2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« タブロウ・ゲート8巻の感想 | トップページ | テープ貼りダイエット »

2011年5月24日 (火)

1月に葬式を出すと、その年は多い。

今年の1月に、叔父さんが亡くなりました。

で、49日を過ぎて約1週間後、大おじが亡くなりました。

儂は面識が無いのですが、おかんが小さい頃に、よく面倒を見てもらっていたそうです。

その大おじの49日が終わった夜。

「やっと忌み日を抜けたね~。

これで神棚もまた拝めるね~。」

と言った矢先、電話がかかってきました。

時刻は21時前後。

夜と早朝の電話は、だいたい良い内容ではありません。

「…はい、はい。

分かりました。明日、お通夜ね?」

な、なんだってー!?

ボソボソと対応していたおかんが受話器を置いた瞬間、質問タイムが始まります。

「誰!?

誰か!?

また親戚か!?」

「ううん、近所のおじいちゃん。」

ああああああああ!

ああああああああッ!!

よく知ってるよ!

カワイイじいちゃんだったよ!

クソがッ!

おじいちゃんのご冥福を祈りつつ、おかんに言います。

「しっかし、今回は血縁じゃなかったけど、こう立て続けにあると気味悪いね。」

「そりゃ~、

1月に葬式を出すと、その年は多いって言うもの。」

マジか!?

初耳なんだけど!

つか、怖いよ、その迷信。

もう打ち止めにして欲しいよ。

 

しかし、この迷信、どうも儂の集落限定なのかもしれません。

職場の人に聞いても、初耳だって言うし。

そういうのって、怖いけど面白いですよね。

 

« タブロウ・ゲート8巻の感想 | トップページ | テープ貼りダイエット »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/51756784

この記事へのトラックバック一覧です: 1月に葬式を出すと、その年は多い。:

« タブロウ・ゲート8巻の感想 | トップページ | テープ貼りダイエット »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク