2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 横たわる肉球 | トップページ | サラサマルチ×スヌーピー »

2014年8月11日 (月)

黒猫は台風一過と共に去り行く

今回の台風は酷いと言う事で、やっと親父が黒猫チロルさんを連れて来ました。

Img_5112

最初は全く知らない家にビクビクし、親父の側にいるチロルさん。

儂はその光景に感動。

だってクソ親父、最初は水をぶっ掛けたりして追い出そうとしていましたからね。

しかしそこは猫の魔力と魅力。

どんなクソだって、猫の前ではひれ伏すしかないのです。

ふふん。

 

 

1時間ほど経つと、肝が太いチロルさんのこと。

色々な場所を探検し始めます。

そして、教えてもないのに、にゃんとも清潔トイレに入ったのです。

Img_5114

これにはビックリ。

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、このトイレを使わないので、チロルさんも嫌かなと思ったら、どっこいイカの金玉よ。
 

 

出す物を出してスッキリしたら、我が者顔で歩き出すチロルさん。

とうとう、ピノちゃん(両親の)部屋にも侵入します。

成す術も無く睨むピノちゃん。

Img_5117

「私の水にゃのに!

勝手に飲んでるにゃ!」

 

 

縮まらない2人の距離。

Img_5119

「去れ!招かれざる猫よ!」

「バーカバーカ!」

 

 

魔の手はピノちゃんの段ボールタワーにまで。

Img_5121

「あああああああああああああ!!!

許さにゃいにゃ!絶対に許さにゃいにゃ!」

 

 

そう、2人の相性は最悪。

それでも、分かれる前は妥協してそれなりにやって来たのに、やはり半年の隔たりは2人の関係をリセットしてしまうのですね。

チロルさんが近付くたびにピノちゃんが「シャー!シャー!」言うので、最初はスルーしていたチロルさんも3回目くらいで「ニャー!ヤーン!」って応戦。

こっちからしてみれば微笑ましいのですが、2人からしたら堪ったもんじゃないんだろうなぁと思いつつも、ニヤニヤして見つめる悪い儂なのでした。

あと、久しぶりにチロルさんと一緒に寝られたのも嬉しかったです。

儂の頬っぺたにケツを引っ付けて寝るチロルさん。

正に至福の時でした。

ムフー。

 

が、そんなステキタイムも1日で終了。

親父が、「台風対策で縛っていた船を見るから帰る!」と、翌朝言い出したので、慌ただしく帰って行きました。

ええ、チロルさんも一緒に。

Img_5125

残されたのは、トイレ前の足跡のみ。

切ない!

帰るんなら、自分たちだけで帰ればいいのに。

トイレもちゃんと出来るし、チロルさんは置いて行けばいいのに。

それに何より、猫が2匹いる充足感と心強さ?

それに勝るものはありませんよ。

Img_5128

「だが断るにゃ。

こっちはいい迷惑にゃ。」

 

 

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、黒猫チロルさんが帰った後の、自分の匂い付けに余念がありませんでした。

なんだかなぁ。

これが人間なら、多少の相性の悪さも我慢できますが、如何せんにゃんこ。

どうにもなりませんね。

儂がこの家を1人で管理している間は、2人を一緒にする事は出来ません。

はよ、両親が引っ越してくればいいのに。

そしたら誰かが家にいるから、2人がケンカするのも避けられるのになぁ。

Img_5135

「あたしはどこでもいいにゃ。

どこでだって、あたしが女王ににゃれれば文句にゃいにゃ。」

ほどほどに。

 

 

 

そうそう、話は変わりますが、台風が過ぎたので、にゅげ菜園を見たら、オクラがとんでもなくデカくなっていました。

Img_5132

ついでに小さな赤パプリカが色付いていました。

甘いかどうかは、まだ食べていないので分かりません。

そして小玉スイカはまた黄色い実でした。

ひょっとして…赤い実は1つも生らずに夏が終わるのでは。

« 横たわる肉球 | トップページ | サラサマルチ×スヌーピー »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/60134725

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫は台風一過と共に去り行く:

« 横たわる肉球 | トップページ | サラサマルチ×スヌーピー »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク