2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« イチゴ会☆結成 | トップページ | 今日は鼻の日。 »

2008年8月 6日 (水)

ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第5話の感想

「マイ・リトル・アンジェ」

 

 

はぁぁぁぁ…

ニクスたまのいないネオアンなんて…

 

 

聖都に入るアンジェ達。

今回はヒュウガさんも一緒ですが、それには一切触れず、「以前はニクスたまも…」と、ブルーになり、周りを暗~い雰囲気にさせるアンジェ。

ニクスたまの出番が無くなった途端、本編及び、次回予告まで暗~くなって悲しい限りですね。

ええ、特に次回予告。

あの、♪ブンパッ ブンパッ ブンパッ ブンパッってマヌケなBGMで始まらないヤツばっかなのでガッカリです。

 

 

さて、アンジェは1人で教団長に会うことに。

銀樹がある癒し系ガーデンに入った途端、聞き慣れた声が。

「よくぞ参りました。」

ルネたんが銀樹の後ろからコンニチワですよ。

可愛さなら、アンジェにだって負けないもんね☆

そう、全宇宙の乙女にアピールは欠かしません。

 

かわいい系ボーイに興味の無いアンジェは、マティアス様どこ~?私の正統派ロンゲハンサメンは~?と、ルネの話の腰を折りまくり。

ムカついたルネたん。

オレの歌を聴きやがれ~!

と、彼がもうすぐ教団長になることをアンジェに告白します。

 

代々の教団長は、前任者が亡くなって交代していました。

銀樹の葉を授かった子は、アルカディアの記憶をつぐ者。

教団の全ての伝承を記憶し、教団長となることを運命付けられた存在なのだそうです。

マティアスは、ルネが成長するまでの仮の教団長として、その座に据えられたのでした。

2人の奇妙な運命を嘆くルネたん。

自分が生まれるのが遅くなったのは、エレボスのせいかもしれないと呟きます。

でもルネは、教団長になるのはイヤみたい。

自分のことを、篭の鳥と呼びます。

これは、教団長が聖都を離れると、災いが起こるという言い伝えがある為。

ルネたんが愁いを帯びた表情を浮かべ俯いたり、なんかこう…母性本能をくすぐる言動で全宇宙の乙女の気を引こうとしているんですが、アンジェときたら…

 

「そんなことはどうでもいいです。あのぅ、ニクスさんが変わっちゃったんですけど、解決方法を知りませんか?

そうだわ!女王になったら仲間が救えるかも!

どうしたら女王になれるか教えてくれませんか、次期教団長サマ?」

 

そんな感じでルネたんに詰め寄ります。

ルネたん、自分の話題で盛り上がらないので、半ば落胆しつつ「時期が来たら…」と言葉を濁してお話終了。

お話はマティアスに聞いて貰えばいいよ。

 

 

赤毛メガネは、チップが完成したことをマティアスに報告。

すると、いきなり身柄を拘束されます。

うんまぁ…OPを見てたら分かってたよね。

なんか酷いことになるって分かってたよね。

でも赤毛メガネよりも、マティアスが歪みっぱなしで、彼の将来が心配です。

や、ほら、赤毛メガネはきっとそのうち、温かい心に目覚めたジェットが助けてくれるからさ、多分。

 

 

アンジェはルネから、女王になれば聖地でたった独りで祈りを捧げなければならない。

役目を終えて帰ってきても、この地に知り合いは誰もいなくなってると聞かされます。

幼い頃に両親を亡くし、独りの辛さが分かっているアンジェは、激しいショックを受けます。

独りにはなりたくない!

 

次々と周りの女友達が結婚していき、自分だけ取り残される独女の血の叫びと同じ様な気持ちのアンジェ。

 

でも、アンジェは内心の動揺を隠し、みんなの前では笑顔を見せます。

うわ、なんか痛々しいよね。

普段のモッテモテなアンジェには、憎しみ以外の感情は浮かびませんが、今回の彼女には同情。他の解決策があればいいんだけど…

 

ベルナールとロシュが、ニクスたまのことを調べたのですが、まるで過去が分からないそうです。

唯一の手掛かりはニクスたまの祖父を知るオーギュスト爺ちゃんの手紙。

爺ちゃんは、ニクスたまが祖父と同一人物ではないかと考えているようです。

そんな胡散臭い話をにわかに信じられないみんな。

でもアンジェには心当たりがありました。

そう、あの舞踏会で、ニクスたまはオーギュストの名前を呼んだんですよね。

まぁ、その怪奇現象は置いといて、アンジェはニクスたまを想うオーギュスト爺ちゃんの手紙にただ涙。

友情、カッコイイ!

そんな感じです(違

 

 

目の前の仲間を見、再びルネの言葉を思い出したアンジェは、1人で街へ出掛けます。

異変を感じたベルナールは、彼女を追い掛けました。

 

アンジェを見つけ出したベル兄さんは、アイテム「笑顔になれるおまじない」を手渡します。

ペンダントを受け取った彼女は、ベルナールが幼い頃遊んでくれたお兄さんだということを思い出しました。

どうして分からなかったのかしら?とか言ってるけど、それは…うん、まぁ…その頃ピッチピチのハンサメンでも、今ではもう30歳…

ううん。ベル兄は30歳でもハンサメンだよ!

ハゲでもメタボでもないしさ!

加齢臭もまだまだ出てなさそうだしさ!

や、きっとベル兄には加齢臭なんて無縁なんだよ。

一生レモンかなんかの香りがするんだよ。

 

 

ベル兄は、アンジェの苦しい心のうちを見抜きます。

この世界を救うのは、女王だけじゃない。普通の人間だって何とか出来るはず。

だから、アンジェが1人で抱え込むくらいなら、女王にならなくてもいい。

アンジェが幸せになれる方法を見つけ出そう。

そう言って励ましてくれます。

 

いや~、やっぱ大人の男は違いますね!

包容力もあるし、アンジェの扱い方も慣れたもんだし、ベル兄は最高だぜ!

ロシュさん、「オレの眠り姫」とか茶化してる場合じゃないよ!

このままじゃ、ボロ負けだぜ?

 

 

あ、そうそう、ついにマティアス様がやっちまいましたね。

永遠に聖都に留まる為、長老を殺害ですよ。

あれ?これ、ルネたんはどうなるのかしら?

 

 

« イチゴ会☆結成 | トップページ | 今日は鼻の日。 »

アンジェリーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/42087472

この記事へのトラックバック一覧です: ネオ アンジェリーク Abyss -Second Age- 第5話の感想:

« イチゴ会☆結成 | トップページ | 今日は鼻の日。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク