2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 喜びのタルトフレーズ | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第3話の感想 »

2007年4月25日 (水)

KISS DUM 第3話の感想

「友輩<キズナ>」

 

鷹2号さんちで知ったんですが、キスダム制作サイドが大変なことになってるそうです。

4話は…4話にして…総集編的な話って…

いや、ホント、最期までみるけど。

最期まで。

 

「私は僕だが、まだお前を主とは呼べない。」

いい!ヴァルダさんサイコーですね!

“あるじ”を“あるじ”とも思わない“しもべ”。

つか、自らをしもべ認定ですよ。

このセリフだけで鼻血が止まりません。

このアニメで1番輝いているのは、彼女ですね☆

 

シュウ達は、まだ残っているハーディアンから逃れようとしますが、なんと筋肉王子が撃ってきやがりましたよ。

気でも狂ったか!?

 

って、どうやら違ったようで、シュウの体が変化しているのを試す為に撃ったそうです。

でも私怨が70%くらいあると見た!

だって躊躇い無く撃ったんですよ、同胞を。

ありえないよ?

 

んで、アグリはやっぱり死亡したようです。

そこを何とか、死者の書でどうにかできないもんですか?

できませんかそうですか。

ロキは、アグリの敵は必ず取ると宣言。

それを聞いたシュウはポソリと呟きます。

「俺の敵は誰が取ってくれるんだ?」

そうだよね。いきなり人外のものに変えられて、人類の代表として戦えって言われても、

儂なら断ります。

 

そうこうしているうちにも、ナナオの目の前でロキが撃った弾がシュウの体内に吸収。

特異の再生能力にナナオ君、ビックリ。で、ちょっぴり羨ましいんだろうな。

 

で、なんとか筋肉王子にも死者の書の取り扱いをどうするかってことを分かってもらい、まあ一致団結?

 

再びシュウ達の目の前に、新たな敵が出現か!?

と思われましたが、それは生き残った軍の人達でした。

建設中のジオフロントに非難するメンバー。

残りの戦力は、皆このシェルター代わりの建物に集まっているそうです。

そこで、敵の侵攻パターンを図式化したものを発見。

司令塔を叩けば、他のハーディアンも倒すことが容易と判断しました。

 

「どうやら、哀羽1人に、人類の運命を背負わさなくても良さそうだな。」

ちょ!

筋肉王子、いいヤツだった!

なんだぁ、総司令官の命令を盲目的に遂行する筋肉ヴァカじゃなかったのね。

ちゃんと仲間思いじゃない。

いろいろ見直したよ、筋肉王子!

 

で、敵が侵攻してきた方角から、司令塔の位置を把握。

世界中が、最後のチャンスと、反撃に出ます。

出撃する軍人さん達のセリフが洒落ててカッコイイですよね。

作画はアレでしたが、気にしません。ガンバレ、サテライト!

 

いつもの監禁プレイでくつろぐシュウに、ナナオから戦闘のお誘い。

でもシュウは、自分の体の変化に戸惑い、あの力を使うことを拒絶します。

自分の体が溶けていって、1度使った後に本来の姿に戻れるか不安だそうです。

儂なら、絶世の美女に自己整形します。

 

業を煮やしたナナオは、「もういいもん、お前の力なんか無くたって、なんとかしてみせるもん」と、走り去って行きました。

 

虫達が夜行性という特性に気付いた戦闘員達。

ちょっぴり優勢気分で夜明けと共にバトルスタート。

どうやら敵さん、目が見えないらしく、動きが鈍くなってます。

だったらさ、太陽光と同じ光を当て続けてればなんとかなるんじゃね?

パ○ックのハイパー改良型みたいな感じで。

 

一方、ジオフロントでは、由乃さんがヒロインらしく虫に襲われてました。

やっぱ光はダメらしく、蛍光灯がどんどん割られていきます。

それと同時に、屋外でも太陽光を虫達が(?)遮っていきました。

もうそれだけで、パニックになる生き残りの人々。

だからパル○クで以下略。

 

由乃さんの悲鳴を聞いて、あれだけ力を使うことを嫌がってたシュウですが、あっさり独房脱出。

この人…

 

由乃と共に施設を抜け出そうとするシュウ達の目の前に、1機だけ残されたヴァイパーが。

仲間の気持ちに感動するシュウ。

そこでちょっといい雰囲気になるシュウと由乃さんですが、ヴァルダさんに邪魔されます。

「戦え、ネクロダイバー。」

今まで見た中で、1番の怒りを見せるシュウ。

ラブラブなカッポーの邪魔は、間違ってもするなってことですね☆

 

外では他のメンバーが、敵にオーバーロードで突っ込む覚悟を決めていました。

冬音君が「脱出は?」とかのん気に聞いてきたのがアレでしたが、空から颯爽とシュウ登場。

俺が主人公だぜぇ☆

なんか開き直って、ネクロダイバーやってくれるみたいです。

 

やったぜ、これで戦局が有利にな

 

ちょ!!!!!

 

みんな死んだぁぁぁぁぁぁ!!!!!

 

シュウ以外オダブツさよなら永遠に~。

 

これは予想外だぜぇ。

や、総司令官は胡散臭かったので、人類の敵に回っても驚きは無かったんですが、主要メンバーをみんなやっちまうなんて。

由乃さんだけでも…残しておいて欲しかった…が…ま…

これは…新キャラに期待って…こと…なのか?

でも、今までのメンバーが個性的で良かったのになぁ。

 

合掌。

 

« 喜びのタルトフレーズ | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第3話の感想 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/14842963

この記事へのトラックバック一覧です: KISS DUM 第3話の感想:

« 喜びのタルトフレーズ | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第3話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク