2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« TVが映らない | トップページ | ニードレス 16巻の感想 »

2013年11月 6日 (水)

ルードヴィッヒ幻想曲 1巻の感想

ちょ!

やりましたよ、淑女の皆様!

由貴せんせーのキャラでも1、2を争うナイスキャラが帰ってきましたよ。

や~、嬉しいです。

天使禁猟区からこれまで、出すマンガ出すマンガ、ほっとんど打ち切りなの?ってくらい駆け足で終了するわ、最後はキャラが説明口調で未消化のまんまだわ、なんか不満が残る話が多かったですが、これは違います。

ちょっとシニカルで巨乳好き、でも憂いを帯びたステキ王子・ルーイ様の続編ですよ~。

このマンガは基本、様々なおとぎ話のお姫様の可愛さを愛でたり、ヴィルが振り回されるのをニヤニヤしながら読む物。

何よりノリとテンポが良くって、もっともっと読みたくなるマンガなのです。

由貴せんせー、これをライフワークで末永く描いていってくれればいいのになぁ。

 

 

さて、栄えある幻想曲第1話のヒロインは「人魚姫」。

ルーイ王子達がグリムを越えてアンデルセンまで辿り着いた所から始まります。

Img343

マゾ、いや、魔女のドロテアも健在。

めっちゃ可愛いです。

儂、この話の中ではこの子が1番好き。

がんばって王子に蹴られ続けて欲しい。

 

 

さて、件の人魚姫ですが。

ほら、見て!この可愛さ!

大きな目にふわっふわの巻き毛。

あと、上半身は裸族っつーのがポイント高い!

Img344

 

んで、ヤンキー並みに口が悪い人魚ってのもいいですよね。

新しいです。

Img345

パねぇわ。

 

ま、話の内容は人魚姫をベースに、

「勝手に好きになって 勝手に助けて 勝手に命懸けで追ってきて 思いが通じなかったら殺されちまうなんてな」

「利己的なおとぎ話にはウンザリだ」

と、全く花嫁探しをする気はないルーイ王子にフォローされつつハッピーエンド。

仕様なので仕方ないです。

だがそれがいい。

 

 

 

次の話は「かぐや姫」。

ジパングに流されたルーイ王子。

異国の地でもマイペースです。

Img346

 

今回、かぐや姫も可愛かったですが、やはりこの陰陽師っ子・晴子がピカイチ。

Img347

ミニスカ、ツインテ、蝶柄の着物。

どれを取っても完璧です。

 

しかし、すかさずロリっ子魔女・ドロテアさんも反撃。

Img348

う~ん、どっちも捨てがたいけど、状況によって伸縮自在なドロテアさんが1歩リードかなぁ。

 

 

メインヒロインのかぐや姫は、ジパング人では無く、異人でした。

Img349

フリルとレースの十二単がキュートです。

 

このエピソード、最終的にかぐや姫は月へは帰らず、養父母の元へ留まります。

仕様なので仕方ないのです。

Img350

んで、もっともらしい事を言いながら、次の巨乳を探しに行く王子。

全ッ然、嫁探す気無ぇだろ、コイツ。

や、それがいいのだけれども。

 

この話では、自分の手を汚さず、それを当然と思っているミカドと、まず自分自身が動いて確かめる王子の対比が分かりやすくて面白かったです。

うん、ミカドのクソっぷりがもう、ね。

今現在、白馬に乗った王子様をお待ちの淑女の皆様は、ミカドの様なクソには引っ掛からないようにご注意あそばせ。

付き合うなら、アレよ。

ヴィルがいいと思うわ、儂。

 

« TVが映らない | トップページ | ニードレス 16巻の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/58476994

この記事へのトラックバック一覧です: ルードヴィッヒ幻想曲 1巻の感想:

« TVが映らない | トップページ | ニードレス 16巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク