2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月の記事

2013年2月28日 (木)

スラリ4C スラリ3+S限定色

ゼブラさんのエマルジョンインク搭載のスラリ。

エマルジョンインクとは、油性のしっかりした手ごたえと、ジェル(水性)のさらさらした軽さを兼ね備えたインクのことです。

そのスラリに限定カラーが出ています。

 

クールブルー。

Img_0763

 

ディープグリーン。

Img_0761

 

ピュアホワイト。

Img_0760

 

パッションレッド。

Img_0759

 

エレガントバイオレット。

Img_0762

 

写真は(黒・赤・青・緑)の4色ボールペン。

同じボディカラーで、3色+シャープも出ています。

Img_0758

 

クリップは可動式のバインダークリップ。

Img_0757

そこの貴方、またかと思う事なかれ。

ゼブラさんは入社すると、まずバインダークリップをいかにして開発したかという映像を見せられるそうですよ。

それ程こだわって出来ているのです。甘く見てはいけません。

 

頭は可愛い○型です。

Img_0753

 

芯の替え方は、ボディ中程をネジネジ。

そして替えたい芯を引っこ抜いて替えます。

Img_0756

 

シャープ芯は、小さい部品を引っこ抜いて、透明パイプの方に入れてください。

Img_0755

シャープ芯は2本くらいが目安。

それ以上だと詰まりの原因になります。

ちなみに、シャープ機構は取り寄せで交換する事ができるので、お気に入りの多機能ペンが使えなくなったら、近くの文具屋さんに聞いてみてください。

メーカーごとに異なりますが、だいたい210円~525円の間で何とかなります。

取り寄せは10日くらい掛かるので、気長にお待ちください。

※これは日本メーカーのみの条件です。

海外メーカーは、無い場合とぶち高い場合があるのでご注意。

 

スラリの筆記線はこんな感じ。

Img_0754

これは0.7の太さです。

ゼブラ サラサ3B サラサ2+SB

ゼブラさんのサラサシリーズ。

ポップ&シックな多色・多機能ペンが出ています。

 

ダークブラック。

Img_0774

 

レッド。

Img_0772

 

ネイビー。

Img_0771

 

スノーホワイト。

Img_0770

 

ピンク。

Img_0769

 

ライトブルー。

Img_0773

 

クリップは、可動式のバインダークリップ。

バネでパカパカ動くので、厚めの物でも挟めます。

Img_0768

 

サラサ2+S(黒・赤ボール+シャープ)は、頭がトンガリ。

Img_0751

 

クリップの印字はボディと同じ色の上にシルバーで印字されています。

Img_0767

 

サラサ3(黒・赤・青)は頭はクリア。

Img_0752

 

印字はシルバーベースに、文字の方がボディカラーと一緒。

Img_0766

 

芯の替え方は、ボディ中程をネジネジ。

で、芯を引っこ抜いて替えます。

Img_0765

 

ジェルインクなので、くっきり鮮やか。

耐光・耐水性です。

Img_0764

2013年2月27日 (水)

フィードAG新色

パイロットさんのフィードAG。

グリップ内部にスリットが入っています。

なので、握り方に応じて、グリップが持ちやすく変形します。

AGはエアログリップの略。

Charm_feed_ag

 

今回、新色が3色出ています。

クリアレッド。

Img_0781

 

クリアブルー。

Img_0780

 

クリアブラック。

Img_0778

 

2色(黒・赤)、3色(黒・赤・青)、4色(黒・赤・青・緑)ボールペンです。

Img_0779

 

クリップは一体型。

ポケットに突っ込む時は、割れない様に気をつけて。

Img_0777

 

芯の替え方はボディ中程をネジネジして、変えたい芯を引っこ抜いてください。

Img_0776

 

筆記線はこんな感じ。

Img_0775

やはり緑色の書き始めが掠れますが、まぁ、油性なのでこんなものでしょう。

ドクターグリップCL プレイボーダーボールペン

パイロットさんのドクターグリップCLプレイボーダー。

シャープの新色と、初めてのボールペン版が出ています。

プレイボーダーは、ボーダー柄の色によって3つに分かれている内グリップを組み替えたり、交換したりして、お気に入りの組合せを楽しめるペン。

既存品は、淡いパステルカラーが4色、黒をベースとした物が4色。

今回は、パキッとハッキリした色合いのボディ5色が登場。

内グリップも、その色をベースとしたグラデーションになっています。

 

シャーペンは振るとシャー芯が出てくるフレフレ機能搭載。

ボールペンは、油性の低粘度インク(A-ink)ボールペンです。

 

アップルレッド。

Img_0791

 

赤を基調としたグラデ。

Img_0790

 

 

ローズピンク。

Img_0789

 

ピンクを基調としたグラデ。

Img_0788

 

 

ネイビーブルー。

Img_0787

 

青を基調としたグラデ。

Img_0786

 

 

スカイブルー。

Img_0785

 

水色を基調としたグラデ。

Img_0784

 

 

レモンイエロー。

Img_0783

 

黄色を基調としたグラデ。

Img_0782

 

今回は、ボールペンが出たというのがポイントです。

シャーペンのみなら、什器セットでは頼まなかったかもしれません。

でも黄色はカラーリングが目立って好きなので、やっぱり入れていたかも。

2013年2月26日 (火)

心優しきクラクション

道路を挟んだお向かいに、建築会社の資材置き場があります。

そこに2匹の雄にゃんこがいるらしく、たまに盛った声を出しています。

儂の可愛いにゃんこ・黒猫チロルさんにも、たまにちょっかいを出す始末。

すぐ反撃しますけどね!

儂のチロルさんはお安くないもんね!バーカバーカ!

 

それはまぁ、それとして。

たまに通行中の車がクラクションを鳴らす時があります。

これ、目撃はしていないのですが、おそらく雄猫が道路を横断しているんではないかと。

で、その時に「早く逃げろー。プップー。」と鳴らすのではないかと想像してみたり。

だってクラクションの鳴らし方が大人しいんですよね。

小さめに「プップー」だったり「ファッファー」だったり?

何も考えていないアホたれは、迷惑なくらい大きく長くクラクションを鳴らしますやん?

でもそれっぽくはないんですよね。

なので儂はこれを「心優しきクラクション」と呼びます。

Img_0912

「!?」

 

Img_0913

「今、プァップァーって鳴ったにゃ!

雄野郎が来るかもしれにゃいにゃ。」

 

Img_0911

「胸糞悪いにゃ。

場所を変えるにゃ。」

 

はいはい。

移動っすね。

ピノちゃんは、どのにゃんこも苦手だもんね。

そんなことより、儂はCの国からの飛散物質が怖いから、早く家に帰りたいよ。

 

そうそう。

話は変わりますが、昨日の浅見光彦、ご覧になられました?

初めての浅見もこ光彦でしたね!

どうかな?って思っていましたが、意外と合っていました。

それにしても、もこみち、顔ちっさいな!

 

んでさ、んでさ。

浅見光彦シリーズに、儂の町も出てるんですよ。

ほんのちょっとやけど、「箱庭」って小説ね。

それの「山頂に建っている療養施設」がね、コレ。

Img_0903_2

以前放送されたTVドラマでは、端折られてスルーされましたが、小説に出てくる建物のイメージはコイツです。

ふふん。

 

Img_0900

「天気がいいと、景観ももっと綺麗に見えるにゃ。」

 

Img_0901

「小説とは言え、光彦が町に来たと思うと嬉しいにゃ!」

 

所で、儂が夢中でピノちゃん撮影会を行っていたら、大きなくしゃみが聞こえました。

Img_0907

花粉症に苦しむ、儂の親父でした。

酒を飲むのをやめたらいいのに。

 

親父からピノちゃんに目を移すと、爪とぎをしていましたよ。

Img_0906

「スフィンクスのポージングにゃ。」

 

 

いい加減、飽きたので家に帰りました。

すると、悪魔の様な形相でチロルさんがお出迎えしてくれましたよ。

Img_0908

「いいから早く家に上げるにゃ。

お腹が減ったにゃ。」

 

Img_0909

「カリカリはダメにゃ。缶詰にゃ。

100歩譲ってシーバか、小分けの銀のスプーンなら許すにゃ。」

 

…ええ、にゅげ家は今日も平和です。

Img_0910

気付いたら、水仙が咲いていました。

辺りに良い香りが漂います。

春も近いですね。

ふがふが。

空を見ろ星を見ろ宇宙を見ろ

かな~たから迫~り来るふふふふふ~ん。

 

なんとなーく思いついて、月を撮ってみました。

撮った時は「お!いい感じ!」って思ったんですが、こうして見るとヘボいですね。

んでも、折角なので載せておきます。ふがふが。

 

2月20日頃の月です。

Img_0897

 

2月23日の月です。

Img_0898

 

2月25日の月です。

Img_0899

ぴっかりーん。

 

このノリで、オリオン座なども撮れるかと思っていましたが、全然ピントが合ってくれず。

みんな、どうやって星空を撮っているのかしら。

とりあえず、あと1週間くらいで何とか撮れる様にならないと、儂、困るねん。

Img_0905

「パンスターズ彗星を撮りたいんにゃー!」

 

さてさて、どうしたもんかのぅ。

文具見本市2013年厳冬旅ラスト

ラストです。

ササガワさん。

Cimg7954

イチ押し商品は、「縁起もん のし袋」。

タイやエビがプリントされた、おめでたい柄ののし袋です。

53868

こんな感じ。

 

 

それはいいとして、儂の注目№1。

日本全国ご当地ぶくろですよ!

Cimg7957

各都道府県のご自慢のアイテムがプリントされたのし袋。

県民愛に溢れる儂にとっては、めちゃくちゃ楽しい一品です。

Cimg7955

やはり広島はカキと宮島さん。

 

我が山口県は、錦帯橋とふくでした。

Cimg7956

3月発売予定です。

もしかしたら、近隣の文房具屋さんに自分の県のふくろが入荷するかもしれません。

楽しみですね!

 

 

ヤマトさん。

Cimg7961

イチ押し商品は、「リプレⅡナチュラル」。

強力速乾の、スティックのりです。

 

ヤマト糊と言えば、誰しもどこかで1度は使ったことがあるのではないでしょうか?

その糊に、学校シリーズが出ています。

Cimg7958

Cimg7959

容器にランドセル、赤青えんぴつ、うわばきの絵柄がプリントされた糊。

小さくて可愛くて、ちょっとした使用に打って付けです。

 

のり勢ぞろい。

Cimg7960

見慣れた物から大きな物まで、ノリノリしいです。

 

くぅ~、疲れました。

これにて完結です。

次の開催は夏。

儂のブログを見に来てくださっている皆様は、もう飽きたかもしれませんが、またやると思います。

その時はよろしくお願いします。

見たいブースがあれば、行って写真を撮ってくるので、ご要望があれば6月過ぎにコメント欄に記入してください。

文具見本市2013年厳冬旅⑫ カール事務機編

カール事務機さんです。

Cimg7965

イチ押し商品は、ブックエンドインデックス。

 New02

既存のブックエンドに、上から覆いかぶせることで、従来の「本・ファイルの仕切り」「本立て」機能に【見出し機能】をカンタンに加えることができます。 

 

 

クラフトパンチがアプリになったことを記念して、新作が出ていましたよ。

Cimg7962

 

アルパカやハリネズミなどの動物柄や、お花などの可愛いデザイン。

Cimg7963

 

儂の好きな細長いペンスタンド。

4段に仕切りがしてあるので、どこに何を入れるか考えさせられるスタンドです。

Cimg7964

 

手動鉛筆削り「Angel-5」。

この鉛筆削り、お値段もいいだけあって、長持ち仕様です。

Cimg7966

持った時の重量感もいいし、色もいい。

子どもから大人まで、鉛筆を使う人は持っていて欲しい削りです。

 

ディスクカッター。

端面方向に光を放つ特性を持つ集光性アクリル板を採用したことにより、裁断位置(カットライン)が光ってわかりやすくなりました。

Cimg7967_2

カールさんとこの事務用具は、カラーリングが綺麗なので好きです。

文具見本市2013年厳冬旅⑪ プラチナ万年筆編

プラチナ万年筆さんです。

Cimg7944

イチ押し商品は、「ブルゴーニュ」。

その名の通り、ワインの様に赤いボディの万年筆です。

Pnb10000b_004

儂の職場でもコンスタントに売れていきます。

 

今回、展示品で出されていたのは、この万年筆と同じ型で、色違い。

深い青が美しいシャルトルブルーシリーズです。

Cimg7940

んでもこのシャルトル、2月1日に発売されているはずなのに、儂んとこには入荷して来ないよ!

極細から太字まで、全部頼んであるのに、1本も入って来ないってのは、どういうことなんだろう。

頼むよ、おっちゃん。

 

そうそう、おまけで顔料インクカートリッジが入っているそうですが、コイツは曲者。

いくらこの#3776が1年くらい放置しても、すぐ字が書けると言ってもですね、顔料インクは別物ですよ。

粒子がデカいので、洗わずにペン先を放っといたら、カッピカピになって固まります。

1~2週間はどうってことないと思いますが、それ以上、書かないということであれば、カートリッジを抜いて、ペン先をぬるま湯で洗い、綺麗にしてから保存してください。

 

 

「出雲」シリーズです。

プラチナ万年筆の創業者 中田俊一氏が、島根県出身ということで生まれたブランドです。

5万円以上するので、儂の職場には入れられませんが、コレクションするにはいい万年筆だと思います。

だって島根県産の桐箱と、出雲巻紙手漉き和紙「三椏」まで付いているんですよ。

至れり尽くせりじゃないですか。

 

漆・「出雲溜塗(ためぬ)り」

「呂色仕上げ」という技法を用い、炭で表面を研ぎ、漆をまんべんなく塗り込み、1本1本磨く事を繰り返すことで、特徴的な表面の鮮やかな艶が出ています。

Cimg7949

Piz50000matpen_500

 

 

出雲鉄刀木

『鉄の刀』のように重く、硬いことから『鉄刀木(たがやさん)』。

独創的な流れるフォルムに削り上がったパーツを、1本1本手作業でペーパー磨き、下塗り、めどめ作業を3 回施しウレタン塗装を2 回掛けて完成させます。

Cimg7950

Piz55000blackpen_500

 

プラチナの営業さんとは、猫とキャメラの話をよくします。

今回の撮影も、

「なんで一眼レフ持って来なかったの~。」

って言いながら、ピンボケするデジカメを、少しでも写りをよくする為に協力してくれました。

んでも、アレだよ。

一眼、レンズが出てるやんか。

見本市で一眼をプラプラさせてたら、絶対レンズをどこかにブチ当てる自信がありますからね。

持って行きませんよ。

2013年2月21日 (木)

文具見本市2013年厳冬旅⑩ 呉竹編

呉竹さんです。

イチ押し商品は、「ZIGポスターマン ウォータープルーフ」。

 

あと、鹿の角を持って来られていました。

ほら、奈良の春日の鹿さんの角です。

Cimg7925

 

角のスタンドです。

Cimg7927

や、嘘です。

呉竹の営業の偉い人…なのかしら?

初めてお会いしたので知りませんが、いい人でした。

 

万年毛筆・「夢銀河 鹿角 古代日本茜染め」。

Cimg7928

 

同じく、「鹿角」。

Cimg7930

2つとも、奈良の鹿の角で作られています。

毎年、奈良の鹿は角を切り落とされますよね。

その角を使用。

なので、本数が少ないです。

え~、なんぼやったかな?

3~400本の間やったかな?

角の質感と、多少ボコボコした触り心地が面白い筆ペンです。

 

 

手作りフォトブック。

このキットのみで、自分オリジナルのフォトブックを作れますよ。

誰かにプレゼントする時などに最適です。

Cimg7933

 

ek toolsシリーズ レイヤーパンチ。

1つで3種類の型抜きが出来ます。

Cimg7934

今の所、ハート、フラワー、蝶の3タイプ。

Cimg7936

 

ボタンを調節すれば、ちょっとずつ違う蝶がパンチできますよ。

Cimg7935

左のぷよった爪は儂の物です。

パンチと大きさが比較出来るように撮ってみました。

多少お高いですが、ニュアンスの違うパターンを1つのツールで3タイプ作れるというのは面白いと思います。

 

 

ちょっとエコな越前和紙のふせん。

Cimg7937

和紙素材のでしゃばらない感じが好きです。

Cimg7938

正方形タイプと、長方形タイプがあります。

正方形は縦・横、どっちの向きでも使えますよ。

 

 

今、流行りの「美文字」シリーズ。

Cimg7939

水を使って何度も書けるノートと、水筆ペンがセットになりました。

儂もクセ字なので、こういうツールで練習したらいいかもしれない…

2013年2月20日 (水)

文具見本市2013年厳冬旅⑨ リヒトラブ編

リヒトラブさんです。

イチ押し商品は、「ホワイトマグネットシート」。

持ち運びに便利なロール式のマグネットシートです。

Cimg7904

 

リヒトさんと言えば、ツイストリングノート。

簡単にルーズリーフが差し替え出来るノートシリーズですね。

コイツのウマい点は、独自の穴数。

他メーカーの普通のルーズリーフが合わない様に、29穴と言う、面白い穴数になっています。

 

ツイストリング・ノート(ポケットタイプ)。

Cimg7905

表紙がポケットになっているので、好きなデザインの用紙に差し替えることで、簡単に自分仕様のノートにカスタマイズできます。

表紙は透明度の高い生地を使用しているので、中の用紙が鮮明に見えます。

表紙裏面はそのままポケットとして、小さなメモやチケットなどの一時保管場所に利用できます。

 

 

システム手帳表紙。

これはすっごくいいと思います。

Cimg7907

革装丁の古書をイメージしたアンティークでシックな黒の外面と、カラフルでモダンな中面を組み合わせた斬新なデザイン。

Cimg7910

背表紙は発泡PVC製のやわらかい素材を使用しているので、表紙を折り返してコンパクトに使うことができます。

 

リング径が最大になったツイストリングノート。

150枚綴じられますよ。

Cimg7912

Cimg7913

 

ツイストリング・ノート 22シリーズ。

小学生から大学生のアンダー22をイメージした、学生がターゲットのノート。

Cimg7914

学校にはツイストリング・ノート1冊を持参して、全科目のノートとして使用。

帰宅後に科目別ノートに分冊。

表紙には科目名が記載できるタイトル欄と名前欄があり、科目別に分類できるポップなカラー5色を採用。

 

 

Cimg7915

仕事に必要なアイテムをスマートに持ち運びが出来て、様々なワーキングシーンにフィットするSMART FITシリーズ。

日頃から良く使うアナログ文具とビジネスツールをひとまとめして、スマートに持ち運び出来る商品です。

 

カバーノートは、ペンやノートと一緒にスマートフォンや名刺、カードなど色々なビジネスツールをまとめて運べます。

Cimg7916

Cimg7917

シャレオツでしょ。

 

カバーの素材は、摩擦、引き裂き、擦り切れに強く、日常生活における使用に対して優れた耐久性と持続性を備えたCORDURA®(コーデュラ®)ファブリック。

Cimg7918

Cimg7920

ナイロン特有の、サラリとした感触です。

画像はありませんが、ペンやノートと一緒にスマートフォンやタブレット端末が一緒に運べるキャリングポーチもあります。メインポケットに5mm厚クッション入り。

 

でんごんマグネットシート。

犬や猫などにかたどられたシートです。

Cimg7922

マグネットが使用できる冷蔵庫や玄関の扉などのスチール面に貼り付けることができます。

小さなサービスマグネットは、メモをとめるマグネットとして使えますよ。

Cimg7923

Cimg7924

2013年2月14日 (木)

文具見本市2013年厳冬旅⑧ シード編

シードさんです。

Cimg7899

 

シードさんのイチ押し商品は「3Dメッセンジャー がんばろう」。

Cimg7902

文字の消しゴムです。

他に「ありがとう」と「おめでとう」もあります。

 

消字率ではMONOより数倍良いレーダー。

今までは真っ白でしたが、カラフルなものが出ました。

Cimg7901

 

しかし儂のお目当てはコレ!

Cimg7900

うんこさんの形をした消しゴム「お~い!ウン坊消しゴム」。

シードさんのブースへ行くなり、

「うんこ下さい!うんこ!うんこ!」

って言ってたヤツを見かけた人。

それは儂です。

Cimg7903

這い寄るウン坊。

香りは確かコーラか何かだったと思います。

 

や~、いい買い物した!

これには儂も大満足。

2013年2月13日 (水)

文具見本市2013年厳冬旅⑦ ゼブラ編

ゼブラさんです。

Cimg7898

ゼブラさんのイチ押し商品は、「クラフトスター」。

水性顔料ペンです。お店のポップ書きに重宝します。

 

ところで、ゼブラさんと言えばマッキー。

マッキーをいっぱい買えば、カップ麺が付くセットがありました。

Cimg7880

だが断る。

 

そう言えば、前々担当のムサシが肥えていました。

幸せ太りの様です。くそがッ!

前担当のバンダイみたいな名前の人は、同時開催の東京の見本市へ行っていました。くそがッ!

 

フォルティアの限定と、クリップオンの限定カラー。

Cimg7881

 

フォルティアは、カラフルポップな色が出ます。

Cimg7882

 

クリップオンは、キレイな春色。

Cimg7883

 

マッキーのストラップタッチペン。

Cimg7884

 

めっちゃ小さいのに、ちゃんとマッキーの形をしています。

Cimg7885

下の方にシリコンが付いていて、それでスマホやタブレットをシャバドゥビタッチできます。

 

蛍光ペン・オプテックスが新しいデザインになります。

Cimg7886

キャップが、より取りやすくなった…んだっけ?

デザインがダッサくなったので、話半分に聞いていました。

儂の店には入荷しません。

でもいずれは、このデザインに統一されるとか何とか。

悲しい話です。

 

カラーフライトの限定カラー。

Cimg7888

2月13日(月)だと!?

いつの暦だ?

 

え~…っと。

カラーフライトは、細身で六角軸のシャーペン。

ポップ表示によれば、ドットの限定カラーが出ているみたいです。

儂の店にはまだ入荷していませんが、はて?

Cimg7887

 

フルスト。

カチカチしなくても、ボディを振ると芯が出てくるシャーペンです。

新しい色が出ます。

Cimg7889

儂の店では人気が無いので入れません。

 

赤い羽根募金とコラボしたSARASA。

Cimg7892

 

ちゃんとボディに赤い羽根のプリントがしてあります。

Cimg7891

 

プレフィールの限定ボディ。

動物柄で、とってもキュート。

Cimg7893

しかし、女子ばっかターゲットにして、男子が可哀想です。

担当さんに

「メンズカラーを出したら、もっと売れるかもしれんのに。」

って言ったら、

「同期のデザイナーに伝えます。」

って言ってくれました。

届け!庶民の声!

 

ヒョウ柄のサラサクリップ。

インクの色は黒です。

Cimg7895

 

サラサクリップ スウィーツパーティー。

香り付きのサラサです。

Cimg7896

チョコの香りが再現率高いです。

 

サラサの10周年だから、デカイ什器を入れませんか?って言われました。

Cimg7897

でも場所がないからパスしました。

ホントは欲しかったんですが。

2013年2月12日 (火)

文具見本市2013年厳冬旅⑥ トンボ鉛筆編

トンボ鉛筆さんです。

Cimg7879

さて、そろそろ儂がタイトルに「厳冬」と付けた理由を話す時が来たようじゃの。

え?そんなのどうでもいい?

まぁ、聞けや。

それは、見本市に行く前日の天気予報じゃった。

「明日は雪が降るよ、日本海はもちろん、瀬戸内海側もヤバイよ。」

との予報を受け、

「コイツはヤベェ!ただでさえ強風で止まるひ弱な山陽本線!

ちょっとの雪にも耐えられないんじゃないか?」

と覚悟し、それなりの準備をしたんじゃよ。

そして翌朝。

万難を排して早起きして、電車を待つ儂。

吐く息は白。

空は雲ひとつなく輝く青。

そうなんじゃ。

雪なんて、積もるどころか降ってもおらんかったんじゃ。

色んな意味で厳冬だな、そう思った儂じゃった。

めでたしめでたくもなし。

 

 

で、トンボさんのイチ押し商品は「ユラシャ」。

本体の錘が絶妙のバランスを取り、コロコロと転がっていかないシャーペンです。

詳しくはHPを見たらいい。

 

ところで、トンボ鉛筆さんは創立100周年を迎えたそうです。

それを記念して、のり「消えいろPiT」と消しゴム「MONO」の限定カラーが発売されます。

Cimg7872

キレイでしょ!

左端はゴールドとシルバー。

メタリックな感じです。

 

オルノスイフト。

Cimg7875

サイドノック式のシャーペンです。

現行品より年齢層があがりました。

Cimg7874

男子学生に人気が出そうなカラーです。

 

「ZOOM505」。

こちらも100周年限定カラー。

Cimg7876

Cimg7873

前年に出したブルーが美しかったので、もう1度復活させて欲しいのですが、これはこれでステキな色だと思います。

太めのボディで、しっかりした書き心地。

先日、どこかのビジネスマンに黒を購入して頂きましたが、その方の手にしっかり馴染んでいました。

契約書を書く時に使用するとおっしゃられていましたよ。

確かに、このペンなら良い契約が取れる気がします。

 

「木物語」。

責任ある管理をされた森林から伐採された物で作られた「森林認証材」を使用。

トンボ鉛筆さんは、子供たちが健やかに育つ環境を作ることにも配慮して、物を作っています。

Cimg7877

「木物語」はサラサラした感触が気持ちいい鉛筆です。

とっても軽いので、小さい子にもオススメ。

 

「ippo!」シリーズ。

「箸にはあるのに、鉛筆には子ども用がないのはなんでだろ~。」みたいなキャッチフレーズがイカします。

Cimg7878

Ippo!は、通常の鉛筆より短めの設定。

手の小さい新1年生のサイズに合わせてありますよ。

デザインも、無地やカラフルな物まで色々選べます。

2013年2月11日 (月)

文具見本市2013年厳冬旅⑤ サンスター文具編

サンスター文具さんです。

Cimg7863

サンスター文具さんイチ押し商品は、「プチちょき」。

とっても小さなハサミです。

Cimg7868

 

今、なんだかんだ人気のあるロールタイプのふせん紙。

色んな幅と色んなデザインがあって、コレクション性もあるふせんです。

ちぎって使うのが楽でいいですね。

Cimg7864

Cimg7866

 

偉人のことばペンケース。

黒いペラッペラの布に、白文字で偉人の言葉をプリントしてあります。

そのアイディアに脱帽。

取り立てて特筆することは無いのですが、中高生が好きそう。

Cimg7867

 

ドクターグリップのディズニー柄とか。

Cimg7869

 

ペコちゃんシリーズは大人気。

発売したら、即完売になる上に、再生産がおっ付かないので、見かけたらすぐ買った方がいいですよ。

Cimg7870

 

キョウリュウジャーのぬりえ等。

Cimg7871

 

プリキュアのトータルセットなど。

Cimg7862

この辺になると、おばちゃんもう分からへんわぁ。

小さい子から大きなお友達まで人気って言うことだけは知っています。

2013年2月10日 (日)

文具見本市2013年厳冬旅④ パイロット編

パイロットさんです。

パイロットさんの見本市イチ押し商品は「ジュース極細0.5」。

Cimg7857

前回の見本市では、発売前の新商品があった為、撮影不可でした。

今回は大した物が出ていないので、快く撮影OKを貰いましたよ。

Cimg7847

フリクションシリーズ揃い踏み。

しかし3色ボールペンの0.5?

替え芯の赤と青の生産が間に合っていません。

みんな困っています。

早く供給してください。

 

ふみ楽シリーズ。

ボディカラーが綺麗でしょ?

Cimg7848

左が既存品、右が限定品です。

 

万年筆。

Cimg7849

右がヘリテイジ91。

右がノック式万年筆。

 

タイムライン。

Cimg7850

滑らかインキ搭載のボールペンでしたが、同じデザインでシャープも出ました。

 

コクーンシリーズ。

Cimg7851

ふんわり丸みのあるボディで、安定した握りの筆記。

シャープとボールペンが1575円、万年筆が3150円と手軽な値段なのも魅力。

担当さんに、

「この什器欲しいよ!これがあればもっと売れるよ!つか、初回の仕入れにこの什器も付くって言ったやん!」

ってゴネたら、それを聞いていた上司の人が

「なんとしてでも手配しろ、それがお前の仕事だろう!」

って言ってました。

うん…そういうのはいいから。

なんか、ほら、気まずいやん。

や、気持ちは嬉しいです、アリガトウ。

 

多機能ペンの雅絵巻。

Cimg7852

儂の職場は仕入れていませんが、華やかな絵柄が素敵です。

え?

ああ、ほら、ウチはプラチナさんの蒔絵シリーズを入れているから。

 

ハイテックCマイカ。

Cimg7853

あのハイテックCシリーズのキラキラボディバージョン。

そして157円と、ちょっとお安く。

もう発売済みなので、色んなお店で見ると思います。

儂のブログも今月中には紹介したいです。

 

0.3の極細シャープ・エアブラン。

Cimg7855

 

可愛いプリントの限定バージョンが発売されます。

Cimg7854

キラキラとレース。

女子が好きそうなデザインです。

 

プレイボーダーからは、新色が出ています。

今回、ボールペンも発売。

Cimg7861

 

パイロットさんオススメのジュース。

Cimg7859

これはゲルインクなのに油性なので、黒い紙にも発色良く書けるカラーペンです。

横の修正テープも新発売。

使い勝手はまぁまぁ。

でも形が可愛いので、ある程度は売れるのでは?と思います。

2013年2月 9日 (土)

文具見本市 2013年厳冬旅③ ぺんてる編

ぺんてるさんです。

ぺんてるさんの見本市イチ押し商品は、「小学生色えんぴつパスティック」。

時期的な物をぶつけてきました。ぺんてる、小賢しい子!

Cimg7846

さて、筆記担当の儂としては、むしろここからが本番。

会場に入る前にスタバでカフェイン注入しているし、今の所は冴え渡る脳髄で対応できます。

儂の灰色の脳細胞に掛かれば、良いアイテムか悪いアイテムか一目瞭然なのです。

Cimg7837

 

スリッチーズ限定ボディは、前シーズンとよく似たデザインのアクセサリーシリーズ。

Cimg7838

儂の職場では、たいして売れなかったので、今回はパス。

シャーペンとシャー芯だけ仕入れました。

 

ビクーニャからは105円の安価シリーズが登場。

Cimg7841

クリアカラーで、こっちの方が既存品より可愛いかも。

特に今からは暑くなるので、目に涼しげなのもいいです。

しかしボディが105円に対して、替え芯が94円。

これはどうにかならんものか…

 

多色・多機能ペンもデザインが新しくなります。

Cimg7843

 

落ち着いたカラーが大人の雰囲気でいいですね。

Cimg7842

ですが油断すると、ビクーニャは青色が爆発するので注意。

これさえ改良してくれれば文句ないのになぁ。 

 

修正テープ「フレンチポップ」の限定カラー。

Cimg7844

これ、儂も愛用していますが、小さくて手の収まりがいいし、テープの切れもいいのでオススメです。

 

で、今回の大注目は、コレ!

Cimg7845

50周年記念・サインペンセット。

きっと誰もが1度は使ったことのあるサインペンの限定版です。

通常の物は、全身同じ色なのに対し、限定はボディが白でキャップはカラー。

専用のペンケースが付きます。

3月発売なので、お好きな方は見付けたら買ってあげて下さい。

2013年2月 8日 (金)

文具見本市 2013年厳冬旅② アピカ編

アピカさんです。

アピカさんは、ノート関連の商品を扱っているメーカー。

Cimg7836

 

見本市イチ押し商品は「レインガードノート」。

Cimg7830

第21回・日本文具大賞 機能部門グランプリアイテムです。

 

このノートは特殊な紙を使っていて、ちょっとくらいの水滴は弾いてくれます。

Cimg7829

水滴が紙に吸い込まれず、ぷっくり膨らんだままでしょ?

この後ティッシュで拭いたら、普通の紙の様にシオシオにならず、パリっとしていました。

紙の触感は、ツルりとした感じ。

 

雑然としたテーブルの上。

まだ始まって間も無いというのに、繁盛している様子。

儂も寄る気は無いのに(失礼)、寄ってしまいました。

Cimg7831

 

「鼻セレブー、鼻セレブゥ。」って連呼したら、フェイスペーパーをくれましたよ。

Cimg7832

うん、「女の人は化粧が取れるから、オススメはしません。」って言ってました。

店長にあげましたとさ。

でも今冬やし、スースーするのは勘弁みたい。

 

色とりどりのノートが棚に並びます。

会場がLED電球に変わったのか、光が足りず写真が黄色くなっています。

スマソ。

Cimg7835

 

動物が表紙のノートはデザインを一新。

Cimg7833

 

とりあえずメモ帳を注文しました。

中も動物たちがワンポイントで印刷されています。

Cimg7834

「家政婦は見た」っぽいのがおるよ。

2013年2月 7日 (木)

文具見本市 2013年厳冬旅① 入り口~ビジョンクエスト編

1月に広島で開かれた文具見本市のまとめです。

ちなみに、来場者で展示品の人気投票をするのですが、1位はソニックさんの「もちかたキャップ」でした。

これは、鉛筆キャップと鉛筆に装着するグリップがセットになったものです。

見るだけではどうってことないのですが、試すと「おおぅ!」ってなります。

鉛筆を使う人にはオススメのアイテムです。

2位はエレコムさんの「ブルーライトカットメガネ」。

PCの光のチラツキを抑えるメガネですね。

お値段が2980円と安価なのが人気の理由。

 

会場入り口は、各メーカーさんイチ押し商品が展示してあります。

※画像はクリックすると、とんでもなく大きくなります。

Cimg7816

オートさんの「ハートフルシザース」。

ハートの持ち手が可愛いです。

デスクの飾りとしては問題ないです。

 

Cimg7817

和文具は、ササガワさんの縁起もん のし袋や京の象さんのB4民芸紙など。

 

実際に使ってくらべてみようコーナーは、鉛筆削り特集でした。

あ、後ろで見本市恒例の名刺交換が行われていますが、気になさらず。

Cimg7818

 

電動削りたち。

子供心をくすぐるデザインの物から、大人が好みそうな物まで色々。

Cimg7819

 

小さい削り達。

最近は、デザイン的に面白い物がたくさん出ています。

Cimg7820

 

でっかいハリボテ削りもありました。

Cimg7821

 

フォーーーーーデックさんの若い社員さんが作られたそうです。

取っ手はちゃんと回ります。

Cimg7822

面白ッ!

続きを読む "文具見本市 2013年厳冬旅① 入り口~ビジョンクエスト編" »

2013年2月 6日 (水)

愛を試すにゃんこ

歯医者通いが終わりました。

結局、3回で終了。

あれだけ恐れていましたが、終わってみれば、どうと言うことは無かったですね。

良かったです。

しかし、最終日の歯石取り。

ええ、お医者様直々に上の歯の歯石を取って頂いたのですが、これが痛いのなんの。

Img_0816

「やぁめるにゃー!

助手さんがやった下の歯の歯石取りは全然痛くにゃかったにゃ!

こんの下手くそがにゃー!!!」

 

Img_0817

「もう、お口開けにゃい。

んぶぶぶぶぶ。」

 

そんな感じでした。

あと、大量に出血しました。

びっくりしたよ、んもう。

 

しばらくは行きたくありませんが、周りの人は、自分の誕生月にセルフチェックを受けに行くそうです。

んで、歯石を取ってもらううんだと。

儂もそうしてもらおうかしら。

年に1回なら、歯石も頑固にこびり付いていないだろうし。

うん、そうですね。

気が変わらなければ、そうしよう。

気が変わらなければ。

 

 

さて、最近の儂の可愛いにゃんず。

この前、夕飯がシチューの時がありました。

黒猫チロルさんが目聡く見つけて、儂の膝へジャンピングしてきます。

そして、ほんのちょっとのお裾分けにあり付くのです。

沢山はあげませんよ。

玉ねぎが入っているので、小指の先に、ちょっと付けてペロリンチョさせるのです。

それを見ていたピノちゃん。

1回、儂らの前を素通りして、お水を飲みに行き、再び儂らの前に戻ります。

直視はせずに、チラッチラッとこちらを窺います。

「ピノちゃん、どうしたの?

ピノちゃんも食べるの?」

そう聞くと、またチラッと見てコタツの前に移動します。

そして振り向いて「にゃあ」と鳴くのです。

ええ、コタツ布団をめくり上げて、コタツへ入れてくれと鳴くのです。

しかし儂のお膝の上には黒猫チロルさんが座っておられます。

ピノちゃんをコタツに入れるには、チロルさんを膝から降ろす必要があります。

 

試されているッ!

儂、試されているゥゥゥ!!!

 

一瞬、考えましたが、なんとか両方が不満の無いように動きました。

小指にシチューを付け、チロルさんが自分から降りる様に誘導し、そのまま立ち上がり、コタツ布団をめくりピノちゃんをコタツにIN。

そして何事も無かったように椅子に座り直す。

完ッ璧。

チロルさんもストーブの前でゴロゴロ言っているし、完璧。

多分、おそらく。

Img_0815

「と、思っているのはお前だけかもしれにゃいにゃ?」

しかし寛大なあたしはお前を許そうと思うにゃ。」

 

え?

ああ、うん。そ、そう?

 

あ、そうそう、そんな事よりアレですよ。

立春を迎え、にゃんずの抜け毛が気になるシーズンになりました。

Img_0818

おかんがとんでもない勢いで、ピノちゃんの毛をブラッシングしていましたよ。

ピノちゃん、すんげー嫌がっていました。

でもケツは可愛いね!三国一のケツだよね!うひょひょひょひょ。

Img_0819

「も、もう終わったにゃ?」

 

一方、チロルさんは自分で毛繕い。

Img_0813

「これだから、お嬢様育ちはダメにゃ。」

 

Img_0814

「自分の身は自分で整えるのが、良いオンニャの条件にゃ。

あたしは自分でやるにゃ。

そう、今までも、そしてこれからもにゃ。」

 

…果たしてそうかな?

後ろを振り返ると、ニヤニヤしながらクシを持ったおかんの姿が。

 

え?儂?

儂はね、キャメラを構えて

♪愛を語るゥよォり~ 口づゥけをかわそう~

とォわに戻らァない~ こォの時ィの中ァ~

って、WANDZ歌ってた。

なんか今、儂の中でWANDZが熱いです。

以上。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク