2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 危なかったぜ… | トップページ | PEACEMAKER 2巻の感想 »

2008年8月22日 (金)

孔雀王 曲神紀 7巻の感想

荻野センセー、出雲に取材に行かれた際に大発見をされたそうですが、マンガの本編よりもそっちの方が気になります。

追い追い、ストーリー中で明かされるそうなんだけど…

今、知りたい!すぐ知りたい!とっとと知りたい!

え~?大発見って何?何?何なの?

 

あ、あと、担当の人を1人で洞窟探検させるのは、可哀想なのでやめて下さい。

軽くイジメだよ?

 

と、いうワケで本編感想☆

 

エビスの城で対面した阿修羅と明星。

孔雀そっくりの容姿の明星を訝る阿修羅ですが、誤解が解けてすっかり仲良しに。

2人で逃げようと誘いますが、父母を人質に取られた明星は一緒に行くことは出来ません。

それを知った阿修羅もまた、天津神に逆らえなくなりました。

 

恵比寿の無理難題も黙って受け入れます。

 

70

貴様ッ!言うに事欠いてッ!!!

 

気位の高い阿修羅に向かって、ナイスガッツ!

ヒロインをこんな目に合わせたら、最期がどんなもんになるか想像も出来ませんが、まぁ…ヒドイんだろうけど、ナイスガッツ!

今のうちにどんどんやっとけ!

 

阿修羅が出て来るこの巻、めくってもめくっても裸でどうしようかと…

荻野せんせーがノリノリなのは分かりましたが。

 

 

一方、新潟県、あ、間違えた。N潟県のとある港町に到着した孔雀たちは、その町で起こっている怪奇現象を目撃。

それは、港に押し寄せる大量のクラゲ。

そして骨の無い魚。

7

あと、骨無し魚食ったら、食ったヤツも骨が無くなるんだって。

だからって、ニャンコは!

ニャンコだけはやめて!

ものっそい動物虐待だから!

みんな、ニャンコに魚をやる時は、これでもかってくらい骨太な魚を選んでね!

 

 

で、恵比寿の策略により、戦うことになった黄と六角。

72

恵比寿は触ったものをコピーできるという能力で、明星に化け、黄を倒そうとしたのでした。

それを見破った六角は、偽・明星を攻撃。

うわっ!子供のピンチ☆六角、テメェ!ちょ、黄!お前、良く見ろ!それ偽者!ってな感じで仲間割れ。

これ、孔雀が言ってたら、黄さんも信じてたんじゃね?

だって黄さん、孔雀大好きだもんね!

せっかくの2人旅に割り込んできた六角は、邪魔者だもんね!

ヤッチマエー!って感じだよね(違

 

さて、こっちはどうでもいいんで放っといて。

 

THE☆日本の奇祭に出くわした孔雀。

神嫁役が阿修羅で大慌て。

「阿修羅は俺の嫁!」と、追い掛けます。

 

73

そしたら案の定、罠だった☆

 

…クラゲって刺されると、痛いの通り越して死ぬことあるんですよね。

今の季節、絶好調に漂ってますよね。

みんな、気をつけて!

 

74

神嫁役の阿修羅もまた、恵比寿が作り出した偽者。

最初は予定通り、

「人を騙すには真実半分、嘘半分」

というゴールデンセオリーで、孔雀を信じ込ませた偽・阿修羅。

でも彼女の中に、本物の阿修羅が居たことで、作戦は大狂わせ。

うっかり孔雀を応援してしまったのでした☆

いや~でもさ、「死ぬときは一緒」とか言われたら、偽者でも乙女ハートにきゅんきゅんくるよね!

で、この時に過去の記憶が再生されるんですが、懐かしいメンバーが出てきてホロリ。

阿修羅曰く、「6年前の幸せだった時」ってヤツですよね。

うわぁ、早くこの戦いを終えて、またみんなでお花見出来たらいいですねぇ。

 

 

« 危なかったぜ… | トップページ | PEACEMAKER 2巻の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/42234572

この記事へのトラックバック一覧です: 孔雀王 曲神紀 7巻の感想:

« 危なかったぜ… | トップページ | PEACEMAKER 2巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク