2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 黒執事 22巻の感想 | トップページ | クルトガ限定「リトルツインスターズ」「マイメロディ」 »

2016年8月 4日 (木)

黒執事 23巻の感想

新章スタート。

今までノーマークだったリジーですが、少しずつ病んでいたんですね。

「あたしじゃ…

貴方を救えない」

と独りよがりな絶望感に苛まれていますが、貴女はそんなキャラじゃないでしょ!

だいたい、誰かが誰かを救おうなんて、おこがましいにも程がある。

実際に救えるのは自分自身なんですよね。

自分が気付かなきゃ、どうにもならんのよ。

周りの人は、その人が昏い方向を向かない様に気をそらせてやるだけ。

全力でね。

だから早く元のリジーに戻って欲しい。

Img281_2

ほら、シスコン兄貴がめっちゃ悲壮な顔してんぞ。

 

女王の依頼を受けた坊ちゃんとセバスチャン。

スフィア・ミュージックホールを調べようとしますが、ブラバットに正体を見破られてしまいます。

Img282_2

セバスチャンはつまみ出されましたが、坊ちゃんはそのまま残留。

でもわざとじゃないかって気もしますよね。

普通の人間がセバスチャンを見破るなんて出来ませんもの。

 

彼の占いは、どうやら血液型占いの様です。

“星の加護”とはうまく言ったものですね。

Img283

坊ちゃんはAB型か。確かソレっぽい。

 

つまみ出されたセバスチャンですが、なんか満喫していましたよ。

彼の猫好きは、同じ猫好きとして見習わなければ。

Img284

「こんな事もあろうかと 馬車にサーモンの燻製を用意してございます」

ですよ!

当時ジップロックもなかろうに、匂いが漏れる危険も犯して猫の好物を用意する。

そこにシビれる!あこがれるゥ!

 

一方、ミュージックホールはエラっいおかしな事になっていました。

見て、この坊ちゃんとエドワードの「なんじゃ、こりゃ!?」って顔!

そりゃ、かつてのパイセンがたが

「ボクらシャイニングスター」

なんてジャニーズ張りに歌って踊ってたら、こんな顔にもなるわな。

Img285_2

Img285

ところで皆様はどなたがお好み?

儂はもちろんセバスチャン♪

Img286

この巻スゴイわ…

 

坊ちゃんは、ブレスレットが無いと入れないイベントにも潜入。

どうやらバイオレット先輩は、他の3人とは引いた目線で見ているみたいですね。

そこが突破口になればいいのだけれど。

Img287

 

調査が終わり帰宅途中。

まさかの馬車ドン。

や、馬車バン。

Img288

 

坊ちゃんの体に針の痕を見つけたセバスチャンは、急ぎサリヴァンの元へ向かいます。

Img289

サリヴァン、順調に楽しんでいるみたいで何よりです。

 

彼女とヴォルフラムのおかげで、坊ちゃんの体から、血液が抜かれた事が判明。

坊ちゃんの脳裏を、女王陛下の不吉な言葉が過ります。

そして、死神たちも忙しくなる予感。

Img290

新章・青の教団編は、最高にぶっ飛んでいて、血なまぐさくて面白いですね。

次の巻が待ち遠しいです。

あと、坊ちゃんもセバスチャンも、どんだけアバーラインを見縊ってんのよ。

見直してたけど。

そこのリアクションが一緒で笑えました。

« 黒執事 22巻の感想 | トップページ | クルトガ限定「リトルツインスターズ」「マイメロディ」 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/63840985

この記事へのトラックバック一覧です: 黒執事 23巻の感想:

« 黒執事 22巻の感想 | トップページ | クルトガ限定「リトルツインスターズ」「マイメロディ」 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク