだろうな。

それはそれでいいんだけど…

アンジェとつるんで欲しかった。

 

 

2008年8月20日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第7話の感想

「真実の一夜」

 

タイトルがエロス!

とか考えちゃいけませんね。

はぁ…せっかくニクスたまが華麗にご登場なのに、アンジェとフラグ立てまくってる。

ムカツク(←ホンキで

 

 

ご主人様の命令以外の行動で、動揺するジェット。

考えど考えど、自分の心、理解されざり。

ぢっと手を見る。

なんかそんな感じ。

 

さらにジェットさんったら、ジェイドの「大切な人」と言う言葉で、アンジェを思い出すんですよ!

なんだ、このキュンな展開。

ここに来て儂の中のジェット株が急上昇。

や、でもニクスたまには遥かに及びませんけどね!

 
マティアス様の命令で、すぐにアンジェを追い掛けるジェットさんですが、またまたハンカチエピソードを思い出し、追跡失敗。

あんた、どんだけアンジェのハンカチエピソード大好きなんですか!

こンのハンカチ王子めッ!

 

タナトスから逃げ惑う人々を誘導していた記者コンビ。

エルヴィンのお迎えで、どっかに移動。

影…薄くね?

 

 
オーブハンターさん達は、聖堂に出現した大量のタナトスに苦戦。

とっととアンジェを探しに行きたい3人のハンサメン。

軽~く打ち合わせの後、ジェイドがルネを救出し、そそくさと逃げ出します。

ルネたんに複雑な気持ちを寄せるマティアス様は、見逃してくれた模様。

脱☆籠の鳥作戦、大成功ですね!

つか、想い合う2人って美しい(違

 

 

タイミングを見計らって、聖都から脱出を図るレイン達。

彼らの前にジェットさんが現れましたよ。

「もう一人連れていけ。地下牢にいる。」

やっだ、ちゃ~んと赤毛メガネのことも忘れてないんですね。

アンジェと赤毛メガネ、両方のフラグを折ることなく、上手に進めていくジェットさんの手腕に脱帽ですよ。

 

 

さてさて、儂のニクスたまですが、アンジェをmy別荘に連れて行くという、セレブっぷりを披露。

さすがニクスたま。

モジャっても貴族!

 

で、さ…

なんか…2人がいい雰囲気なんだけど…

き、き、気のせい…だよね。

 

ベッドに座る乙女と暖炉の近くに立つ貴族って…ある意味、全宇宙の乙女全ての願望を表現してますよね。

はぁ…これが儂だったら…

ん?

や、ちょっと待てよ。

アンジェ=自分だと考えれば。

うんうん、そうだよ。アンジェは儂、アンジェは儂、アンジェは儂。

ぃよ~っし、脳内変換終了☆

 

「言葉が見つかりません。どうお詫びしていいか…」

ううん、いいのニクスたまのやることなら、全て受け止めてみせますよ!

 

いい雰囲気になった所で、ニクスたまは自分の中に、エレボスがいることを告白。

彼が幼かった頃、嵐に合い、溺れ死にそうになったそうです。

そこに、ニクスたまの生への渇望に漬け込んで、エレボスが取り憑いたみたい。

そしてここで衝撃の事実。

ニクスたま、推定年齢200歳wwwww

おっさん通り越して、ギネス記録者だよ!

ううん、いいの。ニクスたまはニクスたまだもん。

 

問題はエレボスのクソ野郎ですよ!

ヤツはニクスたまを核として、アルカディアへタナトスを送り込む為に、ニクスたまを乗っ取ろうとしているんですよ。

ダメダメ!

あのイヤミったらしい程に、ノーブルな言動だからこそのニクスたまなんだから!

「ふはははは!」とか言われても、全然萌えないよ!

 
結局、エレボスを抑えられなくなりそうなニクスたまは、女王の卵を捜すことにしたそうです。

「貴女が女王の卵で本当に良かった。」

くっ。

いやいやいや、アンジェは儂、アンジェは儂、アンジェは儂。

そうでしょ!

儂が卵で良かったでしょ!

Cimg0360_2   

 

 

レインとヒュウガは、銀樹の前でロシュ&ベル兄と合流。

ジェイドは赤毛メガネを地下で発見。

お姫様抱っこで救出です。

うわぁ…羨ましい。

Cimg0359

 

 

その頃のニクアン。

ニクスたまは、アンジェに自分ごと浄化してもらおうと思っていました。

「貴女が女王になった暁には、安らかな死をお与え下さい。」

エレボスは倒したいけどぉ…

だが、断る。

ハーレムの為に!

 

アンジェ、躓いたどさくさにニクスたまの胸へ。

オ マ エ ! ぶ っ 殺 す  !

いやいやいや、アンジェは儂、アンジェは儂、アンジェは儂。

 

輝かしいハーレムの為、アンジェは必死でニクスたまを口説きます。

「私達とずっと一緒に!」

「私」じゃなくて「私達」ってのがポイント☆

ところがどっこい、途中でエレボスがニクスたまを支配。

「貴女が私を殺すことなんてありませんよ。

私が貴女を殺します。」

もじゃ顔のニクスたまに、アンジェが押し倒されちゃった!

アンジェ、すかさず剣で応戦☆

あらら。

威嚇とはいえ、剣で切りかかっておきながら、「貴方を信じます!」とか言っちゃってるよ、この子。

ここはあえて、ず~っと首を絞められてなきゃ。

Mとして(違

そのうち正気に戻ったニクスたまが、止めてくれるって。
 

 

んでも、強くなったアンジェを見て、一旦引き下がるニクボス。

や~、アンジェはどうでもいいんですが、今回の1人中二病なニクスたまのスバラシイこと!

やはりメガネはこうでないと。

 

 

2008年8月13日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第6話の感想

「聖なる反乱」

 

 

アニメでのニクスたま不足を補う為に、ゲームを購入しましたが、ついにゲームの中でもニクスたまのお顔にモジャが発生。

「サヨウナラデス」

って、夢の中で言われ、めっさ焦りました。

でも大丈夫。愛の力で乗り越えたから!

え?女王?宇宙の平和?

んなもん、ニクスたまとの恋愛の方が大事に決まってますよ!

EDムービーの破壊力に、腰が砕け散りそうになりましたからね!

良かった!女王よりニクスたまを選んで良かった!

内容?

そ、そんなの、口が裂けても言えないッス!

朝、目覚めたらベッドの端っこにニクスたまが腰掛けてたなんて、口が裂けても言えないッスよ!

さらに!さらに!

んもう、ギャァァァァ!!!!!ッスよ!

 

 

続きを読む "ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第6話の感想" »

2008年8月 8日 (金)

眠くてゲームも出来やしねぇ

ここ最近、体調不良なのか、ダルくて堪りません。

ダルくて眠くて。

ダルく、眠く…

ダルく、眠く、そして大雑把すぎた。それはまさに鉄塊だった。

あれ?いつの間にかベルセルクになってる。まぁ、いいや。

 

そんな感じで、毎日23時頃には寝てしまうので、1日の唯一の楽しみ、ネオアンジェリークがなかなかプレイできません。

ホントはムリしてでもやりたいんですが、お脳がボ~っとしたままプレイすると、折角のハンサメンボイスが記憶に残らないんですよ。

だから泣く泣くガ マ ン 。

 

でもこれ、買ってよかった!

ゲームの進行はアニメと一緒。

あ、アニメがゲームに基いて作られているから、当たり前ですね。

でもちょっとずつ違ってて、レインとニクスたまは最初、初対面とかね。

ジェイドの出会いはゲームの方がよりホスト的。

あと、ヒュウガさんは、上半身裸で迫ってくれませんでした。ちっ。

 

で、オーブハンターが陽だまり邸に集ってからが、んもう、パラダイスです。

夕食会が開かれるんですが、ターゲットに微笑んでみて、目が合うと、ケツの穴がムズムズするような甘い言葉を投げかけてくれます。

あと、「目配せ」ってのもあるんですよね。

けど、好感度や恋愛段階が高くないと失敗するかも?って説明に書いてあるので、怖くてやってません。

でもいいの。ニクスたまと目が合うだけで幸せだから。

さらに!

この夕食会で好感度ゲージが高いまんま終了すると、儂の部屋まで遊びに来てくれるんですよ!

ニクスたまが!

や、だって、儂、ニクスたま1本釣りを目指してるから。

Cimg0356

ニクスたまが遊びに来てくれるなら、夜中と言わず、朝までバッチコーイ!ですよ。フヒヒ。

 

それに、み~んなが儂のやる事成す事、全肯定。

「貴女らしい」とか、「君が言うなら」とか。

誰も「ヴァカめっ!」って言いません。

何なの!みんなで儂を甘やかしてどうするの!?

やぁだ、た~の~し~い~。

みんな、儂の前に平伏すがいい!

 

 

 

で、今の所、聖都に招待されている手前でセーブ。

多分、ストーリーとしてはそんなに進んでないとは思うんですが、ニクスたまばっか相手にしてたので、恋愛段階は2に突入してます。(MAX4)

だがしかし。

そんなに相手にしていないヒュウガさんも何故か恋愛段階が2。

う~ん、おかしいなぁ。

たまにしかお話してないのになぁ。

で、3まで行くと、他の人との恋愛は進まなくなるので、もうニクスたま以外の人とジャレるのは止めときます。

 

うん、ニクスたまに早く「にゅげ」って呼んで欲しいもんね!

このゲーム、ホントの名前と愛称を入れられるんですが、儂…何を血迷ったか、愛称「にゅげ」で入れちゃった☆

今、儂を「にゅげ」って呼ぶのはジェイドだけ。

ええ、コズに彼と一緒に行ったら、「嫁が来た~!」って騒ぎになって、そこから「にゅげ」呼ばわりです。

字幕が出る度ビビります。

あ、でも、ジェイドの喋り方がアニメよりエロスな感じが…

例えるならそう…深夜のバーでホストに口説かれているような…

って、やっぱホストなのかw

ううん、いいの。かなり甘酸っぱいから。ケツの穴がムズムズするから。

ニクスたまを攻略したら、次はこの人にしようかしら。

フヒヒ。

 

 

2008年8月 6日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第5話の感想

「マイ・リトル・アンジェ」

 

 

はぁぁぁぁ…

ニクスたまのいないネオアンなんて…

 

 

聖都に入るアンジェ達。

今回はヒュウガさんも一緒ですが、それには一切触れず、「以前はニクスたまも…」と、ブルーになり、周りを暗~い雰囲気にさせるアンジェ。

ニクスたまの出番が無くなった途端、本編及び、次回予告まで暗~くなって悲しい限りですね。

ええ、特に次回予告。

あの、♪ブンパッ ブンパッ ブンパッ ブンパッってマヌケなBGMで始まらないヤツばっかなのでガッカリです。

 

 

さて、アンジェは1人で教団長に会うことに。

銀樹がある癒し系ガーデンに入った途端、聞き慣れた声が。

「よくぞ参りました。」

ルネたんが銀樹の後ろからコンニチワですよ。

可愛さなら、アンジェにだって負けないもんね☆

そう、全宇宙の乙女にアピールは欠かしません。

 

かわいい系ボーイに興味の無いアンジェは、マティアス様どこ~?私の正統派ロンゲハンサメンは~?と、ルネの話の腰を折りまくり。

ムカついたルネたん。

オレの歌を聴きやがれ~!

と、彼がもうすぐ教団長になることをアンジェに告白します。

 

代々の教団長は、前任者が亡くなって交代していました。

銀樹の葉を授かった子は、アルカディアの記憶をつぐ者。

教団の全ての伝承を記憶し、教団長となることを運命付けられた存在なのだそうです。

マティアスは、ルネが成長するまでの仮の教団長として、その座に据えられたのでした。

2人の奇妙な運命を嘆くルネたん。

自分が生まれるのが遅くなったのは、エレボスのせいかもしれないと呟きます。

でもルネは、教団長になるのはイヤみたい。

自分のことを、篭の鳥と呼びます。

これは、教団長が聖都を離れると、災いが起こるという言い伝えがある為。

ルネたんが愁いを帯びた表情を浮かべ俯いたり、なんかこう…母性本能をくすぐる言動で全宇宙の乙女の気を引こうとしているんですが、アンジェときたら…

 

「そんなことはどうでもいいです。あのぅ、ニクスさんが変わっちゃったんですけど、解決方法を知りませんか?

そうだわ!女王になったら仲間が救えるかも!

どうしたら女王になれるか教えてくれませんか、次期教団長サマ?」

 

そんな感じでルネたんに詰め寄ります。

ルネたん、自分の話題で盛り上がらないので、半ば落胆しつつ「時期が来たら…」と言葉を濁してお話終了。

お話はマティアスに聞いて貰えばいいよ。

 

 

赤毛メガネは、チップが完成したことをマティアスに報告。

すると、いきなり身柄を拘束されます。

うんまぁ…OPを見てたら分かってたよね。

なんか酷いことになるって分かってたよね。

でも赤毛メガネよりも、マティアスが歪みっぱなしで、彼の将来が心配です。

や、ほら、赤毛メガネはきっとそのうち、温かい心に目覚めたジェットが助けてくれるからさ、多分。

 

 

アンジェはルネから、女王になれば聖地でたった独りで祈りを捧げなければならない。

役目を終えて帰ってきても、この地に知り合いは誰もいなくなってると聞かされます。

幼い頃に両親を亡くし、独りの辛さが分かっているアンジェは、激しいショックを受けます。

独りにはなりたくない!

 

次々と周りの女友達が結婚していき、自分だけ取り残される独女の血の叫びと同じ様な気持ちのアンジェ。

 

でも、アンジェは内心の動揺を隠し、みんなの前では笑顔を見せます。

うわ、なんか痛々しいよね。

普段のモッテモテなアンジェには、憎しみ以外の感情は浮かびませんが、今回の彼女には同情。他の解決策があればいいんだけど…

 

ベルナールとロシュが、ニクスたまのことを調べたのですが、まるで過去が分からないそうです。

唯一の手掛かりはニクスたまの祖父を知るオーギュスト爺ちゃんの手紙。

爺ちゃんは、ニクスたまが祖父と同一人物ではないかと考えているようです。

そんな胡散臭い話をにわかに信じられないみんな。

でもアンジェには心当たりがありました。

そう、あの舞踏会で、ニクスたまはオーギュストの名前を呼んだんですよね。

まぁ、その怪奇現象は置いといて、アンジェはニクスたまを想うオーギュスト爺ちゃんの手紙にただ涙。

友情、カッコイイ!

そんな感じです(違

 

 

目の前の仲間を見、再びルネの言葉を思い出したアンジェは、1人で街へ出掛けます。

異変を感じたベルナールは、彼女を追い掛けました。

 

アンジェを見つけ出したベル兄さんは、アイテム「笑顔になれるおまじない」を手渡します。

ペンダントを受け取った彼女は、ベルナールが幼い頃遊んでくれたお兄さんだということを思い出しました。

どうして分からなかったのかしら?とか言ってるけど、それは…うん、まぁ…その頃ピッチピチのハンサメンでも、今ではもう30歳…

ううん。ベル兄は30歳でもハンサメンだよ!

ハゲでもメタボでもないしさ!

加齢臭もまだまだ出てなさそうだしさ!

や、きっとベル兄には加齢臭なんて無縁なんだよ。

一生レモンかなんかの香りがするんだよ。

 

 

ベル兄は、アンジェの苦しい心のうちを見抜きます。

この世界を救うのは、女王だけじゃない。普通の人間だって何とか出来るはず。

だから、アンジェが1人で抱え込むくらいなら、女王にならなくてもいい。

アンジェが幸せになれる方法を見つけ出そう。

そう言って励ましてくれます。

 

いや~、やっぱ大人の男は違いますね!

包容力もあるし、アンジェの扱い方も慣れたもんだし、ベル兄は最高だぜ!

ロシュさん、「オレの眠り姫」とか茶化してる場合じゃないよ!

このままじゃ、ボロ負けだぜ?

 

 

あ、そうそう、ついにマティアス様がやっちまいましたね。

永遠に聖都に留まる為、長老を殺害ですよ。

あれ?これ、ルネたんはどうなるのかしら?

 

 

より以前の記事一覧

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク