2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ジュース選びは慎重に | トップページ | 電話って難しい »

2009年4月11日 (土)

ヘルシング 10巻の感想

ついに感動の最終巻です!

いや~しかし、儂の住む地域はクソ田舎。

なので発売日の翌日にならなければ、欲しいコミクスは入荷しません。

しかも、それを見越して買いに行ったのに、無いんですよ。

どこにも。

あのツタヤにさえ!!!

コンチクショー!お前ら、ヘルシングをナメるなよ!

見敵必殺!見敵必殺だぞ!

そのせいで感想が遅くなったってワケでは無いんですが、今更ながら書き殴ります。

だって理想的な最終回だったんだもん。

やっぱヒラコーは最高ッスよ!

 

 

 

圧倒的なヴェアヴォルフの力の前に、膝を屈するセラス。

んもう、ダメだべ?と思いましたが、中からベルナドットさんが語り掛けてきて形勢逆転。

10

いや~ん、久し振りです!ベルナドットさん!

このバトルシーンは良かったですね!

セラスだけじゃ敵わなかったかもしれないけど、2人ならどんな敵でも打ち倒せそうなコンビネーション。

「読まれてた!!」

「かまわねえよ!」

「うん!!行こう!!

「ああ!!いっちまえ!!」

このくだりが1番好きです。

読んでて目頭が熱くなりましたよ。

お互いがお互いを信頼し合っているというか、何と言うか、んもう!

キュンキュンキュキュン☆ですよね!!!

 

ヴェアヴォルフも、自らの死に場所を探していたからって、中途半端はイヤ。なので、ようやく全力を出し切って満足する死を得られたみたい。

死に顔は嬉しそうでした。

彼は満足しただろうけど、今までの犠牲者のことを思うと、何だか複雑ですけどね。

まぁ、ご冥福をお祈りします。ルークとヤンの次くらいに。

 

 

戦いはついに佳境へ。

絶好調に空腹を満たしていたアーカードですが、シュレディンガー准尉の血を取り込んでしまったことで、事態は一変。

102

「自分を認識する限り、彼はどこにでもいて どこにもいない」という性質を持つシュレディンガー。彼はアーカードの無数の命と同化してしまい、自分を認識できなくなりました。

結果、アーカードは自分を見出せず、この世界から消えてしまうことに。

 

なんじゃ、そりゃー!!!

 

ちょ!ちょ!ちょ!

おっさん!あ、間違った!少佐!!!

あんた、意外と頭いいね。つか、ズルいよね。

いくらアーカードを倒したいからって、こんなのは反則じゃね?

なんか、すかしっぺ以下じゃね?

 

そんな少佐にも、おしおきの時間がやってきました。

103

このカット、カッコ良すぎですよね!

あらゆる意味で強い乙女のツーショッッツ!!!

彼女らが、少佐に鉄槌を下すのです。

んもう、やっちゃって!

キツーイのをドカンとやちゃって!!!

104

少佐は自分がアーカードを倒したことで、目的を果たしたみたい。

セラスの攻撃を、あっさりと受け入れます。

105

なんとビックリ!少佐は機械の体の持ち主。

どうやら銀河鉄道999に乗った模様。

 

吸血鬼になる選択は退けておいて、こういう状態は受け入れることが出来たんですね。

機械は人間の手で作り上げられたものだからかな?

だから自分は人間だと信じることが出来たのかしら?

普通の思考では、こうまでして生き延びて、たった1人を倒すためだけに何万もの命を奪うってことは考え付きませんよね。

戦争は、やはり人間の心を狂わすものなのでしょうか。

でも少佐が可哀想な犠牲者だと思うことは、お門違い。

彼もそれを望んではいませんからね。

粉々になるまで88mmを撃ち込んでやればいいよ。

106

なんか満足して逝ったし。

え~っと、ご冥福をお祈りします。ルークとヤンの次の次くらいに?

 

少佐は死にましたが、ドクはまだ諦めていませんよ。

107_2

アーカードに血を吸われ、逆に彼の血を吸ったミナ・ハーカーの残骸を持って逃げ出そうとします。

結局この「最後の大隊」って、アーカードの粗雑なコピー達だったってことですか?

とんだ茶番ですね。

それほどまでにアーカードに固執した、少佐の妄念が今更ながら恐ろしい。

しかし、この妄執も、ここでおしまい。

108

ウォルターが全て片付けてくれましたとさ。

あああああ、ウォルター。

なんでアーカードにケンカ売っちゃったのかなぁ。

全てを失って「台無しだ!」とか言われて、ホント可哀想だよ。

この人こそ可哀想だよ!

チクショー!!!

心からご冥福をお祈りするぜ!

ええ、心から。

 

はぁ…いい執事を失ったなぁ。

 

 

そして全てが終わってから30年の月日が流れました。

109

いまだ帰らないアーカード。

その間にインテグラの小じわは増え、ペンウッド卿の孫は彼女にタカられ、もう大変!

つか、ペンウッド卿が伝説の勇者になってるよ!

なんか嬉しいよ!

ついでに銅像とかも建てちゃおうゼ!ビッグベンの隣とかに☆

 

 

 

そうこうしているうちに、やっと彼が帰ってきましたよ!!!

1010

自分の中のシュレディンガー以外を殺し尽くし、やっと自分を認識出来たそうです。

んで、最初のゴハンがインテグラの血ってのがいいですね。

 

「私はもうおばあちゃんだぞ」

「それがいい」

 

何これ!何これ!何これェェェ!!!

 

すっごいキュンとくる!!!

愛とか恋とかじゃないんだけど、時を経てもなお変わらない2人の関係ってのがステキ過ぎる!

ふわぁ!!いい終わりだったなぁ。

皆が皆、あるべき場所にピッタリはまった最終回。

久し振りに、こんなに清々しい物語の終わりを見た気がします。

ありがとう!平野せんせー!

儂らに感動をありがとう!

ヘルシングは、儂の墓場に持っていくリストに入りました!!!

ホント、ありがとう!!!

 

« ジュース選びは慎重に | トップページ | 電話って難しい »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

にゅげさん、こんばんわー!
過去記事にコメして、すいません!
HELLSING、今日、読み終わりましたよ!!!
私も、これ、墓まで持っていきます。いや、
この漫画は、国宝に指定してもいいんじゃないですかね。ほんと、この漫画に出合わせてくれた、にゅげさんに感謝デスヨ!

セラスちゃんと、インテグラ様の
ドドーン、強い女子二人!の場面には脳の中から
変な汁が出ました。もおおお、二人ともすっごい
カッコいいいいい。

後、少佐、外道なのに、無茶苦茶、カッコいい
セリフを言うので、ビビりました。平野先生の描く外道って、単なる外道じゃなくて、頭おかしいんだけど、言ってることが、カッコ良かったり、納得できること言ったりするのがイイですよね笑。後、みんな、死様が、半端なくカッコ良い。

これ以上ないぐらい、綺麗な締めで、最高でした。

>すっごいキュンとくる

キマした。キマしたw。変に男と女の関係じゃないところが、この主従関係の良いところですよね!


Radiotomたま、ごきげんよ~。

>国宝に指定してもいいんじゃないですかね
ですよね!マンガは日本が世界に誇れるアイテムだし、平野せんせーは紫綬褒章を貰ってもいいと思います!

>強い女子二人!
儂も脳から何かの汁が出ましたw
この感想を書いていた頃って、ちょっと欝気味で、何も考えが湧かないのに無理矢理言葉を引き摺りだして書いてたんですよ。だからこの2人がいかにカッコいいのか、もっと力説したかったんですが、それが出来ないジレンマに陥ってました。
いや~、でもこの2人の強さを語るのには、言葉は尽きませんよね。

>外道なのに、無茶苦茶、カッコいい
分かります。
自分がヒール役と理解していて、尚、その役を貫き通す少佐のダンディズムwにグっときました。

>この主従関係の良いところですよね!
ですよね!結局の所、彼らはお互いを「伯爵」と呼び合って、同一のラインに立っている同志なんですよね。
従いつつ、従わせつつも、尊敬し合っているというか。
いや、尊敬って言葉はしっくりこないんですが、それに近い形ですよね。

それにしても楽しかったなぁ。
一睡の夢をありがとう、平野センセー!って感じです☆

もう見ました、面白いですね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/44605971

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルシング 10巻の感想:

« ジュース選びは慎重に | トップページ | 電話って難しい »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク