2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 牛に轢かれて善光寺☆ 2日目 | トップページ | 体重増加が止まることを知らない »

2009年5月23日 (土)

牛に轢かれて善光寺☆ 最終日

6つの善光寺を回る欲張りツアーも今日が最後。
 
 

まずは関善光寺にお参りです。

Cimg1104

ここは信州長野善光寺とそっくりの造りで、大きさは三分の一。
三分の一の純情な感情で、ミニ善光寺と呼ばれているようです。
 

境内でまず目に入るのが、5本の回向柱。

Cimg1103
 

何でも、古いものは2、300年前の物だとか。
昔の回向柱も触らせてくれる太っ腹振りに涙が止まりません。

Cimg1102
 

後、説明してくれるお坊様がイケ坊主でした。
儂、スーツ、制服、白衣に袈裟は反則だと思うのよ。
それを着てるだけで、サンサム度が上がるじゃないですか。
んもうハンサムスーツなんか、目じゃ無いっすよ。
 
 
あ、話が逸れましたね。
関善光寺に戻します。
ここのお戒壇巡りは卍型で、クネクネ曲がらなければなりません。
しかも49メートルもあります。
そう!
人はこの世からサヨナラして、49日で成仏するんですよね。
それになぞらえてあるそうです。
良く考えてあるね☆
そう言や、お釈迦様の涅槃像の下に、
「どうせ逝くならぽっくり逝きたい」
とか何とか書いてありました。
良く考えてあるね☆
 
おびんずる様に触るのも忘れてはいけません。
ここのおびんずる様って、若干新しいんでしょうか?
陶器素材?で出来てましたよ。
これならいくら触っても、擦り減ることは無い?ですよね。
良く考えてあるね☆
 
 
お次は岐阜善光寺。

Cimg1105

Cimg1106
ここは織田信長が御本尊をお招きした場所だそうです。
ぶるぁぁぁぁぁッ!
 
着いたのが12時前で、運よくお坊様の説法を聞くことが出来ました。
このお坊様がまた、自分に厳しく人にも厳しそうなお顔だなぁと思っていたら、多分ビンゴっぼかったです。
でもお話は面白かったですよ。

 
「お寺は鑑賞する場所じゃない!お参りする所なんだ!」
 

という意見は大賛成。
仏像を眺めたいなら、美術館に行けばいいのです。
儂としては、お寺にお参りするのは、仏様を通じて自分の中身を見直す為。
こういう場所では自然と内省させられますもんね。
うってつけです。
 
それにしても、岐阜善光寺はサービス満点。
般若心経まで読んで下さいましたよ。
すっげリズミカルなの。
なんか心洗われると同時にビートを刻みたくなりましたとさ(マテ
 
さらにお帰りの際には飴ちゃん1個プレゼント!

Cimg1121
 

しかも岐阜善光寺で作っているオリジナルだぜ!
これは有り難や!なんだぜ!
 
んでもすぐ横でその飴ちゃんの販売を行ってましてね、前の人達、み~んな買ってんの。
これ…買わなきゃいけない雰囲気だよね?
 

や、説法も聞けたし、別に構わないんだけど…
 

商売ウマいね!!!
 
飴ちゃんは単価が低いし、ここまで来て飴ちゃんってのもナニなんで、儂は清め香を購入。

Cimg1123
 

いやいや、飴ちゃんでも十分なんですが、ほら、儂って心身ともに汚れてるでしょ?
だから清め香を全身に塗りたくって、やっとプラマイゼロって感じじゃないですか。
そらもう清め香で正解です。
親父なんか、マンガで読む善光寺の本を買ってましたしね。

Cimg1120
 

頑張る住職さんの為に、少しでもゼニを落とせて何よりです。
 
 
 

って、アレ?
ここ、お戒壇巡りが無いんですね。
それはまぁ、構いませんが、全然構いませんが…
 
おびんずる様は!?
儂のアイドル・おびんずる様は!?
ま、まさか…
いないのかァァァ!
 

ぶるぁぁぁぁぁッ!!!
 
 
あ~あ…。
ガッカリしながら祖父江善光寺東海別院に進みます。
いや、そんなガッカリしてないけど。
 
 
 

Cimg1107

ここは建てられて100年くらいのお寺だそうです。

Cimg1108

全体的に新しくてキレイでした。

 

 

祖父江も、お坊様からちょっとした説明がありましたよ。

しかも滅多に出て来ない、位の高いお坊様からの説明。

さっそく善光寺効果が出ていますね!
 

で、お寺の縁起等を聞いた後、お戒壇巡りに出発です。
つか、ここのお戒壇、

ゴー☆ジャス!!!

暗いのは出入口付近だけで、真ん中には極彩色の極楽浄土が突如出現!
阿弥陀様を筆頭に全てが煌びやか。
雰囲気的には日本と言うよりも、インドとかの寺院に近い感じ。
お戒壇だけね。
他は純日本寺院ですよ。
 
ここでも頭に御印文頂戴をしてもらいます。
信州よりも祖父江の方が丁寧かも?
頭ポンポンされても痛くなかったし。
それともアレかしら。
私の中の邪悪なモノが抜けて行って、痛くなかったの…か?
ま、まぁ、いいや。
細かいことは気にしない。
儂の大好きなおびんずる様がすぐ目の前にいるんだもん。
さぁて、撫でるぞー!
心置きなく撫でるぞー!
あ、でもここのおびんずる様は直に触れないんですね。
なんか肩たたきみたいなヤツでポムポムするんですね。
ううん、不満は無いですよ。
会えただけで、ただそれだけで奇跡ッ!
 
歓喜に震えながら、おびんずる様の頭と顔をポムポム。
執拗にポムポム。
これで明日から儂祭り☆
 
 
と言う訳で、6つの善光寺参りは全て終了です。
いや~、正直6つも回ると、どこがどうだか記憶がごちゃごちゃになりそうですね。
んでも気持ちは清々しさ満開。
出掛ける前は、おかんはともかく親父と旅って、どうなるやら?って思っていましたが、まぁまぁコミュニケーション取れたんじゃないでしょうか。
その点でも良い旅だったと思います。

 

 

Cimg1109

旅から帰ったら、ひとやすみ、ひとやすみ☆

 

 

あ、そうそう!

タイトル「牛に轢かれて善光寺☆」にしていますが、正しくは「牛に引かれて善光寺」ですからね!

それくらい知ってますよ!わざとですよ!!!

 

 
 

« 牛に轢かれて善光寺☆ 2日目 | トップページ | 体重増加が止まることを知らない »

旅行・地域 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/45100597

この記事へのトラックバック一覧です: 牛に轢かれて善光寺☆ 最終日:

« 牛に轢かれて善光寺☆ 2日目 | トップページ | 体重増加が止まることを知らない »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク