2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 強風で、爪折れて心も折れる。 | トップページ | ADAMAS 2巻の感想 »

2008年12月 2日 (火)

孔雀王 曲神紀 8巻の感想

ついに真打ち登場!

あの王仁丸たまが帰ってきましたよ!!!

んもう、待ってました!

8巻の表紙を本屋で手に取った時、1人でニヤリ顔になってましたもん。

でも恥ずかしくない!

むしろ誇るべきこと!

 

 

水蛭子クラゲの策略により、自分がコピーされてしまった黄海峰。

六角のことを信じず、彼を傷付けてしまったことを悔やみます。

8_2

この局面を何とか打開しようとしましたが、スサノオの牙のせいで力負け。

瀕死の六角の術で、致命傷を負うことは避けられましたが、危機は脱していません。

そこへ孔雀も駆けつけます。

が、阿修羅の姿に化けたクラゲに孔雀も躊躇。

偽者だと分かっているのに、倒すことが出来ませんでした。

 

そう!

これだけ雁首揃えていても、何故か太刀打ち出来ないクラゲさん。

腐っても神です。

しか~し!

82

キャホーイ☆

王仁丸たまぁ!!!

 

絶体絶命の孔雀をいい感じで助け出しますよ!

さすが裏主役!

好みはエロい熟女!!!

わ、儂!頑張ります!!!

    (落ち着け)

 

 83_2

いやぁ、どうでもいいんですけど、やっぱ孔雀と王仁丸が共闘するシーンは見てて楽しいですね。

こういうカットを見ると、どんな敵だろうと大丈夫。絶対無敵☆って感じがします。

 

 

さてさて、一時はどうなることかと思いましたが、スサノオの牙を持ち出して、大綿津見神を引っ張り出すことに成功した孔雀たち。

タコvsクラゲでは、タコに軍配が上がりましたとさ☆

84

大綿津見神サマは、ブーメランパンツをはいた、ナイスな海のGUY。

孔雀たちは、彼からスサノオの秘密を聞き出そうとします。

けれどそれは、神界の汚点に繋がるらしく、言葉を濁し答えてはくれませんでした。

なんだか寸止めな感じですが、ちょっぴりヒントを貰った孔雀たちは、次の目的地へ向かうことに。

 

そこは鳥取県の伯耆大山。

イザナミ亡き後の神産みをしているという、大山津見に会う為です。

が、孔雀は先に島根の和菓子巡りを堪能。

うんうん、出雲は和菓子がめっちゃ美味いもんね!

松平ウマイ公絶賛の若草なんか、和菓子の王子様って呼んでもいいと思うよ!

 

で、ついに現れた大山津見神サマは…

85

今ハヤリのおバカたんでした。

 

んええええええ!?

でもカワイイよ、この神様!

荻野せんせーがあとがきで、「おデブでおバカな、およそ萌えとは正反対のキャラでした」って書かれてますが、そんなこと無いよね!

ちょっとポッチャリだけど、ウエストはくびれてるし、おデブとは言い難い。

それにまぁ…おバカだけど、うんまぁ…おバカだけど、萌えないか?と言われれば萌えてもいいんじゃないかと思う、絶妙なキャラ設定。

すんげ~好き!

 

大山津見神編は、八岐大蛇のエピソードが荻野風味で描かれています。

せんせーの神話の解釈も興味深くて面白いんですが、今回は大山津見子ちゃんの立ち居振る舞いが楽しくて仕方ありません。

「なんとここにもオロチが一匹」

このセリフには参りました。

え?

なんでかって?

それは…そのぅ…

乙女の口からは言えないので、コミクス買うか立ち読むかしてください☆

 

« 強風で、爪折れて心も折れる。 | トップページ | ADAMAS 2巻の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/43293744

この記事へのトラックバック一覧です: 孔雀王 曲神紀 8巻の感想:

« 強風で、爪折れて心も折れる。 | トップページ | ADAMAS 2巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク