2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 3㌔肥えていたのは知っていた | トップページ | マンモグラフィをやってきた »

2012年12月 5日 (水)

芋の焼ける匂いが漂う時

それはストーブが点いた証。

儂の可愛いにゃんずも集う暖かい光。

Img_0125

「だからその汚い足を向けるにゃと何回言えば…」

「うっさい。黙れ。バーカバーカにゃ。」

 

これこれ、同じ種同士、仲良くせねばなりませんよ。

Img_0126

「そんな事言われてもにゃ。嫌いにゃものは嫌いにゃ。」

「激しく同意にゃ。」

 

ところで、ふと思ったのですが、もし猫族がテラフォーマーな感じで、儂らと同じくらいの大きさになったら、100%、儂らがタヒにますよね。

今の大きさなら、ケンカしても儂が片手で仲裁できますが、同じ身長なら、爪と牙で一撃ですよね。

一撃で首ちょんぱですよね。

Img_0127

「今でも手加減してやってるにゃ。

爪も牙もホンキで出してにゃいにゃ。

私達がホンキを出したら、お前の様な下賎な者は一撃で手首もげるにゃ。」

「激しく同意にゃ。」

 

そうそう。

話は変わりますが、黒猫チロルさんは、ピノちゃんの物や場所を取る傾向があります。

この前なんか、ピノちゃんがトイレに入り、ゆっくりゆっくり砂を掻き分け、「さぁ、しよう!」って所へ、横から乱入してサッサと聖水をお出しになられていましたよ。

ビックリですよ。

ピノちゃん、拗ねてコタツへ潜り込んで出てこないし。

儂はピノちゃんの膀胱が心配で心配でなりませんでした。

こんな事って普通無いですよね。

ほら、これを人間に例えてみて下さいよ。

ゆるふわパーマのおっとり可愛い子がトイレに入るでしょ。

この子、ちょっとトロいから、ゆっくりデニムを脱ぐでしょ。

次にパンスト脱ぐでしょ。

そっから、パンツ脱ごうかなぁと思った矢先に、いきなりドアがバァンと開いて、黒髪ショートのスポーティな子が入ってくるんですよ。

しかもその子、もう全部脱いでいる状態でね。

で、ゆるふわ子を押しのけて便座に座って、用を足したらさっさと出て行くんですよ。

この間、約10秒くらい?

そして無言?

人間の世界で考えたら、ホント、無い話ですよね。

Img_0128

「何を言っているか分からにゃいにゃ。

お前の妄想も大概にするにゃ。」

 

Img_0141

「バカには制裁を下すにゃ。

靴下から妙な物がはみ出ているにゃ!

デンジャーにゃ!デンジャーにゃ!」

 

Img_0142

「絶天狼抜刀牙にゃ!

ワンコ族に出来るものは、にゃんこ族にも出来るにゃ!

くらえッ!赤カブト!」

« 3㌔肥えていたのは知っていた | トップページ | マンモグラフィをやってきた »

ペット 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/56258291

この記事へのトラックバック一覧です: 芋の焼ける匂いが漂う時:

« 3㌔肥えていたのは知っていた | トップページ | マンモグラフィをやってきた »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク