2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 蓄積疲労、それは疲労が蓄積するということ。 | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第2話の感想 »

2007年4月18日 (水)

KISS DUM 第2話の感想

「虚身<ウツセミ>」

 

「ついに伝承が真実となる。」

死者の書によって、ネクロダイバーとして目覚めたシュウ。

その展開よりも、ネクロダイバーっていただけないネーミングセンスにガッカリです。

もっとこう…いや、まぁ、アニメのタイトルは「KISS DUM」ってヒネってるので、何も言うまい。

 

ハーディアンの一方的な攻撃で、壊滅的被害を受けた世界。

そんな中、目覚めたシュウに、由乃さんは死者の書を使ってしまったことを謝ります。

この書を使ったことで、シュウは伝承者となったそうです。

いいですね!

こういう、唐突に選ばれし者的な展開は大好きです。

 

シュウ達の周りには、何とか生き残ったN.I.D.F.のメンバーが集まってきました。

でも周囲には、一般人の生きている痕跡はありません。

アグリ曰く、カウントダウンライブが出来るくらいの場所が出来ているそうです。

と、ここで突然、筋肉王子・ロキが由乃さんに、死者の書について話せと銃口を向けました。

さすが筋肉王子。やることが考え無しです。

 

ここで、説明タ~イム。

ことの起こりは、20年前に発見された遺物。

それは人類の有史以前に作られた物とのこと。

この遺物には、人類の宿命が刻まれていたそうです。

ハーディアンとの戦いや、伝承者の出現は、あらかじめ決まっていたことで、この戦いに勝利しなければ、人類に明日は無いんですって。

 

人類の運命を決定付けるように、どっかの大国の軍隊が、ハーディアンと交戦しますが、歯が立たず。

「まさか、オレ達は…オレ達は…負けるのか…!」

この暗澹たるセリフが人類の未来を表しているようで、心に引っかかりました。

 

「そんなバカげたことを信じろって言うんですか!?」

聞いといて、ダイナミックに否定するロキ。

さすが筋肉王子。やることハンパねぇ!

 

その時、シュウの体に異変が。

「目覚めよ。」

1話に引き続き、スピリチュアルな存在から、お声がかかりましたよ。

周りの人には、この声は聞こえてないみたい。

なんだろ、コレ?

死者の書の精霊かしら?

さ迷える狂ったアラブ人、アブドル・アルハザードさんかしら?

でも声は女子だしな…

つか、なんでもクトゥルーにこじつけて物語を見るくせを、そろそろやめたいああ…窓の外に、真っ赤に光る三つの目が…目が!

 

そこへハーディアンの尖兵とも言える虫の大群が、シュウ達を取り囲みます。

少ない武器で抵抗するシュウ達ですが、次々と倒される仲間。

 

って、アグリ、食われたぁぁぁぁぁ!?

えええええええ!?

お、お気に入りだったのにぃぃぃぃぃ!!!

 

由乃を庇おうと、ハーディアンの前に出るシュウ。

でも、すぐに弾切れでピンチです。

つか、ライフルのマガジンがシュウの手と融合しちゃいましたよ?

この特性を生かして、こっから反撃だぜぇ!

 

シュウ、食われました。

由乃、食われました。

 

ちょ!

なんじゃそりゃぁぁぁぁぁ?!

 

それを見た七生が「こんなことなら僕が伝承者になっていれば」と、ついウッカリ本音をポロリするのにグっときました。

なんだか、近い将来、裏切りフラグです。

 

でもシュウは、ハーディアンの腹から由乃を抱えてアッサリ脱出。

なぜなら主人公だから。

でさ、ア、アグリさんは…?

アグリさんは放ったらかしですかそうですか。

 

再び、謎の声がシュウに、ベルゼブを倒せとアドバイス。

この大量の虫・ベルゼブのリーダーを倒せば、統率力が無くなり、ハーディアンに攻撃が届くようになる。

で、その通りにリーダーをヤっちゃって、見事ハーディアン撃破。

 

だけどシュウは、死者の書の精霊かなんか知らんが、ヴァルダと名乗る女子から「失格」とダメ出しされました。

か、可哀想だね。

成り行きとは言え、本人の意思は無視して伝承者になっちゃったのにね。

 

それにしても、あの大量の虫は兵器じゃなくて、キンチョ~ルとかで何とかならんのか?と思ったり思わなかったり。

« 蓄積疲労、それは疲労が蓄積するということ。 | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第2話の感想 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/14753427

この記事へのトラックバック一覧です: KISS DUM 第2話の感想:

« 蓄積疲労、それは疲労が蓄積するということ。 | トップページ | アイドルマスターXENOGLOSSIA第2話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク