2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 言葉が通じない人々 | トップページ | ファイナルファンタジー13 第1章をやってみた »

2009年12月20日 (日)

言葉が通じない人達 その2

<前回のあらすじ>
上司に侮辱された儂は、101匹のにゃんこと共にアメリカンショートヘアになるため大海原に乗り出した。
 
 
 
世の中にはどうしても相容れない人っていますよね。
ええ、そんな1人がうちのお店に良く来やがります。
60前後の小肥りジジイで、精神疾患なのかどうかは良く分からないのですが、普通に話しているな〜って思ったら、次の瞬間いきなり悪態をつき出すので怖いのです。
儂らはソイツが来ると、
「アブラ来たッ!」
って戦々恐々。
え?
アブラ?
ああ、だってソイツ、脂ぎった子泣き爺にそっくりなんだもん。
略してアブラ。
 
 
最近来なくなって、冬眠したんちゃうかって安心していたんですが、またまた思い出した様に頻繁に来店されるようになりまして。
一昨日、昨日、今日も来た。
ホント、迷惑。
 
で、儂の名札見て
「にゅげねぇさん、○○のどこに住んでるの。しげたろう(政治家の名前)の家の近くでしょ。」
とか、訳分からんこと言ってくんの。
こっちは何か言って妙なことになったらイヤだから、聞こえないふりしてレジカウンターに背中向けて、商品に値段付けてたんですよね。
そしたら、お客様がレジにやって来たの。
その瞬間ですよ。
「あんたぁ、お客さんよ。早くしんさいね。まったく、後ろにも目を付けてちゃんと仕事せんといけんじゃろ。バカじゃね。」
って言いやがんの。
 
お前がッ!おるからッ!仕事に支障をきたしてんねん。
お客様もダイアリー持って固まってるやろ!
高橋のデスクダイアリー持って固まってるやろ!
とっととソウルソサエティでもどこでも逝って、にゃんぱく刀のサビになれ!
 
 
儂、すっごい怒りを押さえ付けて、全力で聞き流すふりしましたけど、ハラワタ煮え繰り返るのは止められません。
つか、むしろ儂の心の叫びがアブラに届けばいいのに。
その叫びで血ヘド吐いて倒れればいいのに。
でも実際に言葉に出したら、お店の評判が悪くなるし…
 
いや〜、客商売って、ホント難しいですね。
 
 
そんなこんなで、しばらくハンニャ顔して働く儂。
そんな儂に、あるボーイが声をかけてくれました。
たま〜に来る、17歳くらいの育ちが良さそうなメガネボーイ。
彼の礼儀正しさは、還暦を迎えた課長も舌を巻くほどのものです。
ええ、そのメガネボーイがね、
「僕もあのおじさんに絡まれましたよdownwardright困りますよね。」
って言ってくんの。
 

 

 
ボーイ!
 
もしかして、ソレ、儂を励ましてくれてるわけ!?
皆に悪態つくから気にすんな的な感じの発言なわけ!?
 
おばちゃん、デラ嬉しいよッ!
もし今度アブラがボーイを虐めてたら、儂がヤツの帽子を弾き飛ばしてやるね。
だって、ヤツの弱点は頭部。
陽光の下でハゲ山を晒すのは、ヤツにとって9999のダメージだもんね!
儂、知ってんねん。
帽子を被れない場所に行く時は、ヅラを被って行くって事を。
みんな知ってるから無駄な努力だけどね! 
 
 
 
なんかホント、イヤ〜な事があった1日でしたが、メガネボーイのお陰でいくらか癒されました。
ありがとーね、メガネボーイ。
そして滅びよ、アブラ。
 

« 言葉が通じない人々 | トップページ | ファイナルファンタジー13 第1章をやってみた »

不条理 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/47070972

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉が通じない人達 その2:

« 言葉が通じない人々 | トップページ | ファイナルファンタジー13 第1章をやってみた »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク