2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 月光条例 4巻の感想 | トップページ | メイド戦記 4巻の感想 »

2009年4月 4日 (土)

孔雀王 曲神紀 9巻の感想

9巻の表紙には、大山津見たんが華麗に登場!

いや~、嬉しいなぁ。

儂、孔雀王の女性陣で、この人が1番好きかも?

だって、やること成すこと突飛なのに、自覚してないっつーのがいい。

しかも悪意も無いし、考えも無い。

やっぱ女子はこうでなきゃ!

 

 

孔雀と話し合いの場を設けることになった大山津見。

彼女は、孔雀に、誰と共に子供を産んだかと問い質されます。

最初、答えることを必死で拒みますが、とうとう打ち明ける気になりましたよ。

9

性なる宝具☆

 

これまた誇らしげに見せるのが何とも。

ところでこの宝具、ヤマタノオロチの一首。

女への強い存念を残した大蛇の御霊を練り固めた、たいそうなモノなのです。

これと、スサノオの牙の力で、大山津見は子供を産むことが出来たのでした。

 

ここで調子に乗ってきた大山津見。

私のオロチを見せたのだから、次はお前のオロチを見せろと孔雀に迫りますよ。

何このエロマンガ。

いやいや、これでこそ孔雀王!

このマンガの初期は常に、ライトえっちな話で進んでたじゃないか!

それが途中でバトルものになり、ワケわからんものになり、中断し…と、悲しい衰退を見せていたのですが、やはりそこは荻野真!

中途半端で終わるような男じゃないぜ!

 

と言う訳で、9巻はエロ全開☆

でも、大山津見の性格のおかげで、全然淫靡じゃないのがシバラシイ!

 

さて、孔雀たちがイチャついている時、外では海峰と王仁丸たまが大変なことになってましたよ!

や、ある意味、孔雀も大変だけど。

92

ヤマタノオロチの登場です☆

でも、コイツはすぐに退場。

再び、孔雀たちのターン!

93

「孔雀のオロチも元気になったことだし

次は追いかけっこをしましょう」

 

ふざけんなァァァ!!!

 

もっとヤれ!

でもさぁ、時々でいいから、阿修羅のこと、思い出してあげてください。

ルルル~♪

 

 

神の結界のせいで、人間は家の中に侵入できません。

そのせいで立ち往生していた海峰と王仁丸たま。

しかし国乃矢倉が協力してくれることで、難題を解決。

94

海峰よ…真っ裸の女子を背負うことに何の抵抗も無いのな…

つか、儂、海峰の剣の鞘がさ…矢倉のケツの穴に刺さってんのかと…

ゴメン、儂の邪な目のせいです!邪眼のせいなんです!

 

 

天乃矢倉の体を乗っ取って顕現したヤマタノオロチ。

神話の踏襲を狙い、大山津見たんを手篭めにしようと!

くっ!

でもアレです。

コイツと王仁丸たまときたら、彼女のことをブス呼ばわり。

ヒドイ!

彼女はブスじゃないですよね?

ちょっとポッチャリしてるだけで。

だいたいさ、細い女子は抱いた時に骨が当たって痛いって、TVで誰か言ってたし、肉付きいい方が抱き心地いいに決まってます!

だから大山津見たんはブスじゃないですゥゥゥ!(必死)

 

95

そんな彼女、孔雀の発言で元気ハツラツ。勇気凛々。

ヤマタノオロチの顔面に、最高の蹴りを繰り出します。

でもね、孔雀はストレートに「カワイイ」って言ったんじゃないんだよ?

「彼女は彼女なりに可愛いんだ!!」

って言ったんだよ?

気を付けようね。

「なりに」ってのがミソだよね。

完全肯定じゃないからね。

騙されてメロメロになったら、後からバカを見るのはこっちだから。

 

 

大山津見の攻撃の隙を突き、牙を奪うヤマタノオロチ。

96

ジャカジャカジャーン☆

パワーアップですよ~。

ちょっと1匹、スゴイ所から現れていますが、気にしない気にしない。

一休み一休み。

 

孔雀たちは、牙のおかげで凄まじい再生能力を身に付けたヤマタノオロチに苦戦します。

が、海峰が国乃矢倉に教えてもらったアイテムを携え、カッコ良く反撃。

そう、そのアイテムとは、大山津見たんが作った自信作・とぐろ餅。

別名・ウンコ餅。

これを食えば、神でも吐き気をもよおすクソ不味さ。

ヤマタノオロチの口に有無を言わさず突っ込んで、形勢逆転☆

いや~、さすが海峰!

おいしいトコ、独り占めですね!

97

んでも相変わらず、剣の鞘がケツの穴に…

いやいや、くっ!大人しくしろ!儂の邪眼!!!

 

 

オロチが逃げ出して、この話は一旦終了。

次からは新展開・小泉八雲編です。

ヤッホイ!待ってました!

神話が好きなら、誰でも1度は興味を持つ小泉八雲。

彼のエピソードに、荻野センセーが出雲で閃いた持論を絡めてお話が進んでいく模様です。

荻野センセーの話も、たいへん興味深いもの。

それを小難しい論文形式ではなく、マンガで読めるっていうのがいいですね。

すんなり頭に入ってきます。

だから、センセー。

あとがきで、出版事情について、暗~くならなくていいですよ。

きっとセンセーのマンガが出版業界を救う!

儂はそう思います!

だから次の巻も扉カラーが描けます様に。

そして、おまけカードも復活します様に☆

 

« 月光条例 4巻の感想 | トップページ | メイド戦記 4巻の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/44526619

この記事へのトラックバック一覧です: 孔雀王 曲神紀 9巻の感想:

« 月光条例 4巻の感想 | トップページ | メイド戦記 4巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク