2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の記事

2014年7月31日 (木)

上出来小玉スイカと刺さる猫毛

最近、

 「フィギュアスケートの演技で行われる6種類のジャンプのうち唯一、前向きで踏み切るのは何でしょう?」

と言う検索ワードで儂のブログに来られる方がおられます。

儂、そんなもん書いてないのに不思議やな?と思って検索したら、全く関係無い記事(しかもアニメ感想)にぶち当たります。

なんか、申し訳ないので答えを書くが、

「アクセル」

です。

なんなんだ、一体。

 

 

閑話休題。

 

ついに出来ました、小玉スイカ!!

Img_5058

ババン!!

 


Img_5059

ババババン!!!
 

 

種が多かったのですが、思った以上に甘くて満足。

や~、しかしコイツを収穫するまでに、1個はカラスに啄まれ、1個は畑に放置し過ぎて腐り、慎重に慎重を重ねてやっと採れたヤツですからね。

喜びも一入です。

まさに3個目の正直!

畑にまだ後3つ成長途中のヤツがいるので、ソイツらも気を付けて育てますよ。

Img_5049

「ノックしてもしも~し。

 私の名はピノ。日本生まれにゃ。

 喜んでいる所、ぶしつけだけどにゃ~。

 下僕!

 3分いにゃいに猫カリカリとブラシをもってこいにゃ!

 いいにゃッ!」

 

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、最近構ってちゃんモードがスパークしておりまして、ちょっとでも放っておくと、にゃーにゃー鳴き始めます。

でも、ブラッシングするとうっとりするので、なんとかそれで誤魔化します。

おかげ様でジャンプを読むのが3日掛かりとかザラです。

Img_5051

「仕方にゃいにゃ。

猫を飼いし者、猫を最優先するのが宿命と知れにゃ。」 

 

 

そうそう。

昨日、足の親指にチクリっと痛みが走ったので見てみると、儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんの、比類なき美しい猫毛が1本、刺さっていました。

 

ビックリしたわッ!

 

足の指の皮膚って、結構固いと思うのですが、こんな事もあるんだなぁ。

怖いなぁ怖いなぁ。

しかし刺さったのが儂で良かった。

ピノちゃんの尊い肉球が傷付かずに済んで良かった。

それだけが不幸中の幸い。

 

Img_5054

「そんなヘマはしにゃいにゃ。

そんな現象、お前だけにゃ。

やはり日頃のおこにゃいが物を言うにゃ?」

2014年7月28日 (月)

磯部磯兵衛物語3巻の感想

相変わらず生き急いでいる漫画、磯兵衛です。

以前、心友に、いかにこの漫画が「ストーリー的には微妙やけど、時折キラリと光るセンスあるセリフ回しが素晴らしい」かと言う事を説いたら、買ってくれたそうで、儂の布教もたまには役立つのだなぁとホクホク。

これからも、磯兵衛が細く長く続くように、布教する心づもりであります。キリッ☆

 

 

磯兵衛人形の回にもキラリと光るセリフ回しがありました。

Img059_2

とりあえず中島、お前はメガネを買い替えろ。 

 

 

続きを読む "磯部磯兵衛物語3巻の感想" »

聖☆おにいさん10巻の感想

竜二さんの回は、間違いなく面白いのですが、今回も期待通りでした。

そして、まさかの「父さん」参戦ですよ。

Img049

さすが、父さん、いつも正しい発言をなされますね!

そうなのです。

「焼肉と決めていた胃袋には焼肉」なのです。

焼き野菜など以ての外!

香ばしいトウモロコシや、ほくほくのおイモ、ジューシーナスなどには騙されませんよ!

や…それはそれでいい。

あれ?

 

まぁいいや。

それにしても、ミカエルにタッパーを持って来させようとしたり、ブッダが手づかみで焼きそばを焼いたり、かなりカオスなBBQ。

カオスですが、なんだかんだ人間界の休日を満喫している2人が羨ましくもありますね。

 

続きを読む "聖☆おにいさん10巻の感想" »

2014年7月22日 (火)

黒執事19巻の感想

久しぶりの感想です。

 

女王の命令で、ドイツの深い森の中に辿り着いたファントムハイヴ家御一行。

きゃわわなボクっ娘、ジークリンデ・サリヴァン嬢と出会います。

ついでに、田舎のヤンキー風なご挨拶で、お・も・て・な・し。

Img040

これには流石のセバスチャンも「は」としか発言出来ません。

やるじゃん、ドイツ人。

 

続きを読む "黒執事19巻の感想" »

DHCのおまけが来た

DHCのネットポイントが3500ポイント貯まったので、おまけを頂きました。

ホントはオリーブオイルが欲しかったのですが、おいしい食品シリーズに何が入っているのか知りたくて、こっちを注文。

以前はオリーブオイルも、これに含まれていましたが、最近は2000ポイント単独での注文になるみたい。残念。

しかしオイルが無くなった分、アイテム数が増えたので、これはこれで嬉しいです。

Img_5038_2

Img_5040

ありがたく頂きます。合掌。

 

 

 

梅雨も明け、太陽がギラギラ照り付け始めてから、プチトマトがものっそい勢いで熟れていきます。

採っても採っても追いつきません。

今日は、熟す前のパプリカも、ついでに採りました。

だって、大きくなるヤツなるヤツ、み~んな何かが食い散らかすんだもん。

もういいよ、ピーマンとして食うよ。

Img_5045_2

 

 

 

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、暑くなると玄関前の廊下に寝ころびます。

Img_5042_2

「野菜はどうでもいいにゃ。

私はハマチが食べたい気分にゃ。」

 

 

バランスの良い食事が元気のコツですよ?

Img_5043_2_2

「私の健康管理は下僕として、当然の事にゃ。

それよりもハマチが食べたいにゃ。」

 

うん…財布と相談します。

黒猫チロルさんは、好き嫌いないよね?

Img_5046_2

「だからって、スイカなどいらぬにゃ。

バカにゃ?」

2014年7月16日 (水)

儂の車、優しさでは無く異臭に包まれる

プチトマトとなすとオクラを収穫しました。

Img_5004

なすはこれが最後です。

次は秋に実が生る様に世話し続けます。

とりあえず、全部ぶっ込んだ夏カレーを作りました。

また?

や、今回は肉の代わりにツナを入れたから、ちょっと違うのですよ。

ふふん。

 

 

んで、今日は車のオイル交換に行きました。

坂道を上がる時に、「んぅぃぃぃいいいいいん、がんばる。」みたいなエンジン回転音になったので。

適切な時期に適切な対応をして、末永く乗る所存。

それはいいのですが、交換して貰った後の車内がくっっさい。

儂の桃イースが、めっちゃ臭い。

なんで?

毎回交換して貰うけど、こんな異臭は初めてやで!?

カビの生えたクーラーの冷風とか、雑巾が腐ったヤツより臭いんやで???

 

 

(*゚ロ゚)ハッ!!

 

これ、オイル交換してくれた店員さんの、腋臭集!!!

 

そ…っか。

なら、仕方無いな。

夏やし…うん。

うん…

Img_5008_2

「自分で出来にゃい事をやって貰うんにゃ。

文句は言えにゃいにゃ。」

 

分かっておりますとも。

いつも良くして頂いているので、そっと見守ります。

ところで、黒猫チロルさんを撮る時は、ベストショット!と思って急いでシャッターを切ると、いっつもピンボケしてしまいます。

しょんぼりです。

Img_5011_2

「修業が足りにゃいにゃ。」

 

今日は午後から突然の雨に打たれて、夢中で何かを探すチロルさん。

Img_5013_2

「足が濡れるにゃ。

でも散歩にも行きたいにゃ。

う~んにゃ。」

 

儂は雨が小降りになったのをいい事に、オリーブを激写。

Img_5014

やはり、慣れ親しんだ眺めは心が落ち着きます。

 

雨上がりの青に、オレンジが混じる漁港の空。

Img_5018

切なくも、愛しい原風景です。

 

ふと見ると、チロルさんが監視していました。

Img_5020_2

「早くあたしの毛を繕うにゃ。

抜けまくって仕方にゃいにゃ。」

2014年7月15日 (火)

小玉スイカ、惨死す。

雨が小康状態になって、小玉スイカの様子を見ると、なんかに啄まれていました。

Img_4952

あああああああ、クッソがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

農家をやっている方に聞いて、実を隠していたのに、どうやら台風で露出した模様。

めっちゃショックです。

しかし、あと2個あるので、ソイツらは死守しようと思います。

 

腹の足しにもならんカリフォルニアローズは順調に咲き誇っています。

紫色の苗を買ったのに、明らかにピンクなのが不思議。

Img_4951

綺麗だからいいけど。

 

 

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、パソコンに興味津々。

Img_4949_2

相変わらず絶妙な黄金のケツライン。

むっちり可愛いです。

 

Img_4950_2

「どこ見てんのにゃ!」

は、すいません。

あまりの可愛さに、うっかりフラッシュまで焚いて撮ってしまいました。

お目々にダメージがいってないでしょうか。

今後は2度とこの様な事が無き様、気を付けます。

 

あ、そうそう。

ニチバンのしっかり貼れてはがせる両面テープを購入したので、和室のピノBOXが完成しました。

Img_4966

乗っかったり、入ったりして頂ければ本望です。

まだ匂い付けしかしてくれへんけど。

いつかはこの中でまったりしたり、上に乗って庭に来る雀を眺めて頂ける事と信じております。

プレフィール 4色ホルダー シャイニーカラー

ゼブラさんの、ホルダーとリフィルを組み合わせて、自分好みにカスタマイズできる多機能ペン・プレフィール。

4色ホルダーのボディが出ましたよ。

キラキラした星をイメージさせるデザインです。

カラーは4種類。

 

エレガントバイオレット。

Img_4991

 

 

グラスブラック。

Img_4994

 

 

スパークリングホワイト。

Img_4996

 

 

ローズピンク。

Img_4998

 

 

軸の先端部は、インクがペン先の内側に付きにくく、長く使っても汚れが目立ちにくくなっている、グラスカット加工。

Img_5001

 

 

クリップはちょっとした厚い書類も挟めるバインダークリップです。

Img_5002

 

 

レフィルはボディ中程をネジネジして入れてください。

Img_5003

油性、ジェル、エマルジョン、シャープが入れられるのが、ゼブラさんの強みですね。

オ・レーヌ シールド

プラチナ万年筆さんの、オ・レーヌ  シールド。

皆様は、落下等の衝撃や過度の筆圧からも芯折れを防ぐ「耐芯構造」のシャープペンシル・オレーヌをご存じでしょうか?

ソイツがさらに強くなった仲間を連れてやって来ました。

Img_4980

オレーヌよりも、約1.5倍芯折れ強度をアップさせ、これによりプラチナ社一般的シャープペンシルに比べると、約15倍も芯が折れにくいシャープペンシル構造となっているんですって。

わやじゃろ。

しかし筆圧の高い儂にとって、芯が折れ難い筆記は有り難い。

どうぞ、オレーヌシールドが沢山売れますように。

 

 

ボディーカラーは4つ。

デザインとカラーは男子寄りですね。

従来のオレーヌよりボディは細いです。

 

メタリックブラック。

Img_4967

 

 

シルバー。

Img_4968_2

 

続きを読む "オ・レーヌ シールド" »

牛革巻き3機能複合筆記具 MWBL-3000S

プラチナ万年筆さんの、牛革巻き3機能複合筆記具 MWBL-3000S。

回転繰り出し式で、黒・赤ボールペン+シャープです。

ダブルアクションと言う多機能ペンが、このメーカーさんのウリなのですが、今回、女性の手にしっくりくる細身の革巻きペンが発売されました。

言うても、女子ばっかりで使うには勿体無いクオリティの高い革巻きペンだと思います。

男子だって、レイメイ藤井さんのダヴィンチ手帳なんかに合わせて使ったら、オサレ倍増だと思うの。

 

 

カラーは5種類。

ココア。

Img_4938_2

 

 

ワイン。

すまん、ココアとの違いがあんまり出せませんでした。

ワインの方が赤みが来い茶色です。

Img_4942

 

 

ブルー。

Img_4939

 

 

ブラック。

Img_4940
 

 

 

キャメル。

Img_4941

 

 

頭冠をねじると消しゴムが出てきます。

クリップはまっすぐ素直な形状で、くろーむメッキされています。

Img_4945

 

 

ボディ真ん中には「PLATINUM」の刻印。

あと、注目すべきは、牛革の丸シボのエンボスレザーの美しさ。

職人さんが1本1本手作りで仕上げるそうです。

手にして眺めると、ホント美しい造りです。

Img_4947

 

 

芯の替え方は、ボディ真ん中を引っこ抜きます。

で、芯を交換。

Img_4944

低粘度インク・サラボインクを搭載しているので、サラサラ書けますよ。

シャープ芯は2本を目途に。

それ以上入れると詰まりの原因になります。

2014年7月14日 (月)

meister TOOL PEN

meister TOOL PENです。

儂の職場、くっそ田舎の文具屋なので、こういうペンを入れるルートが無かったのですが、今回、卸しのリオンさん経由で取り扱える事が分かったので、入れてみました。

東京からUターンされたお客様にも

「こんな田舎に、この筆記があるなんて!」

と驚かれるくらい、儂の目の黒いうちは多種多様なペンを入れたいと思っているので、有り難いことです。

ええ、にゅげは都市部との情報・物品格差を無くす為に頑張っています(ただし筆記に限る)。

 

さて、このマイスター ツールペン。

1本に5つの機能を持つ面白いボールペンなのです。

①まず油性ボールペンで筆記ができる。

②ボディにスケールが付いている(インチ)。

③水平器だって付いている。

④さらにスタイラスも付いている。

⑤スタイラス部分を引っこ抜くと、ちっこい+-ドライバーが出てくる。

と、言うように、男子の夢を纏めたステキな筆記具なのです。

尚且つ2500円(税抜き)なので、値段もお手頃!

 

 

ボディカラーは5色。

 

シルバー。

Img_4859

 

 

ブラック。

Img_4865

 

 

ブルー。

Img_4871

 

 

イエロー。

Img_4862

 

 

レッド。

Img_4863

 

※イエローとレッドはグリップ部がローレットになっており、スケールは100分の1、200分の1インチ。

シルバー、ブラック、ブルーのスケールは100分の1、200分の1、300分の1インチ。

 

続きを読む "meister TOOL PEN" »

2014年7月 9日 (水)

詰めの甘さが際立つ昨今、なすが採れました。

ちょっと小さ目ですが、台風で飛ばされる予感がするので、なすを収穫しました。

Img_4937_2

カレーに入れて、夏カレーと洒落込みます。

 

一方、儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんは、おかんの後ろ姿を一心不乱に見ておられました。

Img_4930_2_2

「プチトマトなんか構う時間があったら、私の毛をブラッシングするにゃ。

どうせ、風で飛んで行くにゃ。

足搔いても無駄な事があるにゃ。」

 

 

儂はと言うと、ピノちゃんの段ボールハウスを再び製作中。

Img_4932

鳩居堂の段ボールには、お線香がギッシリ詰まっていたので、ふわんと良い香りがします。

ちなみに、鳩居堂のお線香なら「白鳩」か「いかるが」が好み。

「いかるが」は箱がぶち可愛いんちゃね~。

 

 

んで、今回は段ボールが2個だったせいもあり、すぐ完成。

きんぎょの和紙で涼やかにしてみましたよ。

Img_4933

しかし、途中で貼ってはがせる両面テープが切れたので中断。

貼ってはがせるヤツだと、また張り替える時に簡単でいいんですよね。

 

和室に置いて、はんなりと…

Img_4936

するつもりでしたが、明日両面テープを買ってくるまでお預けです。

ま、ピノちゃんもまだ匂いをこすり付ける程度で、中に入りもしませんから、いいですけどね。

…中に入りもしませんから。

 

Img_4929_2

「モノづくりは不測の事態に備えて、万全の態勢で臨むものにゃ。

うちの下僕は詰めが甘いにも程があるにゃ。

その様な者が作ったハウスに入るだろうか、いや入りはしにゃい(反語にゃ)。」

 

鉛筆シャープ フローズンカラー

コクヨさんの鉛筆シャープ フローズンカラーです。

鉛筆シャープは、0.9芯と1.3芯のぶっとい芯が特徴の、ノック式シャーペン。

太芯なので、折れ難いです。

速記やマークシート式のテストに最適ですよ。

 

さて、今回出たのは、夏にピッタリな涼しい色合いのフローズンカラー。

1.3芯が3色、0.9芯が3色の展開です。

 

1.3芯。

黄緑。

Img_4876

 

 

オレンジ。

Img_4877

 

 

青。

Img_4878

 

 

0.9芯。

黄。

Img_4879

 

 

ピンク。

Img_4880

 

 

ライトブルー。

Img_4882

 

 

今だけ限定で、クリアなクリップが付いて来ますよ。

このクリップ付きバージョンは、数に限りがあるので、欲しい方は店頭で見かけたら、すぐさま購入するのが望ましいです。

Img_4884

 

 

芯は頭の穴から入れます。

Img_4881

芯は絶対にコクヨの物を入れて下さい。

他メーカーの芯は詰まりの原因になります。

 

筆記幅はこんな感じ。

Img_4886

0.5はそこらへんに転がっていたゼブラのクリップオンのヤツで書きました。

 

2014年7月 2日 (水)

小玉スイカがちょっと大きく

「にゅげさん、連休取ったら?ちっとも休めてないんじゃない?」

と、同僚ちゃんに突っ込まれる程度に、休みがありません。

しかし儂がシフトを決めさせて頂いているので、しわ寄せは儂が引っ被るのは当然の事。

あと、店長。

人手不足を補うには、仕方の無い事なのです。

んでも今月から客足も減るので、連休取るもんね~。

 

 

そんな感じなので、庭の草取りが全く出来ていません。

しかし雑草にも負けず、小玉スイカがちょびっと大きくなっていて感動。

Img_4901_2

Img_4902_2_2

手前のマリーゴールドと同じくらいの大きさです。

中身は赤いヤツと黄色いヤツ。

同時期に1個ずつ出来る小憎らしさですよ。

立派に育てばいいなぁ。

 

 

 

儂の可愛いにゃんこ・ピノちゃんのベッドも夏仕様になりました。

ブルーのストライプ柄で涼やかに。

それにしても、この格好が「裸婦像」っぽくて笑えます。

Img_4888

「豊満にゃ?」

 

 

ネズミのおもちゃで遊ぶも、棒の方に興味をお示しになられるピノ様。

Img_4891_2

「そっちの細くてプルプルしてるヤツが気になるにゃ。」

 

 

一方の、黒猫チロルさん。

週に1度しか会えないので、会いたくて会いたくて震えます。

Img_4905

「煮干しはにゃいにゃ?」

 

チロルさんも「裸婦像」っぽい。

どうにもこうにも、下腹ポッコリなのは、飼い主に似たのでしょうか。

Img_4914

「飼い主?下僕の間違いにゃ。

我々猫族は、誰かに飼い慣らされる様にゃ事はにゃいにゃ。

そう、今までも。そしてこれからもにゃ。」

 

 

 

あ、そうそう。

話は変わりますが、帰りに漫画を買ったら、ナツコミのおまけでジョジョリオンのコースターが貰えました。

ヒャッホイ。

Img_4918

以上、儂の近況でした。

プロカラー300 四季彩

セーラー万年筆さんの、四季彩。

シンプルなフォルムと四季を感じるカラーリングの筆記シリーズです。

春夏秋冬の、それぞれのイメージに合わせた色合いで、万年筆、ボールペン、シャーペンとあります。

3000~5000円の価格帯なので、自分用に使っても良し、気軽なプレゼントにしても良し、な商品ですよ。

 

 

回転繰り出し式ボールペン。

 

春をイメージした「さくら」。

満開に咲く桜から染色したピンクは、元気になる若々しいイメージです。

とても優しい色合いで、儂も好きなうっすいピンクです。

Img_4919

 

 

夏をイメージした「うちみず」。

暑い日に、道や庭にまく打ち水をイメージ。

夏の日差しを受けた水しぶきのような清涼感あるカラーリングです。

クリアカラーなので、中が透けて見えるのがポイント。

Img_4922

 

 

秋をイメージした「あかねぞら」。

夕暮れ、紅葉、赤とんぼ。

茜色に染まった西の空のような秋の深まりを感じさせるカラーリングです。

Img_4921

 

 

冬をイメージした「ほしくず」。

真冬の澄みきった夜空に輝く星々。

雪がやみ、静まりかえった冷たい空気の中で、キラキラと瞬く、一面の星空をイメージしています。

これは実際に見ると、美しさが良く分かります。

Img_4923

 

 

ボールペンの芯の替え方は、ボディ真ん中をねじねじ。

そして交換してください。

Img_4920

 

 

同型のシャーペンもステキ。

芯は頭をノックして出すタイプ。

Img_4924

 

 

シャーペンの芯の入れ方は、ボディ真ん中をねじねじ。

そして、消しゴム部分を引っ張りだして、そこから芯を入れて下さい。

3本以下で抑えておくと、詰まりの原因になりません。

Img_4925

 

 

ボールペンは最初の書き出しが掠れる事がありますが、それ以降は滑らかです。

Img_4927

 

儂がセーラー万年筆さんの商品を紹介するのは珍しいのですが、これには理由があります。

それは、営業担当さんがムカつくからなのです。

や、だってさ、

「これからはフォローしに、ガンガン来ますね!」

って言ってから、早2年。

全く来ないんだが。

なんだ、このいい加減さ。

儂は構ってちゃんなので、ここまで放置されると、一切のセーラー万年筆商品をブロックしてしまいたい気持ちになるよ?

んでも、商品は良い物があるし、すっごい葛藤してしまうんだよ?

で、6月に年末商談会があったので、こっちから歩み寄ってブースに行って来たのですよ。

その際に仕入れたのがこの四季彩。

その時に「近いうちに絶対伺います。」と取った言質。

 

だが来ない。

 

お前の「近いうち」はいつやねん。

 

5年後か!?クソがッ!

 

まぁ、いいよ。

フォロー無きメーカーに販売協力はしないから。

と、イライラしながら待つ儂なのでした~。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク