2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 乾物屋おかん~シイタケ編 | トップページ | 秋は京都で燃え出すような熱い魂~順正編 »

2011年11月 4日 (金)

秋は京都で燃え出すような熱い魂~南禅寺編

ボンバヘッ☆ボンバヘッ

燃え出すような~アッツい魂!

 

どうも儂は閉塞感を覚えると、京都に行くクセがあるようです。

そんな訳で今回は南禅寺に行ってきました。

※写真は2011年10月29日のものです。

 

 

地下鉄東西線蹴上駅からすぐの所に、「ねじりまんぽ」というトンネルがあります。

Cimg5320

レンガの積みが斜めになっていて、まるで螺旋の様なのです。

ここからもう異空間。

儂の観光魂が燃え出します。

 

3分も行かないうちに、金地院・東照宮が見えてきました。

Cimg5324

Cimg5323

金地院は、黒衣の宰相・崇伝という、なんとも厨二病を発症しそうな名前を冠している坊主が、洛北から現地に移転した建物。

 

儂の目的は南禅寺なので、申し訳ないけれど、チラリと見ただけで立ち去ります。

 

道なりに進むと、そこは南禅寺。

駐車場が1000円、あと3箇所重要な建物を見るのに1300円という、恐ろしい金額設定にビビリながら門を潜ります。

「京都の坊主は死んだら皆、地獄行きやでぇ」

以前、タクシーの運転手さんが言った言葉が胸に突き刺さります。

Cimg5326

年配のご夫婦がチラホラ。

なんだか和みます。

 

そして三門。

重要文化財・火気厳禁・拝観料500円の三門。

石川五右衛門の「絶景かな絶景かな」で有名な三門。

Cimg5327

 

全く紅葉はしていませんでしたが、青空、緑葉、瓦の力強さに感動。

Cimg5357

あ、中に入らなかったのはアレです。

儂がブーツを脱ぐのが面倒くさかったからです。

今度もし行ければ、「絶景かな」ごっこをしようと思います。

 

境内には人目を惹く巨大な灯篭がありました。

佐久間玄藩の片灯寵。

6メートルくらいあるそうです。

デカい!

Cimg5328

 

三門、真正面。

Cimg5329

 

柱のデカさに圧倒されました。

灯篭といい、デカいのが好きなのか?

Cimg5330

 

三門を抜けると、やたら耳障りな音が聞こえてきました。

Cimg5331

なんか木を切ってたよ!

しょうがない、仕事ならしょうがない。

土日に間に合えば、それでいい。

 

さらに歩いていくと、抹香臭さが漂います。

え?

嫌いじゃないですよ、この香り。

むしろ大好きです。

なので、まるで成仏を求める浮遊霊の如く、引き寄せられます。

Cimg5332

 

法堂。

Cimg5333

さっそく線香の煙を顔と頭に浴びてきました。

顔と頭に浴びてきました。

顔と頭に浴びてきました。

 

あ、そうそう。

ここのお線香代は、どうも自分で決めるようです。

金額が書いてなかったし。

「これ、いくらでもいいのかな?」

って心友と話していると、儂の前に立っていたお婆さんが

「うん、うん。」

って頷いていたし。

お婆さん…

貴女が南禅寺マスターか!?

 

法堂の裏に回ると、大きなイチョウの樹に出くわしました。

紅葉していたら見事なんだろうなぁ。

Cimg5335

 

さらに歩くと座禅会場が!

Cimg5336

お、お、恐ろしい!

儂の様に雑念妄念執念の塊が行ったら、肩が砕け散るまでバシバシされてしまうやん!

ここは足早に立ち去ります。

 

本坊の大玄関。

Cimg5337

 

さすが本坊の顔。

どの角度で撮っても絵になります。

Cimg5338

 

本坊入り口には、座禅会と写経会のお知らせが。

中に入らなかったのは500円が惜しいからじゃない!

ブーツを脱ぐのがホント、面倒臭かったからさ!

次に行くかもしれない時は、もっと簡単な靴を履くことにします。

Cimg5339

 

がんばれ、川端警察署!

Cimg5340

 

さてさて、儂の目指す第1の場所。

琵琶湖疎水が流れる水道橋。

Cimg5341

いい場所だからか、スケッチする方もいらっしゃいました。

 

おおう!

写真やドラマでよく見た橋だよ!

Cimg5342

 

さっそく火サスごっこだよ!

Cimg5343

「犯人は、この場所で…」

 

朝10時過ぎの水道橋は、木漏れ日に照らされキレイでした。

Cimg5350

 

どの角度で、テキトーに撮ってもそれなりに撮れるのが水道橋の完成度の高さを表していますね!

Cimg5351

 

小道を登ると疎水が流れている所が見られます。

Cimg5352

「ここで魚釣りするんじゃねぇ、カス」

みたいな看板がありました。

魚…釣れるの?

 

さらに上の道を歩くと、最勝院に突き当たりました。

Cimg5353

 

本堂は、いい感じに枯れています。

福徳円満大黒天と、払災殖福不動尊が祀られているそうです。

Cimg5355

おみくじを引こうと思いましたが、係りの人?が昼食中でおらず断念。

平日の12時~13時はいらっしゃらないみたいです。

気をつけろ。

 

そして、ここは縁結びの松が有名。

Cimg5354

百日紅の木の股に、松の種が落ちて成長したんですって!

なんというミラクル!

Cimg5356

平日だったからか、ほとんど人もおらず落ち着いていました。

儂は縁結びとか、もうどうでもいいんですが、「払災殖福不動尊」が心の琴線に引っかかりました。

だってめっちゃ良くないですか?

災いを払って福を増やしてくれるんですよ!

実際のお参りの時は、そんなに心を込めてお祈りしなかったんですが、また行った時にはもっと熱心にお願いしようと思います。

「宝くじが当たりますように!

宝くじが当たりますように!

宝くじが当たりますように!」

 

え?

だって、「福」=「金」…じゃね?

 

« 乾物屋おかん~シイタケ編 | トップページ | 秋は京都で燃え出すような熱い魂~順正編 »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/53160484

この記事へのトラックバック一覧です: 秋は京都で燃え出すような熱い魂~南禅寺編:

« 乾物屋おかん~シイタケ編 | トップページ | 秋は京都で燃え出すような熱い魂~順正編 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク