2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 鋼の錬金術師 22巻の感想 | トップページ | ケツ穴2つ その後 »

2009年4月20日 (月)

ライフ 20巻の感想

次の展開が読めない展開で、儂を楽しませてくれたライフもこれが最終巻。

最後なだけに、表紙は最高の笑顔を浮かべた歩です。

文字まで金色で、まるでこれからの輝かしい未来を暗示しているみたい。

1巻から辛いシーンばっかでしたが、その都度戦ってきた歩の努力が実を結んだ結果といっていいでしょう。

ちょっと尻切れトンボの様な感じもしますが、これはこれでいい終わりだったんじゃないかな?

 

 

20

未来が父親の転院と共に、引っ越してしまうことを知った歩は、嘆き悲しみます。

彼女の気持ちは良く分かりますね。

今まで自分が頼り、頼られてきた存在が突然居なくなるんだもん。

魂の半分が持っていかれた気分だと思うよ。

 

歩は、TVから、いじめ関係の少年犯罪が報道され、自分も他人事では無いと悟ります。

未来の家を訪ねた帰り、彼女は愛海と遭遇。

202

ウオッホ~イ!!!

ビビった!マジでビビった!!!

ニュースに触発されて、歩をヤりにきたのかと思ったよ!

でも違ったね。

さすがは愛海ちゃん。

まさかの告訴要求です。

203

カッケー!!!

今までの自分を清算しようって考えが生まれたのがスゴイですね。

やはり人間、死に掛けると変わるもんです。

 

歩も、しばらくは悩みますが、告訴を決意。

204

歩と愛海って、良くも悪くも影響を受け合っていますよね。

今回の告訴だって、愛海が「自分のことは自分で決める」ってタンカ切らなければ、歩も踏ん切りが付かなかっただろうし。

ずっと遠い未来、いい友達になれたらいいんだけどな。

 

 

未来の引越しまで後わずか。

205

歩は薗田きゅんと一緒に、未来を遊びに連れ出します。

第3者を入れることで、湿っぽくならない様に気を使ったんだろうなぁ。

歩、いじらしいですね。

でも遊びのメンツに薗田きゅんを加える辺り、したたかです(マテ

 

1日中、おもいっきり遊んだ3人。

薗田きゅんは疲れて先に夢の中へ。

206

ダメだ!ダメだ!

おまえ、メガネキャラだろ!!!

寝る時もメガネは装着せねばならんだろうが!

それがメガネキャラの矜持!!!

でもカワイイから許す…わ。

♪あ~たし、さくらんぼ

を恥じらいながら歌う姿といい、女子2人に抱えられる姿といい、眼福でした。

ゴチソウサマ☆

 

 

そしてついに別れの日。

207

笑顔で分かれる2人。

しかし、そっと渡されたプリクラを発見した未来の涙腺が決壊。

208

うんうん、やっぱそうこなきゃ。

笑顔でサヨナラって、絶対ウソだもん。

いい年した大人なら兎も角、2人はピッチピチの女子高生。

ここは泣かない方がおかしいですからね。

物語でも、リアルでも、こういう時は感情に素直に従った方がいいのです。

 

209

歩は未来の姿が見えなくなるまで涙をガマン。

エラいぞ!

彼女はホントに強くなりましたね。

2人の絆が揺るがないことを確信して、前を向いて歩き出しました。

将来の夢も漠然と見えてきた様だし、イケメガネの彼氏も出来そうだし、前途洋々ですね。

ちっ(マテ

 

 

そして、ネンショーかどっかの施設で過ごす愛海も逞しく成長。

2010

挫けそうになると、歩の言葉を思い出し、立ち上がる。

彼女も少しずつ、本当の強さを身に付けていってる様子。

最終巻は、愛海の著しい成長が見られて良かったです。

儂、この巻で愛海ちゃんのことが大好きになりましたもん。

今までは単なる性悪で、どうしようも無かったんですけどね。

 

 

歩の久し振りの登校日。

2011

彼女が来る前に、ホームルームが行われています。

何?なんで?

他のクラスメイトだけ、ものっそい早い登校を強いられたのか?

よく分かりませんが、「イジメ、良くない」的な話を皆でします。

「この中にカンケーないヤツなんてない」

イジメ問題に関しては、この言葉が全てですよね。

でもイジメの当事者以外が、問題を解決しようとするには、大きな勇気が必要になります。

「ライフ」では上手に片が付いたけど、現実世界で、こう簡単に物事が終息するとは思えませんし。

でもこのマンガ、ある1つの道筋を付けたんじゃないでしょうか。

2012

「生きていく」

それだけで、胸が詰まる様な息苦しさと切なさ、そして喜びを喚起させます。

ただ呼吸をするだけでも「生きている」ことにはなりますね。

でも、「人として生きる」ことになると、話は変わってきます。

何ら代わり映えのしない平穏な、しかし愛しい日々を送る為に、戦っていく。

それが「Life」なのでは無いか。

そう思わせるマンガでした。

すえのぶ先生、長い間、お疲れ様でした。

 

« 鋼の錬金術師 22巻の感想 | トップページ | ケツ穴2つ その後 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

heart01 Vol.20 lovely

อยากอ่านจัง ที่ไทยเล่ม 19 เพิ่งออกเอง

platooさま、始めまして。
言葉が分からなくてすいません。
でもコメント、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/44723704

この記事へのトラックバック一覧です: ライフ 20巻の感想:

« 鋼の錬金術師 22巻の感想 | トップページ | ケツ穴2つ その後 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク