2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ZOOM505アズールブルーとか | トップページ | 庭が草ぼうぼう »

2014年2月25日 (火)

ぺんてる オレンズ

ぺんてるさんの、極細シャーペン・オレンズです。

やたら他のメーカーさんが気にしていた、待望の超極細0.2シャーペンが出ましたよ。

以前、もっと高いシリーズで0.2があったのですが、悲しい事に廃番。

シャー芯だけが残っていると言う、愉快なお店になっていましたが、これで何とかなりそうです。

 

さて、このオレンズ。

髪の毛に近いくらいの細さなのに、何故折れ難いかと言うと、芯が減るのに合わせて先端パイプがスライドするオレンズシステム搭載だからです。

先端パイプの中にシャー芯が格納されているので、くっそ細くても折れ難いと言うわけ。

 

ああ、うん。

儂の強い筆圧では、バッキバキに折れますけども。

1月の見本市で折れなかったのは、儂が遠慮がちに筆記したからみたいです。

無遠慮に、いつもの筆圧で書くと、ちょっとでも芯が先端パイプから出た途端に折れます。

そして詰まります。

なので、このシャーペンは筆圧が弱い人向けかもしれません。

どうしても0.2の極細で字が書きたい!と言う人は、そ~っとそ~っと筆記すること。

そして、先端パイプから芯を出さない様に注意すること。

この2つを守れば、快適に筆記できるかもしれません。

 

 

 

オレンズのボディカラーは5色。

 

ブラック。

Img_4074_2

 

 

ピンク。

Img_4075

 

 

イエロー。

Img_4076

 

 

ホワイト。

Img_4077

 

 

スカイブルー。

Img_4078

 

 

ありがたい事に、芯詰まりを解消するクリーナーピンが付いています。

つか、これ必須。

儂は書いて1分で詰まりました。

Img_4079

 

 

解体する時は注意が必要です。

先端パイプがポロリと落ちると、探すのに一苦労です。

ええ、儂がやっちまいまして、皆に探してもらうという醜態を晒しました。

なので、芯詰まりを解消する時は、トレイなどに乗せてから解体するといいです。

Img_4085_2

 

 

デザインは、すっきりスリムな今流行りのボディ。

クリップは金属。

Img_4082

 

 

芯の細さに驚き。

Img_4084

 

 

芯は、どのメーカーよりも固くて折れ難いシュタイン芯。

今の所、HBとBの2種類で展開。

Img_4071

Img_4072

 

 

ついでに消しゴムも出ています。

どっかのトンボさんのパクr

や、ノートの罫線をはみ出す事なく書ける、ステキな細い消しゴム・アインサラです。

Img_4068

 

 

消し心地は、やっぱ予想通り。

Img_4069

上が0.2芯で、下が0.5芯 を消した時の状態です。

消えるのは消えますが、不満は残るかも。

アインシリーズなら、儂は「きらり」を推します。

« ZOOM505アズールブルーとか | トップページ | 庭が草ぼうぼう »

文具系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/59197443

この記事へのトラックバック一覧です: ぺんてる オレンズ:

« ZOOM505アズールブルーとか | トップページ | 庭が草ぼうぼう »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク