2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 文具見本市2013年厳冬旅⑩ 呉竹編 | トップページ | 文具見本市2013年厳冬旅⑫ カール事務機編 »

2013年2月26日 (火)

文具見本市2013年厳冬旅⑪ プラチナ万年筆編

プラチナ万年筆さんです。

Cimg7944

イチ押し商品は、「ブルゴーニュ」。

その名の通り、ワインの様に赤いボディの万年筆です。

Pnb10000b_004

儂の職場でもコンスタントに売れていきます。

 

今回、展示品で出されていたのは、この万年筆と同じ型で、色違い。

深い青が美しいシャルトルブルーシリーズです。

Cimg7940

んでもこのシャルトル、2月1日に発売されているはずなのに、儂んとこには入荷して来ないよ!

極細から太字まで、全部頼んであるのに、1本も入って来ないってのは、どういうことなんだろう。

頼むよ、おっちゃん。

 

そうそう、おまけで顔料インクカートリッジが入っているそうですが、コイツは曲者。

いくらこの#3776が1年くらい放置しても、すぐ字が書けると言ってもですね、顔料インクは別物ですよ。

粒子がデカいので、洗わずにペン先を放っといたら、カッピカピになって固まります。

1~2週間はどうってことないと思いますが、それ以上、書かないということであれば、カートリッジを抜いて、ペン先をぬるま湯で洗い、綺麗にしてから保存してください。

 

 

「出雲」シリーズです。

プラチナ万年筆の創業者 中田俊一氏が、島根県出身ということで生まれたブランドです。

5万円以上するので、儂の職場には入れられませんが、コレクションするにはいい万年筆だと思います。

だって島根県産の桐箱と、出雲巻紙手漉き和紙「三椏」まで付いているんですよ。

至れり尽くせりじゃないですか。

 

漆・「出雲溜塗(ためぬ)り」

「呂色仕上げ」という技法を用い、炭で表面を研ぎ、漆をまんべんなく塗り込み、1本1本磨く事を繰り返すことで、特徴的な表面の鮮やかな艶が出ています。

Cimg7949

Piz50000matpen_500

 

 

出雲鉄刀木

『鉄の刀』のように重く、硬いことから『鉄刀木(たがやさん)』。

独創的な流れるフォルムに削り上がったパーツを、1本1本手作業でペーパー磨き、下塗り、めどめ作業を3 回施しウレタン塗装を2 回掛けて完成させます。

Cimg7950

Piz55000blackpen_500

 

プラチナの営業さんとは、猫とキャメラの話をよくします。

今回の撮影も、

「なんで一眼レフ持って来なかったの~。」

って言いながら、ピンボケするデジカメを、少しでも写りをよくする為に協力してくれました。

んでも、アレだよ。

一眼、レンズが出てるやんか。

見本市で一眼をプラプラさせてたら、絶対レンズをどこかにブチ当てる自信がありますからね。

持って行きませんよ。

« 文具見本市2013年厳冬旅⑩ 呉竹編 | トップページ | 文具見本市2013年厳冬旅⑫ カール事務機編 »

文具系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/56844439

この記事へのトラックバック一覧です: 文具見本市2013年厳冬旅⑪ プラチナ万年筆編:

« 文具見本市2013年厳冬旅⑩ 呉竹編 | トップページ | 文具見本市2013年厳冬旅⑫ カール事務機編 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク