2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 都立水商! 21巻の感想 | トップページ | 明けまして丑年 »

2008年12月30日 (火)

電波の城 7巻の感想

せっかくのゴールデン進出も、思った様な成果が出せず、煮詰まっていく天宮。

気を許さない人間の前では取り繕った顔しかしないのに、今回はそうでもありませんでした。

天宮さん、意外と弱い子なのか?と思わせといて最後のどんでん返しは鳥肌もの。

やはり彼女はこうでないと。

 

 

閑職でもっさりしていた谷口君は、その取材力を買われ、本城律子にヘッドハンティングされます。

7

やるな、煮干男!

谷口君みたいな人は、会社の歯車として生きていく事は出来ません。

なので本城さんに拾われたのは、めちゃめちゃラッキーだったかも。

まぁでも実力があるからこその抜擢だし、ラッキーって一言で済ませたら失礼かな?

 

一方、天宮は、何とか番組に馴染もうと努力はするのですが、たいした結果は得られません。

思うように振舞えず進退窮まった時に、谷口と本城が一緒にいる所を目撃し、さらに欝に。

72

彼女の過去に何があったのぉ!?

すっごい物が追いかけてくるんですけど。

これが今の彼女を作り出した元凶ってトコですね。

あばばばばばば。

 

無意識に父親の面影を重ねていた谷口が、自分の敵・本城と組んだと知り、荒れる天宮。

73

「信じたそばから、手の平がえし!!」

このセリフが彼女から出てくるってことは、よっぽど信用されてたんだな、谷口君。

天宮は否定するだろうけど、心の底では彼を認めてたってことですよね。

だからこそ、ひどく取り乱してしまった。

彼女にしては、ホント珍しい。

 

そして土砂降りの雨の中、天宮の鬱はピークに。

74

唐突に、カルト教団・聖レムリア教団の歌を歌う天宮。

この教団が何を仕出かしたのかは、まだ語られませんが、「事件」になっているので、何かとんでもないことをしたみたい。

その教団の歌を口ずさむ彼女は、いったい過去に何があったのでしょう?

逃げているシーンや、父親に助けを求めている所からして、拉致られたとか洗脳されそうになったとか、そんな感じなのかな?

でも明らかに、彼女の人格形成に大きな影響を及ぼしていますよね。

 

天宮さん、番組の収録も、まともに出来ない状態。

75

今まで色んな人間を手駒の様に扱ってきた彼女からは、とても想像できません。

しかし彼女はここで終わる様な人間じゃない!

 

76

どん底まで落ちきった天宮は、突然浮上し始めます。

多くの人間が見ている中で、はっちゃけた姿を見せる彼女。

こっちの方が、天宮さんらしくていいんですが、後々のことを考えると大丈夫なの?って心配になるくらいの振る舞い方。

いきなりクリトモを突き飛ばし、彼女の椅子へ座ったり、アナーキーにも程があります。

でも、それは彼女の「危険センサー」が反応した為の言動。

77

なんと天宮が腰掛けたクリトモの椅子には、爆弾が仕掛けられていたのでした。

うん、クリトモのストーカーさんだって。

くそ迷惑な話だよね☆

だけど、そのクリトモのことを、天宮は羨ましいって言うんですよ。

殺したい程、愛してくれる人がいるって。

いやいやいや、羨ましいか?

なんか天宮の極端な性格が良く表れてますよね、このセリフ。

彼女も人を愛する時は、おそらくそんな考え方なんだろうなぁ。

一途と言うか、う~ん、怖い、かも?

 

 

それはまぁいいとして、このアクシデントで一躍脚光を浴びた天宮。

爆弾が仕掛けられた椅子を持って、エレベーターにポイ捨て。

皆が大怪我するのを防ぎました。

78

近松曰く「一朝有事、どたん場力の女」。

まさしくそんな感じですね。

 

この事件を生放送で再現するということで、ついに彼女が女子アナとしての本領を発揮します。

喋りは上手なんだから、世間様がこれを見逃すはずがありません。

ますます有名になっていく彼女。

ここまでは天宮の思惑通りなのかな?

でもまだ本城律子が立ちはだかるからなぁ。

テレビのトップに立つのはまだまだ先の様ですね。

 

つかアレだよ!

忘れちゃならんのが牛込局!

天宮のことを「至高の人」とか「女神様」とか言っちゃってるよ!

んもう、ホントにね、この人には幸せになって欲しい!!!

 

« 都立水商! 21巻の感想 | トップページ | 明けまして丑年 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/43570293

この記事へのトラックバック一覧です: 電波の城 7巻の感想:

« 都立水商! 21巻の感想 | トップページ | 明けまして丑年 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク