2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 台風なんて、どこ吹く風。 | トップページ | 一ヶ月点検に。 »

2007年7月15日 (日)

燃えろよ涙と汗こそ男のロマン

♪んま~つりだ まつりだ まつりだ 大漁祭りィ~

 

Photo

そんなこんなで近所の神社でお祭りでした。

白いふんどしを引き締めた裸若衆も、船に五色の旗を立て、海の男が風を切ったりもしませんが、山の神様、海の神様、今年(中盤)もホントにありがとう。

過疎化が進むこの地域。

年々、集まる人も少なくなってますが、今年も太鼓を叩いて、ちっちゃい神輿を担いで、法螺貝吹きながら神社まで練り歩きます。

 

法螺貝、吹きたい。

 

儂の家の前が広場になっているんですが、そこに注連縄と竹で簡易的な鳥居を作ってから、祝詞を挙げ、それから出発。

時刻は夜の8時。

雛見沢ではありません。

 

法螺貝、吹きたい。

 

各地区の人たちが、各地区のポイントで融合し、太鼓の数も増えるので、うるさくってしょうがねぇ。

犬も鳴く。ネコは逃げる。

雛見沢ではありません。

 

法螺貝、吹きたい。

 

そうこうしているうちに神社へ到着。

お賽銭を上げてから、カキ氷食って、モヤっとボールを売ってるテキ屋のおっちゃんの「だんだん売り上げが落ちてさぁ」っていう愚痴を聞いたら、さっさと帰宅。

 

台風一過のおかげで、大気が澄んで星空がめっちゃキレイ。

さそり座とかへび遣い座とかがクッキリ浮かんでいました。

祭りの帰りは、いっつも星空を眺めながら帰るんだ。

今日は月もまだ出ていなかったから、星だけが鮮明。

天体望遠鏡もいらないくらい。

ええ、田舎だからね☆

田舎だからね☆

 

だけど、カキ氷は、マクロスみたいな名前のスーパーの前に来るたこ焼き屋さんの方がゴージャスだった。

マンゴーとバナナ味を半々で+練乳。

さらに氷を乗せて、メロンとイチゴ+練乳。

Photo_69

最終的にお花畑カラーになりました。

トロピカルな味になりました。

結構、美味かったデス。

 

« 台風なんて、どこ吹く風。 | トップページ | 一ヶ月点検に。 »

日記・コラム・つぶやき 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/15778998

この記事へのトラックバック一覧です: 燃えろよ涙と汗こそ男のロマン:

« 台風なんて、どこ吹く風。 | トップページ | 一ヶ月点検に。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク