2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 黒執事3巻の感想 | トップページ | お金を検問しなかったよ(BlogPet) »

2007年12月20日 (木)

ルードヴィッヒ革命4巻の感想

これで完結とはもったいない!

でも由貴センセーだって「ボチボチやっていけたらなぁ」とおっしゃってるんで、期待は持てそうです。

 

つか、これ、魔女エンドでいいんだよね!ね!

 

ワナが張ってあることを重々承知で本国に帰るルーイ王子御一行サマ。

ドロテアは、街中に妙な魔法の気配を感じ、王子とは別ルートで行くことにしました。

4

何にも言わずに暇乞いをするドロテアさん。

カワイイよね!

でも王子は、自分から離れていった彼女にちょっぴり御立腹の様子。

この寂しがり屋さん☆

 

城内には危険な匂いがプンプンです。

42

魔女っ子は「何も食うな」って言ってたけど、こ~んなカワイイ男の子に「召し上がって」って言われたら、お皿まで食っちゃいますよね!

しかも手作りってとこがポイント高い!

でもこれには幻覚を見る魔法がかけてあったようで、バックバク食ってたヴィルヘルムがルーイ王子を化け物と錯覚し、刺してしまいます。

王子はお亡くなり。

ヴィルは公開処刑。

でも、ルーイ王子はドロテアの護符のおかげで生き返ったのでした~。

43

処刑前にお城に乗り込むルーイ王子。

ヴィルのことはどうでもいい様なことを言っときながらコレ。

なんだかんだでツンデレです。

つか、王子は黒髪の方がカッコ良くね?

 

最終的には、ペトロネラがユーリウスを利用して国を手中に入れようとして、大失敗☆

ここの展開は強引で、ちょっとグダグダ感は否めませんが、ルーイ王子のトンデモお母様も登場したり、ドラゴン出てきたり、イーディケ出てきたんでまぁいいや。

44

イーディケかわいいよイーディケ。

惜しい姫を亡くしてしまった…

 

そして最終章は、身を挺してルーイを庇ったドロテアさんを救いに…

というか、謎を解きに「青い炎の死人の国」へ。

そこでドロテアの悲しい過去が明かされます。

それを断ち切る為に、王子大活躍☆

で、やっぱりこれって、ドロテアエンドでいいんじゃね?

ちょっと色々小さくなったけど。

胸とかペッタンコになったけど。

45

結局ハーレムみたいになってるのが笑えますね。

まともな人間が1人もおらんけど…

 

« 黒執事3巻の感想 | トップページ | お金を検問しなかったよ(BlogPet) »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/17427819

この記事へのトラックバック一覧です: ルードヴィッヒ革命4巻の感想:

« 黒執事3巻の感想 | トップページ | お金を検問しなかったよ(BlogPet) »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク