2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ドクターグリップCLアロマ | トップページ | 何を今日は求めて生きた »

2011年7月11日 (月)

ダウンフォース

パイロットさんから、どんな向きでもタフに書ける、加圧式ボールペン・ダウンフォースが出ています。

Cimg4504

このボールペン、ノックすることで空気が圧縮され、その圧力によりインクがペン先にギュっと押し付けられ、360度、どの向きでも書けるという代物。

通常のボールペンは、上向に書くとインクが出なくなる危険がありますからね。

その点、加圧式ボールペンは向きを気にせず筆記できる利点があります。

 

この加圧式、他メーカーだとMつびしさんが210円で、Tンボさんが630円でPラチナさんが1050円で出しています。

廉価版で手頃な値段ということでは、Mつびしさんに軍配があがりますね。

気軽に消耗できるので、企業には受けている様子。

一方のTンボさんのエアプレスは、現場で働く人達のマストアイテム。

住み分けが上手に出来ているところに、パイロットさんも同じ加圧で勝負を賭けて来ましたよ。

 

早まった…んじゃねぇか?

 

ま、まぁ、いいです。

とりあえずご紹介。

Cimg4506

カラーはブルー・イエロー・ブラック・ホワイト・ピンク・モスグリーン・オレンジの7色。

カラフルで、見た目は合格。

 

クリップは、10万回挟んでも壊れない、リフトクリップを搭載。

これはパティントという、既存のボールペンのパーツを引用したみたいです。

Cimg4507

ものっすごいバネ力。

戻す時に、パッチンパッチン言うのがちょっと煩いかも?

 

つか、儂の指、太ッ!

ヤバイですね。

指マッサージもやらねばなりませんね。

 

 

グリップはローレット系なのかな?

滑り難くていいです。

握った太さもいい感じ。

Cimg4508

 

替芯は、BKRF。

Cimg4509

空気圧縮なので、芯を開発する手間は取らなくて良かったみたいですね。

 

筆記はこんな感じ。

Cimg4510

コレですね…

最初、書いた時に、

「うわッ、書きにくッ!」

って思ってしまったんですよね。

使い続けると、そうでもないですが。

儂はPんてるさんのビクーニャを愛用しているので、その辺もあるのかも。

 

よしっ!

それなら実験だ!

そんなワケで、MつびしさんのスタイルフィットのレフィルをIN。

長さピッタリなので、コイツが入るんですよね。

で、見本に出してあるシグノのレフィルをそっと入れます。

はわわわわぁ!

コイツはスゴイぜ!

出過ぎだぜぇ!

写真を撮らなかったんですが、あまりのインク量に驚き。

ジェルインクが空気で押されると、あんなになるんですね。

儂はこれで書き心地が良くなったとほくそえんでいたら、同僚ちゃんは

「これはダメだ!これはダメだ!」

とシャウトしていました。

あらあら、人それぞれですね。

興味のある方は、お試しください。

 

« ドクターグリップCLアロマ | トップページ | 何を今日は求めて生きた »

文具系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/52189019

この記事へのトラックバック一覧です: ダウンフォース:

« ドクターグリップCLアロマ | トップページ | 何を今日は求めて生きた »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク