2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« アイドルマスターXENOGLOSSIA第1話の感想 | トップページ | 13日でしたね。 »

2007年4月11日 (水)

ダブル・フェイス12巻の感想

なんだかんだで12巻。

コミクス出るのが遅くてギリギリしてますが、最新刊がひょっこり出てると嬉しくなりますね。

 

12_6

122_1

ぶっとい足で、ヒールの高い靴を履くのはやめよう。

心から、そう思った瞬間。

まぁ、儂の場合、高いヒールを履く機会がないので、周りからハラハラしながら見られることはないと思うんだけど…

ダイエット、ガンバロ。

 

ダブル・フェイスは、マジックとサラ金の話なんで、やっぱ毎回お話がシビアなんですよね。

で、サラ金なんで、取り立てる人と取り立てられる人が出てきますよね。

借金作った人は、それはもう悲惨な感じだし、取り立てる人は狡猾って言うのかな?ま、仕事だから仕方ないけど。

123_1

こういう、上向きで仕事に取り組める人は好感が持てますね。

ま、狡猾だけど。

 

今回、じゅんちゃんメインの話が巻末にきてて、じゅんちゃんスキーな儂には嬉しかったです。

お盆に田舎へ行って、お墓の相が悪いってイチャモン付けられましたが。

124_1

おばあちゃんのこの一言は、得心のいくものですね。

儂の死んだジジイも、優しくて強い海の男でした。

遠い先祖のことは分からないけど、近い死者たちは親近者のことを見守ってくれてると思います。

なので、エセ占い師とかがゴチャゴチャ言ってると、結構ムカつく。

それが他人の家のことであってもね。

よく夏になるとTVが特番組んでるけど、ああいうのはキライ。

稲川純二は好きだけどw

 

« アイドルマスターXENOGLOSSIA第1話の感想 | トップページ | 13日でしたね。 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/14643444

この記事へのトラックバック一覧です: ダブル・フェイス12巻の感想:

« アイドルマスターXENOGLOSSIA第1話の感想 | トップページ | 13日でしたね。 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク