2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« シュヴァリエ6巻の感想 | トップページ | 同窓会まであと9日。 »

2007年12月23日 (日)

鋼の錬金術師18巻の感想

貧乏ですが、かるたセット付きを買いました。

だって800円なんだよ。

結構良心的な値段じゃね?

それにオールカラーだし、儂の好きなアームストロング五兄弟のカラーも拝めたし。

186

尚且つ、書き下ろしがまた素晴らしかったですよ。

まだ買ってない人は、絶対かるたセット付きをオススメ!

 

ワナとは知らず、ブリッグズへ出張整備に来たウィンリィ。

エドはホークアイ中尉の言葉を思い出して動揺します。

オマエラもう付き合っちゃえよ。

18

最近は、水兵リーベ僕の船とかで覚えないのか?

 

人質といえば、中尉もですね。

182

おいおいおい、ゴメンよ、セリム君。

儂、ショタっ気ないから、キミのことは空気の妖精か何かの様にしか見てなかったよ。

むしろ眼中にないって言うか?

それがまさか、こんなトンデモSっ子だとは思いもよりませんで。

中尉をネチネチ脅しながら、最後のとどめのセリフが、コレ。

「私はいつでも貴女を影から見ていますからね」

 

素晴らしい愛の告白!!!(違

 

あああああ、Mっ子の儂にとって、セリム君たら理想の性格。

ア、アンタなんか、ブラックハヤテに黄金水を掛けられて苦しめばいいんだわw

 

一方、エドは国家錬金術師として、ブリッグズに血の紋を刻むことを強要されます。

183

キンブリーはホムンクルス達が何を企んでいるか承知の上で、加担してるんですよね。

彼の言ってることは分かる気がするんですが…

許容できるかと言えば、NOですね。

それを許せば、多くの人間が死んでいきます。

儂はその死に責任を持つ勇気がありませんからね。

なので、それを理解した上で行動しているキンブリーには、ある種の敬意を抱きます。

 

スカー捜索にコッソリ紛れ込んだウィンリィは、彼に再会。

184

手負いのスカーの治療をする、ウィンリィの強さにホロリときました。

スカーはここで初めて、「堪える」ことと「許す」ことの違いを理解したんじゃないかな?

それなら、彼の人生も暗いままで終わらない様な気がします。

 

さて、錬丹術の解読にはスカーも必要ということで、メイやマルコーさんも纏めて脱出となりました。

いかにキンブリーの目をくすねるかと言う段になって、意外な人物が大活躍です。

185

ヨキが立った!

役に立った!

なんだよ、ヨキ。やれば出来る子じゃんよ!

 

それはいいんですが、中央に連行されたアームストロング少将と、拒絶反応を起こしかけているアルが心配です。

 

« シュヴァリエ6巻の感想 | トップページ | 同窓会まであと9日。 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/17453194

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師18巻の感想:

« シュヴァリエ6巻の感想 | トップページ | 同窓会まであと9日。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク