2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 孔雀王 曲神紀 7巻の感想 | トップページ | 大発見したいなぁ(BlogPet) »

2008年8月23日 (土)

PEACEMAKER 2巻の感想

このマンガの見所の1つは、デュエル。

おっと、デュエルと言っても「ずっと俺のターン!」ってヤツじゃないですよ。

決闘ね、決闘。

文字通り、命懸けのヤツ。

 

儂んちのニャンコ’Sも、顔を合わせるとデュエル体勢に入ります。

儂を中心に、均等な距離でお互い静止。

おもむろにお座りしたかと思えば、ほぼ同時に毛繕い。

目にも留まらぬ早業です。

まさにクイックドローね(違

そしてその均衡を破る様に、どっちかが儂の足に擦り寄った時点で戦いは終了です。

擦り寄らなかった方は、適度な距離でこっちを見て、クールに去ります。

ああっ、ニャンコよ!儂はどっちも愛してるんだぜ!

 

 

さぁ、本編、本編☆

 

新大陸・タルカスへ向かう途中、ホープ達は深紅の処刑人の1人、イアン・ウェンディーズに襲われます。

豪華客船に時限爆弾を仕込まれ、ニコラを拉致され状況は最悪。

でも、カイルの頭脳と、途中合流したビートの手助けもあり、とっとと解決。

このエピソードは、ニコラ自身の謎が深まったり、あんま役に立たないと思ってたカイルが活躍したりと、意外性の高いものでした。

 

ホープのとりあえずの旅の目的は、タルカスのどこかに居る兄・コールに、形見である父親の銃を渡すこと。

でも兄ちゃんって、うっかり敵対しちゃったクリムゾンのメンバーの1人なんだよね。

しかも、なんかこぅ…男臭いハンサメンなんだよね。

ホープよりもカッコイイんじゃないかしら。

2

儂は、兄ちゃんの方が好きだ。

渋いし、銃の腕も確かだし。

 

皆川センセーの描き方が、これまたいいんですよね。

ここぞというシーンでは大ゴマ静止画を使い、一瞬の出来事を切り取ることによって、どれだけ素早く銃を撃ってるかってのが、ものっそい上手に描かれます。

次のコマで、撃たれた対象がノーモーションで倒れることにより、さらにその効果が増してるんですよ。

これは読んでもらわないと分からないと思うんですが、すっげカッコイイ。

画から撃った後の静寂が、リアルに感じられます。

ホント、西部開拓ものが好きな人には是非読んでもらいたい。

 

 

アクアカルタスで、ホープ達は豪華客船を救ったヒーローとして歓待されます。

しかし、ニコラを見つけたエルプトン卿は、彼女を亡き者にしようと追っ手を仕向けました。

22

それを助けてくれたのが、ミクシー・バンクス。

え?ミクシーさん?

どっかのSNSとは全く関係ありませんよ。

 

ところで何故、ニコラが命を狙われるのか?

それはこの国の元指導者、ハリー・マーコスが、ニコラの母ジェシカに暗殺されたからだそうですが、それとは別の陰謀があるみたい。

後々明かされるだろうから、言及はしません。何故ならめんどく

 

 

ホープ達の逃亡の手助けをしたとして、ミクシーさんが囚われてしまいます。

23

街を何とか抜け出していたホープとカイルは、ビートと共に再びアクアタルカスへ。

 

まず、ホープが囮になって、エルプトン城へ侵入。

その後、隙をついてビートがバイクで急襲します。

24

ビート、カッコイイんだけどなぁ。

「約束は破らない」って言って、ちゃんとその通りにする様な侠気あふれるナイスなガイなんだけどなぁ…

乗り物に乗った時の、テンションの上がり具合に正直引きますw

儂、バイクに乗って「ヒャッハー」って言ってる人、マンガの中でも久々に見たよ。

んで、その心理が掴めなかったから、今日、車で坂道下ってる時に「ヒャッハー!」って言ってみたんだけど…

羞恥心だけが残りましたとさ☆

うん、突き抜けないと、何事もうまくいかないよね。

 

で、何とか脱出したホープさん御一行。

サンドタルカスで、ビートの決闘を見物です。

しかしこの街のチャンプ、アクラブ・カシムの策略により、ビートは負傷。

決闘に出られなくなりました。

25

ビートの代わりに出場するホープ。

こういう真剣な表情のホープはカッコイイ。

あと、無精ヒゲ生やしてる時。

やっぱ男は無精ヒゲだと思うのよ。

あ、きっちりヒゲはダメ。

あくまでも無精ヒゲね。

 

ホープがビートのバーンズ・スタイルを完全コピーし、さらにゲット オフ スリーショットを決め、アクラブに勝利。

それを目に焼き付けたビートは、さらなる精進を誓います。

 

彼らって、お互いの技量を認め合い、それでいてギリギリのところで馴れ合わないようにしている。

まさに好敵手と呼ぶに相応しい相手ですよね。

好敵手ですよ、好敵手。

ライバルって言葉は、なんか軽々しいじゃないですか。

 

でも2人には決闘して欲しくないですね。

だって拮抗した腕だと、手加減できませんからね。

ホントに命の取り合いになっちゃいますもんね。

だから世界最強決定戦、ガンズ・オブ・ドミネイションには出て欲しくない。

けど出るんだろうな、この2人。

ホープはイヤがってるけどw

 

 

« 孔雀王 曲神紀 7巻の感想 | トップページ | 大発見したいなぁ(BlogPet) »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/42234388

この記事へのトラックバック一覧です: PEACEMAKER 2巻の感想:

« 孔雀王 曲神紀 7巻の感想 | トップページ | 大発見したいなぁ(BlogPet) »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク