2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ダブルアクションR3 歌麿 | トップページ | 1月に葬式を出すと、その年は多い。 »

2011年5月19日 (木)

タブロウ・ゲート8巻の感想

サツキが密かに憧れていた女性・マーガレットがやって来ましたよ。

その淑やか姿からは想像できないアナーキーっぷりで、レディをはじめ、タブロウ達は戸惑いまくり。

エリファス曰く「成長したレディ」、アレイスター曰く「女性になった月」ですからね。

どんな強烈なキャラかと。

でもどうやら、そういう態度を取る時は、サツキが不当に扱われていると思った時だけの様です。

誤解が解けてからのマーガレットは可愛いばっかり。

それはサツキも真っ赤になるのが分かりますね。

 

ミシェル達は面白がって、何かやらかそうとしていますけど。

Img125

つか、Ver.レディのミシェルはこんなだけど、Ver.サツキの時だったら、全く別の行動をすると思うんですよね。

サツキ至上主義だし?

絶対、マーガレットと引き離そうとすると思います。

でも儂、Ver.サツキの方が好きなんだよなぁ。

淡々としているけど、サツキにだけはひたむきな想いを寄せているってのがグっときますよね。

 

一方、レディはお邪魔虫扱いされたようで、1人で庭に放り出されます。

「あんな女と顔を合わせて じっとしてられるわけないでしょ!?」

「では どうぞ屋外へ」

エリファス、笑顔で容赦無ェェェェ!!!

 

 

マーガレットに節度が無いと言われたレディ。

ぶんむくれで

「そんなの細事にこだわる愚か者の言い訳じゃない!!!」

と叫びます。

すると、あらあら、なんと言うことでしょう。

彼女の印象力に導かれ、ベルティオーが新たな姿で召喚されましたよ?

Img126

Img127

なんか…

節制が!

節制なのに、ヴァカになった!

あああああああああ!

頭の中までサマーをレッツエンジョイな感じになってるよ!

なんだよ、コイツ!

大好きだ!

 

んでも、最初あの引き篭もりの節制がレディの節制だと思っていたんですが、違ったん…だっけ?

それか、もっと強力な印象力に上書きされると、姿も変わるのかな?

あれれ?

ちょっと読み直してみないといけませんね。

 

 

サツキ達は、お買い物デートを楽しみますが、突然現れた黒服達にマーガレットを拉致されてしまいます。

「旦那様」=「お祖父様」だと思ったサツキは、恐怖?でへたり込みますが、そこはソレ。

レディ達の声で、節度もルールもかなぐり捨てて、立ち上がりますよ!

Img128

「もう 彼女と離れたくないんだ」

 

ちょ!!!!!!

イケメガネェェェェェ!!!!!

それでこそ、イケメガネを名乗る資格があるってもんですよ!

普段は優しいけど遠慮がちなサツキがもどかしくもありましたが、決断する時は強いですよね。

オトコを感じますよね~。

 

 

さて、サツキの心も決まったし、皆でマーガレット奪還作戦開始です。

居合わせたタブロウ達が全力で彼をフォローしますが、如何せん、向こうは戦いのプロ。

なかなかマーガレットの元には辿り着かせてくれません。

しかしその混乱の最中、THE LOVERSがサツキの声に応えて顕現しました。

「幸せを運ぶもの

色あせることのない 永遠の絆」

コルネリウス、彼は年齢の交換が出来るそうです。

Img129

手がね、にゅい~んと伸びるんですよ。

その姿は道化師みたいだし、また一風変わったキャラが加わりましたね。

でもサツキに好意的だから、安心しました。

なかなか、なびかないヤツが多過ぎだよ、タブロウ。

 

 

一悶着ありましたが、やっとマーガレットに再会できたサツキ。

しかし彼女は、別の人と結婚するそうです。

「旦那様」って言うのは、サツキのおじいちゃんでは無く、マーガレットの未来のダーリンだったんですって。

 

うん、まぁ…

懸命なる読者は、彼女が登場した瞬間、そんな展開じゃないかな~って思ってましたよね。

ええ、儂も薄々そう思っていましたよ。

だって、サツキに彼女が出来るなんて、なんか悔しいやん(マテ

イケメガネは永遠にみんなのアイドルじゃないといけないからね。

常にフリーでなければ。

 

それにしてもサツキ、最後まで頑張りました。

Img130

笑顔で「結婚おめでとう」って伝えられたんですもの。

男前だよね!

1巻の時から、ちょっとずつメンタル面も強くなってるよね。

おばちゃん、嬉しいよ。

 

 

マーガレット事件も落ち着き、屋敷に平穏が訪れたのも束の間。

今度は“力”が、レディとサツキを殺しにやって来ましたよ。

Img131

純然たるエネルギーの塊で姿を現した“力”  。

彼女は“星”に心酔している様子。

「タブレットの未来のために」、平気で彼らを襲います。

 

 

その一方で、アレイスターは“星”と対峙。

Img132

やっと彼らの因縁がハッキリ明かされましたね。

それにしても、何故“星”だけがこんなに自由に動き回れるのか、不思議です。

他のタブロウはタブレットに帰らないままでは、力を失ってしまうというのに、彼だけは特殊。

“星”だけにトリックスターなんですよ、って冗談は通じませんよ。

しかも彼、宣言しちゃいましたからね。

Img133

「次代管理人に 俺は なる」

ドン!

 

みたいな感じ?

そんなに人間に従うのがイヤなのか、コイツは!

あまつさえ、自分でタブロウを管理しようなんて、おこがましい!

まぁ、だからって人間がタブロウを従えるのが正しいっていうのも考え物ですが…

コイツに持たせたら、さらに危険な存在になりそうで怖いですね。

次巻でどうなることやら。

 

« ダブルアクションR3 歌麿 | トップページ | 1月に葬式を出すと、その年は多い。 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/51712612

この記事へのトラックバック一覧です: タブロウ・ゲート8巻の感想:

« ダブルアクションR3 歌麿 | トップページ | 1月に葬式を出すと、その年は多い。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク