2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 乾いた街の片隅でお前は何を探すのか | トップページ | 夏の予感は靴擦れと共に② 奈良 春日大社編 »

2012年7月 9日 (月)

夏の予感は靴擦れと共に① 奈良 大神神社編

もうイヤだ!

儂はもうイヤだ!

働きとうない!

と言う訳で、2泊3日で奈良・京都へ遊びに行きました。

気晴らしって大事ですよね。

 

儂は本州の端っこにあるステキな県、すなわち山口県の人間なので、関西方面を短期間で堪能する為には早起きを要求されます。

初日は4時起きでした。

4時起きでした。

4時起きでした。

ああああああああああああああああああ!

ううん、いいの。

だってこの時間に起きると、儂の可愛いにゃんこ・ピノさんが遊べ遊べ攻撃してくるんだもん。

余裕持って相手するには、これくらい早く起きなきゃ。

そしてギリギリの時間に出発です。

 

しかしアレです。

儂は7月6日~8日で行ったのですが、6日の天候の不安なこと。

ちょっぴり諦め気分で新幹線に乗ります。

んだらね、儂の席に荷物を置いて、通路側におばさんが座ってるんですよ。

「あの…すいません、儂、窓側なんですけど。」

つって、儂、遠慮がちに言ったんですよ。

んだらね、そのおばさん、窓側にスライドして座ろうとしたんですよ。

待てや、ゴルァ!

そこは儂の席や!

儂がッ!儂の金でッ!儂の為に買ったッ!儂の席やッ!

「いや、儂が窓側なんですけど。」

って、失笑まじりで言ったんですよ。

んだらね、そのおばさん、

「そしたら私の席はどこですか?」

って聞くんですよ。

知らんがな!

んなの、自分で調べろやな!基地外か!

と言うのもアレなので、切符を見てあげましたよ。

んだらね、通路挟んで向かいの席なんですよ。

新幹線の座席って、だいたいがA(窓)B(真ん中)C(通路)挟んでD(通路)E(窓)ってなっています。

儂がE(窓)で、おばさんC(通路)。

被ってもないやん!2人掛けと3人掛けの席で被ってもないやん!

ちゃんと確認せぇやな!

んもう、朝から気ィ悪い。

一抹の不安を抱え、新大阪まで寝たフリで過ごします。

 

友人との待ち合わせは大阪駅中央改札出たトコ。

新大阪で乗り換えです。

うん、うっかり京都行きに乗って、吹田まで行っちゃったけどね!

やだやだ、にゅげったら、おちゃめさん☆

その後、すぐ大阪行きに乗り換え、友人と無事合流。

ほぼ1年振りなので、近況とダイエットの話で盛り上がります。

 

で、初日は奈良へ。

古い御守をお返しする為、大神神社へ向かいます。

三輪駅を降りると、大粒の雨が…

それまでは曇天だったのに。

まさか…

来るな…だと!?

 

いやいやいや、この儂がまさか神様に拒否られるなんて、天地がひっくり返ってもありえないことです。

もし万が一、そんなコトがあったとしたら…

よかろう、ならば参拝だ!

向こうの気持ちを確かめてやるぜぇ。

と、土砂降りの中を進みます。

Cimg6838

進みます。

Cimg6839

進みます。

Cimg6840

鳥居が見えてきました。

Cimg6842

境内、ちょっと歩くので杖のサービスもあります。

 

そして、いざゲートイン!

Cimg6843

や、鳥居を潜ります。

一礼して潜ります。

「ぺこりんちょ」と、声を出して入っていったヤツを見かけた方。

それは儂です。

 

 

手水場で手をキレイにしますよ。

あらあら、お水を出しているのは巳ぃさんですね。

Cimg6848

「あひゃひゃひゃひゃ。」

 

この辺りで雨は小降りに。

靄が掛かり、幽玄な雰囲気です。

Cimg6844

ふんふん。

見慣れた道だって、色んな表情が見られるので、雨も悪くないですねぇ。

 

途中で古神符納所を発見。

ここで今までお守りいただいた御守をお返しします。

Cimg6845

 

祓戸神社。

ここでお参りをすることで、自分の汚れを祓ってもらいます。

Cimg6846

そしてこの時点で、雨は完全に止みました。

おお神よ!

やはり儂を嫌われていたワケではないのですね!

 

階段を上っていると、妙なオブジェが目に入りました。

Cimg6850

 

ほわぁ~!

茅の輪くぐりだぁ~!!!

Cimg6849

1度はやってみたかったけど、タイミングが合わず、全く体験したコトのなかった茅の輪くぐり!

めっちゃ嬉しい!

神様、ありがとう!!

Cimg6851

看板によると、「夏越しの茅の輪」は杉・松・榊の三霊木をかかげた物だそうです。

霊験あらたかですよね!

Cimg6852

くぐり方も、無限大のマークを描くようにくぐるのがステキです。

くぐった後は、なんだか、すっごい清々しい感じ。

Cimg6854

この時期、雨が多いからか、本殿の前には雨避けテント?が置いてありました。

元からあったっけ?

でもこれで、傘やらなにやらの心配することなく参拝できます。

 

巳の神杉の前には、卵やお酒がお供えしてありました。

儂も次は持ってこようかしら。

Cimg6857

 

ステキばV字ライン。

Cimg6858

 

あたり一面、靄っとしていて、世俗感は一切ありませんでした。

Cimg6859

 

神宝神社。

Cimg6860

フラッシュたいたけど、神様怒ってないかしら。大丈夫かしら。

「まぶしっ!」とか思ってないかしら。

何とも思ってなかったら、宝くじが当たりますように当たりますように当たりますように。

 

そんな感じで、1時30分過ぎに三輪を後にしました。

あ、おみくじは「小吉」でした。

うん、「小吉」でした。

« 乾いた街の片隅でお前は何を探すのか | トップページ | 夏の予感は靴擦れと共に② 奈良 春日大社編 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。おおっ吹田に来られたんですか!!私の実家は吹田市なんです~(^^)なんか嬉しいです。神社へ行くときに降る雨は歓迎されている、と聞いたことがありますけどね。私も大江山の元伊勢神社へ行ったときに滝のような大雨が突然降ってきて、しばらく境内で雨宿りした事がありますよ。

加奈子さま、ごきげんよ~。
>私の実家は吹田市なんです。
マジっすか!儂が京都に住んでいた頃の職場の同僚も吹田の人でしたよw
しかし気付いてよかった。吹田さまさまです。

>神社へ行くときに降る雨は歓迎されている
なんと!それなら儂らは大歓迎されていたんですね。安心しました。

>滝のような大雨
おおう。
儂も加奈子さまも、神様に愛され系女子ですなw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/55155936

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の予感は靴擦れと共に① 奈良 大神神社編:

« 乾いた街の片隅でお前は何を探すのか | トップページ | 夏の予感は靴擦れと共に② 奈良 春日大社編 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク