2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ドクター・フー第26話の感想 | トップページ | 電波の城 3巻の感想 »

2007年3月 9日 (金)

都立水商15巻の感想

修学旅行<札幌編>。

 

札幌は、吉岡先生が昔付き合っていた男性のいる街だそうです。

なので、普段と様子の違う吉岡先生。

酔っ払って「タケハルさん」なんて呟く始末です。

15_2

それをついうっかり聞いちゃった田辺先生。

いや、コイツなんか田辺で充分です。

1人で空回りして、やってることは中学生日記以下。

確か主人公だった気がするけど、しょっぺぇ。

 

なぜ、吉岡先生が金持ちでイケメンで出来る男を振って、コイツを選んだのか理解出来ません

 

152_1

そんな、しょっぺぇ大人を目の当たりにして、小田真理はお母さんに会いに行く決心をしました。

お母さんは、男を作って出て行ったそうで…

 

153_1

小田真理に同行することになった長沢くん。

学校には無断なので、後が恐ろしいですがカラ元気。

さすが好きな女子の前だとカッコイイぜ☆

 

無事にお母さんに会うことが出来ましたが、最初は許すことが出来ない小田真理。

でも、長沢の言葉に小田真理は気持ちを落ち着かせることが出来ました。

 

154_1

こっそり田辺と吉岡先生の仲を取り持ってあげてる黒沢先生。

恐るべし!

でも嫌いじゃない。

« ドクター・フー第26話の感想 | トップページ | 電波の城 3巻の感想 »

コミクス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/14201027

この記事へのトラックバック一覧です: 都立水商15巻の感想:

« ドクター・フー第26話の感想 | トップページ | 電波の城 3巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク