2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アルカナ

無料ブログはココログ

« 風の国 第6話の感想 | トップページ | 春の大売出し。 »

2009年3月19日 (木)

伊藤潤二の猫日記 よん&むー の感想

あばばばばば!!!

あの伊藤潤二が!!!

あの伊藤潤二が、猫マンガですよ!

しかもホラーじゃなくてギャグなんですって。

や、表紙がすでにホラーですが、ギャグなんですって。

即買いですよね☆

 

 

犬派の漫画家Jの家に、婚約者と共にやって来た猫の「よん」。

その表現がまた秀逸です。

1

光るよね!

暗い所では猫の目は不気味に輝くよね!

2

伸びるよね!

なんか知らんが、全体的に伸びるよね!!

3

しかもこの「よん」の背中には、不吉な模様が!!!

4

呪いの猫がァァァ!!!!

ギャァァァァァアアア!!!

やっぱホラーじゃん!!!

 

とか思ってたら、最終的に猫賛歌マンガになってました。

やはり、どれだけ犬派であろうとも、猫の魅力には勝てないのですね。

クククク…

 

 

漫画家Jの家には、もう1匹、「むー」という名の猫がいます。

別にアリエスのゴールドセイントではありません。

6匹目の猫=「むー」だって。

ものっすごい安易だな。

 

そんなむーちゃんは、ホンキで噛むらしい。

5

噛むね!

こんな顔で噛むよね!

でもホンキ噛みは危険だから、ちょっと躾けなおした方がいいと思うよ。

そりゃ~、猫サマに付けられた傷なら、痛くも痒くもありませんけどね。

むしろ勲章ですけどね。

もし万が一、他人サマにホンキ噛みした日には、面倒臭いことになりますからね。

 

そして、こんなに自由気ままな猫も、唐突にカワイイことをしてくるので、さらにクラクラくるのです。

6

「むーが真っ暗な部屋でJ君の脱ぎ捨てた服に寄り添ってるよ」

これには泣く!!!

この表情!しかも真っ暗な部屋!

ああああ、居ても立ってもいられない!

今すぐ帰りたい!!!

猫を悲しませる様なことはしたくない!!!

このページだけで3㍑くらい、涙が出ましたね。

 

 

いや~、これ1巻のみってのは寂しいですね~。

是非とも続けて欲しいものです。

最初は嫌がっていたJ君も、最後は猫の下僕として立派に成長してましたし。

やはり猫はスバラシイ!

天上天下猫が独尊なのです☆

 

« 風の国 第6話の感想 | トップページ | 春の大売出し。 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

にゅげさんごきげんよ~。

ひいい!伊藤潤二が猫漫画となっ?!
伊藤潤二とくれば富江みたいなホラーしか思い浮かばないので驚いてしまいましたが、猫の描写にホラー漫画家の真髄を見ました!
でもちゃんとラブラブな内容なんですね。
あのタッチで描いている猫が、ちゃんとかわいいですもの♪これは読まなくては~。

しのぶんさん、ごきげんよ~。

>富江みたいなホラーしか
まず思い浮かぶのが、富江ですよね。儂、雑誌ハロウィンはず~っと読んでたんですが、この人がデビューした時は衝撃でした。画が怖すぎるw
まだ子供だった儂は、夜中に思い出してはチビリそうになってましたよw

>ラブラブな内容
ホラーちっくだったのは、最初の2話くらいでしたね~。後は、ニャンコにベタラブな話ばっか続いていました。
是非、読んでください!そして漫画家Jの婚約者の描き方の酷さ加減に失笑してくださいw

 はじめまして、こんばんは。よん&むーを注文したのですが、まだ届かなくて、でも早く読みたくて調べているうちにここにたどり着きました。猫の登場シーンとか、最高ですね。
 ちなみに、私もハロウィン読んでました。それも富江の雑誌初掲載時に。子供にはきつい内容でしたよね、あれは。トラウマ漫画です。でもいつの間にかファンになってましたけど。
 ではでは、おじゃましました。

motor mu様、始めまして。
「よん&むー」、もう手に入れられたでしょうか。
J先生、最初はホントに猫が苦手だったんだなって分かるくらい、細かく呪われっぷりを描かれていて大笑いでした。大好きだ!

>富江の雑誌初掲載時に
儂も!気持ち悪い絵柄なんですが、読み慣れると楽しく読めるのがJマジックですね。
今度は子育てマンガを描いていらっしゃるみたいで、それも早くコミクス化してほしいです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/44400665

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤潤二の猫日記 よん&むー の感想:

« 風の国 第6話の感想 | トップページ | 春の大売出し。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク