2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ネコの帰還 | トップページ | 位置しないです(BlogPet) »

2008年5月19日 (月)

チュモン 第54話の感

<前回のあらすじ>

テソ王子、投獄。

 

 

感動のご対面を果たす王様とチュモン。

そんなことも知らず、テソ王子はまだ投獄中です。

しかし牢とはいえ、さすが第一王子様。

お布団はゴージャスですよ☆

一般ピーポーなら、地べたにゴザだったのに、王子様はベッドにふかふかお布団。

ちょっとした王様の、お気遣いが感じられます。

でも、テソ王子は、メイドからチュモンが帰って来たと聞き激怒。

ニャー!!!!!

今すぐここから出せ!

王様とチュモンに合わせろ!

ニャー!!!!! 」

や、ホントですよ。

ホントに「ニャー」って言ってたよ。

なんだよ、テソ王子、お前もネコ好きか。

断然、応援してやるよ!

でもそんなに興奮しないで!

過呼吸で大変なことになりますよ?

 

その頃、王様とチュモンは、チュンサン谷のことについてお話中。

チュンサン谷には豊富な資源があり、ここをタムル軍が乗っ取ったとなると、漢も黙ってないんじゃね?

タムル軍では太刀打ちできないよ?

解散して普通の王子に戻りなよ!

そう、奨める王様 。

でも順調にことが成っているチュモンは、このまま漢をコテンパンにし、プヨを完全な独立国にしたい。

なので、王様の意見には耳を傾けられません。

 

それを見たプドゥクプルことプーさん。

チュモンが王様に従わなければ、ぶっ殺せ!と大将軍に依頼します。

な、なんだってー!!!!!

躊躇うフクチ大将軍でしたが、

「チュモンに同情しちゃラメ☆

プヨと王様の為に決断を下して欲しいなり☆」

と、頼まれ、考えを改め始めます。

 

チュモンさん、一人になって考えます。

でも、自分を信じ付いて来ているタムル軍を捨てることは出来ません。

王様は「すべてを与える」ことで自分に従えと言います。

そこで、巫女・ヨミウルの言葉「クムワ王こそが怖いっちゃ」を思い出し、ため息をつくチュモン。

やっぱ巫女さんの言うことはホンマやったわぁ。

でも王様には恩義もあるしなぁ。

チュモン、とことん悩みます。

 

一方、チュモンの無事を占う巫女・ヨミウル。

そこで若い巫女から、ヨミウル自身を邪気が覆っていると指摘されます。

チュモンの心配してる場合じゃないよ!

自分がヤバイよ!

でも渋い顔はしても、そんな動揺はしてませんね、ヨミウルさん。

 

プーさん、王様にチュモンの危険性を説きます。

チュモンとタムル軍を切り離さないと、プヨの危険な火種に成り兼ねないとのこと。

 

fish  fish  fish  fish  fish

ここらへん、外でニャンコがケンカしだしたから、止めに入って見られなかった…よ。

fish  fish  fish  fish  fish

チュモンはママンにタムル軍のことを相談。

ママン、チュモンのやりたいようにやれと応援します。

つくづくチュモンには甘いママン。

チュモンがイヤ~な子供に成長しなくて良かったね☆

 

タムル軍の隠し砦では、ヨミウルが刺客に襲われる事件が発生。

その頃オイ・マリ・ヒョッポ達は、護衛官ソンジュと酒盛りです。

って、アレ?ヨミウルさん…は?

ほ、放置?

で、そんな事件が起こったことを知らない皆は、楽しくプヨとタムル軍の未来に思いを馳せます。

しかしその後、ソンジュは大将軍からチュモン始末フラグの話を聞き、ショックを隠せません。

チュモンはじめ、他の3人と共に戦ったことのあるソンジュは、彼らを見捨てるなんて出来ないのです。

 

王様に謁見に来たヨンタバルとソソノ。

うっかりチュモンとイエソヤが仲良く歩く姿を見てしまいます。

複雑な表情のソソノさん。

ヨンタバルが気を逸らそうと、ゴチャゴチャ言ってますが、聞いてないみたい。

気持ちを切り替え、謁見に臨みますが、プーさんが先に彼女達に会い、話を聞くことに。

「ソンヤンの横暴を何とかして欲しいんだけど?

アイツの髭、めっちゃムカつくしぃ。」

そう言うソソノに、プーさんは言葉を濁します。

「王様は忙しいナリよ。宮殿の外で、しばらく待つナリよ。」

そこで一旦はニコヤカに退出したヨンタバルですが、プーさんが宮殿を仕切っていることに懸念を抱きます。

「な~んかヤバくさいなぁ。」

 

チュモンは、二度とプヨには戻らない考えを固めました。

そんな折、宮殿に帰ってきたヨンポ王子。

ボロボロになってるとこを見ると、苦労したみたいですね。

ヨンポ王子ったら、さっそく王様に会うなりゴマ擂りです。

「復権おめでとう、パパ!

プヨの為がんばるよ、パパ!」

そんなヨンポ王子を、「お前いらね」的な目で見るプーさんがウケます。

でもヨンポ王子は、王様が自分のことを待っていたと勘違い。

さっすがヨンポ !

その鈍感力!

これは皆、見習うべきですね☆

 

さてチュモンは、王様とプーさんの前で、タムル軍と流民と一緒に生きることを主張します。

しかしタムル軍と漢は交戦状態。

漢と友好路線で行きたいプヨが困ったことになります。

だから軍を解散しろと説くプーさん。

チュモンはそれには聞く耳を持たず、プーさんの話は受け入れられません。

「プヨの、プヨによる、プヨのためのプヨを!」

熱く語るチュモン。

それを見たプーさん。

ダメだ、コイツ。早く何とかしないと。

プーさん、大将軍を使ってチュモン暗殺計画を発動☆

 

宮殿の外で、王様を待つヨンタバル達。

そこへいきなりソンヤンが乗り込んできて、一同大慌てです。

どうやらプーさんがチクったらしい。

何あのおっさん、最悪じゃん。

ケルもなかなか窮地から脱出できなくて、哀れでなりません。

 

そんな時、モパルモ親方とムソンが、砦から早馬を飛ばしてやってきましたよ。

これは多分、ヨミウル様関係だと思われますが、カットされ過ぎているのでサッパリ分かりません。

つか、最近儂のアイドル・モパルモ親方の出番が少なすぎるよ!

 
護衛官・ソンジュは、チュモン達に命の危険を教えます。

大将軍には、義理、人情は無視しろって言われたけど、やっぱそんなことは出来なかったみたい。

いい人だ、ソンジュ。

だてに何度も死に掛けてないね☆

 
で、慌てて脱出するチュモン達。

しかしママンと妻への未練が足を止めてしまいます。

その隙を突き、取り囲まれる皆様。

自分達を囲んでいるのは、かつて一緒に戦った仲間。

なので、殺して逃げることは出来ません。

みねうちモードで何とか凌ごうとしますが、弓兵にまで包囲され、動きを封じられてしまいました。

チュモン達は、武器を捨て投降。

さっさと殺されなかったのが唯一の救いですね。

 

王様は、そんな計画が実行されていることを知らなかった模様。

ソンジュに教えられ、すぐにチュモンのもとへ向かいます。

止めに入るプーさん。

「行ってはならないナリよ。チュモン1人ぶっ殺せばなんとかなるナリ。ご了解下さいナリ。」

 

ユファとソヤの所にも、チュモンピンチの知らせが届きます。

「ぅ王様ァァァ!」

ユファ夫人、怒り狂って殴り込み。

ユファを愛している王様ですが、さすがに今回はチュモンには不利みたい。

譲歩しなければ、チュモンもタムル軍も敵と見なすと言われてしまいます。

 

さっそく広場に引き出されるチュモン。

「これは全部王様がやったことなのですか?

あ~あ、王様は変わっちゃったよ。

漢と勇ましく戦った王様はどこいっちゃったんですかぁ?

ヘモス将軍が泣くっスよ。

草葉の陰で泣くっスよ?」

とか何とか言われて、さすがの王様もムッとしたみたい。

「あー、めんどくせ!

全 員 投 獄  ☆」

 

あ、みんな同じ牢ですか。

脱獄しやすいですね。

 

♪パ~パ~パ~パ~

  次週へ。

 

« ネコの帰還 | トップページ | 位置しないです(BlogPet) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、韓流サラン from Koreaです。

もしお時間が御ありでしたら、ぜひ、このブログものぞいて見て下さい。

朱蒙のまた違った姿や裏話が見れますよ。

http://chumonlove.blog119.fc2.com/

<ソン・イルグクさん主演!、韓国ドラマ・チュモン(朱蒙)の魅力と裏話 >

韓流サラン様、始めまして。

さっそくお邪魔させていただきましたよ。
ソン・イルグクさんへの愛が感じられるブログでした~。
パロディなんてものもあるんですね。面白く拝見させてもらいました。ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/41237500

この記事へのトラックバック一覧です: チュモン 第54話の感:

« ネコの帰還 | トップページ | 位置しないです(BlogPet) »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク