2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« タダ=高額商品のにおい | トップページ | カネ(BlogPet) »

2008年5月12日 (月)

クレイモア 14巻の感想

儂、リガルド好きなんですよね。

だってライオンキングでしょ。

ずっとあの姿のままなら良かったのになぁ。

いやぁ、今更ながら惜しい人を亡くした。

 

ガラテア討伐の為、聖都ラボナに辿り着いたクラリスとミアータ。

妖気を抑える為に飲んだ薬のせいで、ガラテアの妖気を探れませんが、そこはそれ。

頭脳作戦です。

で、ガラテアを探し当てた2人は、彼女とご対面。

いや~、ここ!

このガラテアが尼僧のフードを取るシーン!

思わず鳥肌が立ちそうなくらいの衝撃でした。

まさか、自分がクレイモアだと悟られないように両目を潰すとは。

そしてそれを全く後悔していない、思い切りの良さ。

やっぱガラテアさんは最高です。

 

さて、彼女がここで、2人の目の前に現れたのは、1つの思惑があったからです。

実は、街に妖魔が潜んでいたのですが、ガラテア1人では倒せない。

その為に彼女自らを囮にして、クレイモアを呼び寄せたのでした。

しかし現れたのは、かつてのナンバー2。

14

オールヌードで読者サービスも忘れません。

なかなか手ごわい様子です。

なおかつ、頼みにしていたクラリス達は、ガラテアを討つことを優先。

142

アホなのか、この女は。

 

目の前で大勢の人間が殺されていき、さらに被害が拡大しそうなのに、この融通の利かなさ。

先にガラテアを粛清し、それから後に組織に報告して、覚醒者・鮮血のアガサを討伐って、とっくにラボナは滅んじゃうよ!

つくづくクレイモアにも色んな人がいますね。

儂、この子はキライです。スマン。

 

そこへいくと、ガーク達はカッコイイね!

143

「今できる事をやる」

きっとクレアの闘いを見てなかったら、ここまで彼らも動かなかっただろうなぁとは思います。

やはり主人公は偉大だ!

 

彼らのガンバリを他所に、ミアータはあくまでもガラテア狙い。

しかし、アガサの巧妙な攻撃で大きなダメージを負ってしまいます。

144

でもここからの展開は良かったね!

クラリス逃げる→ミアータ、ちぎれた手を修復し、クラリスを逃がす→クラリス戻ってアガサを攻撃→2人で大泣き。

お互い、ちょっとずつ歩み寄ってきてる感じで好感が持てますね。

で、こっから本命登場。

「名乗る名は無い。

お前はここで死ぬだけだからな…」

クレア、カッケー!!!!!!

 

後半は読みきりが2つ。

イースレイとプリシラの出会いは、ぶっちゃけどうでもいいんですが、クレアの訓練生時代のエピソードは良かった。

145

「醜態を晒してでも最期まで生き残る道をさがし足掻け」

カッケー!

言えないですよ、こんなセリフ。

生きることに覚悟が出来ている人間じゃないと、なかなか出てきません。

やっぱ主人公は言うこと違うよ!

あ、それと、今よりも更にツルペタなクレアの姿にキュンときましたheart01

 

« タダ=高額商品のにおい | トップページ | カネ(BlogPet) »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/41164098

この記事へのトラックバック一覧です: クレイモア 14巻の感想:

« タダ=高額商品のにおい | トップページ | カネ(BlogPet) »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク