2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« にゅげ家で今年の初布団INが観測されました | トップページ | フリクションボールスリム038 »

2012年11月 8日 (木)

親父とにゃんこの微妙な関係

儂が休みの日の昼下がり、遅い昼飯を食っていると、おかんが言った。

「にゅげちゃん、夕飯、何にする?

カレーかシチューにしようと思ってるんだけど。」

「どっちでもいいよ。おかんが楽なヤツでいいよ。」

「そう、じゃ、カレーにしようかしら。」

「あ?ああ、うん、いいよ。カレーで。」

答えながら、儂はカップヌードル(カレー味)を啜る。

繰り返す。

儂が啜っているのはカップヌードル(カレー味)。

や、いやいやいや、ううん、そうじゃないの。うん。

全然、全くもって問題ないですよ?

例え今、カップヌードル(カレー味)を食べていたとしても、カレーとはち、ち、違いますからね。

ええ、5時間後にカレーが出ても、美味しく頂けるってもんです。

実際、美味しく頂きました。

そして今日の夕飯も、残りのカレーでした。

うん。

明日はカレー以外の何かが出てきてくれれば本望です。

 

 

さて、寒くなると、にゃんこは自分にとって1番のベストプレイスを探し始めます。

最初は儂の布団でした。

次はおかんの布団でした。

そして、昨日。

ついに親父の布団に横たわりました。

 

何という奇跡!

それって奇跡!

せめて言わせて「幸せです」と。

だって、かれこれ7年前に居座った日から、猫が嫌いな親父とピノちゃんは常に敵対関係。

闘争の日々。

酔った親父が空き缶をピノちゃんに投げ付けたり、「トゥッ!トゥッ!」とデカい声を上げて追いやったりと、ピノちゃんにとって親父は地獄の官吏より怖い存在。

親父が帰ると、すぐに2階へ駆け上がり姿を消すのは当たり前でした。

それがここ1年くらいでしょうか。

なんだかんだで、ほだされた親父。

優しく声を掛けながらご飯をあげたり、ピノちゃんが外に行きたいと鳴くと連れて行ったり。

やー、やはり愛くるしい魅力を振りまくにゃんこには、どんなクソムシも跪くってもんですよね!

Cimg7749

「でもこれくらいの距離がちょうどいいにゃ。」

 

だけど、にゅげ、嫉妬しちゃう!

儂が1番愛していると言うのに!

ピノちゃんが1番好きなのは、おかん。

在宅時間が長いおかん。

儂だっておニート様になれば、24時間いつでもどこでも午前2時でもお世話して差し上げるのに。

ピノちゃんが居つき始めた頃と同じ様に、四六時中お布団の中でゴロゴログルグル出来ると言うのに。

ああ、しかしそれは叶わない夢。

Cimg7750

「下僕は黙って猫缶を買ってくればいいにゃ。

そうしたら、おなかも触らせてやるにゃ。

お互いWINWINにゃ?」

 

Cimg7752

「ほら、(猫缶を)求めよ。

さらば(もふもふが)与えられん。

って、言うにゃ?」

 

うん、儂、頑張って働くよ。

次のもふもふの為に!

次の次のもふもふの為に!

« にゅげ家で今年の初布団INが観測されました | トップページ | フリクションボールスリム038 »

ペット 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/56071879

この記事へのトラックバック一覧です: 親父とにゃんこの微妙な関係:

« にゅげ家で今年の初布団INが観測されました | トップページ | フリクションボールスリム038 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク