2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 干物屋 おかん | トップページ | 赤まんじゅ白まんじゅ黄まんじゅ »

2011年10月 5日 (水)

ステッドラー ヒストリカルペンシルキット

ステッドラーさんを代表する鉛筆「マルスルモグラフ」と、1600年代にドイツで作られていた鉛筆の原型といわれる「ヒストリカルペンシル」の再現キットを、それぞれ限定缶ケースにセットし販売いたします。

限定5000個だそうです。

すでにメーカーさんには在庫は無いそうなので、お店かネットでさっさと購入したらいいと思いますよ☆

 

ヒストリカルペンシル。

Cimg5060

1600年代に、ドイツの大工ギルドが専売していたペンシルを再現。

ケースも職人のイラストがプリントされています。

 

中身は、木軸2本、芯1本、木工用ボンド、紐、シーリングワックス。

Cimg5061

 

なんと言うか…

割り箸?

Cimg5062

当時の芯は丸ではなく、長方形だったんですね。

これを木工用ボンドでくっつけて、当時の鉛筆の完成☆

 

シーリングワックスには、マルスの刻印がされています。

Cimg5063

かっちょいい!

 

 

マルスルモグラフ。

Cimg5059

Cimg5064

ステッドラーさんご自慢のルモグラフ、HBが1ダース。

少し前、より確実に同じ太さの線を引けるよう、芯が硬めに改良されました。

日本では、力を入れずに書ける柔らかい芯の鉛筆が持て囃されていますが、それはそれ。

「鉛筆は同じ線幅でなければいけない」

の信条を貫く、あくまでも職人気質な鉛筆です。

 

« 干物屋 おかん | トップページ | 赤まんじゅ白まんじゅ黄まんじゅ »

文具系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/52916678

この記事へのトラックバック一覧です: ステッドラー ヒストリカルペンシルキット:

« 干物屋 おかん | トップページ | 赤まんじゅ白まんじゅ黄まんじゅ »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク