2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月の記事

2007年6月30日 (土)

カマキリのシーズン

うんこ出ない。

や、5日前から夕飯は青汁オンリーにしたら、こんなことに。

うん、5日前に痩せ日が来たからね。

本格的にダイエットしようと思って。

え?

お前、いっつも本気ダイエットするって言って、挫折してるやん。

ですって?

聞く耳持たんな。

 

ううん、今回はホントのホンキ。

仕事で疲れた体に鞭打って、1時間くらい運動もやってます。

もう取り憑かれた様にガムシャラに。

一体なぜ、こんなにまで?

教えて、儂!

 

え~、

むしゃくしゃしてやった。

痩せられるなら、何でも良かった。

 

ってワケじゃないんですが、夏やん?

ミニとか履きたいやん?

でも足がとんでもないやん?

ドム並に太いやん?

ザクとは違うんだよ、ザクとは。

って感じやん?

な訳で、干からびる寸前まで運動してます。

お昼のプリンは欠かせませんが。

森永のぷるっプリン、これサイコー。

 

あ、話はタイトルに戻りますが、カマキリのシーズンらしいです。

昨日は、儂が入ったレジに2匹、お目見えしました。

最初は小さいヤツ。

儂が休憩から上がってきたら、レジに体長1㌢くらいの可愛いカマキリが、コンニチワ。

ちっこいのに、生意気にも威嚇してきやがります。

潰す!

このままでは、儂の指がレジを叩いた拍子に潰してしまう!

そしたら、呪われる!

ええ、小学生の頃、自分と同じくらいの大きさのカマキリに、カマで斬り付けられ殺される夢を見てから、カマキリには優しい儂。

そっと指に乗せて、駐車場の側の草むらに置いてやりました。

立派に成長するんだよ。

 

自分の行為に満足して、職場に戻りレジ打ち再開。

今度は、お客様が持ってきたカゴに、体長3㌢くらいのカマキリがコンニチワ。

潰す!

このままでは、商品を移し変える拍子に潰してしまう!

そしたら、呪われる!

 

暇になったスキを見て、コイツもそっと指に乗せ(必死で抵抗してましたがw)、草むらに。

立派に生き延びるんだよ。

腹にハリガネムシを寄生させるんじゃないよ。

そう、手を振って仕事に戻りましたとさ。

めでたしめでたくもなし。

 

2007年6月29日 (金)

銀山へ愛をこめて

島根の石見銀山が、世界遺産に認定されましたね。

おめでとうございます。

儂の中で、近場で行ってみたい場所ベスト3に入ってたのに。

これから観光客が増えて荒らされるやんけ。ちっ。

認定される前の、いい感じに鄙びた石見を見たかった…

や、でも、認定おめでとうですよ!

 

それはいいとして、やっぱ隣県の住民としては、なんか悔しい。

山口にもイイとこあるよね?そうだよね?

って話を職場でしてたんですが…

瑠璃光寺しか出てこない!

しかも、「それ燃えたよね?」って、サビエル聖堂と勘違いした発言も出たし。

あ、そうそう、山口にはフランシスコ・ザビエルが来てたんですよ!

楊貴妃も来てたってウワサですよ!

意外と国際的!

や、これは関係ないですね。

 

あと思いついたのが、秋吉台。

ここだよ!ここを遺産登録しようよ!

だって日本最大のカルスト台地だよ?!

ドリーネに落ちたら2度と這い上がってこれないんだよ?

ついでに言うと、秋芳洞には幽霊出るんだゼ!

 

萩もいいよね!

萩は幕末関係者をいっぱい輩出してるしね!

世界遺産認定委員会には、銀魂でも読ませて洗脳させとけば、すぐ認定してくれるよ!

…職場なので、そんなことは口が滑っても言いませんが。

ドイツのユーリンゲン・ビルゲンドルフ村とは姉妹都市になれても、会津若松市とは友好都市にはなれない、そんなステキプレイス、萩。

夏みかんサイコー!

そんな感じで盛り上がり☆

 

こんなステキな山口をもっと知りたい人は、wikiで調べるといい。

県民でも知らなかったことが書いてあって、イマイチ不気味くさいです。

それにしても、wikiの

「山口県では日常的に山口方言が使用されている」

には、大爆笑しました。

あたりまえじゃろ!

最後は山口弁「じゃろ」でシメ。

あんま、じゃろじゃろ言っても、県民全員がJAROの手先じゃないですよ?

 

2007年6月28日 (木)

KISS DUM 第12話の感想

「凍海 <セイジャク> 」

 

前回と今回は、こっ恥ずかしいお話でしたね。

冬音君が出てくると、なぜか赤面して画面をまともに見られませんでしたよ。

つか、もうちょっと脚本、どうにかならなかった…か?

 

ええ~っと、シュウたちは、ハーディアンの臭いを追って、廃墟を探索。

「我らは犬か。」

と、適切かつ素早いツッコミを入れるヴァイレにキュン。

んで、失格三姉妹は、臭いでハーディアンのことが分かるらしく、このハーディアンは、本能のままに動く迷いの無い、だからこそ哀しい存在だと語ってます。

スゴイよ!そんなことが分かるなんて、犬以上だよ!

で、そのハーディアンとは、鈴音ですか?

冬音君のことですか?

でも人間をぶっ殺して逃亡したのは鈴音だし、そっちかな?

 

漫才を繰り広げるシュウ達ですが、突如として現れた男達に銃を突きつけられます。

でもそこは腐っても主人公。

銃なんて問題無しに、烏合の衆をボッコボコ。

つか、この人達、レジスタンス?

もっと鍛えた方がいいと思うよ?

 

オロオロしている仲間の間から、リーダー格のオッサンがコンニチワ。

ガルナザルさんですか、いい感じに暑苦しそうですね☆

で、彼らは、この廃墟ではなく、潜水艦サラディン号で潜伏していたそうです。

シュウは燻の情報を得ようとしますが、ガルさんは何も知らない様子。

ちっ、役立たず。じゃあ、アバヨ!

そう立ち去ろうとしたシュウですが、ガルさんの「希望の灯」という言葉にド反応。

そういや同じ様なこと、七生も言ってたよな~。あの頃は良かったよなぁ~。ホワワワワ~ン。

そんなこんなで、上空サプライズな巨大ハーディアンを一緒に倒すことに。

なんかね、コイツが大雪を降らせているみたいよ?

でさ、サラディン号には、鈴音も乗ってましたとさ。

ああああああ、ヤベェェェェェ!!!!!

関係アリアリな匂いがプンプンするぜぇ!

 

まぁ、そいつは置いといて、サラディン号はハーディアンを追って、嵐の中心へ。

ヴァルダ曰く、この気象はハーディアン自身にもコントロール出来ないとのこと。

自分の体を弱らせてまで、何かを探しているようです。

ちょ!それ、鈴音!鈴音!

 

中心にて、ハーディアンと相対したサラディン号は、攻撃態勢を取ります。

N.I.D.Fのぼっちゃんとお姫さんは船上へ。

ヴァルダってば、お姫さんとか言われてるよ。

確かに、俗世からはみ出しまくってるもんなぁ。

でも、お姫さんって呼び方はいいね!ラヴいね!

 

シュウとサラディン号、ボチボチ攻撃をしていきますが、あんまりドデカハーディアンには効いてない模様。

おまけに、スキを突かれて鈴音が囚われちゃいましたよ。

どうやら鈴音は、ハーディアンのブレインだったみたいです。

ええ?なんか良く分からないんだけど。

鈴音って、裏返りなんだよね?

それがハーディアンのブレインになるの?

あれ?ってことは、今まで出てきたハーディアンも元は人間ってこと?

うわっ、エゲツなッ!

 

とか、儂がもじょもじょ考えている間にも、ヴァルダ様がいつもの様にクールな対応。

「あのブレインを叩けば倒せる。」

キャハー☆ステキ!

ブレインが、さっきまで普通に接していた女の子と知っての狼藉!?

クール過ぎる!勝つためには手段も方法も厭わない、その精神!

そこに痺れる、あこがれるぅ!

 

だけどシュウ達は鈴音を殺したくないみたい。

まぁ、当然っちゃ、当然ですね。

ちょっとヌルい攻撃を繰り返すシュウですが、自分にダメージを与えられた瞬間、ホンキ攻撃へシフト。

そこへ冬音君、推参!

あまりにべたな展開で、開いた口からコーヒーがこぼれます。

 

「哀羽さんは人類の為に戦えばいい!

僕は鈴音の為に戦う!」

わお☆本能剥き出しだね!

ここまで鈴音に固執する冬音君の気持ちが良く分からないのですが、まぁ、彼も思春期真っ只中のチェリー君。

甘酸っぱい想いを共有できる女子を守りたいのは、当然のことかもしれませんね。

つか、脚本が…なぁ。

 

それにしても、冬音君が

「哀羽さぁぁぁぁん!」

って言う度に、笑いが出るのは儂だけか?

 

んで、自分の欲望に正直な冬音君の攻撃に、シュウは耐え切れず冬の海へ。

意識を失い沈んで行くシュウに、ヴァルダ様が畏れ多くも人口呼吸ですよ。

キャホーィ!!!!!

ヴァルダと由乃さんが重なる所もいいね!ラヴいね!

ぶっちゃけ、ノアは嫌いなんで、どっか行けばいい(コラ

 

ハイ!ヴァルダ様の接吻で力が湧いてきたシュウは、サクっと冬音君にトドメ☆

だってヴァルダ様のちゅうは、地球のみんなから、ちょっとずつ力をもらってるんだもん。

元気玉と一緒の原理ね。

 

ハーディアンとして1人、生きることに疲れきった冬音君は、鈴音を道連れに、凍りついた海へ沈んでいくのでした。

って、ここさ、裏返った者の哀しさと切なさとが表されてて、考えさせられるシーンなんだけど…

脚本がなぁ。

なんかなぁ。

いや、いいけど。

 

それにしてもガルさんはいいですね。期待通りに暑苦しいですね!

「我々の戦いはこれからだ!」

ってセリフは儂の爆笑を狙っての発言ですよね!

 

2007年6月24日 (日)

儂がケッコゥと啼く。

今日はドッ砂降りでしたが、んもう化粧品が欲しくて欲しくてガマンできなかったので、お買い物。

ガマンできないのは、1人っ子の特性ですね。

小さい頃から、何でもテキトーに貰えてましたから。

堪え性が無くて、ついでに飽き性なダメっ子です。

 

そんな儂が愛おしい。

 

で、何が欲しかったかというと、アイシャドー。

マキアージュのダブルシャイニーアイズが気になって仕方なかったので、見に行きました。

 

買いました。

 

だって、ラメラメのキラキラなんだもん。

妖精な儂としては、緑がお似合いかなぁと思って付けてみたら、まぁキレイ。

お目々が澄んだ感じでキレイ。

や、何もしなくても儂の瞳は、晴れ渡った夜空の様に澄み切ってますけどね。

ついでにブルーも買っときます。

夏だし。

 

満足したのでお財布を取り出すと、美容部員さんがオススメの口紅とか出してきよる。

確かに良かったけどさぁ。

今日はシャドーを買うだけで来てるので、お断り。

カウンターで店員さん相手は、こういうのが疲れますね。

あっちもノルマがあるから仕方ないけど。

そんなワケで、「ケッコゥです。」とやんわり言ってサヨーナラー。

今度はそこのドラッグストアで買うよ。

発色がどんな感じか分かったし。テヘ☆

 

あと、マンガも買ってホクホクして帰って正気に戻ったら…

財布に7000円しかのこってませんでした。

儂の給料日?

あ~、あとね、10日くらい後かな?

足りる…かな…

色々あきらめたら足りる…か…

アハハ…

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

 

って言ってたけど…(BlogPet)

昨日、にゅげが
俺って金持ちの息子で頼りになるガイかつ、アイドル王子だけど、お前のインパクトには敵わないんだよな。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「坊ちゃん」が書きました。

2007年6月23日 (土)

アイドルマスターXENOGLOSSIA第11話の感想

「ニヴルヘイム」 

 

4体目のiDOL情報を掴んだ春香達は、アイスランドへ到着。

北国っ子の春香は寒さに強いのか、平気な顔。

って、デコから貰った腹巻で寒さを凌いでいましたよ。

それよか、カイロ10個くらい装着したら?

 

で、4体目が見付かれば、誰が乗るか競争しなくても済む、と健気なことを言うヒロイン・春香。

抜かりはありません。

 

その肝心な4体目。

これはヒエムスと推測。

テンペスタースじゃないと分かった亜美ちゃんは、落胆の表情を隠せません。

大丈夫、多分最終話から3話くらい前で出てくんじゃね?(テキトー

 

このヒエムスを狙ってトゥリビアータが出てくる可能性があるので、万全の態勢で臨まねばなりません。

真は以前の痛み分けから、今度はとどめを刺すつもりでギラギラしてます。

前回から真が黒くて怖いです。

ホントはいい子なんだよ?でも今はベルセルクなんだ。宿敵を倒すためには手段も選ばないんだ。

雪歩ちゃんは、真のことを「居場所がなくなるのが怖い」のでは?と推測してますが、そんな生やさしいもんじゃないよ。

だって相手はベルセルクだもん。仲間を仲間と思ってないもん。

そういや、ベルセルクの最新刊はいつ出るのかしら?

どうでもいいけど。

 

ええ~っと?

ああ、そうそう、ヒエムスコアは火山のマグマ溜まりにあるそうです。

ムリじゃん!

それ、回収、ムリだって!

え?

やるんだ。そうなんだ。

すごいね、iDOL。強いね、iDOL。

 

何が起こるか分からないから慎重にね~、と課長が言った途端に、トゥリビアータが接近中。

お前はもう何も言うな。

 

ヌービアムの姿を見て、目をギラつかせる真ですが、ここは春香に任せて、火山へ行かされることに。

真はリファと対峙しますが、力はリファの方が上みたい。

一方的にやられてます…ね…

 

その頃、春香の方はというと、防戦一方。

「怖いよね、インベル。私も怖いよ。でも皆が応援してくれてる。だからガンバロ?」

と、いつもの呪文をインベルに語りかける春香。

これ、DQ的にはバイキルトみたいなもん?

 

でも、突然iDOLが共鳴しだし、ヒエムスコアにも異変が起こり、火山が噴火。

やり過ぎだろ。

 

そのとばっちりで、真とリファは溶岩に飲み込まれ、春香は突然出来た氷の裂け目から落っこちてしまいます。

どうやら、iDOL達は、共鳴現象で気絶した状態になった様子。

インベルも何の反応もありません。

まぁ、みんな無事だったみたいだけど。

ここで春香と千早が初顔合わせ。

千早は春香のことを知っているけど、春香は千早のことは知りません。

春香ピーンチ!

逃げて!早く逃げて!

 

でもバイタルが落ちていた千早は、春香の前で倒れてしまいます。

よし、そのまま見殺せ、春香☆

って、ヒロインにそぐわない行動は厳禁なので、春香は千早と雪山で裸で温めあうことに。

 

ベタ過ぎやん!

 

サービスカット多過ぎやん!

 

親父と一緒に見ていた儂としては、なんだか気恥ずかしいものがありましたが、鋼鉄三国志も平気な顔で見てる親父なので、まぁ、どうでもいい。

 

んで、情に絆されて春香へ対する千早の憎しみも薄れるかな~っと思ったら、全然でしたね。

銃…取り出しましたね。

 

逃げて~ッ!

春香、早く逃げて~ッ!

 

アイドルマスターXENOGLOSSIA第10話の感想

「不協和音 [雑音] 」

 

アバンは幼い頃の真が、あずさにiDOLにも心があるのか尋ねる所から。

あずさは、ちっ、メンドーなこと聞いてくるよな、これだからお子様はよ、と舌打ちしつつも、言葉では無く、この手を通じてiDOLの心が伝わってくると、無難に説明。

これが大人の対応ってヤツですね!

 

そして大きくなった真は、カニグッズに囲まれた部屋で暮らす、無類のカニマニアとして立派に成長していたのでした☆

 

その頃、我らがヒロイン・春香はというと、インベルとハーモナイズ中でした。

デコもネーブラとハーモナイズ♪

真を差し置いて自分が乗ることに、ちょっぴり頬を染めつつウッキウキなデコがカワイイですね。

でも後ろで拳を震わす真が怖いです。

多分、靴とかに画鋲を入れられると思う。

 

まぁ、ハーモナイズはアレですね。

予想通り、2人とも良好でしたね。どうでもいいです。

 

で、その結果を受けて、今後のローテーションを変更。

ネーブラのマスターにデコ、バックアップに真が就く事に。

あわわわわ、血の雨が降るよ。画鋲じゃ済まないよ。

1人で大喜びしてる場合じゃないよ、デコちゃん!

 

真はというと、亜美ちゃんに八つ当たり。

「なんで戻って来た?」

いきなりケンカ売ってます。

でもそこは、亜美ちゃん。

体は子供、頭脳は大人です。

インベルの旋律を聴いた時、今まで聞いたことのない「何か」を聞いた。

だから、それが何か確かめたい。

アンタは部屋の隅でヒザを抱えて、カニミソでも啜ってればいいわ。

そう、落ち着いて答える亜美ちゃんに、苛立つ真。

思いっきり力いっぱい亜美ちゃんの細腕を掴みます。

テメェ、覚えてろ、夜中に襲撃してやる。

そう心で固く誓う亜美ちゃんですが、ここはか弱い女子のフリでちっちゃく「痛い」とか言ってみます。

その声で我に返る真。

真としては、iDOLに心があることを認めたくない模様。

でも心の底では、心があって欲しいと思ってるんだよね。

素直になればいいのになぁ。

 

そんなゴタゴタしている最中に、ジュネーブから隕石の回収要請。

デコちゃんがその任に当たる事になりました。

夜中まで資料をまとめたりして、張り切るデコ。

デコのおでこも皮脂油で輝いてます。早く寝ろ。

 

でもそんなデコのガンバリを無に帰すようなことを、真が企んでるみたい。

やっぱ画鋲じゃ生ぬるいんだね。

アイドルマスターって恐いね。

 

飛び立つデコとネーブラに

「あるなら見せてみろ、心の証を。」

と、呟く真。

何をやらかす気なのか恐ろしくて直視できません。

いや、見るけどさ。

 

儂の心配を他所に、順調に回収を済ますデコ。

ちょっと涙ぐんじゃったりして、キュンときますね~。

さ~って、とっとと地球に帰ってクソして寝るべ☆

と、帰還しようとしたデコですが、アクシデント発生。

ネーブラの制御が出来ず、ものすごい勢いで地表に接近しているとのこと。

最終的には、チェリーと誤認され、ミサイル攻撃に曝されます。

ちょ!

デコ死ぬ!

ミサイルは流石に死ぬ!

 

やりすぎだろ、真!

 

でも何とか軽症ですんだデコ。

えええええええ~!!!

あんた、どこの強化人間?

つかニュータイプ?

 

何発も被弾しといて軽症というデコの体の丈夫さにもビックリですが、真の思い切りのいいイジメにもビックリ。

iDOLに乗る為には、人命がどうなってもいいのかしら?

真、怖い子!

 

で、次週はアイスランドへレッツゴー!

 

2007年6月22日 (金)

KISS DUM 第11話の感想

「碧雲 <ユキオト>」

 

「僕は人類を裏切った燻指令を許さない。」

ちょ!

裏返った冬音君が、きゅんきゅんするほど冷たい目をしてる!

N.I.D.Fのムードメーカーだった彼が。

色々あったんだなぁ。可哀想になぁ。

でも今の冬音君の方が好みですね!

作画もいい感じだし。

 

んで、単独行動で疲れきっていた冬音君は、雪山で遭難。

でもそこは、ご都合主義。

運良く誰かが見つけてくれて、洞窟に担ぎこまれましたよ。

 

その頃、シュウ達もどっかの民家にお世話になってました。

つか、ここは日本ですか?

囲炉裏とかあるけど。でも地名が何となく日本じゃなかったような…

まぁ、どうでもいいけどね!

 

冬音君、起き上がると辺りは血の海、スプラッタ。

とんだドッキリです。

おいおい、勘弁してよね。僕、その手の冗談は嫌いなんだよね~。

それ、ケチャップでしょ?

あれあれ?

ギャース!ホントに死んでるよ!

って、僕?僕がやったの?

 

な~んて動揺しつつも、生きている子を発見。

なんて言って落ち着かせたのかは分かりませんが、一緒に洞窟を出ることに。

でも、その子は昨夜のショックで記憶を失っている様です。

名前も思い出せない彼女に、さっそく名前を付けてあげる冬音君。

今まで付き合ってきた女子の名前を、片っ端から挙げていきます(嘘

当然気に入るものは無く、最終的には冬音君の死んだ妹の名前・鈴音で落ち着きました。

自分の妹の名前だなんて、冬音君もとんだシスコンね☆

 

にしても、今回アップが多いなぁ。

まぁ、冬音君のカワイイ顔ばっかなんで、見るに耐えられるけどさ。

 

一方、イエラはヴァルダの為に服を調達。

どっから持ってきたかって?

まぁ、それは…アレだよ。イエラは勇者だから、人様の家のタンスをあさっても大丈夫なんだよ勇者だから。

 

で、肩出したまんまの服で雪山を歩くのは可哀想だと、イエラさんてばヴァルダのファッションコーディネートを開始。

 

「人間のやることは理解不能だ。」

とかなんとか言いながらも、しっかりゴスロリ服を着てくれるヴァルダがラヴいですね!

そして何かの仮面まで付けてくれるヴァルダが、限りなくラヴいですね!

 

その頃、鈴音と甘酸っぱく過ごしていた冬音君ですが、お外にハーディアンの気配を察知。

カッコ良く1人で倒しに向います。

ええ~?もう冬音君が主人公でいいんじゃね?

来週から、主人公変えようぜそうしようぜ。

 

で、ホンモノの主人公さんはといいますと、ヴァルダにまた「失格」って言われてました。

実は「失格」「失格」言われるのが快感になりつつある…とか?

こっちは甘酸っぱさのカケラもないなぁ。

とか思ってたら甘かった!

大甘だった!

崖から雪が崩れ落ちて、ついでにヴァルダを助けたシュウ。

後ろからしっかり抱き付いてます。

んもう、見境ないなぁ。

これにはクールなヴァルダさんも、ちょっぴりドキドキ。

シュウの体温を感じたことにより、意識し始めた模様です。

「哀羽…」とか呟いてるし。

ヤバ、甘酸っぱい。しぬ。

 

んで、冬音君は、睡眠不足もあり、熱を出してダウン。

人里で保護してもらいます。

そこでうっかり寝ちゃって、起きたらドッキリビックリ。

明らかに血の色が緑っぽい、裏返っちゃった鈴音ちゃんが人間を襲うところでしたー。

 

なんじゃ、そりゃー!!!!!

 

KISS DUM 第10話の感想

「咎人 <ツグナイ>」

 

ロキは自分の中のハーディアンの影響で、破壊と殺戮の衝動が止められないみたい。

すかさず着物姿もお似合いね☆の玲ちゃんが、償いにホンモノの救世主になれ、その為には死者の書を奪えとそそのかします。

んでもロキは、玲ちゃんにたき付けられていることを分かっているので、反発。

その手には乗らないもんね~☆と、クールに去ります。

 

その頃シュウ達は、このストーリーのキモになる少年を保護してました。

え~っとなんだっけ?

アレだよ。

ロキと一緒に軍事施設に行ったのはいいけど、ハーディアンに返り討ち。

死んだと思われていたカズキ君じゃあ~りませんか!(説明終了)

んでシュウ達は、カズキ君がシュウの着ていた服を見て「アニキ」と呟いたことから、色々推測。

んもうコナンばりに推理。

でも中断。

だってハーディアンが襲ってきたんだもん。

Next Conan's Hintも出す暇がありませんよ。

1体はシュウがタイマンはりましたが、2体目がノア達を襲って、さぁ大変。

どうでもいいけど、戦ってんのってイエラだけだよな。

運転か銃か、どっちか代わってやれよ、ノア。

とか思ってるうちに、どさくさに紛れてロキ参上。

「久し振りだな、哀羽。」

澄ましてるけど、内心ドキドキしてたに違いないの。

お前、死んだんちゃうんけ!とか言われたらどうしよう、いやん、ロキたん泣いちゃう!ってドキドキしてたに違いないの。

でも、そんなハブられることもなく、カズキ君がロキたん好き好き光線を発射!

ロキ、誠実な顔して、砦の皆は「ハーディアン」に殺されたと告げます。

「弱かったから…全ては俺の責任だ。」

 

ええ、全くその通りだね☆

 

でも、どんな経緯で皆が殺されたのか知らないシュウ達は、1人で頑張ってたロキに同情。

「一緒に戦って行こう。」

シュウはロキを誘いますが、もちろんロキはお断り。

お前と一緒にいたら、俺の存在が薄くなる。

俺って金持ちの息子で頼りになるガイかつ、筋肉王子だけど、お前のインパクトには敵わないんだよな。

まぁ、もっと力があれば、お前なんかメじゃないけどね。

ぶっちゃけ、死者の書?

ソレがあれば俺も救世主っていうか、むしろ主人公?

だから死んでくんね?哀羽!

死者の書プリーズ!!!

 

そんなこんなで本能の赴くままバトルスタート。

ある意味、アグリよりタチ悪ィ!

 

もちろんシュウは、仲間であるロキを本気で倒せる訳がありません。

だって主人公だもん。

今、好感度上げるのに必死なんだもん。

なので、ピンチになったヴァルダを助けるのも忘れませんよ。

まぁ、流砂に飲み込まれる瞬間まで、「失格」て言い忘れないヴァルダの方がステキですけどね☆

 

その隙を付かれ、ロキの攻撃をモロに食らうシュウ。

そこでヒートしたのか、だんだん調子こくロキ。

「やーっくそく!やーっくそく!」

激しく連呼しつつ、攻撃をしかけるロキに、シュウもうんざり。

もういいや、とどめ刺しちゃえ☆

「守りたいのは約束か、人の命か。さぁ、今週の注文はどっち?」

シュウの問いに、一瞬だけ躊躇するロキですが、どうやら約束上等みたい。

それを見たシュウは、もう付き合ってらんね、いいや、しんじゃえ。

って、今までで見た中で1番ノリノリで、ロキを攻撃。

いや~、ここまでボッコボコだと、いっそ清々しいですね。

 

ぶっ飛ばされたロキさんは、偶然にも自分が守っていたビルの中にコンニチワ。

そこに偶然避難していたカズキ達にもコンニチワ。

カズキ達は、仲間がロキの爪によって絶命したことを勘付き、彼を「悪魔」と罵ります。

ドMには堪んないプレイ。

もっと罵って。

 

や、それは置いといて、自分では人類の未来を守れないと理解したロキは、自ら命を絶ちました。

後味悪いなぁ。

やっぱ、裏返った人間とは、最後まで相容れないんですね。しんみり。

 

しばらく砦の残骸を見つめるシュウ。

「たとえ敵となっても生きていてくれれば、オレは救われる。」

自分の仲間を、自分の手に掛けなければいけない悲劇。

この言葉に、今のシュウの気持ちがすべて集約されてて可哀想です。

 

で、カズキ君はここに1人で残るんだ。

1人で残るんだ。

ふ~ん、1人で…

 

 

 

 

 

まぁ、生き延びるのはムリだろな。

2007年6月18日 (月)

運勢1位だったんだ

儂は、おひつじ座。

今日の目覚まし占いのおひつじ座の運勢は、1位。

きゃっほう!キタぜ☆

何々?イケメガネと運命の出会い?

そう喜び勇んで、お仕事へ。

 

出会いは一切ありませんでした。

 

でも、常連のじいちゃんが、鶏卵饅頭をくれました。

うん。

先週、そのじいちゃんが店で買った物を忘れてったんですよね。

で、ほぼ毎日来るから、待ってたんですよ。

でもタイミング悪く、なかなか会わない。

そうこうするうちに、今日。

やっと忘れ物を渡すことが出来ました。

じいちゃん、忘れてたことを覚えていたのに、お店に言わなかったみたい。

だから、

「そんなん、ちゃんと言ってくれんとあかんよ。せっかく買うてくれたのに。」

って言ったんですよ。

 

その10分後に、じいちゃん再び来店。

「これ、みんなで食べて。」

差し出された袋の中には、鶏卵饅頭が20個も!

 

…じいちゃん、気を使わなくても良かったのに。

逆に高く付いたんじゃあ…

そう思いつつ、みんなでありがたく頂きました。

中はゆず風味の白餡でした。

ごっつぁんです。

 

これが1位効果というものか!

 

でも、出会いは一切ありませんでした。

 

2007年6月17日 (日)

父の日は、ブラを買え!

職場の人が、こう言いました。

 

「え?父の日?

乳の日でしょ?

だから私、弟にブラ買ってくれって言ったよ?」

 

その手があったか!

 

そんな感じで、親父の日。

儂は、そんな大胆発言できないシャイな妖精なので、親父にビール1箱あげました。

風邪気味で寝込んでる親父の枕元に、エビスのTHE HOPをドカンと。

「くれてやらぁ!」

親父は、そそくさと冷蔵庫にビールを入れてましたとさ。

 

ホントは父の日エビスが欲しかったんですが、探しても探しても置いてない。

仕方なく、緑のTHE HOPに決めました。

ええ、儂、妖精だから。

緑がお似合いでしょ?

妖精だから。

まぁ、妖精を娘に持つ父親が妖精かというと、う~ん、どっちかって言うと、梅宮辰夫?

 

それはいいとして、親父よ、長生きしろよ。

 

にゅげは儂へ掃除した(BlogPet)

坊ちゃんはにゅげで昇格しなかったよ。
にゅげは儂へ掃除した。


*このエントリは、ブログペットの「坊ちゃん」が書きました。

2007年6月16日 (土)

フルーツもりもりテンコ盛り

ここ最近、親父の漁師仲間から、ビワの差し入れやら、親戚からブドウの差し入れやら、とにかく果物で家中が溢れてます。

ビワはコンビニの外にあるゴミ箱に入れても溢れる程、貰いました。

や、入れないけどね!

で、雨が少なかったせいか、日光に当たりまくって、めっちゃウマ!

これで皮をむく苦労がなければなぁ。

だって爪の中、末期色じゃなかった、まっ黄色よ?

んで、なぜか親指の爪だけ剥がれそうなくらい痛くなるのよ?

 

そ う な る ま で 食 う な 。

 

ぶどうも美味しいです。

若干、スッパイ気もしないでもないですが、美味しいです。

毎朝、毎晩食ってます。

ポリフェノールが体中にたんまりです。

親指が紫色に染まるのが難点ですが。

 

そ う な る ま で 食 う な 。

 

そして本日は、職場から苺を貰いましたよ。

もう熟し過ぎて、捨てる一歩手前だから、みんなに配給。

ウッキウキしながら帰宅しました。

さっそく洗ってモグモグ。

 

・   ・   ・

 

酸っペェェェェェッ!!!

 

なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!

 

そもそも苺ってのはさ、甘酸っぱいのが美味しいのよ?

苺って言えば、ラブコメの代名詞。

甘くて酸っぱいからいいのにさ。

だけど、コレ何?

甘さはどこ行ったのよ!甘さはよぉ!

甘さが命取りってのは、どっかの格闘漫画とかで充分なのよ!

苺には甘さが大事よ!

甘さ命!

驚くほどの甘さ!

そして後からやってくる酸味!

これこそが苺じゃない!

ああもう、だから売れ残るのよ!

ダメダメダメダメダメダメダメェェェェェ!!!

 

って、大丈夫。

まだ救済策は残ってるわ。

砂糖を溶かしたミルクにひたして食べる。

練乳は子供の遊びなので、儂としては、この食べ方が1番です。

ウマウマ。

 

いや~、果物の果糖と砂糖のダブル攻撃は効くなぁ。

摂り過ぎには注意しなきゃ。

摂り過ぎには…

 

2007年6月15日 (金)

太臓もて王サーガ 7巻の感想

カバーをめくると、めくるめく変態ワールドに突入。

四天王って…

いや、いい。

 

続きを読む "太臓もて王サーガ 7巻の感想" »

都立水商16巻の感想

6月ウツにかかったせいで、色んなことが後手後手に…

このマンガも、6月始めに出てたけど、気にしない気にしない。ひと休みひと休み。

 

あれ、これ、この漫画で1番面白い巻じゃね?

 

 

続きを読む "都立水商16巻の感想" »

2007年6月13日 (水)

大阪日帰り暴れ旅

今日は大阪に遊びにいきましたよ。

ええ、「士」が「反」するので「大坂」から「大阪」に変えられた、アノ素敵プレイスに。

とりあえず、遭難した時の為にチョコとぶどうジュース携帯です。

え?

だって、食い倒れ人形の瞳が妖しく光るとき、異世界の扉が開くかもしれへんやん?

とんだファイナルファンタジーとコンニチワするかもしれへんやん?

なので、準備は怠りませんよ。

 

…新大阪に着く頃には、チョコもジュースも無くなりましたが何か?

 

そうねぇ、RPG風にいうと、

にゅげはチョコとぶどうジュース(濃縮還元100%)を消費した。

体中がポリフェノールに満たされた!

そんな感じ?

 

そんなこんなで難波へGO!

欝陶しい程の人込みに、懐かしさを感じつつ、心斎橋付近をうろついていると、グリコの看板が改装か何かの途中で、青いベールに包まれていました。

Photo_65 

ウッカリ入った通行人さん、ゴメンナサイw

 

まぁそれはどうでもいいんで、とりあえず服。

ワンピ欲しい!ワンピ!

マルイ行く!マルイ!

その前にメシ!

 

で、雰囲気はいいけど、店員の態度がアレな店でサラダバイキング。

Photo_66

豆がうまかった。

 

食ったので、いざマルイ。

…良いけど高くて手が出せないか、高くてしょうもないものしか…

ええ、貧乏人は指をくわえて宇宙百貨。

や、誤解しないで頂きたい。

宇宙百貨はいいですよ。心が和む。

で、ここを出たあとは難波パークスのRUSHで石鹸を買います。

なんか緑色のとオレンジ色の2種類。

それとパック。

ピュアブラボーをセレクト。

ええ、ピュアな儂にはお似合いさぁ!

 

んで、疲れたのでケーキ屋でお茶。

Photo_67

マンゴームースがサイコーでした。

食ってる間、付き合ってくれた友人に、いかに「黒執事」という漫画が素晴らしいか説く。

 

満足したので、再び服探し。

時間が迫ってきたので、梅田に戻り、何着か購入。

あ~、結局予定してた服とは全然違うものになりましたw

でも服屋さんで働く友に見立ててもらったので、儂ならセレクトしない色の服も珍しく合うことが分かり、それ購入。

あと、ワンピはスペシャル可愛いです。

いつも試着せずに買うんですが、今日は試着。

OK!この日の為に、勝負ぱんつだぜ!

でもさっき食ったケーキのせいで、お腹ポッコリーニだぜ!

って、お腹をポンと叩いたら、鏡越しに店員さんと目が合いました。

微笑まれました。しのう。

 

そうこうしてたら、もう帰還の時刻。

土産をテキトーに5個買います。

Photo_68

なんか、タコ焼きの形した饅頭。

中はミルク餡。美味しかったです。

青のりがかかってる所にナニワの魂的なものを感じる。

 

そして、大阪ゆーたら粟おこし。

あら、これ、儂が食いたいわ。

となると…1個足らへんなぁ。

儂んち用に2個。友達用に2個。親戚に1個。職場に…

職場には大阪行きは知られてないのでスルーしとくか。うん。

 

それにしても、やっぱ日帰りは余裕無くてイヤですね。

友達の見たかった物も、時間的な都合でスルーやったし。

ゴメンネ、自分の欲望に忠実なB型の儂は、何をとっても儂優先なの。テヘ☆

なにより、夜遊び出来ない大阪なんて、なんて言うか、え~、

ただの阪?

そんな感じ?

な訳で、今度はお泊り必須やなって反省した、今回の弾丸ツアーでした。

何が反省って、執事喫茶に行けなかったのがなぁ… 慚愧に堪えない!

 

2007年6月11日 (月)

フンガイ

儂のノラ猫・ナンコツが、13匹目のネズミを獲って来た頃。

親父からも呼び名が変わりました。

「あの薄汚いノラ」から「お前のネコ」に昇格。

そして夜中に、こっそりサンマ缶もやっている模様。

あらら、ついにファミリーの一員ね☆

そんなこんなで、初夏の潮風が頬に当たる今日この頃。

本日は半日休みと言うこともあり、お布団干しです。

いっつも月曜日にお布団干し。

だってさ、なぜか丸1日休みの水曜日にはさ、雨が降ってるか曇ってるか黄砂なんだもん。

なんじゃそれ!?

ええ、貴重な半日休みをお布団干し。

半日と言っても、13時に日の当たらない職場から解放されるので、そんなにウロウロ出来ないんですよね。

なんか買って、帰って掃除して、ネット繋いで、もじょもじょしてたらもうネプリーグ。

漢字の読み方には自信があるぜ!

でもこれは読めへんわ!

って、TVの前で叫んでたら、いつの間にかお眠の時間。

パックして爪塗って腕と足に豆乳ローション塗って、ストレッチしてお休み~。

そしてモーニン!地獄の仕事時間!ってな感じです。

 

あ!

タイトルと全然関係ない話になってる!

「フンガイ」ですね「フンガイ」。

 

ええ、今日は14時頃に家に帰ったんですが、儂がコーヒーゼリーをもっしゃもっしゃ食ってると(え?ダイエット?ゼ、ゼリーはカロリー低いんだから!それにちょっとくらいの甘い物は、ストレスを溜めない様に摂る方がいいって、民法で決まってるんだからね!決まって…るような…儂の夢の中で?)、外から帰って来た親父がこう言いました。

 

「お前の車に鳥がフンしてるぞ。」

 

アホかぁぁぁぁ!!!!!

早く言えやぁぁぁぁぁ!!!!!

 

飛び出てビックリ。

儂の新車の青ジーノが…部分的に白く…デコレーションされてましたとさ。

儂、憤慨。

車は糞害。

めでたしめでたくもなし。

 

2007年6月10日 (日)

UVチキン塗りたくったり(BlogPet)

今日、にゅげが
そんなわけで、忙しいのに足のお手入れに豆乳ローションを塗りたくったり、UVチキン塗りたくったり、もう大変です。
って言ってたよ。

*このエントリは、ブログペットの「坊ちゃん」が書きました。

2007年6月 8日 (金)

チキンはいいですね!

イエス!チキン!

Photo_63

うっかりガッカリ無駄遣い!

でもいいの。

夏だから。

ウチの近所には梅雨なんてやってこないで、もう夏だもん。

え?明日、雷雨?

んなの知るか。

 

それにしてもアレですね。

YO!SAY!夏が胸を刺激するこのシーズン。

儂も妖精の1人としては、生足魅惑のマーメイドになりたい。

夏仕様になりたい。

そんなわけで、忙しいのに足のお手入れに豆乳ローションを塗りたくったり、UVカット塗りたくったり、もう大変です。

そういや、イソフラボーってあるけど、ネーミングセンスすごいよね。

スゴイけど買いません。

お肌に塗るものは、冗談と勢いでは買いません。

慎重に吟味を重ねて、クオリティと、あと金?

ええ、特に金の折り合いがついたら、レッツ購入豆乳イソフラボー!

アレ?結局イソフラボー?

いや、ホント買いませんが。

 

何が言いたいかと言いますと、夏ってキラキラしたコスメが多くていいよね!

目移りするよね!

アイシャドーとか口紅とかマニキュアとか、ラメラメキラキラしたヤツがあったら、ヤバイ!カワイイ!衝動買い!

って話をお昼休みにしてました。

ええ、そんだけ。どんだけ。ごきげんよ~。

 

2007年6月 6日 (水)

なんかのアレルギーっぽいデス。

肌が痒いんですよね。あと、目の調子がおかしいです。

コンタクトが急に合わなくなって霞んでます。左目だけ。

そんな霞んだ目で車を運転。

誰か儂を止めてくれ!

 

つか、この症状は、過去にやった引越し時と良く似ています。

その時は、2週間前からダンボールの梱包をし始めてたんですよね。

で、夏だから締め切ってクーラーガンガン。

で、仕事辞めて、こっちの田舎へ帰る直前だったから、1日中部屋に引き篭もってゲーム。

ず~っとゲーム。ええ、君と響きあうRPG。

そんな中、お肌が真っ赤に腫れ上がって痒いのなんの。

コレ、多分ガムテームの中の成分にやられたんだ!って気付いたのが、田舎へ帰る3日前くらいだったかな?

 

今回は…間違いなく新車…

新車の何かの成分にやられたっぽいデス。しのう。

ええ、でも悔しいので乗ってるけど。

 

気分もアレなんで、自分的に盛り上げる為に、働いてる時は、やたら軽快な動きをしてるけど。

儂の働くスーパーは、レジが出口の方を向いているので、お客様にケツを向けてレジを打つんですよね。

で、昨日はこう…ホント、気分的にアレだ、もう、しのうって感じだったんで、動きだけでもジョジョっぽく。

Jyojyo

「いらっしゃいませ~♪」

ええ、上半身だけひねって、ポージングのマネっこしてました。

ちょっと面白かった☆

 

今日は気分転換にお買い物。

帰りにアイス食ってきました。

だってサ~ティ~ワンで、ダブルを注文すると、アイスがもう1個サービスってんだもん。

3_10

儂はマンゴーとメロンと6月の新商品、マリアージュなんとかを注文しました。

やっぱメロンがうまいのぅ。

 

最遊記RELOAD8巻の感想

♪ティリッティ~ ティリッティ~ ティリリティリリリ デュンデュン

遠くを見てる その眼差しは 心の中の 声を聞いてる

(全体、スタッカート気味で)

 

8巻の表紙は赤。

エロ河童カラーでしたね(オイ

 

続きを読む "最遊記RELOAD8巻の感想" »

フラワー オブ ライフ 4巻の感想

最終巻です。

呆気なかった…

つか、もっと続いても良かったんじゃぁ…

いや、もっと続けて欲しかった…

 

真島、カムバァァァァック!!!!!

 

続きを読む "フラワー オブ ライフ 4巻の感想" »

アイドルマスターXENOGLOSSIA第9話の感想

「鍵盤」

 

今回、珍しくタイトルが2文字で意味深な感じだったんですが、まんまその通りでしたねスベスベマンジュウガニ。

 

アバン、春香はインベルからもらった花を栞にし、あまつさえソレにちゅう。

春香のお脳と将来が心配になってきます。まともな男子に恋は…出来るの…か?

 

伊織はイイ色に日焼けして、一段とデコもサンシャインです。

これだけ黒光りしてるのは、松崎しげるくらい?

♪この胸のときめきを~ あなたに~ぃい~

 

本日インベルは、ハーモナイズの準備中。

コアとフレームに調整を加え、インベルの性能を引き出すそうです。

これはトゥリビアータに対抗する為の措置。

でも戦う為に、インベルを強くすることに引っかかりを覚える春香。

あずさと課長は、それを見透かしたように、トゥリビアータについて説明を始めます。

かつてトゥリビアータは、モンデンキントの一部でしたが、iDOLを悪用しようとしたそうです。

わぉ☆分かりやすい立ち位置だね。

で、5体のiDOLのうち、2体は行方不明とのこと。

発信機とか付けてなかったんか?

 

で、インベルの調整は難航。

ハーモナイズには、iDOLの出す音色を聞き分ける能力が必要。

でもその為の人材が足りません。

なので春香は、ハーモナイザーである双海亜美に協力を仰ぐ為、スタジオに赴きます。

雪歩と、なぜか伊織も一緒。

1番平静を装ってる伊織が、実は芸能人に会えないか、1番ドキドキしてるのがカワイイですね。

 

そうこうしてるうちに、春香達は無事、亜美ちゃんと会えました。

さっそくインベルの調整協力を頼む春香。

亜美ちゃん、受け答えがハッキリしたいい子だけど、協力はしてくんないみたいですね。

つか、答えを聞く前にデコちゃんがそこの通路でスカウト。

ビッグなドリームを妄想中。

「イエイと言え~!」

これは名言ですね☆

 

んで、デコちゃんの適役って…ゴキの着ぐるみ…ね。

まぁ、黒光りしている今なら、彼女以上に似合う子はいないよ…ね。

うん…

まぁ、これがきっかけで、ホントにアイドルになれるかもしれないしさぁ。

ガンバレ、デコちゃん。

明らかに黒歴史だけどね。

 

亜美ちゃんはというと、やっぱモンデンキントには行かないみたい。

その代わり、春香は何かのデータカードを渡されます。

それと一緒に気になるセリフを呟く亜美ちゃん。

iDOLは人を悲しませるだけだから、関わるのをやめろ、とのこと。

一旦、本部へ帰った春香でしたが、ハーモナイズが進まないのと、亜美ちゃんの言葉が引っかかることで、再び彼女へ会いに。

 

そこで亜美ちゃんは、過去、iDOLに妹を殺された、と衝撃告白。

だからiDOLには関わりたくないそうです。

 

その過去を知る真から詳しい話を聞く春香。

亜美ちゃんは、双子の妹・真美ちゃんとプロメテウス4号機・テンペスタースとで実験を行ったそうです。

そこでテンペスタースが暴走。妹と共に行方不明になったとのこと。

iDOLに心があるなら、妹が消えることはなかった。

亜美ちゃんは、iDOLには心があると信じていた自分自身も許せないみたいですね。

それが全部、テンペスタースへの憎悪に向ってるのかな?

「何か伝えたかったら、戻ってくればいいじゃないですか!私のところに!」

そう叫ぶ亜美ちゃん。

そんな彼女に、春香は、ちゃんと向き合う様に言いました。

背中を向けたまんまじゃ、何も始まらない。

テンペスタースを探そうと。

 

春香の心からの説得に応えて、亜美ちゃんはハーモナイザーの仕事に復帰。

メデタシメデタシ。

にしても、一緒に行方不明になった?真美ちゃん。

生きてたら連絡くらいすればいいんじゃないか?

そう思った儂は心が黒いですねアイマスにはなれないですねそうですね。

KISS DUM 第9話の感想

「影雄 <セイギ>」

 

「もってあと1週間ってとこだな?」

何が?

ええ、先週、卓球のせいでラスト5分くらい見られなかったおかげで、アバンの展開に全く付いていけませんよ?

廃ビルをアジトにしてるレジスタンスってとこかな?

あ、近所にアジトってラーメン屋があって、激しく気になりますが、まだ1回も行った事ありません。

 

それはいいとして、都合良く迫り来るアルマジロっぽいハーディアン。

「助けて!ネクロダイバー!」

なんかコイツら、ネクロダイバーの存在知ってるぅぅぅ!!!

って、颯爽と登場したの、ロキじゃん!!!

でも作画がぁぁぁぁぁ!!!!

 

♪と~き~を越え~て~

 

どうやらロキ達は食料や物資を調達しに行ったみたいですね。

ネクロダイバーの力を見られても慕われてるのは、ロキの人柄によるものかな?

やっぱロキはリーダー気質だもんなぁ。

で、今度はこのアジトから、ちょっと離れた軍施設跡を攻略するつもりだそうです。

反対するメンバーもいるけど、戦闘を有利にするつもりなら、早い攻略がキモ。

ロキは、みんなの命も守ると約束します。

「1度決めたことは、最後までやりとげる。絶対だ。」

うわっ、カッコいい(作画除く)!

なんか主人公っぽい!

 

一方シュウは、ハーディアンに襲われた男から“ネクロダイバー”という言葉を聞き、驚きます。

ヴァルダはノアから「逃げるが勝ち。」ということわざを聞き、ポカン顔。

いやん、この顔カワイイよ。

 

その頃、玲はロキに接触。

アグリが殺されたことを伝えます。

他のメンバーのことを心配するロキ。

でも指令には、強い殺意を抱いているみたい。

良かった、コイツも敵サイドに付くのかと思ったけど、そうでもないみたい。

 

シュウ達はと言うと、助けた男の家でのん気に茶ァしばいてました。

助けられた男は、ネクロダイバーがいるという砦に移動したいのですが、奥さんが身重な為、動けません。

ノアは妊婦さんを見て、生まれてくる命に対して、感動ひとしお。

つか、2人でよく生き延びてたよな、この人たち。

 

一方、軍事施設を攻略していたロキとその他大勢。

やっぱ案の定想像通り、ハーディアンに襲われます。

で、メンバーの1人がベルゼブに銃攻撃を仕掛けたことで、近くにあった弾薬に当たり誘爆。ヴァッカじゃね?

そのヴァカのせいで、ロキ以外全員死亡。

しょんぼり帰って来たロキを皆が責めます。

うわっ、イヤ!

コイツら、サイテー。

自分達のために、命を張って敵を倒してくれてたロキに、文句言う資格を持つ者なんていないのにね。

ロキが敵を討とうと言っても、自分可愛さでイヤがる皆。

まぁ、人間なんて、こういうもんだけどさ。

こんな面があるから、指令も人類をふるいに掛けようと思ったのかな。

 

若干キレそうになったロキが、じゃあもういいもんね~、オレ、こんなとこ見捨てて、どっか行っちゃうよ~。と宣言したことから事態は急転。

皆で仲良く協力してハーディアン討伐です。

砦のライトを落とし、極限までハーディアンを近づけてから、光と火炎で攻撃。

怯んだ所を、ロキが真っ二つという、ゴールデンプラン。

まんまと成功したかのように見えましたが、3体目のハーディアンが現れた頃には、ガッタガタ。

だって皆シロートだし、及び腰だったもんなぁ。

こう…自分たちで何とかするぞ!って気概が感じられなかったもん。

ロキがなんとかしてくれる~って甘えがミエミエだったし。

 

日が昇って、多数の死体がコンニチワ。

自分達だって、戦う決意をし、戦場に立ったのに、皆はそれを棚に上げてロキを責めます。

「戦いを楽しむ悪魔」

そう罵られたロキは、ついにキレちゃったみたい。

ホントに悪魔超人になっちゃった!

どうも裏返った人間は、負の感情が暴走しやすい傾向にあるみたいですね。

 

気が付けば、あれだけ守ってきた皆をジェノサイド。

過去、自分の不信で肉親を失っているロキは、それを現在の状況と重ね、咆哮します。

んでも、1人で責任を背負わされて、失敗したら1人で責められてさぁ。

キレない方がおかしいよね。

 

今回はロキに同情するしかない回でしたね。

作画もアレだったし…

 

2007年6月 3日 (日)

にゅげは(BlogPet)

にゅげは
おそらく今年専門を卒業したであろう気付けが、慣れない手付きで一生懸命やってくれました。
って言ってたけど…

*このエントリは、ブログペットの「坊ちゃん」が書きました。

2007年6月 2日 (土)

気付けば、6月。

いつの間にか6月でした。

あれ?

まぁ…いいけど。

だって、給料日まで後3日。

儂の財布の中身は800円。

 

危 な か っ た ぜ 。

 

こんなギリギリライフ、始めてかもしれん…

 

あ、ギリギリと言えば、ダイエットもギリギリです。

13日に大阪に遊びに行くんですが、6㌔痩せるにはムリがあります。

ちっ。

スレンダーなバディで、心斎橋とか梅田を蹂躙する予定だったのにさぁ。

今日も、「クリームソーダ蒸しパン」をもらって来たので、明日の朝5個一気食いしようと思ってるしさぁ。

 

しかしこのクリームソーダ蒸しパン。

とても爽やかな浅葱色で、食欲をそそり…ません。

でも食う。

今月のWITHに7日間ダイエットが載ってて、朝は野菜ジュースのみって書いてあったけど、食う。

朝からジュースだけなんて、死ねというのと同義語!

ムリムリムリムリムリムリ!!!!!

あとは簡単な運動が載ってたけど、これも普段から儂がやってるストレッチと同じ様なものばっかだったので、一目で効果無しと判断。

やっぱダイエットは自己流でユル~くやるのがいいなぁ。

そう、いつもと変わらないことを思いながら、お風呂上りにアイスを食う儂でした~。

Photo_62

や、アイスはね、いいんだよ!

体内に入ると体温が下がるでしょ?

で、その体温を上げようとして、体がカロリーを燃焼するんだって。

まさにダイエットにうってつけ!

向う所敵無し!

熱き思いの南国育ち!

イチゴ味なのに無果汁という大胆さ!

このアイス、大好き。

夏はやっぱカキ氷ですね。

カキ氷、バンザーイ!

 

あれ?

なんか、途中からダイエットの話じゃなくなってるような?

気のせいかな?

うん、気のせいだな。

 

カキ氷、バンザーイ!

 

2007年6月 1日 (金)

車が来たぜ

なぜか毎週木曜日は偏頭痛が激しくて、しにそうです。

儂は水曜日が公休ってこともあり、仕事イヤイヤ病じゃないかと考えたり考えなかったり?

 

や、でも、昨日の偏頭痛はきっとアレだぜ。

後頭部に日光を浴びすぎたせいだぜ。

だって、ちょうど正午に儂がカップメンの1つ、ホウムラン軒に湯を注ごうと思ってたら、ダイハツの人が来たんだもん。

外に目をやると、頼んでた新車が。

うおっ!ブルーが眩しいぜ☆

やさしさへ、また一歩だぜ☆

そんなこんなで、車の説明を受けるのに15分くらい?

なんだかとんでもなく良い天気の正午に、帽子も日傘も何も無しで屋外へ出るという愚公を犯し、ダイハツの人の説明に「ハイ、ハイ、ああ、ハイ。」と頷いていた次第であります。

その短時間に、有害な紫外線を浴びた儂のお肌や、特にお脳は、とんでもないダメージを負ってしまったと考えられます。しのう。

 

んで、昨日は痛~い頭でお仕事☆お仕事。

もう、思考回路はショート寸前、今すぐ会いたいよ。

誰にじゃぁぁぁぁぁ!!!!

そんな感じでした。

あ、そうそう、水曜、木曜はちょこちょこギャース!なことがありました。

儂の職場は、BGMにリクエスト有線(たぶん)がかかってるんですよね。

2時間おきくらいに、「残酷な天使のテーゼ(アカペラ)」と「らき☆すた」と「キスダムのED」が流れます。

キスダムはいいんだけど、他の2曲。

耳に入った瞬間から、仕事できません。

ギャース!

 

水曜20時BSフジでやってる

「朱蒙(主人公が初代・高句麗の王になるまでを描くドラマ。んだけども主人公がイイ感じにブッサイク)」

の主人公の声をあててんのが、宮野真守。

で、それに気付いた瞬間、家族の前で「鋼鉄三国志やん!陸遜やん!」って叫んじゃった。

ギャース!

 

チンゲン菜の「菜」の字を取って連呼する職場の人ってどうよ?

そんなくだらない話で昼休みが潰れた。

ギャース!

 

ダイエットする気満々だったのに、タダでヤマザキパンの人がパンをくれた。

Photo_61

ギャース!

ギャース!

ギャース!

 

キャラメルシフォンケーキ、美味しかったデス。

 

アイドルマスターXENOGLOSSIA第8話の感想

「コンペイトウ夜話」

 

「わぁ~、今日はよく見える。

ほら、この前インベルが迎えに来てくれた所だよ。

アタシの故郷。すごくキレイ。

インベル、覚えてる?2人であそこにいたんだよね。

アタシすっごく嬉しかった。

お花だって、ちゃんと取ってあるんだよ。

いつかインベルの故郷も見せて欲しいなぁ。」

 

すっかり仲直りしてるよ、コイツラ。

バカッポーみたい。

 

やよいちゃんがカニの着ぐるみで学校まで訪ねて来ますが、春香達は臨海学校へ行ったとのこと。

つか、カニか…

鳥類から脱出か…

 

一方、春香達は臨海学校という名目の、iDOL起動実験の為、南の海へ。

課長から、手の空いている人は海をエンジョイしてもいいと言われ、みんな水着でGO!

1番エンジョイしたかったのは、ピンクのビキニパンツ穿いた課長。

でも仕事で消えました。

課長…

 

雪歩ちゃんは、白いビキニで巨乳を大胆披露☆

でも自分の乳がデカいことに気付いてないみたい。

さすが天然。

 

春香はインベルのことが気になって、海を楽しめない様子。

さっさとインベルを見に、工場の方へ。

真もメカニックと一緒に機体チェックやってるしな。

遊ばないのかな、真。

で、春香はインベル目指して、黙々と建物の中を進みます。

 

って、ここで録画終わっとるぅぅぅぅ!!!

卓球ぅぅぅぅぅ!!!

そんなに夜中に卓球見たいかぁぁぁぁぁ!?

いらんやろ!!!!!

 

 

…儂は、卓球を憎む。

 

うわぁぁぁん、これ続きをネットで見るとしたら、どんだけ時間掛かると思ってんねん。

儂んとこISDNよ?

30分の映像なんて2時間かかるのよ?

 

もう、しのう…

 

KISS DUM 第8話の感想

「過刻 <イマムカシ>」

 

今回は、過去と現在、入り乱れてのストーリーですね。

まずは過去から。

シュウ、どっかのバーで仲間と酒をかっ喰らって、遅刻。

まぁ…よくあることです。

で、七生と出会い頭にゴッツンコ。

ここで…恋は目覚めませんねそうですね。

つか、この頃は、シュウも七生も表情があどけなくてカワイイですね。

 

2人とも由乃さんの美貌には弱かったらしく、彼女に出会った後は鼻の下伸びまくり。

「今日はツイてる。」

「ヤベェ。」

2人とも趣味が合うよね☆

でもそのことで今後に影響が…

 

由乃さんにうつつを抜かして、2人とも遅刻。

配属初日から、困ったちゃんな扱いです。

ここでアグリや他のみんなと出会ったんですね。

皆、幼い表情です。性格はあんま変化無しだけど。

 

で、飛行訓練開始。

ドンケツはケツバット。

「ケツ洗って待っとけよ!」

ドMな人なら、喜んでドンケツ狙いだろうけどもさ。

ところで、この戦闘訓練、ケンカ上等なのかしら?

仲間と共闘って雰囲気じゃないよね。

なんとか自分が1位を取ろうと、他の仲間を攻撃してるもんな。

つか、シュウは昔からアグリのことをボッコボコにするのが好きだったみたいね。

可哀想!

アグリ、可哀想!

せっかく1位になれたかもしれないのに、シュウに蹴られてさらにケツバット。

 

まさに踏んだり蹴ったり!

 

でもこの戦闘訓練で、チームワーク的なものが出来上がったのかな?

なんか打ち解けてるし。

 

で、シュウと七生は、辞令を受け取りに由乃さんの所へ。

シュウがどさくさに紛れて、由乃さんのメアドを聞き出そうとしてますよ!

結構、大胆☆

つか、ストレート過ぎて、逆に引く!

 

話は変わって、現在。

京香は自分のしたことで、苦しんでるみたいですね。

人類がほぼ絶滅しかかって、その原因は自分。

まぁ、普通の人間なら耐え切れないでしょうね。

でも吐いたツバは飲めんからのぅ。

自分のやったことは、最期まで責任持てよ。

あ、京香が真崎のラビュンを独り占めしてるから、こんなキツいこと言ってるワケじゃないですよ。

正直憎い。

それにしても、真崎さんはいいですね。

 

「貴女1人に苦しみを負わせはしない。

貴女を決して1人にしない。」

 

ギャー!コニたぁぁぁぁん!!!!

ベタやけど、いい!

ベタベタやけど、それがいい!

儂にも言ってぇぇぇぇぇ!!!

 

儂、大興奮。

真崎さんはクールに去ります。

や、その前に、行動がどうにも怪しい玲ちゃんの監視を秘密裏に命じます。

でも玲ちゃんがヴァルダと同じような存在なら、尾行とかは無意味なんじゃ…

って、思っちゃダメですねそうですね。

 

一方、いつの間にかシュウ達にも慣れたイエラが、1人で大はしゃぎ。

「こっちがツッコミ担当のヴァイレで。」

「攻撃だ。」

「こっちがボケ担当のヴァラール。」

「防御だ。」

イエラ、お前はおちゃらけ担当か?

 

にしても、クールに答えるヴァイレとヴァラールが愛しい!

めっちゃキュンキュンする!

 

彼女たちがあまりにも素直クール過ぎるので、シュウの苦悩とかぶっちゃけどうでもいいです。

ええ、キッパリ言うと、

どうでもいいです。

ウダウダ悩まんと、戦え、ネクロダイバー。

そんな感じ?

 

だってさぁ、アグリとの死闘のことを気に病んでるんだったらさぁ、

 

埋 葬 し て や れ よ !

 

風葬かよ、ビックリしたよ。

また生き返るの期待してるのかよ。

それなら許すけど…多分、ハエとかたかって見れたもんじゃないから、やっぱ埋葬してあげて。

 

ここで再び過去。

 

NES機は2機しかなく、選ばれた勇者しか乗れないそうです。

で、下見にコッソリ忍び込んだはいいけど、懐中電灯の明かりを見付かり由乃さんに誰何の声を上げられます。

それにビックリした皆。

シュウなんか、ビックリし過ぎで、NES機作動ですよ。

お約束過ぎて、笑いが止まりません。

ここで華麗に機体を操って、パイロット昇格だろ?

 

って、そんな甘いものじゃなかったぁぁぁぁ!!!!!

 

シュウ、全治1ヶ月以上の大怪我で病院逝き。

「みんな悪ィ。俺達の機体…守れなかった。」

あ、この健気なセリフで由乃さんを落としたんだな。

ちょっとヤンチャな彼が、弱々しい面を見せると母性本能くすぐられちゃうもんね。

 

…で、これって、シュウの見ていた過去の夢だったみたい。

最後は皆がバイオハザードモードだよ?

怖いよ!

由乃さんまでゾンビにすんなよ、シュウ。

 

目覚めたシュウは、横にいたノアと金星を見上げいいムード。

ハイハイハイ、そんなムードはすぐにぶち壊し。

ヴァルダがすかさず不穏なセリフを吐きますよ。

「また、あの気配だ。」

あ、玲ちゃんですね。

この子は浮き輪で海に漂ってるのが好きなのかな?

カクテルになんだか得体の知れないものを注ぎ込んでっと。

 

録画、ここで終わっとるぅぅぅぅ!!!

卓球か!

卓球のせいか!

こん畜生ォォォォォ!!!

で、でもラスト5分くらいだから、まぁ、いいや。

うん、いい…

次は殺す。必ず殺す。

 

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク