2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 聖☆おにいさん 6巻の感想 | トップページ | あけましておめでとう2011年 »

2010年12月30日 (木)

ニードレス 12巻の感想

ブレイドの過去の記憶の中に閉じ込められてしまった山田。

左天と共に、ブレイドのストーキングをします。

そんな時に出くわしたのが、現在の姿であるカフカ。

Img041

ちょ!

初登場よりイケメンになってるよ!

ブレイドさん?

記憶違いってヤツじゃありませんか?????

コイツ、もっと陰気なツラしてたよね!?

 

さらにブレイドの過去の記憶なら、カフカの姿も、もっと若くないといけません。

どうやら記憶の混同があり、本当の歴史とズレが生じていると判断した左天は、劣勢のブレイドに加勢。

Img042

どうしよう、左天がやたらステキングに見えるわ!

ただの包帯コスプレストーカー野郎なのに(マテ

 

カフカは左天達が未来から来たと理解し、シュトロームとは戦わず逃げろと忠告してくれました。

なんだよ、カフカ。

お前、イイヤツじゃん。

ツラは辛気臭いけど。

 

その上帝・シュトロームは、大田区を制圧中。

Img043

すっごく強いのに、マントのトーンが最悪です。

どこぞのギャグメーカーかと思ったわよ。

でも性格は無情な感じ。

「弱い者は奇跡を起こす事に全力を注ぎ…

強い者は起こさせない事に全力を注ぐ…

どっちが簡単かっつうの」

確かにその通りっすね!

名言っすよ!痺れるっすよ!

それと気になるのが「忘れっぽい」ってこと。

圧倒的な強さも持っているし、もしかして、この人もキリストセカンドの因子を最も多く含んだ能力者なのかしら?

オラ、ワクワクしてきたぞ!

 

上帝本拠地・リフィアバーグには、メングロウズというマッドサイエンティストがいましたとさ。

Img044

この人にも聖痕が。

12人の聖痕持ちの1人なのか?

それともただの刺青みたいなものなのか?

能力を使うシーンが無いので、まだ分かりませんが、きな臭い相手ということでは間違いないようです。

 

Img045

ブレイドが薬を持ち帰ると、そこにはイブの変わり果てた姿が。

変身能力でも治せなかった傷が原因で、イブは自分の形を保てなくなったそうです。

Img046

ブレイドは自分の脳を移植することで、イブを生かそうと決意。

男前!

男前やで、ブレイド!

なんだか少年マンガの主人公みたいよ!

そのまま成長してくれれば良かったのにッ!!!

ま、待てよ。

もしかして、今のブレイドの全裸に靴下&手袋好きは、この時の手術の影響からじゃ!

ギド博士も「万に一つ命が助かったとして…どんな影響が出るか…!」って言ってたし。

こんな影響だったとはッ!

チクショー!!!!!

 

 

ところで、どうでもいいんですが、マッドサイエンティストさんに影響を与えたのはギド博士。

Img047

ギド博士が、人体の神秘についてメングロウズに語ったことで、彼の常識のリミッターを外しちゃいましたよ。

Img048

いやいや、お前の発想、「自由な発想」過ぎるやん。

それにしてもこの数ページの人体についての考察。

ちょっと面白かったんで、是非、色んな人に読んでもらいたいです。

たとえパンチラと幼女にしか興味無い人であっても、読んでもらいたいです。買え。

 

山田は脳移植に必要なエイルシステムをメングロウズが持っていると仮定し、彼の居場所に皆を案内することに。

Img049

本当の歴史の中ではメングロウズは解放軍に協力している人物。

そんな人を左天に売るのは!?との葛藤後の選択です。

ホント、山田ってこのマンガ唯一のモラルというか良心ですよね。

ずっとこのままでいて欲しい。

性格も、そして女装もだ!

 

彼らはメングロウズの居場所を求めて旅立ちますが、ブレイドの記憶にない場所で立ち往生。

Img050

しかし謎の女子の助けで、道を切り開きます。

どうやらこの女子もアダムシリーズの様ですが…

ブレイドの記憶の中にしか存在しないのか、いつか出会うのか。

ただ作者が全裸を描きたかっただけなのか。

謎が謎を呼びますね。

 

ついにリフィアバーグに辿り着いた一行。

Img051

山田ァァァァァ!!!!!

 

んもう、ホント、工事しちゃいなよ!

大丈夫。

おとこの娘がホントの女子になるってだけだもん。

誰にも迷惑かけないから。

ね!ね!

Img052

そんな山田は、エイルシステムのレンタルを賭けて、メングロウズの実験体とバトルすることに。

「ドシッ」って…

分かってない!

メングロウズは女心を分かってない!

女子はどんな姿になっても体重を気にするんだから!

もっと軽量にしてあげれば良かったのに!

ここは山田に勝ってもらって、メングロウズをボッコボコにするしかないですよ!

その後、工事してもらえばめでたしめでたし☆

 

« 聖☆おにいさん 6巻の感想 | トップページ | あけましておめでとう2011年 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/50441992

この記事へのトラックバック一覧です: ニードレス 12巻の感想:

« 聖☆おにいさん 6巻の感想 | トップページ | あけましておめでとう2011年 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク