2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« クレイモア 13巻の感想 | トップページ | 揉み出せ☆脂肪 »

2007年10月 8日 (月)

魔人探偵脳噛ネウロ 13巻の感想

さっき、何もしてないのに、突然パソコンの電源が切れたぞ!

ご寿命!?

で、電子ドラッグ!?

カタカタカタカタカタカタカタカタカ

 

瘴気が吹き出る素敵な農村を訪れたネウヤコ。

13_2

ヤコはさっそく大歓迎☆

良かったね。

あ、良かったと言えば、旅館でお泊りの際、ヤコの横で寝てたネウロの後姿ですかね。

以前は天井に登ってたのに。

なんて間近で寝る様に。これもDVという愛の成せるワザですね。ホロリ。

でも目が覚めると、Xの用意した謎が発動してましたとさ。

 

ここで、さりげなくXとアイのエピソード挿入。

132

この少女姿のXにときめいた!

毎回これで登場してくれればいいのに。

このエピソードで分かることは、人間の持つ無限の可能性を誰よりも信じているのがXってこと。

自分が人間の枠外な規格だと感じているからだろうけど、何となく物悲しいですね。

 

Xの策略によって攫われてしまったヤコちゃん。

 133

それを知った、ネウロの表情が良すぎて悶えしにそうです。

134

あ、この人にも悶えしにそうです。

 

ネウロとの対決の為に、ヤコを強引に連れ去ったX。

このシーンを見て思ったのは、ヤコちゃんがまだ父親の「死亡原因」を消化しきれてないってことですねぇ。

今まで探偵ごっこで忙しくて、それについて向き合えなかったんだと思うんですよ。

だから竹田の姿を見ただけで、気絶しちゃったんでしょうね。

DVには慣れたかもしれないけど、まだ10代の彼女には認めたくないこともいっぱいあると思います。

でも色んな人と関わりを持って、ちょっとずつ成長してるんだから、いつかは消化できる。

がんばれ、ヤコちゃん。

色んな意味で。

« クレイモア 13巻の感想 | トップページ | 揉み出せ☆脂肪 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/16691449

この記事へのトラックバック一覧です: 魔人探偵脳噛ネウロ 13巻の感想:

« クレイモア 13巻の感想 | トップページ | 揉み出せ☆脂肪 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク