2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 屍鬼 1巻の感想 | トップページ | チュモン 第63話の感想 »

2008年7月17日 (木)

屍鬼 2巻の感想

1巻の背表紙が黒、2巻の背表紙が白。

並べていくと鯨幕仕様に!

細かいところが凝っていてビビりました。

いいのかしら?

 

 

 

村に死が蔓延する中、静信は再び沙子と会います。

彼女は紫外線に弱い病気にかかっている為、夜間にしか出歩けないとのこと。

2人が「教会」で、死の話をするのも印象的。

21

「特別に酷い死はない だからこそ死は恐ろしい!」

沙子の言葉には説得力がありますね。

これ程までに「死」を理解して尚…や、ネタバレになるので語りませんが、不思議な子です。

 

 

徹ちゃんちに泊まった夏野は、何者かが家の中に侵入してくる気配を感じます。

これが実に感覚的に表されてて、ものっそいリアル。

得体の知れないものを感知すると、人間って何故か視覚ではなく、全ての感覚を使って感じ取ろうとしません?

それをフジリューはうまいこと描いてるなぁ、と。

22

蔓延していた不自然な死の正体。

それは「起き上がった」人達の仕業でした。

吸血鬼もの、で括ってもいいのかな?

いいよね!スティーブン・キングへのオマージュだもんね!

で、括るとすると、その存在の幻想的な美しさをメインに描かれるものと、人の命を糧に生きなければならない浅ましい存在として描かれるものの2つに分けられると思います。

両方をうまく描いている作者さんもいらっしゃいますが、殆どはどっちかに絞られてきますよね。

屍鬼は後者。

吸血シーンに一欠けらの美しさも無く、暴力的に命を吸い取るカットは嫌悪感しか浮かびません。

 

 

尾崎病院では、疫病の危険性も考えて会議が開かれます。

え…?永田…さん?

蛍原…じゃないですよね?

…雨上がり決死隊の?

 

 

一方、別ルートで調べていた静信は、死者が亡くなる前に仕事を辞めていた事実を突き止めます。

でもそれがこの死の症状と、どう関係するのかは謎のまま。

24

「くきっ」ってカワイくね?

しかし静信は儂のメガネスカウターに反応しない…

性格の問題だと思うんですが…

やはりメガネはドSでなければ。

 

 

そんなこんなで徹ちゃんが死亡。

23

恵が徹ちゃんを殺したと、確信した夏野。

何かを決意したようです。

はぁ、夏っちゃんカッコイイ!

 

 

夏野にいっつも絡んでくる村迫正雄。

コイツの(作画の)キモさは世界一ィィィ!!!

や、性格も自己中で年齢の割りに物事の考え方が幼いし、どうしようも無くムカつくヤツなんですが、フジリューのキャラ設定で、更にムカつき度UP。

徹ちゃんのお葬式でも、自分の気持ちばかり周りに押し付けて、それが間違っていることにも気付かない。

ダメだコイツ。早く何とかしないと。

 

で も 。

 

25

 

志村、うしろ!うしろ!

 

 

« 屍鬼 1巻の感想 | トップページ | チュモン 第63話の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

にゅげさん、ごきげんよ~!
屍鬼!単行本出てたの忘れてました!
今月はお財布大ピンチなので、お給料出たら買います!しかし、藤崎版、屍鬼イイですよね~。
この独特の作画すっごい好きです。

そ・・それとお侍にイライラされてるみたいなんですが・・ワタシ・・ガクブル。

Radiotomさん、ごきげんよ~。
クーラーよりは扇風機、クーラーよりは扇風機。

>屍鬼!単行本出てたの忘れてました!
ニャー!
ペルソナに全てを持って行かれ過ぎですよ!
明後日なんかDOLLS発売ですよ。ヤバスヤバス。

>お侍にイライラされてるみたいなんですが
この人は短気みたいです。
クリック×3+クリック数回でとんでもない攻撃をされたりしますよ。キィィィ!ってなりますよw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/41835784

この記事へのトラックバック一覧です: 屍鬼 2巻の感想:

« 屍鬼 1巻の感想 | トップページ | チュモン 第63話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク