2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月の記事

2007年1月31日 (水)

ナンコツお嬢さんとクロヒト様

気付けば最近、何かの感想ばっかで私生活ネタを書いてませんね。

おかしいなぁ、最初に書き始めた頃は、外面のいい自称・妖精が心の中でどれだけシャウトしてるかって日記を書き綴ってたのになぁ。

感想はたま~にだったのに。

なんかメインになってるし、これは儂としてもストレス溜まる。

つか今日なんか、.hack//G.U.のことを書き過ぎて、

夢の中に八咫様が出てきました。

終わっとる…

 

でも今、引きこもってるから、私生活のネタが無いんですよね~。

月曜日の合コン話もポシャったし。

メンバーの1人に彼氏が出来ちゃって、行けないって言うから中止になりました~。

儂は今、恋愛モードじゃないんで別に良かったんですが、その子がめっちゃ恐縮しちゃってるので、こう言ってやりました。

「大丈夫、男子との約束は、破る為にあるんだぜ。」

え~、ゴメン。ホント、ゴメン。

言ってみたかっただけです。

約束はちゃんと守ろうね☆

 

で、ウチに来るノラ猫のナンコツですが、毎日キャットフードの「銀のスプーン」をやってるせいか、毛並みがツヤツヤしてきやがりました。

そのせいか、周りに群がるオスが日に日に増えます。

特によく見かけるのは、白と黒のブチ。

最初はシロクロって言ってたんですが、だんだん、

「あの黒いの。」

になり、そのうちクロヒト様になりました。

コイツの鳴き方が、また変なんです。

発情期だから、おかしな鳴き方かなぁ~って思ってたら、地声らしい。

う~んと、人間で言うなら出川?

そんな感じです。

 

クロヒト様まで面倒は見切れないので、可哀想だけど、心を鬼にして追い払います。

ゴメンね~。

チーズの塊なげて、ホント、ゴメンね~。

 

ドクター・フー第21話の感想

「THE IDIOT’S LANTERN」

 

前回前々回の栽培マン話を見逃して、この回を見なかったら、もう儂、このドラマ見る気力が無くなる!

そんな感じで10分前からメモ片手にTVの前でスタンバイ。

お腹がすいたわぁ~。

 

200ポンドの赤字を抱え、頭を抱え込む中年のおっちゃん。

この人が今回のキー・マンかな?

って、家のアンテナにピンクの落雷が!

さらにTVから女性が「マグパイさん」と呼びかけてきやがりましたよ。

マグパイさん、ピンク光線にやられました。

どうなるの、これ?

 

今回、ドクターとローズはプレスリーの時代、NYのエドサリバンショーのスタジオに行くと張り切ってましたが、お約束通り、全く違う場所へ。

1953年のロンドン。

女王陛下の戴冠式の時代だそうです。

でもローズが、TVのアンテナの普及率が高すぎることに目を付けましたよ。

この子って、目聡いですね~。

つか、ローズのピンクのワンピがめっちゃカワイイ!

 

そうこうしていると、警察がやって来て、近所の人を連行していきましたよ。

どうやら、この人、化け物になったらしいです。

ドクターは慌てて追いかけますが、隠蔽され、見失ってしまいます。

 

一方、化け物になってしまったらしい、トミーのおばあちゃんは、鍵付きの部屋に閉じ込められている様子。

「いいから放っておけばいい。」

トミーパパは冷たく突き放してますが、自分の母親じゃないの?

そうじゃなくても、ありえへん冷たさ。

 

その時、ドクターとローズが国民意識調査と称して、家に上がり込んできましたよ。

コノリー一家は彼らを政府の人間と思いこんだみたい。

奥さんに国旗を飾らせようとするパパを見て、ドクターが口先三寸でパパにやらせることに。

さすが、ドクター。女性の味方だぜ。

つか、英国旗って、ユニオン・フラッグって言うのか。

儂、ず~っとユニオン・ジャックと思ってた。

だって、ミリタリーマニアだもん。うそ、言ってみただけです。

勉強になりました。

 

この近所では、家族の誰かが化け物になっているとのこと。

みんな怖くて黙っているのに、なぜか警察が現れ連れて行くんだそうです。

で、みんなでおばあちゃんの部屋に。

のっぺらぼう出たぁぁぁぁぁ!

ここの演出、めっちゃ怖かった!

ドクターが調べてみると、脳がごっそり消されたみたいになっているそう。

もっと詳しく調べたかったんですが、そこへタイミング良く警察がやってきました。

ドクター、殴られ気絶。ホント、うまいこと活躍しないよね。

おばあちゃんはトミーママの方の母親だそうです。

だから、パパが冷たかったのね。それにしても酷い。

 

ローズは家のTVからピンクの光線が出ていることに気付きました。

それはマグパイから買ったもの。

ローズ、早くTVから離れて!

って、別になんとも無かった。良かった~。

 

ドクターは、警察を追いかけます。

今度は、どこへ車が隠れたか嗅ぎ付けたみたい。

ある建物の中に入ると、そこにはのっぺらぼう’sが大量にスタンディング。

めっちゃ怖ぇぇぇぇぇ!

 

ローズは単身、マグパイさんちへ。

マグパイに、真実を知るまで出て行かないって啖呵を切ってますが、なんかヤバイ雰囲気です。

おもむろにTVの女がローズに話しかけてきましたよ。

「私はワイヤー。お腹がすいたぁ~。」

初対面にしてはものっそい感じ悪い挨拶です。

いい子はマネしちゃダメだぞ☆

「世界の子供たち、おやすみなさい。」

って、ローズの顔も食われちゃったの?

 

その頃ドクターは、警察から職質中。

でもそこはドクター。

「本当は現場に出て操作したいんじゃないの?」

警察だって捜査したい。でもこれは我々の手に余る。

愚痴り出したよ、警察さん。

あ~あ、もうドクターのペースになっちゃった。

警察さんは、ドクターにこの事件の概容を話し始めます。

その時、お顔ツルッツルのローズが。

スクラブ洗顔でも、こうはツルッツルにならんだろうってくらいに、ツルテカのローズが(しつこい)。

路上に捨ててあったそうです。

それを聞いてものっすごく怒り出したドクター。

いやん、ローズの為に激怒するドクターが素敵過ぎ。

 

戴冠式当日。

コノリー家に近所のTV持ってない人々が集まり観賞です。

そんな中、ドクターがトミーに会いにやって来ました。

でもトミーパパは追い払おうとします。

どうやら、パパが世間体の為におばあちゃんを警察に密告した模様。

近所の人の密告もパパの仕業。

「彼女はゴミだ!」

ゴミて…

開き直るのもいい加減にしたほうがいいと思う。

 

トミーの話を聞き、マグパイさんちに急ぐドクター。

でもマグパイさんはお留守のようです。

店内に積み上げられているTVの中には、これまでにワイヤーからエネルギーを吸われた人の顔が映っていました。

「たすけて、ドクター。」

その中には、声無き声を上げるローズも含まれています。

怒りを新たにするドクターに声をかけるワイヤー。

「やっほう、私のこと呼んだ?」

出た!過食症女!

「私はワイヤー。あんたを食べちゃうからね、ハンサムボーイ。」

トミー、早く逃げてぇぇぇぇぇ!

聞き様によっては、全く別の取り方も出来るセリフをさらりと吐いたワイヤーさん。

彼女は処刑され、体が無いそうです。

だから、人間の脳にある電気エネルギーを喰らい、自分の体を復活させようと企んでいたのでした。

そして、ドクター達も彼女の魔手に。

「絶対TVに釘付けよぉ。」

別の意味で釘付けに!

ピンク光線でドクター達のエネルギーも食おうとしますが、彼が反撃に出ようとした瞬間、逃げ出すワイヤー。

ドクターとトミーは無事でしたが、ビショップ刑事はのっぺらぼうに。

ご愁傷。

 

ドクターは、アレクサンドラパレスに目を付けました。

この電気塔でワイヤーさんが、全国に向かってピンク光線を発射する模様。

マグパイさんが、ひぃひぃ言いながら登っていきます。

運動不足には辛かろう…

 

ドクターも追いかけますが、一歩遅く、ワイヤーさんが入った装置はパレスに設置されてしまいました。

「エサをおくれ~。」

エサて…

ピンク光線が一斉に人々を襲い始めます。

マグパイに装置を取れと説得するドクター。

「助けて、ドクター!私の脳が溶ける!」

カワイそうなマグパイさんは、利用されるだけでお払い箱になってしまいました。

ま、でもマグパイさんがいなくなったことによって、ワイヤーを守る者がいなくなったのはチャンスです。

一度はショートして使い物にならなくなった捕獲装置を、トミーが新たな部品を付け直すことによって修復。

「電波劇場はこれで幕。サヨナラだ。」

ワイヤーの入っていた受信機を本来の送信機に戻し、カセットテープに閉じ込めたそうです。

 

顔を取られた皆も無事。

でもトミーパパは、愛想を付かされ家から追い出されました。

戴冠式でみんながお祭りムードの中、煤けた背中が哀れです。

でもそれだけのことをやったんだから、仕方ないか…な?

 

それを見たローズは、トミーにパパを追いかけろと言いました。

「キミはお利口さん。

世界も救ったんだから、彼も救って。」

ローズ、良い事言った!

トミーと肩を並べて歩くパパに幸有れ!

 

2007年1月30日 (火)

恋する天使アンジェリーク~かがやきの明日第3話の感想

「光なき星」

 

聖地では、ユーイ様が海を見たくなったと脱走。

2人目の守護聖候補が見付かったとエンジュに告げに来たレイチェル様が、彼を鍛えてくれるそうです。

平和な光景が繰り広げられていますね☆

 

治安が悪いブラナガンに、光の守護聖候補がいるそうです。

おのぼりさん丸出しのエンジュは、通行人に突き飛ばされたり、いいとこ無し。

でもタダでは転ばない所がエンジュクオリティ。

運良く尻餅ついた場所に少年が転がってました。

んなバカな!

その子がやたら親切で、頼りになる人の所までエンジュを連れて行ってくれるそうです。

で、そこにいたのが光の守護聖候補・レオナード(推定年齢27歳、身長192㌢、体重83㌔、4月25日生まれのおうし座、O型)。

あまりのお約束に立ちくらみです。

ううん、これは運命なのよね。

つか、めっちゃ好みなんですけど。

やっぱ男は27歳くらいよね!

って高校の時から言い続けてる儂が、大興奮。

 

エンジュは必死で聖地の説明をしますが、レオナードは『ホラ話』と、全然聞く耳持たず。

どっかの誇り高い光の人とは大違いです。

 

と、そこへ治安の悪さを見せ付けるように、3人組のチンピラが出現。

どうやらレオナードとは因縁がありそうです。

でも、今回ってレオナードのカッコよさを見せ付ける回だから。

噛ませ犬な3人組はコテンパンでさよ~なら~。

そして、こんな治安の悪い場所にエンジュを1人置いて、レオナードもさよ~なら~。

ス テ キ 。

 

お店で出来るバーテン振りを発揮していたレオナードさんですが、治安警察が密輸容疑で捜査しに来るとの情報を受けて、密輸品をエンジュに渡し、外に出します。

これでブツもエンジュも厄介払い成功。

計 算 通 り 。

 

でもエンジュがそんないい物を持って、普通に街を歩けるワケがありません。

これは利用しないとダメよね。

あ、そこのチンピラさ~ん、私、レオナードの弱みを握ってるんですけど~?

 

で、さらわれちゃいました☆

 

チンピラのボスの所へ連れて行かれ、ちょっと乙女のピンチかも?

早く助けに来なさいよね、この役立たずが☆

と、エンジュがいい加減キレそうなところへレオナードさんが、バイクに乗って颯爽と登場です。

ハラハラしたろ?

でも、ギリギリなくらいが俺様の活躍が目立って効果的なんだぜ。

そんな感じで、先に密輸品を取り返し、

エンジュを乗せて大脱走。

ええ、先に密輸品でした。

 

せっかく助けてもらったエンジュですが、密輸は密輸。

「貴方を私は認めない!最低の人だわ!

主人公の私を差し置いて、物から先に助けるなんて!」

 

そんなエンジュをこっそり覗いていた親切な少年マット。

マットはエンジュを『天使の家』に連れて行きます。

ここは身寄りのない子供たちの施設で、レオナードもここの出身でした。

ここを閉鎖して、もっと利益のある建物にしようという話が持ち上がっているため、彼が土地と建物を買い取ろうとしていたのです。

ちょっと危険なお金儲けはその為でした。

密輸品のお茶も、園長先生の病気に効くから取り寄せたのです。

ちょっと、ここいい話!メモメモ!

 

翌日、態度を180度変えたエンジュが再びレオナードさんをスカウトに。

「私はどうしても、この宇宙を守りたいんです。」

エンジュの背中に天使の羽根が現れました。

いっつも思うんだけど、これって孔雀のオスの求愛行動に似てね?

 

そこへ親切少年マット君が。

レオナードといざこざを起こしていたエドガー一家が、『天使の家』を買い取るとのこと。

レオナードは、自分を好きにしていいから、ここはそっとしておいてくれと、自分をボコボコに殴らせます。

でも願いは叶わず、3日でみんな退去させられてしまいます。

レオナードは、何も出来なかった。

でもいくら好きにしてもいいって言っても、ケツの穴は守りたいしな…と1人悔やみます。

そんな彼のもとへ子供達が集まって来ました。

彼らはレオナードを励まします。

いつもレオナードに『力』を貰っていたと。

レオナードは、せめて『光ある未来』を願い、子供達を抱きしめました。

 

一晩飲んで、結論を出したレオナードはバーテンを辞め、荷物を纏めます。

どうやら聖地へ来てくれるみたい。

「この街は俺には狭すぎるぜ。

なんてったって、俺様は宇宙規模の男だからなぁ。」

いや~ん、カッコイイ~、キュンときた~。

 

でも、カジノとかバーとか、いい女とか、聖地に期待するのはやめた方がいいと思いますよ。

ストレスで、デコが広くなりますよ?

 

デジモンセイバーズ第40話の感想

「最強騎士団

 ロイヤルナイツ集結!」

 

「お夕飯までには帰って来てちょうだいね。」

「ああ、必ず帰ってくるぜ。」

キミ達、お友達の家に遊びに行くんじゃないんだが…

 

デジタルワールドへ意気揚々と乗り込むマサル達ですが、乱気流に巻き込まれ、最初からケチが付きます。

でもみんな離れ離れじゃないのが、不幸中の幸いですね。

でも不幸な人が1人いました。

って、ゴツモンじゃないの!?

ヨシノの尻に敷かれて大変なことになってるけど。

「ゴツモンですけど、何か?」

お前、2ちゃんねるの住人か!?

 

「テメェ、生きてやがったのか!」

会ってすぐに突っかかるマサル。

でもゴツモンは何のことだか分かりません。

彼は1度生まれ変わっているので、マサル達の記憶が無い模様。

しかも、やたら腰が低いです。

そんなゴツモンさんですが、何故砂に埋もれていたかというと、空から降ってきた謎のデジモンにぶつかったとのこと。

「そうか、それは災難だったな。」

って、それシャイングレイモン!!!

笑ってる場合じゃないよ、マサル!

 

意気投合したらしく、ゴツモンがイグドラシルまで案内してくれるそうです。

「罠よ!絶対罠よ!」

みんなスッゴい顔で円陣組んでますが、今回結構コメディタッチだな。

「オケツに入らずんば虎子を得ず、だ!」

「オケツじゃないでしょ?」

「虎穴だ。」

って、このやり取り、めっちゃ面白いんですけど。

特にシリアスにツッコミ入れるトーマ様がステキです。

 

人間界では非常事態宣言が出されました。

みんながどこかへ避難する中、マサルママとチカちゃんだけは、家に残ります。

マサル達が帰って来たら出迎えられるように。

ママの愛に涙。

「もしマサルが危ない目に合っても、きっと貴方が助けてくれますよね。」

ママだって、不安です。

写真のスグルさんに話しかけるママ。

健気ですね~。

 

一方、マサル達は巨大な樹の近くまで辿り着きました。

あとは登ればいいだけという時に、クレニアムモンさんが立ち塞がります。

彼は強く、マサルは1発で吹き飛ばされてしまいます。

でも心臓を貫くというクレニアムモンの言葉通り、心臓の前に拳を繰り出していたマサルは、クレニアムモンのデジソウルをゲット。

そんなんで…

いやいや、マサルらしいですね、うん。

ここからみんなで進化して迎撃準備完了。

その時、ゴツモンは気付いてしまいました。

彼を砂に沈めたのがシャイングレイモンだということに(ここ笑うトコ)。

ゴチャゴチャ文句を言うゴツモンにマサルが一言。

「俺達はお前を信じてここまで付いて来た。

だったらお前も俺達を信じろ。

それが漢だ!」

「信じます!」

ありえねぇぇぇぇぇ!!!

 

クレニアムモンは、ゴツモンをマサル達と共に排除しようとします。

あ、もうゴツモンもこっちの仲間と考えていいですねそうですね。

ゴツモンも「やっちゃって下さい!」とか言ってるし。

 

でもクレニアムモンさんはロイヤルナイツの一員。

ものっそい強いです。

シャイングレイモンでさえ、手が出せません。

シャイングレイモンの胸をクレニアムモンのヤリが貫く!

と思った瞬間。

マサルが拳で止めよったぁぁぁぁぁ!!!

「アニキ、すげぇ!」

もはや、すげぇとかいう問題じゃねぇよ!

 

ここで気圧されたのか、シャイングレイモンがバーストモードになったからか、結構状況が有利に展開していきそうな予感。

でもその希望も一瞬で潰えました。

「なさけないぞ、クレニアムモン。」

あれ?悟空?(違

マサル達をロイヤルナイツが取り囲みます。

「ロイヤルセイバー!」

デュークモンの攻撃がマサル達を襲います。

まさに絶体×絶命。

その時マサルの脳裏に浮かんだのは、幼い日の自分とスグルさんでした。

マサルが目を開けると、そこには本当にスグルさんが!

でもどうも様子がおかしいです。

実の子を目の前にしても何の感慨も示さないなんて、やっぱ完全にイグドラシルと同化してるのかな?

でもこれでは、スグルさんが目指していた道とは違うんですよね。

デジモンと人間が共存できる世界。

これを実現させるには、スグルさんの力が絶対必要だけど…

「人間を生かしておく価値など無い。」

そう断言されてマサルはショック受けちゃったし、この先どうなっちゃうんでしょうね~?

でも馬…じゃなかったスレイプモンが助けに入って、今回は戦略的撤退です。

 

来週、隊長が出てくるやん。

やったぜ、絶対生きてるって信じてたぜ、隊長!

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑩

ええ~っと、『痛みの森』イベントです。

 

Σ隠されし 禁断の 罪界

罪界ラーン・パティから痛みの森へ、まっすぐにGO!

長かった…

でも、モンスターコンプと、アイテムコンプするには避けて通れない道ですね。

1~29区画までは、お馴染みのモンスターが強くなって立ちはだかります。

 

30区画からワープすると、エルディ・ルーに到着。

冥王の影を倒すと、無垢のメダリオンを入手できました。

 

31~49区画も、まあハセヲのレベルが150なんで「楽勝、だね。」って感じですね。

 

やっと50区画でタビーに出会うことが出来ました。

コイツ、堂々と寝オチしてやがりましたよ。

起きると「ハセヲ!」って飛び掛ってきました。

なんかね、早く来過ぎて奥に入ったら、モンスターに追いかけられて迷ったそうです。

「ここ、50階だぞ。」

ホントにな、ハセヲ。

タビーは志乃さんからメールをもらって久々にログインしたそうです。

看護師の勉強は自分に向いていて楽しいとのこと。

だからThe Worldに来るのは今日が最後。

「ハセヲに会えて嬉しかったよ。」

そう言ってタビーは去ります。

ま、あとでメンバーアドレスくれたけど。

つか、タビーがアニメよりもカワイイ件。

 

え~っと、続けて51~69区画。

50区画を過ぎてタウンに戻ると51区画からやり直しだそうで。

事実上、戻れないってことですね…

 

70区画からワープして、モーリー・バロウへ。

いや~な予感。

やっぱりぃぃぃぃぃ!!!

死せるザワンとコンニチワ。

とりあえず、レイザス、アンゾット、殴る蹴る、ビームが来たらL1で集団移動でクリアです。

清浄のコインを入手しました。

 

71~74区画。

このへんからモンスターが強くなってる気がします。

 

75区画。

またベロ出し野郎ディープワンとコンニチワ。

あれ?コイツ、双剣しか効かないの?

 

76~99区間。

魔法が効かないヤツとか魔法しか効かないヤツとか出てきてメンドクサ。

 

100区画からワープすると、再びエルディ・ルーへ。

やっとケルヌンノスとご対面です。

とりあえず、レイザス、レイザス!

「神の道標」をもらいました。

神のくせにしけとんのぅ。

 

で、倒すとワープして逆さに正座してるっぽい赤い人の所へ出ましたよ。

どうでもいいけど、遠目に見ると赤いモアイみたいだなって思う儂は目医者へ行ったほうがいいですね。

 

赤い人から道とか山とか妙な質問をされ、今まで一緒に戦ってくれた仲間の顔を思い浮かべながら答えるハセヲ。

大切な宝を奪われたら、絶対に諦めない。

だけど、代わりに得るものってやつもあるよな。

そう答えられたハセヲの成長振りに涙です。

 

で、その答えは赤い人の心に適わなかったらしく、剣はくれないそうです。

その代わりに、望みを1つだけ叶えてくれるって。

 

真っ白い空間からオーヴァンが出てきました。

左腕が普通になって、穏やかに微笑む彼が。

再び会う日まで歩き続けろって言って去って行きました。

 

マク・アヌへ戻りそのことを志乃さんに告げるハセヲ。

夢だったのかと遠くを見つめます。

「あなたはどう思うの?」

「俺はオーヴァンだと思う。

いつかオーヴァンは戻ってくる。

何故かは分からないけど、そんな気がしたんだ。」

つか、生死はアイナちゃんに聞けばいいと思う。

 

うわ~、これがホントのEDかぁ。

最初の投げっぱなしのEDより全然いいですね。

いろいろ、引っかかる所はあるけど、儂としてはいいと思います。

やっぱり心の奥でず~っと覚えていられる物語っていうのは、ほんのちょっとの悲哀を含んだ終わりでないと。

余韻を残して終わる。

これ、大事ですよね。

余韻があるからこそ、物語というのは、いつまでも謳われていくものだと思うんですよ。

 

で、余韻を楽しみつつ、まだ未消化のイベントの為にゲームを続けます、ハイ。

 

とりあえず、アリーナでバルムンチョとヤバスギ教授とシバキをしばき倒して武器をもらいました。 

 

あと、ゴールド・ゴブリンズとのレースをまだやってなかったので、それ。

Σへこたれる 俊敏の ゴブリン LV101

「小鬼の安全靴」をもらいました。

時給いくらでゴブリンにスカウトされたけど、丁重にお断りだ!

 

で、タルタルガで憑神バトルやって、壁紙コンプ。

 

あ、ゴッドチムチム蹴りに行かなきゃ。

Σ蛙鳴く 呪いの 焼肉定食 LV119

1stワード 朴訥なる

 

ゴッドを蹴ると仲間の好意度が上がりました。

やったぜ!

儂、今、志乃さんとカイトを連れてるんですよね。

志乃さんはプレゼントを上げられるのでいいんですが、カイトが装備変更できないんで、好意度上げるのにレンゲキするしかなくって、辛かった…

モンスターの不意打ち失敗したら

「あ”ぁぁぁぁぁぁッ!!!」

だし、

勝っても

「あ”ぁぁぁぁぁぁッ!!!」

だし、ホント辛かった…

好意度MAXになれば、きっとカイトだって喋るんだ。

「カッコよかったですよ、ハセヲさん♪」とか言ってくれるんだって信じて頑張ってたけど、まあ喋るわけないわな。

でもそうでも思わなきゃ、辛いんだもん。

これなら八咫様に

「素晴らしい采配だな、ハセヲ。」

ってイヤミ言われたほうがまだマシです。

いや、これはこれでゾクゾクきますが(オイ

 

でもこんなに好意度上げてもカード配っちゃったし、もう配るものないんだけどね。

カイトが主人公の前作は、好意度が上がれば勝手にメールが来てたからなぁ。

そっちの方が良かったなぁ。

 

ま、これでみんなの好意度MAXだし、あとは賞金首か。

がんばれ、儂。

 

つづく。

2007年1月27日 (土)

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑨

θコシュタ・バウア戦場跡では、がびが助けに来てくれました。

ものっすごい大量のゴモラを一撃でドカ~ンです。

ボルドーとネギ丸とグリン、Iyotenとアスタも駆けつけてくれましたよ。

ケストレルが助けてくれるとは思わなかったので、ちょっとウルっときたウル~。

「今こそ、生きよ!貴様ら、生きるために死ねぃ!」

がび、カッコ良すぎ!

 

θブリューナ・ギデオンでは、ぴろし3と、シラバス、ガスパーが。

「僕たちも戦うよ!だって『The World』が大好きだから。」

「なくしちゃいけないものが、ここにはたくさんあるんだぞぉ。」

この2人のやり取りって、いっつもキュンときますね~。

最後に大火のおっさんも来てくれました。

「必ず笑って帰って来い。」

うわ~ん、師匠!絶対『世界』を救うよ!

 

やっとクビアゴモラを駆除したので、タルタルガへ一時帰還。

どうやらクビア本体の位置が分かったようです。

アイナから、オーヴァンの好きだったこの世界を救って下さい、と声を掛けられ、ハセヲはオーヴァンの意志と共に戦うと誓いました。

 

Σ猛り立つ 相克の 宿世 LV128 お宝LV129

ここのモンスターは、ヴィシャスシード、マルファス、ホーンドリーガル、ナーガイキング。

自分の今のレベルが131なんで、楽勝でした。

ここからエリアハッキングして、認知外迷宮へ。

さらにエリアハッキングで、クビアのもとへ急ぎます。

 

つか、クーンさん曰く「でけぇ!」。

ホント、デカかった。

で、ここって憑神バトルなんですね。

全ての碑文使いの力をハセヲに託し、バトルスタート。

 

…クビアから吐かれた大量のゲロゴモラでしにました。

3回やりなおしました。

し に ま し た 。

 

うわ~ん、レベルアップしてくりゃいいんだろ!

 

Σとぐろ巻く 栄俊の 亡命者 LV135

1stワード 愚昧なる

てんぐがいました。

 

Σ馬肥ゆる 宵闇の 椿姫 LV139

1stワード 怜悧なる

きりんがいました。

 

Σ秘められし 黙祷の 帝国 LV141

2ndワード 魔術師の

いっぽんきばがいました。

あと、BOSSがヒュージグラッジ。

 

レ、レベル139まで上げたら文句は無いだろ。

口から大量に吐かれるゲロゴモラは○と■ボタンを交互に押して破壊だぜ!

なんとかHPを0にしましたが、ヤツにデータドレインは効かない模様。

コアをブチ壊さないとダメらしいです。

どうやらクビアの口の中に突っ込むみたい…

「行くぞ!」

まだやんのか、ハセヲ。

儂、右手が疲れたよ。連打しすぎで。

 

体内に入ったはいいけど、どっかセーブできる所はありませんか?

セーブできる所は?

 

クビアコアを破壊すれば何とかなるみたいですね。

でも、クビアの再生がネットワークに膨大な負荷を与えています。

時間が足りなくなってきているのは明らか。

ハセヲ達は、対消滅を覚悟の上で戦わなければ、打つ手はないようです。

でも、やるしかないから。

ハセヲは心を決めました。

 

その時、auraが球体で現れました。

「私ができるのは、想いを繋ぐことだけ。」

やった、セーブできるよ。

初めてauraが役に立った!

 

で、先を進むと「最も頼れるメンバーは温存しとけ」ってメッセージが現れました。

と、いうことは、最も頼れるメンバー=レベルの高いメンバーってことですよね?

儂んとこは、八咫様と欅様だけど…

う~んと、じゃあ、レベル低い子から出せばいいのね。

 

揺光ォォォォォ!!!!!

 

一発で死によった!

レベル88じゃあ、仕方ない…か…

レベル上げに…行こ…う…か。

 

Σ潜行する 魔術師の 水車 LV109

2ndワード 河漢の 

きんうがいました。

 

Σ草踊る 喧騒の ちぎれ雲 LV118

3rdワード 夕涼み

おおかみがいました。

BOSSはドライラーマでした。

 

Σ総毛立つ 斎場の 切子波璃 LV121

2ndワード 初陣の

おうりゅうがいました。

BOSSはメメントモーリでした。

 

Σそびえ立つ 暁の 門 LV123

3rdワード 村時雨

くだんがいました。

 

Σ深遠なる 紫苑の 事代主 LV129

2ndワード 虎狼の

ばくがいました。

  

Σもの思ふ 怒涛の 小動物 LV133

3rdワード 白夜行

 

Σ請願する 屍者の 宝探し LV137

2ndワード 愚者の

ぎょくとがいました。

BOSSは、テ・ラ・タルウィでした。

 

揺光のレベルが120になったので、ドッペルゲンガーにぶつけます。

つか、ハセヲのレベルもいつの間にか140だよ。

 

って、ドッペルゲンガーに総当り戦じゃないのぉぉぉ!?

儂、みんなを置いていくのかと思ってたよ…

6人置いとけば良かった…のね…

ま、まあ、いいもん。

レベル上がり過ぎてクビアコア戦なんか楽勝だもん。

 

クビアコアって、電球に羽根が生えた感じだな~って思ってたら、殻が割れました。

「みんな、『覚悟』は出来ているか?」

出来てるよ~ん。

八咫様が「私は『The World』を守る!」って力強く言うのにウルっときたり、

欅様が「ぼくも本気を出しますよ?」ってのに、ときめきつつ、

蜂の巣だ!!!

 

体当たりとかブチかましてきやがったけど、全然平気でした。

やっぱ、レベル上げ過ぎだと緊張感がありませんね。

胸の奥がバチバチしてきません。

 

で、クビアを倒すと、自爆しようとしやがりましたよ。

食い止めるには、碑文の力を一つにして、クビアにぶつけるしかありません。

「みんなの声が…想いが…俺に…!」

クビアに一撃を叩き込みますが、ハセヲの腕にヒビが入ります。

『再誕』の碑文なしでは、ハセヲ達の方が戦力不足のよう。

「オーヴァン!!!」

ハセヲの叫びに、auraの声と共にオーヴァンが出現。

彼の力がハセヲに注がれます。

「いけるか、ハセヲ?」

「ああ、あたりまえだ。」

うわ~、いいやり取りですね~。

なんだかんだ言っても、ハセヲにとってオーヴァンは大事な人なんですよね。

で、ハセヲは万感の想いを込めた一撃をクビアに放ちました。

 

崩れ去るクビア。

真っ白な空間で、ハセヲはオーヴァンと向き合います。

「強くなったな、ハセヲ。あの頃よりずっと。」

「ああ、そうするしかなかったからな。」

途切れ途切れに答えるハセヲ。

そんな彼を満足そうに見つめるオーヴァン。

「想いを繋げ、お前はどこまで成長するのかな?」

そう言うと、青い光がオーヴァンを包みます。

「ここまでのようだ。」

いつも言いたいことを言う前に去っていくオーヴァンに感情をぶつけるハセヲ。

それに答えることもなく、オーヴァンは背中を向けます。

「俺達の旅はこれからも続いていく。」

ハセヲは手を伸ばしましたが、その手は空を切るばかり。

「まだ言いたいことがたくさんあるんだ、オーヴァン!」

 

喜びも憎しみも愛情も悲しみも全部伝えられないまま、オーヴァンは消えていきました。

せ、切ない。

で、auraがまたまた出現しましたよ。

「新しい世界は、あなた方が紡ぐのです。」

上手く纏めたな、aura。

それにしても、デッカくなったのぅ。

 

メールチェックをすると、みんなからメールが来ていました。

志乃さんからも。どうやら目覚めたみたい。

でも、アトリからのメールがないよ?

 

変に思いつつ、グリーマ・レーヴ大聖堂へ。

志乃さんも、意識不明の間、オーヴァンの左腕と曖昧に繋がっていたそうです。

あれ?

アトリちゃんが来ましたよ。

志乃さんが呼んだそうです。

スッゲ~気を使ってるアトリちゃんがカワイイ。

んでも志乃さん、なんか言ってやれよ。

「じゃあ、これで。お幸せに!」

ほら見ろ!涙ぐんで出てったぞ!

アトリちゃんを無視して志乃さんってば。

「もう一度、『黄昏の旅団』作ろっか。」

2人でオーヴァンを捜そうかという問い掛けに、答えられないハセヲ。

そんなハセヲを見透かすように、志乃さんはニッコリ笑います。

「素直になりなさい。」

ハセヲ、いい顔で頷いた!

やった!アトリちゃんエンドだぜ!

ぃやっほ~!この日を待ってたぜ!

 

で、メールチェックすると『痛みの森』イベントが再開されたとのこと。

あらら、タビーがそこで待ってるってさ。

どうでもいいけど、アニメを見てなくて、このゲームだけやってる人にとって、タビーって誰?って疑問に思わないのかと、心配になったりならなかったり。

 

ボルドー様からのありがたいメールが来ていました。

メンバーアドレスくれました。

いらねぇぇぇぇぇ!!!

コイツのもらうくらいなら、ネギ丸のがいいよ。

 

カイト、バルムンク、オルカのアドレスもauraから貰いました。

志乃さんからも貰いました。

 

…好意度アップさせんの大変だよ…

 

オンラインジャックでは、ドール症候群のまとめ。

行方不明の6人の小学生は、学校近くの廃屋で見付かったとのこと。

記憶がスッポリ抜け落ちているみたいです。

榊さんだった子も、憑き物が落ちたみたいに、子供らしい笑顔を浮かべていました。

結局何だったんだとコメントするサルバドルの前を、1人の女性が横切ります。

「絶望と希望の合わせ鏡。それがAIDA。」

って、リアルの志乃さんやん!

 

ネットクライシスは免れ、オーヴァンの冤罪も晴れたそうです。

良かった、ハッピーエンドだね。

でも1つ引っかかる。

だって、ムービーにまだ1つ見れないヤツがあるんだもん。

これって、トゥルーエンドが待ち受けてるってことですよね?

うわ~、早いとこタビーに会ってストーリー進めよっと。

 

つづく。

日刊行(BlogPet)

海洋民族との交流って踊らされてるんですよね


 

つか、これってヒエログリフスタンプ・
プレゼントなんではすっかり忘れましたが


で、続けて見ていって、見るに耐えなかったよ


1月30日刊行


「古代文明 ビジュアルファイル」


全100巻
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「坊ちゃん」が書きました。

2007年1月26日 (金)

私信 ・ G.U.好きサマへ。

お返事遅くなってすいません。

もう攻略されましたか?

え~と、

Σ 忘我なる 罪科の 意訳

の進み方って言っても、普通に進むしか手が無い…かも?

1Fは、妖精のオーブを使ってマップ表示をさせて、それを見つつ2Fに行く道までまっしぐらですね~。

2Fは緑のチム球投入ワープ装置からワープして、まっすぐ。

で、ピンクのワープ装置は入り口入ってすぐの方。

3Fは、

手書きですいません。

Img380_1

黒く塗った部屋でエリアハッキングです。

 

ん~っと、これで良かったでしょうか?

儂はまたこれからレベル上げとエリアワード獲得の旅に出ます。

ではでは、お互いがんばって『世界』を救いましょ~w

2007年1月25日 (木)

買うべきか買わざるべきか。でも買う。

デアゴスティーニから

「ミレニアム」

ってヤツがDVD付きで出てるんですよ。

このドラマ、めっちゃ大好きでした。

内容は、え~っと…

X-FILEをもっと陰気くさくした感じ?

ランス・ヘンリクセン演じる元FBI捜査官フランクが、苦みばしった燻し銀な演技で大好きでした。

このドラマだけだなぁ、英語のセリフ暗記したのって。

だって、言い周しがスマートかつスタイリッシュだったんですよね。

ま、今ではすっかり忘れましたが。

で、続けて見てたんですが、2シーズンで止めました。

だって、終末へ向かってまっしぐらで、主人公が死にそうな勢いだったんで。

どんどん救いようのない展開になっていって、見るに耐えなかったんですよね。

ほら、儂ってガラスハートだから?

まあ、今ならラストまで見届ける自信があるけどなぁ。

 

んで、それが詳しい説明と共に、隔週で刊行。

あ~、欲しいけど、お金が続かないよぅ。

だって何巻出るか分からない。

って、15巻終了かよ!

で、でも今無職だし…買わな…買わ…買…

買うわ!

もう買うしか他に方法が無いわ!

 

で、もう1つ欲しいのがあるんですよ。

1月30日刊行。

「古代文明 ビジュアルファイル」

全100巻。

は!

ワールド・ウェポン全120巻を集めきった儂に、100巻など生ぬるいわ!

でも定期購読申し込まなきゃ心が折れそうなんで、申し込みます。

あ~あ。こうやって消費者って踊らされてるんですね。

 

つか、これってヒエログリフスタンプ・プレゼントなんですって。

あ~、え~っと…

うん、あのぅ…似たようなのが山口の彦島にあってさ、高校の時にそれの魚拓みたいなの取りに行ったんですよね。

情報源はムーでした。

今思うと正気の沙汰じゃない。

ちょうど夏休みでさ。

暑かったなぁ…

今思うと正気の沙汰じゃない。

まあ、海洋民族との交流って昔は盛んだったから、不思議じゃないんだろうけども、当時は新鮮でしたね~。

若かったなぁ…

なんで儂、考古学の道に進まへんかったんやろ。

それが1番の謎だよ。

 

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑧

し に ま し た 。

 

つか、八咫様を仲間にした時点で気付くべきだった…

だって八咫様のレベルが126、ハセヲのレベルが124。

というわけで、レベル上げ。

 

Σ心なき 綺羅星の 藻塩草 LV128

1stワード 伸び上がる

おうりゅうを蹴って、メカグラにちむってモンスター倒して

レベル129。

もういいやろ…

 

し に ま し た 。

 

Σ歓呼する 大海の 剣が峰 LV131

1stワード 煌々たる

きりんを蹴って、メカグラにちむってモンスター倒して

レベル130。

多分大丈夫。

 

八咫様と欅様ががんばってくれて、カイトとバルムンクとオルカみたいなPCをやっと倒すことが出来ました。

つか、HP低いバルとオルカ狙ってたら、三位一体攻撃みたいなヤツで復活しよった。

しぬかと思った。

 

カイトのHP削ってやっと終了ってとこで、アイナの口から

「おやめなさい。」って言葉が。

アイナを依代に、この世界の女神・auraが降りてきたのでした。

カイトもどき達はauraの騎士。

『世界』の異物であるAIDAを駆除する為、動いていたようです。

八咫様はauraにこの事態を何とかしてもらおうとしますが、彼女はやる気がないみたい。

未来をどうするかは人が決めること。

「私と同じモルガナの小さき子らに…どうか幸せを。」

言い逃げたぁぁぁぁぁ!!!

 

みんなでレイヴンへ戻ります。

クビアの侵食が予想以上に早く、このままではタウンも機能不全に陥るとのこと。

今のうちに用事を済ませとけって言うけど…別にないなぁ。

で、もうThe worldに安全は無いので外部に脱出します。

ログインし続けていた一般PCも、皆まとめてネットスラムへ転送。

「G.U.の拠点を放棄する!」

八咫様、無念そうです。

でもこれは戦略的撤退だから。

耐えてください。

 

auraには会えたけれど、彼女にはネットワークとThe worldを救済する意志はありません。

なぜなら、彼女は『世界』の流れるさまだから。

この事態は自分たちが解決しなければならないのです。

クビアはThe world全体に広がり、このままではネットワーク全体がダウンしてしまいます。

破滅の波に先駆けるように、全世界の原子力発電所が異常な動きを見せ始めました。

このままではメルトダウンしてしまうそうです。

地球規模の災害来た!

 

クビア本体の位置はまだ特定できません。

でも、今できることをできる限りやろう。

ハセヲ達はそう決心し、The worldで増殖を続けるクビアゴモラを倒すことにしました。

欅様が一般PCにも声をかけてくれるそうです。

うわ~、すごい涙でそう。

で、ネットスラムを歩いていると、ガスパーとシラバスの姿が。

ガスパーはいつも通りショップを開くそうです。

この健気さに涙腺決壊。

ええ子や、ガスパー、ええ子!

 

そこへ朔がやって来ましたよ。

「あんなメールでウチを懐柔したと思ってたら、大間違いやからな。」

照れながら去っていく朔にキュンときました。

 

メールチェックをすると、欅様の呼びかけメールが来ていました。

ここに来て涙で文字が読めません。

つか、「クエストが全て白紙に戻されます」って内容のメールがC.C社から来てたけど。

まさか今まで蹴ったチムも蹴ったアニマルも配ったチラシもPKした賞金首も

全部0カウントになるってことか!?

やめてぇぇぇぇぇ!!!

それだけはやめてぇぇぇぇぇ!!!

そんなことしたら真っ白に燃え尽きる。

 

…ブリッジで作戦会議。

4つのロストグラウンドでクビアゴモラがパンパンだぜぇ☆

ということで向かいます。

「データのセーブをしてから向かったほうがいい。」

はぁい、八咫様。

 

Δモーリー・バロウ城砦。

松と楓さんと柊と槐が来てくれてました。

柊は、この戦いが終わったら、キャラエディットし直すそうです。

ガンバレ!

 

Δアルケ・ケルン大瀑布。

「よう、ハセヲ!」

揺光復活した!!!

うわ~、彼女のことは好きじゃないけど、素直に嬉しい。

助けてくれてアリガトウ。

…でも抱きしめるのはやめろ、ハセヲ。

や、分かる。気持ちは分かる。

だけどさ。

ハセヲのメール見てる限りじゃ、

アンタ誰が本命なの!?

って感じです。

ここだけの話で、アトリに「俺はどう?」って聞いたり、パイに「俺に尽くす気ない?」とか送ったり。

パイ曰く「もてもてホストのハセヲくん。」って、ホントだよ。

かと思うとシラバスにアトリを勧めたり、松にアトリを勧めたり?

まあ、シラバスからは「アトリちゃんにはハセヲがいるじゃん。」

松からは「ノラ猫に懐かれたと思ってあきらめろ。」

って返されてたけど。

あと、クーンさんはパイにそれとなくモーションかけたけど、ダメだったらしいです。

だってパイ、八咫様一筋だもん。

つか、今回のゲームは、前作と違ってカード送った人しかメールコンボ決まらないのが辛い。

前作は好意度が上がったらメール来てたのにな。

 

で、話は戻ってこの場所はアリーナランカーが守ってくれるらしいです。

ハセヲのチート野郎という汚名も払拭できたそう。

え?でも@ホームでチートできるけど?

 

天狼と太白も加勢に来てくれました。

「地獄から戻ったぞ。」

天狼カッコイイ~!

「負けんじゃないよ!あんたは強いオトコなんだから。」

揺光もカワイくてカッコイイですね。

つか『イコロ』がめっちゃカッコイイ!

 

つづく。

2007年1月24日 (水)

ナンコツ

儂のうちにやってくるノラ猫ですが、結局ナンコツと呼んでいます。

ナンコツがうめぇんだよ、ナンコツが。

ってワケではありませんが、最初ハイジって呼んでて、だんだんメンドクサクなってニャンコに変わり、ナンコになまり、ナンコツでフィニッシュです。

どうやら恋のシーズンらしく、彼女の周りに他のヤロウがまとわり付いてくるようになりました。

うちでは、ナンコツ避妊手術話も持ち上がってます。

あれ?

これ、ノラ猫じゃなくて、お家公認の飼い猫昇進?

でも親父にはビールの空き缶投げられるしなぁ…

まあ、儂が新たな職に付いてから手術は考えます。

いま、ゼニーがないもん。

 

で、肝心の職探しですが、ゲームが終わらないから探してません。

ええ、肩こり腰痛目の充血に悩まされながら、命懸けでゲームやってます。

 

で、ドラマのドクター・フーですが、夜の11時に時間変更になってから、何故か見忘れます。

来週は…見れたらいいなぁ。

 

で、アンジェとデジモンは録画してるけど、まだ見てません。

今週中に見れたらいいなぁ。

 

で、まなびストレート!が予想外に面白かったです。

まっすぐにGO!です。

 

で、仕事辞めて引きこもってから2㌔太りました。

コイツはダメだろ!

 

ダイエット…明日から…

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑦

『再誕』の発動で、大きなネットトラブルが引き起こされました。

金融、通信、輸送、メディア、あらゆるものが被害を受けた模様。

これは第3次ネットワーククライシスと呼ばれました。

一方、The WorldからAIDA現象が消え、未帰還者も次々と目覚め始めました。

儂のアイドル天狼も目覚めた様子。

良かった、ホント、良かった。

その反面、志乃さんや揺光はまだ意識不明だそうです。

引っ張るなぁ…

 

八咫様とパイは事後処理で徹夜続きとのこと。

あんまりムリすると、お肌が荒れるので程ほどにね。

しかしC.C社上層部はこの1件をオーヴァン1人の責任にするそうです。

どこまで腐ってんねんな。

 

で、八咫様から2人で会おうぜメール。

2人はちょっとアレだなとか思いながら、モーリー・バロウ城砦へ。

告られるんじゃないかと、内心ビクビクでしたが、どうやら違ったみたい。

崖下から巨大なモンスターが浮かんで消えていったのを、目の当たりにしただけでした。

同様の現象が他のエリアにも見られるそうです。

これはAIDAとは全く別のもの、碑文使いの影である『反存在』。

ああ、そういうクエストね。

というわけじゃなく、『反存在=クビア』がネットワークに拡散し、真の破壊が始まるとのこと。

八咫様は7年前もコイツと戦ったことがあるそうです。

コイツを倒すため、八咫様もついに命を掛けて戦う決意をしました。

つか、オーヴァンが死んだような感じになってるけど、しんだのか?

ちょっと疑問だけど、とりあえずメンバーアドレスゲットだぜ☆

 

メールチェックをすると、朔から「消えへんし、よろしくな」メールが届いていました。

ああ、はいはい。

とりあえず、ここだけの話カードを送って、エン様の話をしてゴマ擂っておく。

 

C.C社上層部はクビアの存在を察知し、混乱しているそうです。お約束♪

 

オンラインジャックでは、サルバドルさん達がピッキングまでやってC.C社の工場に潜入。

最近まで使用された痕跡がありましたが、今はもぬけの殻。

で、ガードマンに捕まって、番組打ち切りご愁傷。

だから、カズボローでゲームの中から切り崩せば良かったんだよ。

 

世間ではAIDAウイルスを作ったのは、オーヴァンである犬童雅人だということにされ、指名手配に。

BBSでも文句言われてたけど、それ読むと、何も知らないヤツらがゴチャゴチャ言うなって、悲しくなります。

 

アイナから呼び出し。

 

Σ沸返る 現世の 鬱積 LV122 お宝LV124

3rdワード 理想郷

ここのモンスターは、ガン・ディブロ、イビルグリナー、ホイールジャック、ホーンドリーガル。

つか、欅様、めっちゃ強くてカワイイ!

ハセヲの双銃もカッコイイですね。あまりのカッコ良さに、構える姿が未だに直視できません。

 

で、アイナに話をしに獣神像の前まで。

彼女は、リアルでは意識不明でしたが、オーヴァンの左腕のAIDAと繋がって、The Worldで起きたことを朧気に見つめていたそうです。

「よかった。」

回復したアイナに、ハセヲがこの言葉を掛けた瞬間、彼女は怒り出します。

オーヴァンは今、昏睡状態で生死を彷徨っている。

初めてハセヲと会った日、オーヴァンは救ってくれたのに、何故ハセヲはオーヴァンを救ってくれなかったのか!?

それだけ一方的に言うと、アイナは去って行きました。

 

クビアに異変が生じたらしいので、レイヴンへ。

活性化したクビアが、あちこちのエリアを侵食しつつあるそうです。

このままでは、ネットワーク全体に負荷が掛かり、真の第3次ネットワーククライシスが引き起こされるとのこと。

とりあえず、宇宙船が日本へ落っこちてきそうなのが気になるところです。

 

その時、アイナがモンスターに襲われていると、望が駆け込んできました。

ほっとけばいいんじゃね?とか思いましたが、それではストーリーが進みません。

 

Σ逃げ惑う 失意の 心緒 LV124 お宝LV125

2ndワード 綺羅星の

モンスターはイビルグリナーとホイールジャックとホーンドリーガル。

ホーンドさんには、恋人のタロットを投げ付けときます。

途中で、メカグラにちむって、きんさんこ蹴ってお宝取ってから、アイナのもとへ。

そこには、3本腕のひとでみたいなクビアゴモラが。

 

せっかく助けてやったのに、やさぐれ街道まっしぐらのアイナ。

「兄さんを悪人呼ばわりしたC.C社のゲームなんか、消えてなくなればいい!!」

気持ちは分かるが、落ち着け。

The Worldが無くなったら、キミの兄さんはず~っと意識不明のままだぞ。

 

失うくらいならAIDAを通じて兄さんと繋がっていたかった。

今よりは未帰還者でいたほうが良かった。

そんなアイナの激しい言葉を諌めたのは、望でした。

自分の辛い気持ちばかりぶつけちゃいけない。

相手の優しさに甘えてちゃいけない。

望も強くなったなぁ。最初は気弱な、ただカワイイ男の子だったけど。

「オーヴァンはあんたに生きてもらいたかったんだ。」

ハセヲの言葉に「ごめんなさい」と泣き崩れるアイナ。

やれやれ、一件落着か?

 

いったんレイヴンへ戻ります。

ゴモラは無限に増殖するので、ゴモラ単体の攻撃は意味を成しません。

しかし、クビアは碑文使いの反存在。

オーヴァンを欠いた今、まともに戦えばこちらが消滅する恐れがあります。

八咫様は、ついに「神」頼み。

auraと対話できれば、打開策が見付かるかも?

ということで、グリーマ・レーヴ大聖堂へ。

 

聖堂内へ入ると、アイナはオーヴァンから預かった「黄昏の碑文」をおもむろに出しました。

すると、アイナの体が空中浮揚。

で、彼女が黄昏の碑文の原文を読むと、ハセヲの碑文が反応し始めます。

ハセヲの「死の恐怖」は八相全ての力を喰らい、その身に「力」を宿しました。

なので、ハセヲ自身が「鍵」となったのです。

スケィスの力がアイナを貫きます。

って、いいの?

「きゃぁぁぁぁぁ!!」とか言ってるけど、いいの?

あ、カイトっぽいPCとバルムンクっぽいPCとオルカっぽいPCが出てきたよ。

 

つづく。

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑥

オーヴァンとアイナが仲良く本を読んでいる回想シーンから。

突如現れたAIDAに襲われそうになったアイナを庇って、オーヴァンが感染してしまいます。

そして正気を失ったオーヴァンがアイナをPKしてしまったのでした。

アイナはそれから意識不明のまま。

にしてもフラフラ歩き回ってるけども。

「もしかして、お前、AIDAか?違う…!お前は…」

何 者 や ね ん 。

追い詰められたオーヴァンは、最終手段を取ることを決心したみたい。

 

一方、ハセヲはレイヴンへ。

フィドフェルの預言のことで何か分かったそうです。

この預言、実はある特定の人物を指し示しているとのこと。

それがオーヴァン。

彼が終末を招くのでは?と懸念していたら、突然ノイズが走り、モニターからオーヴァンさんがコンニチワ。

タイミングいいね~。ちょうどキミのことを話してたんだよ~。

 

で、オーヴァンが真実を語ってくれるそうです。

 

Σ忘我なる 罪科の 意訳 LV119 お宝LV120

ここなんかモンスター多いよ。辛いよ。

ホイールジャック、テトラフット、ヒヨーコグランマ、イビルグリナー、バグ・ディブロ、サー・アンノゥがお出迎え。

つか、ウイルスコアが99個になったから、引き返そうかと思いましたが、フロア毎に八咫様が急かすのでしょうがなく進みます。

で、認知外迷宮へエリアハッキング。

そこからまたまたエリアハッキングして、『創造主の部屋』へ。

そこは偉大なクリエーターが遺したブラックボックスだそうです。

ここにはThe Worldの叡智の全てがあるとのこと。

で、ハセヲがオーヴァンに未帰還者の意識の戻し方を聞きますが、なんかね、紅茶とミルクの分離法について話し始めやがりましたよ。

はぁ?

最終的に、自分を倒せば万に一つの確率で戻るかも~?って挑発してきやがったんで、

ぶ っ 殺 す 。

 

つか、どうもハセヲのレベルが足りないらしく、オーヴァンを倒すのに20分も掛かり、SP250回復する薬を30個使った挙句、

「お前の力はこんなものか。」

って言われたときには軽く凹みました。

悪かったなぁ、こんなもんだよッ!!!

 

倒すとオーヴァンは満足そうでした。

『死の恐怖』で『再誕』の力を発動させること。

オーヴァンの目的はそれだったんだと、軽く勘違いしつつ、八咫様達は先に脱出です。

崩れ行く部屋に残ったのはハセヲとオーヴァン。

オーヴァンの真の目的はアイナを目覚めさせること。

それには『再誕』で、全てのネットワークプログラムを初期化しなければならないそうです。

「人の想いはすべて特別さ。」

初期化して後々起こるトラブルも、自分が消えていくことも何もかも承知で、オーヴァンは力を発動させます。

「目覚めろアイナ!今こそ、お前は自由になるんだ。」

オーヴァンが最後に見たものは、目覚めたアイナでした。

 

なんというか、彼の理由も分かるんですが、やり方が強引過ぎて同情出来ませんでした。

あっそ、ふ~ん。って感じ。

後味悪いです。

 

つか、ハセヲのPCがめっちゃボロボロなんだけど。

そっちの方が気になります。

あれあれ?何か亀の上に建物が立ってるよ?

最近流行ってんのか、亀の上のビル群。

ハセヲは無力感に苛まれ、自分を見失いそうになっています。

そんな時、欅様の声が。

ハセヲはオーヴァンの真実を知ったことで、自分自身が何者か判らなくなっている。

自分の碑文PCに自分の真実を問いかけろ、と。

その声に反応して、今までの記憶が次々と蘇りました。

関わりあってきたヤツらと関わり抜くと決めた。

「だから、俺はここにいる。」

ハセヲが自分を見つけ出した時、別の存在も彼を見出していました。

「ミ・ツ・ケ・タ!」

何そのアラクレな声!?

って、白ハセヲが出てきたよ?

面倒で辛くて厳しくても、この道を行くのかと白ハセヲが問い掛けます。

「決めたんだ。」

ハセヲの声に迷いはありません。

じゃあもうお前には俺は必要ないな、と去っていく白ハセヲに、関わり抜くからお前も連れていくと宣言。

だってまだ最終決戦じゃないし、碑文の力がないとただの一般PCだし?

 

あ、合体した。

ハセヲは最強形態・Xthフォームにジョブエクステンド。

双銃をもらいました。

これなんてスタイリッシュ・アクション?

 

ハセヲが辿り着いたのは、ネットスラム・タルタルガ。

ここはハッカーと不正規AIの楽園だそうです。

欅様を捜してブリッジへ。

ここは欅様にとって、故郷みたいなものだそうです。

と、いうことは欅様って…まさか…

ううん、いいの、可愛ければ何だっていいの。

例え、好きなことがハセヲの改造でも。

ハセヲ達はオーヴァンの『再誕』の余波で飛ばされ、それを欅様がネットスラムに引き上げてくれたそうです。

でも欅様から何やら意味深なお言葉が。

オーヴァンとの戦いは終わったが、The Worldの危機の火種は消えていない。

なにそれ、どういうことですか、欅様?

でも教えてくれず。

すっげ~焦らしプレイですね、欅様♪

で、欅様のメンバーアドレスをもらいました。

やった♪毎回パーティーに誘うよ、アリガトウ♪

あ、ついでに楓さんのも貰いました。

 

つか、タルタルガがビッグな亀になってたことに、時の流れを感じましたね~。

 

つづく。

2007年1月23日 (火)

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑤

八咫様はダンジョン最下層でオーヴァンと密会していました。

実は八咫様も碑文使いPCなのですが、彼1人、開眼していないとのこと。

そのことで、八咫様は自分がハセヲやオーヴァンよりも劣っていると劣等感に苛まれます。

自分がこんなに『世界』を愛しているのに、アウラやAIDAに祝福されたのはオーヴァンだったと嫉妬さえしているようです。

あ~、え~っと…たまには外にお出かけしたら?

 

レイブンへ向かうと、パイが『知識の蛇』を使っていました。

C.C社の上層部は、榊の件でパニックになっているそうです。

で、どさくさに紛れて、G.U.の権限をブン盗ってきた、と。

その時、モニターから八咫様が碑文使いとして開眼しようとしているシーンが流れてきました。

みんなポカン顔でウオッチング…じゃなくて、急いで八咫様のもとへ向かいます。

 

Σ具現なる 賢才の 預言 LV110 お宝LV113

モンスターはサー・アンノゥとリヴァダイルのみ。

サクサク倒して獣神像の前まで行くと、まだブツブツ言ってる八咫様がいらっしゃいましたよ。

でも突然叫び始めます。

「嫌だ!嫌だ!嫌だ!」

駄々っ子かよ、オイ。

 

「あれが八咫様の憑神?」

なんか合掌してますが?

コイツ、プロテクトブレイクしてから長かった…

何回やり直したことかチクショー。

で、倒すとワケわかめな預言をぶっこきました。

 

正気に戻った八咫様は、自分は愛されない、孤独なんだと自嘲します。

「それは貴方が他人の愛を受け入れないからでしょ!」

ヘタレの八咫様にパイのビンタが炸裂。

1人でこの世界にいるわけじゃないんだから、認めて欲しかったら、他人の気持ちを考えろ。

パイはそう叱咤します。

いいですね~。このシーン。

八咫様を本気で心配するパイの気持ちが伝わってきますね。ラヴいラヴい。

 

メールチェックすると、八咫様から来ていました。

オーヴァンとはハッカー同士お互いに通じるものがあったそうです。

ハッカーて…

でもある時を境にオーヴァンは変わりました。

でもなぜ変わったのか、なぜAIDAを宿すことになったのか、未帰還者を生み出しているのかは分からないそうです。

うん、それが分かったら、ストーリー終了しちゃうからね。

 

で、朔から「消える」って念押しのメールも来てました。

なんやコイツ、止めて欲しいんかい。

「ふーん」って送ろうかと思いましたが、後々どうなるか分からないので、一応止める方向でメールを送ります。

 

その頃、望はアイナと出会っていました。

一緒に遊ぼうって言ってるけど、ヤバいんじゃね?

 

ハセヲはパイからブレグ・エポナからAIDA反応が出たとのメールを読み、急行。

そのポイントへ行くと、望とアイナが黒点へ吸い込まれていった後でした。

ここで、エリアハッキングを行い、認知外迷宮へ。

お仲間にガスパーを呼ぶ儂の無神経さに乾杯☆

「うわぁ、こんなとこあるんだぁ!」ってガスパー驚いてたけど、気にしない。

バグ・クイーンβとバグ・ポーンβを殴りつつ進みましたが、もうここには居ないみたい。

骨折り損か…

 

BBSでは白い少女の幽霊のうわざ話がチラホラ。

それをガスパーのメールで知ります。

ゴメン、ガスパー。ハセヲが追っかけてたのが、まさにソレ。

付き合わせてスマンの。

 

ハセヲは噂のもと・デカヤマに接触しますが、何も話してはくれませんでした。

突然、変な叫び声が聞こえたのでバイク屋の方へ。

ぴろし3がダッシュして来たぁぁぁ!!!

チートPC白ゴスロリ美少女幽霊を成敗するんだって。

彼は、幽霊が出るエリアワードを掴んでいました。

 

んでも忘れないうちにアビスクエスト済ませとく。

 

Σ刃絡む 戦慄の 御神託 LV110 LV115

モンスターはブレイクピラーとリヴァダイル。

ダンジョンの端っこまで行くと、「よく来た、ハセヲ。」って声が聞こえました。

ハセヲは審神者としてケルヌンノスの前に立つことが出来るんだってさ。

それを阻もうと、いつもの3人組がデス・ペナルティをけし掛けてきますが、サクっと撃破サヨナラ~。

 

さて、ぴろし3を追っかけますか。

 

Σ霞み行く 夕顔の 栄華 LV115お宝 LV116

モンスターは、ザン・ディブロ、サー・アンノゥ、アトモスフィア、テトラフット。

サー・アンノゥの、「サー」って何?掛け声?

あ、ぴろし3は「ガセネタ」とか言いながらプンプンして帰っていきました。

はいはい、サヨナラ~。

念のため、エリアハッキングを行います。

 

認知外迷宮へ。

やっとこ望に追いつきました。

アイナは1人の体に2つの心を持った望に興味を持った様子。

でも危害は加えず消えていきました。

 

メールチェックすると、朔からまた来ていました。

どうしても消えるの、止めてもらいたいんやろ?

お前、強がってるけど、望とのメールのやり取りで知ってんだからな。

リーダー志願のメール送ったら、望も朔もハセヲにいちゃんのこと大好きだよってメールきたんだぞ、コノヤロウ。

んでも、望相手だと、ものっすごい優しいメール内容になるハセヲにちょっと笑いが出ます。

 

ここで、大火からクエストのお誘いです。

 

Σ塹壕なき 不毛の 秘密基地 LV116 お宝LV119

2ndワード 月下の

松を仲間に誘ったら「こいつはオレにぴったりのクエストだぜ。」って喜んでました。

そんなクエスト内容は、カオティックPK選抜試験だそうです。

とりあえず、PKをぶっ殺せばいいんだよね。

 

ダンジョンにはPKの他にモンスターもいました。

またまた登場、サー・アンノゥとヴァイスリッパー、ヒヨーコグランマ、テトラフット。

ヒヨーコグランマは、よく仲間を呼ぶのでムカつきます。

 

最初のPKさんは、リーゼントがまぶしいセルバンテス。

ミッチェルとジニーファイブはネコミミ繋がりかなぁ。

イバクとゲランコは、プチプチくんを潰すみたいにハセヲ達を倒すとか言ってたけど、返り討ち☆

ゴーリキは渋かった。

そして最後のPKは!

ネギ丸かよ!

なんかね、蒼き孤高の双剣のネギ丸。略してアオネギだってさ。

でも彼には彼なりの考えがあって、カオティックになったら、自分がまだ『世界』にいるってボルドーとグリンにアピールできるからだって。

うわっ、コイツ、健気だよ。泣けてきた。

そこへタイミングよくグリン登場。

やっぱり意識不明になってたそうです。

長いことログインしていなかった彼は、ネギ丸に声を掛け辛かったとのこと。

それを察した大火のおっさんの取り計らいでした。

おっさん、いいとこあるぜ。

 

クエストクリアすると、ディンゴから「ハンターの極意書」を、クエスト屋からは博学の秘伝書をもらいました。

最後にグリンがハセヲに「恩にきる」って去っていったのが、無性にカッコ良かったです。

逆にグリンが喋ってビビってるハセヲは…ラヴかった。

うん、もうね、何やってもハセヲがラヴく見える。ヤバい、重症です。

あ、どうでもいいんですが、櫻井さんって、コードギアスのスザク声よりもハセヲ声やってる方がときめきますね~。

 

つづく。

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる④

アリーナ決勝戦。

ヘテロ3人組とバトルです。

「ダレカタスケテクレ…!」

榊によって苦しめられていた彼らを救う為、ハセヲは憑神を使います。

「勝つためには、もはや妥協はしないということか。」

あれ?榊さん、今回は憑神についてツッコまないんだ。

まあ、それやると、自分とこもヤバいからなぁ。

で、タイトルマッチを楽しみに、榊さんはクールに去ります。

 

アトリからクエストのお誘い。

 

Σ漂う 支離滅裂の 占い師 LV110 お宝LV113

銀色のくだんを蹴ったらいいらしいです。

モンスターもいつもの顔ぶれ。

サー・アンノゥとリヴァダイルとキャプテンフックの臓物をブチ撒けつつ進みます。

最下層でくだん発見。

またアトリに邪魔されるかと、戦々恐々のハセヲでしたが、今回彼女はヤル気満々。

「蹴りましょう!」

その時の「へ?」ってハセヲの声がラヴかったです。

で、くだんに近付くと。

 

♪つの ぼーん!(略)く~だ~ん、チェキ!

 

ありがとう、蹴りがいがあるよ。

そんなくだんは、ラップホップ夢遊病にかかってたんだそうです。

それはスゴイ奇病ですね(棒読み)。

くだんの予言は、ゲームクリア後のアビスクエストのことでも言ってたみたいです。

で、クリアすると怪力の秘伝書が貰えました。

 

そして、ここからいいシーン。

「アトリ…こいつ、こんなに可愛かったっけ…」

キタコレ!ヒャッホゥ!

ヤバイ、これヤバイ!悶え死ぬ!

アトリちゃん大好きな儂としては、この後30分ぐらい、ぐね…ぐね…してました。

 

ついにアリーナタイトルマッチ。

エン様と朔も相手じゃ、ちょっとしんどいなって思ってたら、太白さん1人で戦うみたい。

彼はAIDAの宿った魔剣を完全に操っています。

そんな太白さん、チャンピオンの座には執着がないが、この剣LOVEって武器フェチをカミングアウト。

どうでもいいんで、そんな剣はブチ折ってやります。

でも、その破片から黒点が湧いてきて、ハセヲに憑こうとします。

一瞬、ハセヲの目が黒く染まりかけた時、アトリの声が彼の耳に届きました。

「ハセヲさん!!」

うっわ~、いいね。こういう展開。大好きです。

 

「やはり最後の主役はこの私だ。」

太白を降し、満身創痍のハセヲの前にノコノコ出てきたのは榊さんでした。

榊さんはクーンさんとアトリを強制退場。

「くたばれ、ハセヲ!!」

榊さんは、邪魔するものがいなくなったので、勝ち誇った様に剣をかざします。

そんな榊さんのバックを取ったのは、エン様でした。

「ボクがハセヲを裏切るわけないじゃないか。」

ゴメン、完全に寝返ったと思ってた。

エン様は榊に従うフリをして、常に機会を窺っていたそうです。

それを教えてもらってなかった朔は、ショックでログアウト。

一波乱ありそうな予感…

 

ハセヲはエン様の憑神の力を借り、榊と対峙。

でも先ほどのダメージが大きく、スケィスを呼べません。

そんな時、どこからとも無くアトリとクーンさんの声が。

みんなの力を借り、榊を撃破。

この辺、ジャンプっぽい展開(しかも最終回直前)みたいで半笑いでした。

で、榊さんは「うそだうそだ」とかいいながら、どっかに落下。

落ち癖ついたんじゃね?榊さん。

 

榊さんの落ちた先は認知外迷宮でした。

そこには彼を煽ったオーヴァンの姿が。

榊さんはもう1度、AIDAの種子をくれと懇願しますが、オーヴァンは冷たくあしらいます。

「どうやら来たようだな。『追跡者』、お前の死神が。」

って、利用するだけ利用してポイかよ。

榊さんも未帰還者になるんだろうなぁ。

オーヴァン、目的の為とはいえ、非情すぎるなぁ。

 

八咫様が見付かったということなので、@レイブンへ。

彼はC.C社に裏切られたショックで、心を閉ざし寝込んでいるそうです。

なに、このデリケートさん。

パイはG.U.の権限を取り戻せないか動いてみるとのこと。

やっぱパイってば強いなぁ。

それにしても、八咫様が思った以上のヘタレだったことがショックです。

 

メールチェックをすると、オーヴァンからオメデトメール。

正直ウザい。

で、C.C社の戴冠式メールのはっちゃけぶりに驚き。

 

太白から「イコロ」へ呼び出されたんで、ダラダラ向かいます。

チャンピオンプライベートルーム・竜賢の間に案内してくれました。

ハセヲがチャンピオンなので、この部屋は彼のものだそうです。

でもカナードを引っ張っていくので精一杯だから、この部屋はいらんとお断り。

太白は輝いているハセヲが羨ましいようです。

彼は虚無感を抱えて生きてってるのかな?

でも物でそれは埋められないから、早く気付けよ。

そして何かくれ。

と思ったら大剣「シラード」をくれました。

サンキュー、もうここには用は無いぜ☆

 

次は朔からショートメールです。忙しいなぁ。

ルミナ・クロスの裏路地へ行くと、朔が待っていました。

彼女は、弱い望が生んだもう1人の人格であるとカミングアウト。

望を守るのはハセヲがいるから、自分の役目は終わった。

だから、お別れだとハセヲに告げます。

「必要ない?!バカなこと言ってるんじゃねぇよ!」

ハセヲは止めますが、『世界』の誰も自分がいなくなって悲しむ人間なんかおらんと、朔は目に涙を浮かべて走り去って行きました。

 

『世界』の誰も自分がいなくなって悲しむ人間なんかおらんって考えは、儂もよく思うんで、朔の気持ちは良く分かります。

どうしよう、朔、可哀想。どうにかして彼女の生きる方法を見つけてあげたいですね。

 

メールチェックすると、C.C社から戴冠式中止のお知らせが来ていました。

あのはっちゃけた文章を書いたのが、アリーナの実況の人だったと判明。

はっちゃけ過ぎだろ、とか思いましたが、メガネなんで許します。

 

で、また八咫様が失踪したとのこと。

もう、どうしたら?

 

つづく。

2007年1月22日 (月)

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる③

いよいよアリーナ1回戦。

んでも榊さんの小学生的嫌がらせで、対戦相手が分かりません。

ま、何とかなるだろう。つか、行かないとストーリー進まないし。

という訳で、アリーナへ。

出場すると、アリーナ全体からAIDAの音が。

どうやらアリーナ全体がAIDA化している模様。

で、榊さんの小学生的嫌がらせで、1回戦は5回勝ち抜きバトルとなっていました。

全員、ハセヲにヤられたヤツばっかです。

でも何とか勝ち抜きました。

松と大火も勝ったらしいです。ちょっと複雑…

 

だけど天狼さんは1回戦敗退。

その対戦者が、榊の手配したAIDA感染者。

と、言うことはですよ?

 

あああああ、やっぱ未帰還者かよぉぉぉぉぉ!!

儂の1番のお気に入り、天狼さんがぁぁぁぁぁ!!

 

こいつはモタモタしてらんねぇや。

早いとこゲームクリアして、未帰還者達を救いださなきゃ!

 

楓さんからメールが来たので、パイと一緒にエリアへ。

 

Σ賢知なる 騒乱の 水車 LV105 お宝LV107

1st から騒ぐ

とりあえず、メカグラにチムって、みずちを蹴って、

アトモスフィアとグリムスタッグとファニーフェイス(またコイツか)をボッコボコにして、獣神像の前まで。

そこには楓さんと欅様のお姿が。

欅様は、榊の言動に心を痛めておられます。

大丈夫、もうすぐ儂がボコボコにするから♪

で、欅様はパイのエリアハッキングもご存知だし、パイのプライベート用のケータイアドレスもご存知だし、アウターダンジョンでAIDA以外に何か見なかったか尋ねてこられるし、

アンタ、何者!?

 

さっぱり分からないけど、カワイイのでいいです。

榊さんの効率良い倒し方も教えてもらったし♪

 

パイからのメールで、八咫様がドットハッカーズの一員だったことが分かります。

いや、そんなん、一目瞭然やん。

キャラメイクとか…

 

その頃、太白さんのもとにはエン様と朔が「ええ話」を持ちかけてきました。

どうせ、ロクでもないんだろうけど…

 

ちょっとこの辺でバイクっときます。

 

Σ走り出す 速攻の バイクマン

カフーのマフラーを取り返すため、ゴールド・ゴブリンズと鬼ごっご。

走り込め! 走り込め!

 

で、クリアしたら怪力の秘伝書をもらいました。

また…バイクミッションか…

 

アリーナ2回戦。

対戦者は、Iyotenとアスタと…ヘルルちゃん?。

Iyotenとアスタは、ハセヲが最初にログインした日にPK仕掛けてきやがった2人ですね~。

因縁の対決です。

それにしてもハセヲに対するブーイングが酷くて、めっちゃ気分悪いわ。

対戦者を憑神で切り刻めと榊が煽りますが、ハセヲちゃんも強くなったんだもん。

そんなのには、乗りませんよ。

ハセヲちゃん、カッコイイ~。

 

2回戦終了して情報収集。

松から大火に負けたとメールが入ってました。

とりあえず、一安心。あとは、おっさんか…

 

ニュースで「AIDA」がコンピューターウイルスとして、正式発表。

ちょっと切羽詰ってきてますね。

 

クーンの誘いでクエスト。

 

Σ光放つ 無抵抗の 妖精 LV105 お宝LV107

チムチムを捜すイベントです。

とりあえずアトモスフィアとグリムスタッグにうんざりしながら進みます。

途中で見つけたチムを追っかけましたが、見失ってしまいましたよ。

だけど、大丈夫。

なんかデッカい、え~、ブリガンダインさん?

コイツを倒した先にチムがいるのは間違いないぜ。

憑神覚醒!

オイツを倒すと、チムがプラットホームを利用して、コシュタ・バウアに転送したのを目撃。

急いで後を追います。

チムチムは、そこでチム玉を大地のエネルギーに浄化しているとのこと。

「花火みたいできれいだろ?」

あ、クーンさん、また女子にフラれたんですね。ご愁傷です。

 

クエストクリアしたので、博学の秘伝書を貰いました。

 

C.C社の上層部は、榊のやりたい放題にご立腹。

んでもAIDAのことを持ち出されて何も言い返せません。

無能…

 

アリーナ準決勝。

対戦相手は大火のおっさんです。

せっかく勝ったのに、榊から「八百長」呼ばわり。

ホント、うんざりやわぁ。

つか、ハセヲばっかじゃなくって、大火のおっさんの名誉も汚したのよ?

そこんとこ分かってんのか、榊?

 

榊は憑神を観衆の目に晒します。

そして、AIDA現象もすべてハセヲ達のせいにしやがりましたよ。

は?

アホですか、アンタ。

憑神なんか人目に晒しちゃマズイでしょ。

賢いと思ってたのになぁ。

やっぱ小学生だなぁ。

 

榊はハセヲの追放を宣言。

うっわ~、ホント、ムカツク!

なんでそこまでやるのか理解できないよ。

最初は個人的なことだったのに、『世界』を敵に回させる気なのかよ、榊。

腹立つなぁ。

 

でもハセヲの追放に太白さんが「待った」を掛けました。

自分が倒すんだってさ。

で、エン様と朔も太白さんと出場するみたいです。

それはキツい!何がって戦力的に!

 

おっさんからクエストのお誘い。

多分、ハセヲのことを心配してるんだなぁって思ったら涙出てきた。

 

Σ潜行する 湖畔の 機械獣 LV108 LV111

1st さんざめく

超深波発生装置を3箇所にセットして、モサ・マシーンを倒します。

道中のモンスターは、リヴァダイル、アトモスフィア、サー・アンノゥ。

サー・アンノゥの回復能力にムカツク。

あ、メカグラが転がってたんで、チムっときました。

元気に飛んで行きやがりました。

超深波発生装置を3箇所にセットしたら、湖の周りをポチャポチャ歩いてると出てきましたよ~、モサ・マシ~ン。

倒すと大火がカッコ良く元気付けてくれました。

「坊主、迷う必要なんてないんだぜ。」

おっさん、カッコ良過ぎ!

 

クエストクリアすると、頑強の秘伝書をもらいました。

 

で、今の儂のレベルが107。

決勝戦が微妙に不安なのでレベル上げに行きます。

経験値UPアイテム?使わねぇよ、そんなん。

ギリギリのスリルで胸がバチバチしてくるのが楽しいんだもん。

 

Σかそけし 不浄の ベラドンナ LV110 お宝LV112

3rdワード 夢の果て

きんさんこ蹴ってメカグラにチムって、お馴染みのモンスター薙ぎ払って終了。

あ、ボスは6アームメイデンでした。

 

Σ張りつく 過去の 夢の果て LV112 お宝LV112

2ndワード 巨悪の

ばく蹴ってメカグラにチムって、お馴染みのモンスター薙ぎ払って終了。

 

つづく。

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる②

θ隠されし 禁断の 黄泉国

パイとアトリで出発。

今後のことについて話し合うそうです。

エルド・スレイカからエリアハッキングで認知外迷宮へ。

モンスターは、バグ・クイーンαとバグ・ポーンα。

「α」に何の意味があるのかムカつきながら進みます。

先にクーンとエン様と朔が来ていました。

…クーンさん、お守りご苦労様です。

 

ハセヲ達は、榊の背後にオーヴァンの存在を意識しています。

このままではどうしようもないので、パイは八咫様を捜索するとのこと。

ハセヲは最後まで関わり抜くことを決心。

自分のことを何も知らないまま、The Worldを投げ出せない。

うわ~、大人になったね~、ハセヲ。

 

メールチェックすると、天狼さんからPKトーナメントのことでルミナ・クロスに来いとのメールが。

どうも、タウンでのPKが可能になったようです。

で、天狼さんと2人で竜賢宮のバトルを観戦。

今回のPKトーナメントは莫大なネットマネーが与えられるとのこと。

とりあえずアホが考えたようです。

 

太白さんは1人で出場。

でも圧倒的な強さを見せ付けて勝利。

彼の魔剣マクスウェルは、全てのスペルを無効化できるそうです。

カッコイイ~!!さすがダンディハウス!

…って、儂、最終的にアレと戦うんだよね?

そっか…がんば…れる…か?

で、マクスウェルにAIDAが感染している模様。

見慣れた黒いボコボコが大きくなって「もっと食わせろ~」って、ダイエット終了した人みたいに叫んでますよ。

あ~、メンドクサ。

 

メールチェックすると、榊さんから素敵なトーナメントの招待状が来ていました。

ハセヲが出場しなかったら、AIDAの種子をバラまくんだってさ。

やることエゲツナイなぁ。

 

で、シラバスからカナードの定例会のおしらせが来てたので、ブレグ・エポナへ。

ちょうどタイミングよく、ガスパーがPKされる所に遭遇です。

「お前ら、オレのダチに何しやがった。」

うわぁ、ちょっと前ではこんなセリフ、ハセヲの口から出てこなかったよね。

「ダチ」って。うわぁ。ハセヲちゃんたら、ホント、成長したわねぇ。

 

クーンさんとアトリと3人で認知外迷宮へ。

でもパイ1人しか待っていず、エン様と朔は不在。

なんかキナ臭さを感じます。

ま、エン様も朔も好きじゃないんで、どうでもいいや。

 

PKトーナメントについて異論を唱える者がいないそうです。

どうもThe World全体がAIDAサーバー化しつつあるかも?

そんな重大な話なのに、パイは心ここにあらず。

かなり、お疲れのご様子です。

 

アリーナの本登録を済ませると、松と大火のおっさんも選抜されていたことが分かりました。

ハセヲが関わった者が選ばれていることに、作為的なものを感じます。

ああああ、みんな未帰還者になりませんように。

 

そこへシラバスからショートメールが来ましたよ。

ガスパーが大変なんですって。

またPKか?とか思って急いで行ってみると、中断していたショップを再開するとダダを捏ねていたのでした。

ガスパーは自分の得意なことは、とことんやりぬきたい。

何回PKされても構わないと意思の固さを見せ付けます。

ガスパー、エラいね。やべっ、ホロリときた。

 

メールチェックすると、松と大火のおっさんから来てました。

松は月の樹再興の為、おっさんはPKでもPKKでもないのに誘われたとのこと。

おっさん、人質みたいなもんかな?

ハセヲが戦わないと意識不明になっちゃうよ~って榊が言ってるみたいでムカつきます。

 

PKトーナメント出場者を決めるため、エリアへ。

 

Σ静穏なる 裏切りの 慕情 LV100 お宝LV105

エン様と朔が見当たらないので、とりあえず獣神像まで行くことに。

モンスターは、アズルセイシャム、チェーンウィップ、ゴブキャノン77、ファニーフェイス。

人形焼きみたいなファニーさんにイラっときます。

で、獣神像の前で待っていると、エン様と朔がやって来ました。

なんか、エン様ってば別行動取るってさ。

必然的に朔も別行動。

なんじゃそりゃ?

榊に何か唆されたか?

ミアを復元してやるとか何とか言われたのか?

ま、それぐらいで揺らぐようなヤツはハセヲチームにはいらないので、おとといこいや?

 

トーナメントには、イニスに開眼したアトリが出ることに。

榊さんから目を逸らしたら、この先どこにも行けなくなる。

アトリも強くなってきてますね~。

で、ハセヲのセリフがまたラヴいです。

「アトリ、戦おう。お前が必要だから。」

ひゃ~、事実上のプロポーズ!?

 

と、まあ冗談は置いといて。

エン様からさよならメールが来てました。

正直どうでもいい。

 

どんな風の吹き回しか、松からクエストのお誘いです。

で、ついでだから先にアビスを終わらせます。

 

Σ人知れぬ 斎場の 怪儀式 LV101 お宝LV104

1stワード 勇み行く

ここはチェーンウィップとゾンパイオンを薙ぎ払ったら終了。

今度のラスボスは何だろう。ワクワクしながら、ゲームクリアを待ちます。

待ってるぜ、うちやまだ!

 

Σ会合する 馴染みの マスコット LV102 お宝LV104

1stワード 侍ふ

松とクエスト。

ビックマンがグランティの画を描きたいので、護衛しなきゃなりません。

ウザ。

モンスターはお馴染みのゴブキャノン77とチェーンウィップとファニーフェイス。

 

グランティ達が集まって「ブヒブヒブヒ」の言い方について協議中でした。

なんで?

一旦こじれそうでしたが、纏まったのでみんなで仲良くダンスが始まります。

ビックマンも混ざりたいらしいんですが、タイミングよくモンスターが出てきましたよ。

ディープワンの弱点は…多分あの舌だよ。

明らかに出過ぎだろ!引きちぎれ!

 

クエストクリアすると、覚醒の秘伝書をもらいました。

松はハセヲの心配をしてログアウト。いい男だぜ。

で、また…ちらし配りか…

 

あ、ショップクルセイドで「凱旋のカメオ」が売られてたので、すかさず買い込みました。

 

つづく。

2007年1月21日 (日)

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる① 

オーヴァンは病弱の妹・アイナを自らがPKし、未帰還者にした為、ハセヲ達にとっては不可解な行動をとっていたようです。

アイナのAIDA侵食はダメージが大き過ぎて、ただのデータドレインでは駆除できなかった様子。

オーヴァン自身もAIDAの侵食率が高まり危険な状態です。

「時間がない」とはこのことだったんですね~。

 

で、ハセヲは1人で2巻のまとめを独り言。

 

八咫様は上層部から「知識の蛇」へのアクセス権限を停止させられちゃいました。

 

うはぁ、やっとここからプレイ開始だよ。

 

とりあえずメールを読みます。

アトリちゃんのメールを読んで、「1人で抱え込むなよ。」って思うハセヲがラヴい!

あと匿名の人からメールが。

怪しいので開けずにスルーしようかと思いましたが、それでは物語が進みません。

なんか「神威覚醒」を「憑神覚醒」に改造したってさ。

え?何この人?八咫様?

 

オンラインジャックでは、サルバドルの退院とみちるちゃんの免職を知ることが出来ます。

 

BBSでは黒点についての噂がチラホラ。

AIDAの動きが活発化していることが実感できますね。

 

さ~って、情報収集も済んだし、ブレグ・エポナにお引越しだぞぉ。

うわっ、めっちゃ都会やん!

とりあえずジェム店員がいたんで「七宝の長ラン」を買っとく。

 

@ホームの豪華さにビックリです。

デス★ランディも「鼻毛のようだったお前が」とか一応褒めてくれてるっぽい。

 

で、話が変わって、メロ★ランディが家出したんで捜索することに。

 

∑あまねく 大海の 滑翔 LV96 お宝LV100 

アニマルは、いっぽんきばがいました。

メカグラもいたんで、ちむっときます。

ここはアトリとシラバスで攻略。

モンスターは、イグニステイルとダスターゴブリンなんで楽勝。

他の3体のグランティから「グランティの香り」を付けてもらって、接近することに。

とりあえず、メロよりはお宝が大事なんで、先に宝箱全部取って声をかけました。

 

@ホームに戻るとデスに褒められました。

「ちぢれた鼻毛がまっすぐになった程度」

アハハハハ…嬉しいなぁ…

 

八百由旬ノ書の1、2、3、5が上限に達したので、ムービーとか壁紙とかチェック。

なんか4コマが見れる!

儂のはまだ#1と#3だけだけど、めっちゃ面白!

 

で、メールをチェックするとパイさんから緊急呼び出しです。

 

@レイブンへ行くと、他の碑文使いさんがお集まりでした。

八咫様がリアルでも行方不明だそうです。

八咫様…ヘタレ…か…?

いや、きっと地下に潜って独自に調査されてるんだわ。そうに違いないわよ!

 

知識の蛇の機動音がしたので、そっちへ。

ちょ!

こ、この人は!

「私は人間をやめるぞ!ハセヲ!!!」

みたいな感じに、DIOっぽく髪が逆立った榊さんが。

どうやらC.C社に取り入り、八咫様を追い出し、G.U.の後任者になった模様。

「私に忠誠を誓え!」

ノリノリやね、榊さん。

 

ヤツのことは無視して、気分転換にクエストです。

 

∑見えざる 異界の 妖物 LV97 お宝LV100

「妖の犬」クエスト。シラバスとガスパーとで攻略。

モンスターもイグニステイル(赤チョコボみたいなヤツ)とダスターゴブリンとゴブキャノン’77なんで楽勝。

3階の何もない部屋でデッカイ犬とご対面。

ガスパーうしろ!うしろ!

めっちゃベタなコントに、うっかり笑いが。

ワンコかぁ…

儂、ワンコ大好きだからなぁ。

ちょっと切り刻むのって気が引け

憑 神 覚 醒 ! ! !

これだけ図体デカいとウイルスコアも沢山持ってんじゃね?

ち、しけてんな。

とか思いながらクエストクリア。

ディンゴから「ハンターの皆伝状」を貰います。

また…賞金首イベントか…

 

つづく。

.hack//G.U.歩くような速さで をやろうとした。

やっと2巻が終わったので、いそいそと3巻をプレイです。

 

♪あ~いだ~ぁ やほ~ぅ~(何かこう聞こえる)

あ~いだだだだだだだだだだだだだだだだだ

 

ちょっと待てぃ!

画面でオーヴァンが「ぐは」とか言ってるけど、儂も「ぐは」だよ。

画像がうまく再生されないし、音も飛びまくってる!

こ、これは…

儂のPS2がご寿命を?

で、でも1時間前まで2巻は絶好調に再生されてたんだけど…

 

で、買った店にソフトを持って行きました。

「古いタイプの物ですか?クリーナーで何とかなるかもしれませんね~。」

店員さんがそう言ったので、クリーナーでキレイにしてやろうかと思いましたが、悩む所です。

だって、2年前の雨漏り直撃で儂のPS2ってば、所々カフェオレ色なんだもん。

なので新品にした方がいいかなぁって、心が揺らぎます。

 

財布を見る。

15000円入ってる。

PS2を見る。

14800円って書いてある。

財布を見る。

15000円入ってる。

PS2を見る。

14800円って書いてある。

 

・  ・  ・  ・  ・

買えるな。

 

でもただ今無職を爆進中の儂としては痛い。

♪心が痛くてどうしようも~な~い~。

悲しみの果て~行き着~く先~は~

新品の~PS2~

 

ありがとう、今まで使ってたPS2。

水を被ってもガガガガガ言いながらソフトを再生してくれてました。

ありがとう、今までホントありがとう。

そして、サヨナラ。

2007年1月20日 (土)

恋する天使アンジェリーク~かがやきの明日第2話の感想

月曜日って、デスノ→アンジェ→けんいち→まなびの順で深夜アニメをやってるんですが、ためされてるんでしょうか?

そして、親父がリアルタイムでコレを見てたんですが、試されてるんでしょうか?

 

「風の少年」

 

惑星ジーレでイケメンを物色するエンジュ。

 

狙われた少年・ユーイ

(推定年齢17歳・身長163㌢・体重48㌔・8月7日生まれの獅子座・A型)

は、無邪気に1人でデッカイ丸太を持ち上げていました。

祭りのやぐらを立てるそうです。

つか、他に誰も手伝わないこの村の不親切について。

 

無理矢理エンジュを呼びとめ、手伝わすユーイ君ですが、山から黒煙が上がると、そっちへ走って行きました。

 

エンジュ1人に丸太を持たせて☆

 

山腹では、明日の祭り用の花火を作っているじっちゃんが。

そこに駆けつけたユーイ君、いきなりじっちゃんとケンカし始めます。

なんか若いオスライオンのじゃれ合いみたいで、うっかりときめく。

 

で、それに巻き込まれて半切れのエンジュ。

とりあえず、自己紹介です。

「聖地」に反応するじっちゃんの表情が微妙なので、どうやら「聖地」を知っている模様。

 

明日はお祭りだそうですが、去年もおととしもダメになったそうです。

雨天順延とかは…ないのか?

 

「いいの?お招き頂いて。」

うおおおおおい!!!!

ちゃっかりユーイ君ちに上がり込んでる、エンジュの特殊能力にビックリです。

ま、じっちゃんも居るから2人きりってことは無いんですが。

 

夕飯が終わると、全力疾走でご両親のお墓参りです。

食って走ると横腹痛くなりません?

 

ご両親は、目の前の海で亡くなられたそうです。

この海は天候が不安定で、海難事故は毎週のように起こるとのこと。

チャ~ンス☆

すかさず、サクリアと守護聖の話をし始めるエンジュ。

「風の守護聖様となって、聖地に来て頂きたいんです。」

難色を示すユーイ君。

実はじっちゃんの夢の中に、役立たずの女王が出てきてエトワール来訪を伝えていました。

走り去るユーイ君。

「諦めるわけにはいかないんです。

この宇宙のためにも。

そして、私のハーレムのためにも。」

ユーイ君の背中を見つめて、決意を固くするエンジュ。

 

「大勢の人が(つか、私だけど)、貴方を待っています。」

やぐらの上でしつこく説得中のエンジュ。

そこへ突然の大嵐がやってきました。

タイミングよく海に出てるじっちゃん。

なんとかロープを投げますが、どうやら引潮らしく、ロープを持った5、6人が一緒に海に引きずり込まれそうになります。

それを見たじっちゃんは、ナイフを取り出し、自らロープを切りました。

「ユーイ!お前は使命を負う人間だ!」

じっちゃんはそれだけ言うと、波に飲み込まれてしまうのでした。

 

ちょ!

儂の死んだじっちゃん、漁師で、しかもこのじっちゃんに激似!

なんか涙出てくる!

 

で、待ってましたとばかりにエンジュはエトワールの力を解放します。

絶対タイミング計ってたよ、この子。

怖い子!

 

「ユーイさん!風を止めて!風のサクリアを感じて!」

エンジュさんってば、いきなりユーイ君の手を握って大胆です☆

で、どうやらユーイ君も風の守護聖としての力に卍解したみたいで、大嵐が一瞬で凪に変わりましたよ。

じっちゃんもちゃんと無事です。

 

この1件で、ユーイ君は聖地に行くことを決心しました。

宮殿では、女王に代わり、レイチェルさんが風の守護聖の拝命式を執り行いました。

レイチェルさんが、「女王、一生帰ってくんな!」って思ってることは内緒ですよ。

 

「陛下に永久の忠誠を尽くすことを誓います。」

このセリフをユーイ君が考え付くわけがないので、誰かが教えてくれたもよう。

 

それにしても「ユーイさん」って呼んでたのに、守護聖になった途端に「ユーイ様」って呼ぶようになったエンジュが笑える。

なかなか機転がきくよ、この子。

 

hack//G.U.~君思フ声~をやってみた 終

俺のストーカーがだんだん増えていくぜ☆

とっとと決着をつけないと!

ということで、データシード狩りです。

 

θ錯覚する 戒律の 交響曲 LV83

ハセヲ達のレベルが100なんで、敵がバターのように切り刻まれていくぜ☆

で、AIDAも魚みたいなヤツ。

コイツが正直、一番ヤり易かったです。

 

θ玲瓏たる 猛者の 韋駄天 LV92

θ渇仰する 玉垣の 天眼鏡 LV95

この辺は、アイテム集めとかグランティとか、ホント、モンスターデータ収集とか、色々メンドクサいことの為に必死になって、エリア転送してました。

血反吐出そうでした。

 

んで、データシードが集まったんで、オーヴァンをボッコボコにするためにエリアに。

 

θ隠されし 禁断の 古戦場 

オーヴァンがコルベニクったんですが、ハセヲのレベルが上限なので、サクっと倒すことが出来ました。

 

「思えば…何もかも、ここから狂い始めたのかもしれない。」

いや、最初からアンタはおかしかったよ、オーヴァン。

そんなオーヴァンさん、志乃さんをPKしたのも、榊さんをけしかけたのも自分だとカミングアウト。

その理由が、「ハセヲを強く育てる為」って。

ヤベェ、コイツ、ほんとにヤベェよ!

 

オーヴァンさんを倒すと、颯爽と八咫様登場。

やはりシメは私でなくては。

みたいな感じで、ちょっと高い所からお出ましです☆

 

でも未帰還者は、まだ意識を回復していない模様。

ハセヲはただ、オーヴァンがトライエッジだという真実を知っただけ。

それでは何も解決出来ない。

物事の大局を見据えなくては、事態の収拾は不可能のようです。

 

で、今度は太白さんが、ヤバいことになってそうですね。

ああ、G.U.1のダンディハウスが…

 

最後にアトリからメールが来たので、聖堂へ向かいます。

「用事がないと、会っちゃダメですか?」

うわ~、めっちゃラヴいんだけど。

やっぱカワイイなぁ、アトリちゃん。

んでも後ろがヤバイです。

ハセヲ!うしろ!うしろ!

そこには不自然に背後にへばり付いたオーヴァンさんが。

めっちゃ怖ぇぇぇぇ!!!!!!

だが、オーヴァンよ、アトリちゃんの邪魔すんな。

 

と、ここで真のエンディングを迎えたので、あとはやり残したことをモジョモジョと。

θ暗雲迫る 不死身の 巨大生物

θ黄泉還る 不死身の 巨大生物

ザワン・シン攻略イベントをやれるとは思ってなかった!

めっちゃドキドキする!

つか、レーザーで朔望がしにましたチクショー。

これが来たら、真剣ヤバイのでL1でみんなで回避です。

で、楽勝でした♪

 

あとは、グランティと賞金稼ぎとモンスターとアイテムとアリーナと@レイブンの憑神バトルとチラシ配りとドッペルゲンガーやって終了。

 

バイクはね、儂にはムリです。

1位取れないもん。だから50回走って終了。

もう3巻やるよ、コンチクショー。

 

で、忘れてたターミナルディスク。

ファイル5,8,9を開きます。

これって、いつのタイミングで開けるものなの?ゲーム最初か?

 

5ではアウラ消失以前の説明でした。

究極AI・アウラがThe Worldを管理していたとのこと。

カイトのレプリカを作り、プレゼントキャンペーンを行ったのもアウラ。

しかし、2014年頃、アウラは消えてしまいます。

それと同時にネットワークトラブル多発。

これはアウラの消失と共に、ネットシステムが本来のスペックに戻ったから。

そして、アウラ復元計画の為、G.U.が設立されたとのこと。

 

8では、天城のRAプログラムに懸念を抱いた番匠屋が、タルヴォスのPCを自宅にテイクアウト。

つか、番匠屋さんって、パイの兄さんか?

ロストウェポン取るときも、「兄さん?」ってパイが言ってたしなぁ。

 

天城はネットの「ネ申」になろうとしていたそうです。

みんな好きだね、なんかの神が。

でも、プログラムはクラッシュ。

「適格者」は全員意識不明。

天城は重度の精神障害者に。

 

9では、C.C社火災の真実。

錯乱した天城が火をつけたそうです。あらら。

で、G.U.は凍結。

番匠屋さんは責任を負い、会社を辞められたそうです。

 

で、いよいよ3巻で全ての謎が明かされるんですね~。

楽しみです。

 

またきのう(BlogPet)

きょう坊ちゃんは、ボルドーまでアクセスしたかったの♪
また坊ちゃんが姿とかアクセスしたかもー。
またきのう、ロのバトルはマヒするはずだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「坊ちゃん」が書きました。

2007年1月18日 (木)

アノ歌を歌い続ける親父

遊びに行ってると、親父から電話がありました。

「今日、外で夕飯食べるから、戻って来い。」

あの~、今、午後4時ですよね。

儂、20歳越えて何年経ってると思ってんすか?

儂は、お友達と自由にお夕飯を食べられないんすか?

とまぁ、かな~りムカっときたんですが、一応帰りました。

だって、ゼニの匂いがしたから。

 

案の定、帰ると1万円くれました。ひゃっほう!

なんかね、競艇がいい感じにフィーバーしたらしいよ。

親父、ごっつあんです!

 

で、久し振りの外食なんで、鳥の黒酢南蛮を頼みました。

だってウチの両親、鶏肉嫌いだから、家庭の食卓に上がってこないので。

ちなみに儂は鶏肉大好きです。

大好きですとも。

Photo_24

ガチャガチャと食玩も買ってもらいました。

おとぎの国はいいなぁ。

背後で「せんのか~ぜに~なって~♪」とか、野太い声で歌う親父なんかいないんだろうなぁ。

ホント、帰り道もず~っと、この歌を歌い続けてたけど、何かあったのか、親父?

しぬのか?

 

そうそう、午前中にワンピースを買いました。

自費で。

Photo_23

必死で緑のワンピを探しました。

だって、儂、妖精だから。

あまりの必死さが伝わったのか、お友達が緑色の服だけ見てくれたことに、ちょっと笑いが出ました。

で、いい感じの緑のワンピとうっす~いラベンダーのワンピを購入。

大丈夫。

最近は、これ1枚で着ないから。

下にカットソーとかセーターとか着込んだ挙句、デニムとか穿くから。

こんなおばちゃんでも着れるってもんでさぁ。

あ、う、ううん。

儂、永遠の17歳だから、おばちゃんじゃないけどね。

で、この2枚合わせて5500円でしたワラ

 

つか、最近の若者は(儂も永遠の17歳なんで若者ですけどね☆)、「(笑)」とか「w」とかじゃなくて、「ワラ」って書くんですか?

元職場の女の子ちゃん(20歳)は、メール送って来る時、そう書いてるんですが、これって全国展開?

それとも山口県の片隅だけ?

でもカワイイよねワラ

 

.hack//G.U.~君思フ声~をやってみた⑤

今日から3巻発売なのに、まだ2巻をやっているにゅげですよ。

もうどうにでもなれってんだ。あははははは。

 

フィロからメールが来たんで、もしかして迷惑メール?とか思いながらもエリアに行ってみる。

 

θ遺制なる 望蜀の 秘奥 LV75

エリアに着くと、「わしはそこから南の方にいる」

とかショートメール送ってきたんで、軽く無視して最後に行くことにしました。

すると、背中の煤けたフィロの懐かしい姿が。

ウッカリ涙ぐみそうになりながらも、アドラの鍵の説明を聞きます。

要するに、何かいい物くれるんでしょ?

 

θ隠されし 禁断の 秘蹟

フィロにロストウェポンやらなにやら頼まれた大火が、色々説明してくれました。

要するに、いい武器が手に入るらしい。

 

ログアウトすると、メールが11件来ていたので、迷惑メールかとかなりビビリましたが碧聖宮チャンプおめでとうメールでした。

紛らわしいなぁ。

 

パーティーに参加しようとログインすると、月の樹の本部で榊さんがアトリちゃんに何やらしでかしてました。

やめろよ、アトリちゃんをいじめるな!

 

何も知らないハセオは浮かれ気分でパーティー出席。

参加者全員に話をするという、意外なマメスキルを発揮です。

大火からメアドもらいました。あんま嬉しくないな…

 

で、アトリちゃんの幻を見た直後、榊の造反の話をパイさん達から聞きました。

欅様がPKされたそうです。

そいつはヤバイぜ。すぐ助けに行くぜ。

 

Δくれなずむ 無窮の 夕月

ここからはAIDAがハセヲ達、碑文使いを拒んでいて入れない様子。

 

θ洞見する 界隈の 背日性 LV78

o-van01をパイに渡し、解析した結果、このエリアからデータシードを分捕って、シフベルクから転送。

魚っぽいAIDAは、三枚下ろしにでもすればいいと思う。

 

月の樹へ潜入すると、平気な顔した楢さんがお出迎えです。

やたら親切に玉座の間のルートを教えてくれて、怪しさ爆発☆

 

ここから立ち塞がる敵が昔のジャンプを彷彿とさせて笑いが出ます。

 

VS 松。

榊さんがどんなにオカシクなっても、恩があるのでハセヲと戦うそうです。

熱!

 

VS 柊。

コイツはキラいだから、遠慮なくボッコボコに出来るぜ。

優しすぎると寿命が縮むらしい。

 

VS 槐。

ネコミミ忍者だった。

 

そこを順調に抜けると、何故か学校の廊下に出ましたよ。

妙な影がウロウロしていますが、危害は加えてきません。

んでも、ウザいこと言ってる。

もっと先に進むと、アトリの影が学校の机に座っていました。

リアルのアトリちゃんの心情が吐露されてて、ちょっと可哀想になります。

みんなの意見に従ったのに、誰も「私」を見てくれないー

血を吐く様な叫びと共に、アトリ開眼。

で、榊さんってば、ネットを支配することで、リアルも支配できると考えてました☆

それはどうかと思うけど。

 

正気に戻ったアトリは、自分のしたことを思い出し、パニックに陥ります。

そんなアトリちゃんをハセヲが引っ叩きやがったぁぁぁ!

「本当に自分が悪いと思ってるのか?」

どうやって自分の罪を償うのか、悲劇のヒロインを気取っているだけじゃないのか、女の子にはキツイ言葉を投げつけるハセヲ。

でもハセヲだって、ただのツンデレじゃないから、しっかりアトリちゃんのことを考えての一言だから、

それに欅様も復活されたし、いいとします。

「えぇ、僕は平気なんです。」

て、言葉が気になるけど。

欅様も不思議なキャラだよな。

楢の正体を八咫って見抜いてるし。

 

で、榊さんを追っかけるぜ。

θもの思う 無垢なる 生命 LV81

回廊の岩石ゴロゴロとかにブチ当たってイライラする。

行き止まりにサインがあるので、そこから転送。

 

θ隠されし 禁断の 竜骨山脈

崖っぷちで壊れかけの榊さんがステキです。

早くPKさせろハリーハリーハリーハリー!

つか、アトリちゃんのマネをする小西さんにウッカリLOVE。

「榊さん、榊さん、榊さん。」

キモいよ☆

 

榊さんが崖から転がる所を見つめてると、オーヴァンが現れました。

オーヴァンからトライエッジの腕をプレゼントされ、ときめくハセヲ。

なんかオーヴァンさん、時間が無いとか言って苦しみ出しましたよ。

「怯えなくていい。」

いやいやいや、怖いよ!

でさ、オーヴァンがさ、実はトライエッジだったんだってさ。

今までやってきたことは何だったんだ…ハセヲの気持ちがよく分かるよ。

で、サクっとアトリとパイをPKするとオーヴァンさんってば、去っていきましたよ。

どんだけハセヲってば、オーヴァンの特別やねん。

 

つか、この辺から、メールの時とかハセヲの声が出ないけど、儂のPS2がおかしいのか?

それとも収録時間が無かったのか?

気になるところです。

 

つづく。

2007年1月15日 (月)

デジモンセイバーズ第39話の感想

「人間界消滅!

  イグドラシルの決断」

 

なんかね、

NY、パリ、インド、エジプト、ここどこだ?オーストラリアか?、南極と、

デジタルワールドの侵食は、世界中に広まってますよ~。

みなとみらいだけの話じゃないですよ~、

な感じで、グローバルな被害を描いて危機感煽ってるところにグッときました(オイ

このままでは、2つの世界が消滅するそうです。

 

わ、今日はOPの入りがめっちゃ早い!

始まって3分でOP突入なんて、今まででほぼありえねぇぜ!

新年からスタイル変えたのかしら?

 

それにしても本編に入る前のCMの長さが不気味です。

 

やっとお目見え、イグドラシルさん。

ロイヤルナイツの1人、クレニアムモンが今後どうするのか聞きに来ましたよ。

 

ん?

 

あのマントの人、スグルパパじゃないですか?

あっれ~?

スグルさんってば、デジタルワールドのネ申と融合しちゃったのかしら?

にしても、カッコイイですね。

大人の魅力バンザイ!

 

ちょ!でもイグドラシルさんってば、デジタルワールドを残すために、人間界を消せって言ってるよ?

な、なんだってーッ!!!?

こ、こんなのスグルさんじゃないやい!

どうしちゃったのかしら。

ネ申と融合して、イグドラシルの意思の方が強く出てるのかしら。

そして、最後は親子で熱い拳で語り合うのかしら。

 

「確かに人間は身勝手です。

しかし根絶やしにする必要がありましょうか?」

もっと言ってやって、クレニアムモンさん。

 

つか、今気付いたんですが、今回って、総集編?

 

人間界では、シャイングレイモンとかミラージュさんとかが、墜落しそうになった飛行機を支えてあげたりの大活躍。

んでも、被害は甚大です。

「時空境界線の崩壊が加速度的に広がっている。」

トーマ様が現状について、詳しくご説明です。

「だったら地球の裏側なら安全なんじゃないか?」

マ、マサル!!!

いろんな意味で頭良いよ、マサル!

でも、そんな3次元的な思考は無意味だって、トーマ様から全力で否定されました。

残念。

 

イグドラシルは、倉田がデジモン達を改造したりしたのが許せない模様。

倉田ァ…お前、最後まで…

 

クレニアムモン(一発変換で「暮れに編む」とでましたが、何か問題でも?)さんは、人間抹殺計画には及び腰でしたが、結局のことろ、イグドラシルの意思に従うようです。

自分の意思を伝えると光球になって飛んで行ったイグドラシル。

これがスグルさんだとしても、もう人間じゃなくなってるみたいですね…

 

つか、やっぱ今回総集編だよ!

                 今頃言うなよ…

 

人間界危機一髪のところ、バンチョーレオモンが自分のデジソウルを解放して、デジタルワールドを支えてくれました。

「マサル、イグドラシルに会え!」

事態を収拾出来るのは、イグドラシルだけ。

バンチョーは、マサルにその重責を託して、世界を支えます。

めっちゃ熱!

漢だぜ、バンチョー!

富士山っぽい山頂でスタンバッてた甲斐があったぜ☆

つか、BGMがしめっぽいです。

マサル達も何だか、バンチョーがお亡くなりモードに入ったように振舞ってます。

イヤイヤイヤ、まだ生きてるから。

バンチョー、死んでないから。

早くイグドラシルに会いに行って下さい。

 

つか、9時7分から25分までCM無しかよ。

やっぱ、アバン→OP→本編→EDのスタイルは崩さないのね。

漢だぜ、スタッフ。

 

.hack//G.U.~君思フ声~をやってみた④

アトリちゃんからメールが来たんで、揺光のこと説明しないとな、メンドクサと思いながら、エリアへ。

 

θ泡沫なる 光陰の 追憶 LV69

獣神殿にAIDAがいて、ウザさ倍増。

 

なんかオーヴァンからメール。

キモさを感じつつ出向いてやることにしました。

 

Δ従順なる 怒涛の 万妖 LV3

ここからエルディ・ルーに行けるので、サッサと転送。

すると、囚われの王子様・エンデュランスがクリスタルの中で眠っていたのでした~。

どこまで耽美で通すねん。

エン様は、碑文使いの能力に目覚めた朔望に囚われていたのでした。

どうでもいいけど、朔望って、双子じゃなくて多重人格者だよね。

 

「あかん!あかん!あかん!あかん!あああああああああ!!!」

「いいぜ、来い、来いよっ!!以下略」

キミら、うるさい。

 

バトルに勝利すると、そこには朔じゃなくて、望がいました。

朔は疲れて眠ったそうです。

ほらほら、絶対双子じゃないってば。

で、エン様はクリスタルの中で引きこもり。

メンドクサと思ったハセヲは、エン様に愛の告白です。

「俺は!お前が必要だ!!」

あ~あ、これでハセヲストーカーがまた1人増えたよ…

 

θ促成する 晩景の 白日夢 LV71

パイと一緒にAIDA駆除です。

ここでパイから重要な情報を得ます。

どうやら、AIDA感染者にPKされると未帰還者になる模様。

アリーナバトルには感染者が出てくるので、アトリちゃんを出すのは危険と判断します。

 

アリーナ決勝戦。

パイと2人で、エン様を待ちますが、来てくれません。

参加したがるアトリちゃんをなだめて、バトルへ。

 

控え室でのパイとのやり取りがいいね。

「私には優しくないのね。」

「俺とアンタは似た者同士ってね。」

パイが、優しくされるのに慣れていないのを見抜くハセヲの洞察力に乾杯☆

 

vsボルドー戦ですが、ちょっぴり苦戦していたハセヲを救ったのは、エン様でした。

「さあ、そろそろフィナーレの時間だよ。」

ヤバい!

変な笑いが止まらへん!

笑い死にそうになってたら、憑神バトルで1回死にました。ちくしょう。

 

「キミに僕の全てを捧げることを誓うよ。」

誓わなくてもいい!!!!!

バトルが終わるとエン様と、ついでに朔望のアドレスをもらいました。

あ~あ、また好感度アップさせなあかんやん。

 

「仲良うしたってや。」

ニコっと笑ってハセヲの足を踏み付ける朔がかわいいです。

 

で、ぴろし3が性懲りも無く、トライエッジを炙り出そうとしてたので、止めに行きました。

 

θ隠されし 禁断の 意馬心猿

「翼の折れた荒鷲のように!」

ホント、ヴァカだなぁ、ぴろし3。

だが、そこがいい。

だって、ボクらのヒーロー、ぴろし3♪だもん。

 

ここでレベルアップ。

 

θ清廉たる 鎮守の 水時計 LV70

ナーガイキに殺意を覚える。

 

θ円なる 創世の 束ね矢 LV73

ヘブンリーレイに殺意を覚える。

 

で、朔がエン様と冒険しようって言うので、しぶしぶ一緒に。

 

θ耽美なる 風霜の 紫苑 LV74

「ハセヲの戦いは美しいね。」

エン様の言葉に鳥肌が立つ。

 

やっと望が出てきたので、アトリちゃんと一緒にクエスト。

 

θ張りつく 天然物の 菌糸類 LV72

楽しいキノコ狩りです。

でも、モンスターの代わりにPKが絡んできてイラっときました。

 

なんか最下層にネギ丸がおった!

PKは文化らしいよ。

でもハセヲの姿を見た瞬間「ギャオーッ!!」ですって。

ネギ丸、おいしいな。

どうやら、アリーナバトル以降、ボルドーとグリンがアクセスしてこなくなった原因がハセヲにあると思ったらしい。

鋭いぜ、ネギ丸。

でも、返り討ち。

おいしいぜ、ネギ丸。

「いいや、くじけるなッ、俺」

朔にも返り討ち。

「ヘタレ丸出しやねん、自分。」

「キング・オブ・ザ・ヘタレ」

「ネットでダメなヤツはリアルでもダメ」

もう、色々言葉責めでスタボロのネギ丸に、ちょっと同情。

でも、BBSに尋ね人スレを立ててるのを見たときは、不覚にもホロリときました。

 

で、もうちょっとレベル上げ。

 

θ荒れ狂う 謀略の 結末 LV57

ケルヌンノス関係のイベントですね。

光の核を奪われちゃいました。大丈夫か?

 

θ総毛立つ 徒労の 狂言師 LV77

リビングタワーはマヒさせとけばいいと思う。

 

θ潮垂れる 落日の おぼろ月 LV78

バイソントータスはマヒさせとけばいいと思う。

 

θ請願する 白日の 戦巫女 LV79

みんなマヒさせとけばいいと思う。

 

なんかスッキリしたので、天狼と清々しくバトル。

アトリちゃんがまた参戦したいって煩かったけど、クーンさんが代わりに戦ってくれるってことで纏まりました。

「か弱い」女性のパイさんも今回はサポートに。

レベルを上げ過ぎたみたいで、楽勝でした。

 

天狼はやっと正気に返り、揺光が未帰還者になったことを聞かされます。

なんかすごい吼えとった。

ちょっとこっちも悲しくなってきましたね~。

で、天狼と一緒にバトルに出た羽根男と裸男ですが、

突然出てきた、真・羽根男と真・裸男に倒されちゃいました。

後ろにはトライエッジ in 棺桶の姿も見えます。

う~ん、AIDAと同等の物と思っていたトライエッジが、AIDAを攻撃ですよ。

まさに三竦み状態ですが、どうなってんだろ、コレ。

 

続く。

2007年1月14日 (日)

.hack//G.U.~君思フ声~をやってみた③

θ顔なき 無限の 住人  LV50

養蜂王の仮面を入手しにバトってきました。

帰りにモンスターが湧いてきたんで、ついでに殺意も湧きました。

 

で、ドキドキしながらアリーナ1回戦。

なんかレベル上げすぎたみたいで、サックリ終了。

もっと歯ごたえのあるヤツはいないのかい?なもんです。

 

終わると、榊さんとボルドーがボソボソ密談してました。

悪巧みの匂いがプンプンするぜぇ。

 

それが終わると、シラバスからジョブ・エクステンドの為のクエストのお誘い。

相変わらず、お節介だな、って思ってたら、実は大火のオッサンの入れ知恵でした。

 

θ焦げつく 落魂の 七つ罪 LV54

余裕の無いハセヲは、シラバスとガスパーの和気藹々ムードにイライラ。

「遊びに来てんじゃねぇ!」

いやいやいや、ほとんどの人が遊びに来てるんだよ。

なんで、みんなハセヲに甘いんだよ。

もっと怒ってもいいと思うよ、シラバス?

 

まあ、ハセヲも仲間の大事さを分かったみたいで、ちょっと成長。

 

アトリからレベルアップのお誘いです。

でも、先に気になってたエリアに行く。

 

θ吹き抜ける 砂海の 熱風 LV53

ビックマンの影なしドッグ、クエスト。

ビックマンというと、ラブクラフトの「ピックマンのモデル」を思い出す儂。

あれも気味悪くて良かったなぁ。ウットリ。

 

影なしドッグは、影のあるやつをぶん殴れば楽勝です。

で、次。

 

θ激動たる 不屈の 番人 LV57

またまた、ケルヌンノス関係のイベントですね。

懲りないなぁ…

 

θ託ける 迷夢の 通い路 LV58

やっとアトリちゃんの教えてくれたエリアでレベルアップ。

これと言って変わり映えの無いエリアなんで、スルっと抜けます。

アトリちゃんと揺光とで、毒々しいまでの三角関係の方がスリリングでした。

 

月の樹の楢からアトリちゃんの症状について、メールが来てました。

つか、アトリちゃんの症状を知ってるのも胡散臭いし、ハセヲのメアドを知ってるのも胡散臭いです。

 

θ賢しき 卓才の 月夜鳥 LV60

 →θ隠されし 禁断の 黄泉国

 

楢はAIDAのことも知っていて、さらに装備までくれましたよ。

胡散臭いけど、物をくれるのはいい人です♪

 

2回戦アリーナバトル。

ええ~、バトルの前にも女の戦いが…

どうする、ハセヲ!?

 

で、月の樹の柊と対戦です。

「アンタの態度、どぉも鼻につくのよね。」

うるせえよ、このオカマ。

 

「歯ァ喰いしばれェ!

オラオラオラオラオラオラ!!!」

柊、お前、ジョジョ信者か!?

 

だけど、俺はッ!お前がッ!泣くまで殴るのをやめない!!

という訳で、楽勝でした。

バトルが終了すると、アトリちゃんから、しばらくログイン出来ないことを聞きます。

右手の麻痺の為、遠くの病院に行くそうです。

がんばれ、アトリちゃん。

 

θ悩める 彼女の 反定立 LV63

揺光と2人で。

道々、エン様がどうなったか聞く揺光。

ああ、あの俺にやられた電波系ね。と回想するハセヲ。

揺光は、抜け殻の様なエン様に出会ったそうです。

相変わらず、ミアを捜してるんだって。困ったね。

 

武器の双剣・忍冬を手にしたハセヲは、志乃さんのことを思い出します。

切な!またBGMが切な!

 

シラバスが元気ないらしいので、クエスト。

θ素晴らしき 不透明の 陰獣 LV65

「チムチムがいない…」

ハセヲの「チムチム」って発音がうっかり可愛かった件。

ここは、アサシンパパを蹴り殺して終了。

あれ?シラバス元気やん。

そう思ってたら、シラバスからメールが来ました。

やっぱ、アリーナで仲間外れにされたことを気にしてた様子(違

 

θ傍観する 野ざらしの 風来坊 LV60

エントウォールを切り倒す。

 

θ魂契る 覇王の 無縫衣 LV61

エントウォールを切り倒す。

 

レベルも上がったので、アリーナ3回戦。

月の樹の楢と対戦です。

何だかんだ言って、月の樹のヤツらは血の気が多いと見える。

あ、バトルの前に再び女の戦いが。

動揺するハセヲがカワイイね。

で、アリーナバトルでは、熟年スターの楢がわざと負けてくれました。

何を企んでんだか。

 

揺光と2人で特訓したことがよっぽど気に入らなかったアトリちゃん。

ハセヲに2人で特訓しようとメールが来ましたよ。

 

θたなびく 後ろ髪の 愛惜 LV67

でも揺光に見付かって3人で。

哀れ、アトリちゃん。

 

「なんだ、仲良くやってるじゃん。」

あ、ハセヲ。それ見せかけだから。

 

θ雑駁なる 八乙女の 勇み足 LV66

取り立てて言う事もないエリア。サクっとクリア。

 

クーンさんからメールが来ました。

どうやら1人でAIDA駆除を行ってた様子。

んもう、水臭いなぁ。早く言ってくれれば良かったのに。

 

θ密かなる 懐抱の 出藍 LV62

でもAIDA駆除が終わるとサッサと帰っちゃった。

クーンさん、利用するだけ利用して、バイバイなんて、ひどい…

 

で、メール依存症なので、メールチェックすると、揺光から天狼のことを詳しく知っている人に会いに行くとメールが来てました。

 

θ隠されし 禁断の 古戦場

よ、揺光がPKされちゃったぁぁぁぁぁ!!!

それは考えてもなかったよ。

好きなキャラじゃなかったけど、消えてくとなると寂しいですね。

で、揺光さん、ハセヲにエン様を仲間にしろと言ってリタイヤ。

エン様…ね。

頑張るよ。

 

続く。

2007年1月13日 (土)

絶対逆撫でなどをアップしなかったぜぇ(BlogPet)

絶対逆撫でなどをアップしなかったぜぇ!
と、坊ちゃんは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「坊ちゃん」が書きました。

2007年1月12日 (金)

.hack//G.U.~君思フ声~をやってみた②

え~っと、もうすぐ3巻が出るので、慌てて2周目を攻略中です。

で、ハセヲ達がリアルに復帰出来た続きから。

 

リアルのアトリちゃんの右手が、麻痺しているそうです。

一応、心配するハセヲですが、アトリちゃんの口から「榊さん」という言葉を聴いて、途端に不機嫌に。

いや~、青いね~。

でもこういう微妙な感情の揺れって大好きです。

儂、アトリちゃん派なので。

もっと、彼女を心配しろ、ハセヲ。

 

@レイヴンにて、八咫様からミラーサーバーでの一連の事態は、ただのネットトラブルとして処理されたことを聞きます。

その都合の良さにハセヲのみならず、クーンさんが珍しく激昂。

クーンさんは、プレイヤーの身を案じてサーバーの閉鎖を要求します。

でも、ハセヲはそんなことになると、志乃さんを救う手立てが無くなるので反対。

八咫様は…、まあ、八咫様だから。

で、クーンさん、離反。

あ~あ、またしばらくパーティー組めないよ。んもう。

でもこの間に趣味と挑戦状のカードを送ったら、アホみたいにメールコンボが成功したんで、いいとします。

とりあえず、合コンとケータイの女子の名前登録数で盛り上がりました。

クーンさんはいいとして、ハセヲよ…

 

@カナードにて。

ガスパーも、あの閉じ込められ現象に巻き込まれていたんですが、ハセヲがしらばっくれたおかげで、「寝ぼけてたのかなぁ」と言い出しました。

ガスパー、自分をしっかり持って!

 

若干メール依存症のハセヲがメールをチェックすると、オーヴァンから謎メールが。

Δ隠されし 禁断の 聖域

オーヴァンも、やたらAIDA、AIDAうるさいです。

碑文はAIDAを呼び、AIDAは碑文を呼ぶんだって。

オレがお前で、お前がオレで、みたいな感じ?(違

とりあえず、モルガナ八相を集めろと言われました。

ハセヲ、目の前に一相いるけど?

 

オーヴァンとはお別れして、ドル・ドナにお引越しです。

ここでシラバスとガスパーとでクエスト。

 

θ軽やかなる 蒸気機関の 円舞曲 LV48

 

雨号と雲号をぶっ壊し大作戦でした。

オーム波発生機を仕掛けて弱体化させるので、

肩慣らしにもなりゃしねぇ。

あ、きんさんこがいたんで、金欠の儂には助かりました。

 

で、再びメカグランティイベント。

地道にチム玉投入に励みます…

 

戻ると、揺光にイチャモン付けられましたよ。

なんかね、天狼がね、おかしくなってるんだって。

ハセヲのせいなんだって。

あ~、ハイハイ。ウザ。

 

パイから、碧聖宮でAIDA反応があると、都合のいいメールが来ましたよ。

で、揺光さんからも都合良く冒険に誘われましたよ。

なんじゃそれ?

 

θ厳酷なる 不浄の 灰神楽 LV51 

ぴろっさんと3人で大冒険です。

ぴろっさんのせいで、前が見難くて、モンスターを見失いますどうしたら?

 

ダンジョン最下層で、やっと揺光が話をしてくれました。

天狼さんってば、羽根男と裸男(身も蓋もねぇな。)と組んでから、エキセントリックになられたそうです。

揺光は、トーナメントに勝ち抜いて、天狼と話したいとのこと。

まあ、協力しないと話が進まないんで、仕方ねぇな。ち。

 

「アタシは一途でしつこいぞ。」

 

あ、ここは可愛かった。

でも儂、アトリちゃん派だから。

 

メール依存症なんで、メールチェックして、ルミナ・クロスへ。

パイ姐から天狼にAIDA反応が出たことを聞きます。

どうもAIDAサーバーから帰還したPCの中に、AIDAに感染にした者がいたとのこと。

これは感染するのではと、憶測をたてます。

え~、ワクチン作っとけよ。

 

で、アリーナに本登録。

アトリちゃんも、自分の手の麻痺のことがあるので、参加させてくれとハセヲにお願いします。

うわ~、三角関係きたよ、コレ。

ドッキドキですね~。

 

で、揺光からクエストのお誘い。

θたたずむ 悠揚の 西部劇 LV50

フィールドに着いた瞬間、白毛の「びょうき」から、「ドグサレ」とか罵られました。

蹴り殺すぞ、ゴルァ!

 

楽に蹴り殺せました♪

 

で、ラッキー・アンラッキーアニマルの集計をまたやるそうです。

メンドクサ。

 

帰ってから、シラバスに「トーナメント出場、勝手に決めてゴメンな。でも俺、主人公だから何しても許されるよな。」って、詫びを入れとく。

 

んでも、ちょっと不安なので、トーナメントに出る前にレベルアップ。

 

θ光満つ 千重の 金鳳花 LV52

はっしばがバトルを助けてくれました。

ありがとう、僕らのはっしば。

で、ここは何か後ろめたいんで、シラバスとガスパーとで楽しくバトル。

楽勝でした。

 

続くぜ。

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

引きこもり生活も、そろそろ飽きてきたんで、とりあえず髪を切りに行きました。

 

「え~っと、BLEACHの~朽木ルキアみたいな髪型で~。」

 

と、言えたら、どんなにいいだろう。

 

んなこと脳が裂けても言えるワケがないので、無難に毛先だけちょん切ってきました。

でも儂の中で長さのリミッターがそろそろ限界なので、

5㌢くらい切ってもらって、

先を梳いてもらって、

トップにボリュームもたせてもらって、

 

なんか田舎の中学生みたいになりました。

 

なぜ…

なぜ、そんなにビシっと真っ直ぐストレートになるまでブローするんですか?

美容師さん…

 

もうちょっと何とか…って言おうとしたけど、メンドクサなので、そのまま帰りました。

 

いいもん、あまりの待ち時間に、一房だけ切ってもらったのにも関わらず、ブチ切れてそのまま帰った前の職場のアノ女よりマシだもん。

 

で、ですね、儂の友人がついに結婚するそうで、

オメデト~ウ!

なのですよ。

もちろんお式には嫌がられても出席です。

儂好みのイケメガネがいるかもしれないと思うと、今からドッキドキ。

あ、服ってどうしたらいいんだろ?

真っ白のワンピ?

花嫁にケンカ売ってる?

ちっ、じゃあ、やっぱここはピンクかしら~。

あ、でも儂って、ル~ララ宇宙の風に乗る妖精だから、緑ってのも捨てがたいよなぁ。

う~ん、いっそのことピンクと緑の桜餅コーデか?

お式、3月らしいし。

あ、でもその前に腹筋鍛えとかないと、ワンピ着てお腹ポッコリ~で、妊婦に間違われたら救いようがない…

2007年1月10日 (水)

ドクター・フー第18話の感想

「THE GIRL IN THE FIREPLACE」

 

検索ワード<ドクター・フー 18話 乳>で来てくれた方。

おお、心の友よ!

 

 

「みんな殺される!」

逃げ惑うSMクラブ会員達お貴族様達。

ある女性は、暖炉の時計が壊れたからドクターが助けに来てくれる、とこのパニックがドクター絡みであることを明言。

 

それから3000年後。

めっちゃ飛んでるゥゥゥ!!!

 

ミッキーは、初めての宇宙船に大興奮です。

ドクター達が今いる時間軸は、51世紀。

場所は銀河を二つ半飛んだ所だそうです。

この宇宙船、ワープエンジンがフル稼働中で、これだけのパワーがあれば宇宙に穴を開けることも可能だとか。

しかし不思議なことに、乗組員の姿がどこにも見当たりません。

と、ドクター達の背後に、18世紀のフランスで使われていた様な暖炉を発見。

その暖炉の向こうには、1人の少女がドクターを見つめていました。

 

で、ドクターってば、少女の部屋に無断で不法侵入。

憲兵さ~ん、不審者ですよ~。捕まえてくださ~い!

 

でもここでおかしな時間の流れに気付きました。

暖炉越しに話をしてから、何ヶ月も過ぎているそうです。

にしても、暖炉が回転するなんて、それ何てドリフ?

 

ドクター、さらにおかしなことに気が付きました。

暖炉の上の時計は壊れているのに、時を刻む音がどこからかするのです。

その音の発信源を探すドクター。

ちょ!ベッドの下はヤバイって!

出たぁぁぁぁぁ!!!!!

何かおった!ベッドの下に何かおった!!!

めっちゃ怖!

何あのピエロみたいなん!

 

このめっちゃ怖い仮面人形ですが、少女・レネットの脳をスキャンしたそうです。

でもまだ「未完成」らしい。

何が未完成かは、今答えるとドラマが続かなくなるので、秘密。

 

ドクターは、この仮面人形を消火器で撃退。

瞬間冷却器だってさ。

凍りついた人形の仮面を取ると、下から歯車だらけの頭が出てきましたよ。

「ああ、何て美しいんだ!!」

ドクターの美的感覚が、ちょっぴり不安。

 

一段落着いたドクターが、再び暖炉を回転させると、そこには大きくなったレネットが立っていました。

「空想のお友達は、大人になったら消えるものだけど、貴方はずいぶん粘り強いのね。」

そういう問題じゃねぇぇぇぇぇ!!!

 

邂逅を喜び合う2人ですが、レネットはどこかへお出かけの様子。

「いろいろ聞きたいけど、時間がありません。」

チュ~したよ!

スゴイよ、フランス方式!

つか、いっつも思うけど、ドクターって、女性に弱いよ…ね…

 

チューしたドクターは大興奮。

レネットは後のポンパドゥール夫人だそうです。

それは浮かれても仕方ないな。

 

一方、宇宙船を探検していたローズとミッキーは、どう見ても人間の目とか、どうみても人間の心臓とかがチューブに繋がれている箇所を発見。

ドクターはというと、白馬を発見。

 

んで、ドクターがローズにレネットの説明をするんですが、ローズのコメントがヤバイです。

「愛人の座を狙ってるんだ。」

「カミーラね。」

ヤベェェェェェ!!

今は正妻だけど、間違いなくアノ人のことだよね、コレ。

圧力は掛けられないのか?

 

そうこうしているうちに、レネットの後ろに人形が。

コイツらは修理ドロイドで、宇宙船が壊れた為に、適切な部品を探していた模様。

消えた乗組員は、全員、宇宙船のパーツになっちゃったそうです。

機械って、融通利かないから怖いよね。

そのドロイド達ですが、最後のパーツを得る為に、レネットを狙っていたのでした。

 

何故、レネットを狙うのか、原因を割り出す為、ドクターが彼女の記憶を探ります。

でも逆に彼自身の記憶を読まれて、焦るドクター。

やっぱポンパドゥール夫人は天才だな。

どうもドクターは、孤独な少年時代を送ったみたいですね。

だから『家族問題』は苦手なのかな?

 

え~、今回、役立たず度MAXのローズとミッキーですが、囚われの身になり、切り刻まれようとしてます。

そこへゴキゲンな酔っ払い親父の様なドクターが帰ってきました。

うわぁ、ダメダメっぽさ極限だよ。

でも、そこはドクター。

酔っ払った振りをして、ドロイド達を停止させます。

ドクターってば、酔拳の使い手だったのか!(違

 

レネットが37歳になった時、築37年の宇宙船に適合するんだって。

そんな理屈から!

で、身の危険を知らせにローズがレネットのもとへ。

明らかにガッカリするレネット。

あわわわわ、女の戦い再びか!?

でも頭のいいレネットは、宇宙船に乗り込んだ瞬間、自分の置かれている立場を理解します。

そして、来るべき時に備える為、自分の時代に戻って行きました。

 

そして彼女が37歳になった時代。

大量のドロイドに攻めてこられ、パニックに陥る宮殿内。

レネットは気丈に振る舞い、パニックを収拾します。

ドロイドに刃物を突きつけられても、ドクターを信じる彼女。

そこへ白馬に乗ったドクター推参!

なにこれ、めっちゃカッコイイ登場の仕方!

カッコイイよ、白馬カッコイイ!

 

目的を見失ったドロイド達は、存在理由が無くなったので、停止しました。

でもドクターは無理矢理ゲートをこじ開けてやって来たので、もうターディスには戻れないそうです。

この国で生きていくことを決心したドクター。

そんなドクターを複雑そうに見つめて、レネットは彼を暖炉の前に連れて行きました。

この暖炉は、彼女の子供部屋の物をそのまま持って来た物だそうです。

そして、それは宇宙船にリンクしていました。

「2分で荷造り!」

ドクター、レネットを連れて行く気なの!?

ローズが焼きもち妬くのが、目に見えるんだけど。

そういうとこには気が回らないのね…

 

でも次にドクターが暖炉を回すと、もうレネットは亡き人になっていました。

だって、時間の流れが違うんだから、暖炉を閉じちゃダメだよ。

何で気付かないかな、ドクター。

 

「行こう、ローズ。まだ見ていない部屋を案内してくれ。」

しょんぼりするドクターを、1人にさせてあげようとするミッキー。

コイツ、ヘタレのくせして気が利くゼ☆

 

今回のストーリーも「面白うて、やがて悲しき物語」でしたね。

イギリスって、こういうパターン大好きですよね~。

最後、しんみりってのが儂的にはあんま好きじゃないんですが…

 

あ、何故ドロイドがレネットの脳を欲しがっていたのか、最後の最後で分かりましたね。

船の名前と一緒なのかよ!

 

デジモンセイバーズ第38話の感想

「バーストモード

  究極を越える力」

 

「倉田に勝って腹いっぱいメシを食う。」

そんな野望の為に、ベルフェモンに突っ込むマサルとアグモン。

そんなマサル達に引きずられるように元気になるDATSメンバー達。

 

こ、これが主人公の力というものか…

 

ミラージュさんもトーマ様に指示を仰ぎます。

「マスター、指示を。」

「分かっているだろ。」

「イエス、マスター。

誰が主人公に相応しいか、今度こそ視聴者に分からせてやるんですね。」

 

そんな悪巧みが進行中とは知らず、攻撃を受けながらも絶好調に突っ走るマサル達。

「調子はどうだ、アグモン。」

「サイコー、どんどん力が湧いてくる!

オイラ、Mだし。」

 

で、トーマ様はカッコイイポーズで皆に指示を出しています。

シャイングレイモンも以前よりパワーアップして、勝利を予感する皆。

でも、ベルフェモンの胸から倉田のお顔がコンニチワ。

キモ☆

「あなた達がいなければ、私は楽に世界のトップに立つことが出来たのに!」

ちっちぇえええええ!!!!!

倉田、ちっちぇえええええ!!!!!

図体はデッカくなったのに、こんな所で大門コンプレックスをカミングアウト。

ま、エリート意識バリバリのヤツで、こんな器の小さいヤツって結構いるよね。

打たれ弱いから始末に終えんのだわ、これが。

 

暴走したベルフェモンは、街の電気をエネルギーとして吸収し、ついでに時空振動爆弾も飲み込みました。

その為、ベルフェモンが攻撃をする度、時空が裂けて行きます。

その様子を見たトーマ様は、カッコイイポーズで回避を指示。

これ以上の攻撃を許すと、人間界とデジタルワールドがぶつかり、崩壊するかもしれないそうです。

そいつはヤバイぜ。

でもマサルは「ガンガンいこうぜ」モードを選択。

みんなのコンビネーションで、シャイングレイモンのグロリアスバーストをベルフェモンに叩き込みます。

よっしゃ、キタ!と思ったら、ベルフェモンさんは無傷。

どんだけ引っ張る強いねん。

 

で、さっきから高みの見物をしているバンチョーさんが、めっちゃ気になります。

 

マサルを庇い傷付いていく仲間たち。

それを見て、力を貸してくれと叫ぶマサル。

でも、力は貸したり与えたりするものではなく、合わせるものだとシャイングレイモンが語り掛けます。

シャインさん、アグモンには無いほどの冷静な判断力と知能!

 

心でそれを理解したマサルは、新たな力を発動。

 

「デジソウルバースト!」

 

今度は自分の感情に飲み込まれず、うまいことバーストモードに進化することが出来ました。

チャージのシーンがカッコイイね☆

 

「よくぞ、極めたり、大門大。そしてシャイングレイモンよ。」

 

バンチョー!!!

なんか解説してくれてるよ!

おそらく、これだけの為に待機していたと思われます。

ゴクロウ。

 

「こんなこと、許しませんよ。」

倉田が最後の悪あがきをしますが、マサルとシャイングレイモンのダブルパンチで倒されちゃいました。

ヤレヤレだぜ。

でも、ベルフェモンが消え去った瞬間、倉田が時空振動爆弾を作動。

なんかデジタルワールドが眼前に迫ってきてますが、気のせいでしょうか?

 

つか、倉田、最後の最後で余計なことを…

 

デジモンセイバーズ第37話の感想

「目覚めよアグモン

  ベルフェモンを倒せ!」

 

「今行くぜ。待ってろよ、みんな~ッ!!」

マサル、火事場泥棒の様に、デジタマを風呂敷に包んで移動。

もっと、こう…いや、いいや。マサルだしな。

 

一方、トーマ様は胸を張ってベルフェモンを攻撃中です。

清々しいお顔にキュンときます。

そんなトーマ様にヨシノの一声。

「トーマ、用事は済んだの?」

ヨシノさんってば、ウサギ屋の大福1週間分で許してくれるんですって。

器デッカイな!!!

 

トーマ様はベルフェモンに攻撃の手を緩めません。

「デジモンを憎んでおきながら、同じデジモンであるベルフェモンと融合してしまったんですね。」

「愚かな。」

ミラージュさんもサラっとイヤミ攻撃。

んでも、人間とデジモンを越えた存在になったって、ウットリしちゃってますよ、倉田さん。

図体もデカくなったから、神経も図太くなったのか、

オツムがちょっとアレなのか、気になるところではあります。

 

マサルもやっとこ戦場に到着。

トーマ様が戦うお姿を見て、ニヤリと笑いましたよ。

「トーマァァァァァッ!!!」

殴りにかかったぁぁぁぁあ!!!

でもそれを甘んじて受けるトーマ様。

見つめ合う睨み合う2人。

「ブレない、揺るがない、変わらない。

だからキミの拳は心に響くんだな。」

「へっ。」

いやぁん、ジャンプ的仲直りしたよ。

ええ~、見てるこっちが恥ずかしいよぅ。

でもちょっと憧れたりして。

 

調子を取り戻したマサルは、30階くらいありそうなビルの屋上からベルフェモン目指してダイブ。

ムリムリ、それ、絶対、死ぬから。

「今はここでじっとしていろ。

折角、僕が目立つチャンスなんだ。

パートナーのいない、一般市民は指くわえて黙って見てな。」

トーマ様、ミラージュさんにカッコ良く、プランCを命令。

でも歯が立たず。

しかもベルフェモンに踏み潰されちゃう!

「弱いとは悲しいものですね。遊び相手にもならないんですから。」

みんなの神経を逆撫でする発言で、勝ち誇る倉田さん。

そんな憎まれ口を叩くと、退場までのカウントダウンが始まりますよ?

 

もうちょっとでミラージュさんがペッチャンコになりそうな所で、鞭が飛んできました。

「私達もいることを忘れないで。」

ロゼモォォォォォン!!!!!

ゴメン、忘れてた☆

 

DATSメンバーが総攻撃を掛けますが、返り討ちにされます。

「害虫の分際で。」

なんだよ、脇役の分際で。

なんだか色々酷い発言連発する倉田に、イクトの怒りが爆発寸前。

でも倉田を哀れむ様なイクトに、彼の成長を強く感じました。

 

「オマエ、デジモンのこと何も知らない。

オマエ、可哀想。

オマエ、仲間いない。

オレ勝つ。仲間いるから!」

 

ちょ!

言ってることが幼稚園児のイジメのようだぁぁぁぁ!!

 

で、ついにファルコモンが究極進化してレイヴモンになりました。

 

「やったぜ、イクト!漢だぜ!」

ホントだね、マサル。

 

つかレイヴモンがめっちゃ強いです。

マサル、喜んでる場合じゃないよ。

またまたイクトに人気を奪われちゃうよ。

あ、でもレイヴモンの力を持ってしても、ベルフェモンには敵わないようです。

怒りでむしろパワーアップしてはります。

そんなベルフェモンの攻撃から、身を挺してマサルを守るイクト。

めっちゃカワイイよ!

好感度めっちゃアップだよ。

 

でもでも、倉田の意識がベルフェモンに取り込まれ、戦局はますます不利に。

 

まあ、DATSの隠れ家で、マサルママが玉子焼きを焼いてるんで、危機感全くありませんが。

つか、タマゴ何個使うねん!

 

その頃、マサルは自分の無力さに打ちひしがれてました。

「戦いてぇ!」

マサルの魂からの呼びかけに応える様に、デジタマに亀裂が。

でも孵ったのは、アグモンとは似ても似つかない形のデジモンでした。

やっぱり俺のことを覚えてないのか、と悲しむマサルにそのデジモンがアグモンの声で答えます。

「何言ってんだよ、アニキ。」

え~、もうね、めっちゃ感動。

儂の目からも、心の汗が出てきそうだぜぇ!

2007年1月 9日 (火)

恋する天使アンジェリーク第1話の感想

「新たな使命」

 

OPがね、カッコイイんですよ。

オレ達は神鳥のヤツらみたいにヌルくないぜぇ☆

って、感じ?

ま、儂の目はエルンストさんに釘付けですけど、何か?

 

心めざめる時から3ヶ月。

うっかり気絶しっ放しだったエンジュもやっとお目覚めです。

宮殿内の氷も溶け、微妙なテンションのレイチェルともご対面。

半年振りに目が覚めて、半分寝ぼけている模様。

なんかね、女王が失踪したらしいよ?

この宇宙のどこにも見付からないそうです。

 

あ、そ。

じゃあ、私は神鳥の宇宙に帰って、鋼様とネオロマの続きをやらせてもらうわ。

グッバ~イ♪

颯爽と帰ろうとしたエンジュですが、ここで残念なお知らせです。

「待てや、テメェ!

それじゃ番組的につまんねぇだろ。

つか、もう帰れねぇよ、ヴァ~カヴァ~カ。」

レイチェルさんから、衝撃の告白。

 

ぶっ壊された次元回廊を修復するには、神鳥と聖獣の女王の力が必要とのこと。

しかし、聖獣の女王が不在の今、それは難しいようです。

寝てたかと思ったら、今後は失踪かよ。

この役立たずめ!

ギリギリ歯軋りするエンジュ。

 

でもここでヒラメキ。

 

「たとえ、神鳥の宇宙に帰れなくても、私が道を切り開かなくちゃ。」

そうよね、私が主人公なんだし。

ひょっとしたら、アリオスとイチャラブ展開かも?

キャ~♪

と、1人ほくそえむエンジュに乾杯。

 

その頃、神鳥の宇宙では守護聖様方が、全宇宙の乙女達に自分の存在をアピール。

・マルセル様は、ヒロインらしく?ぬいぐるみをじっと見つめてます。

・ランディ様は、エンジュを心配しつつ、アーチェリーのお稽古。ナゼ?

・ルヴァ様は石版の解析。

・鋼様はメカチュピで遊んで(違

 そういや、「鋼」と書いて「ゼフェル」って読む名前の子供さんがいるんですってね。

 その手があったか!!!!!

 

で、聖獣の女王様はというと、サクリアの精霊に囚われて、影の国にいる様子。

「どうすれば陛下をお救い出来るんですか?」

エンジュ、メンドクサと思いつつも一応聞いてみる。

「どうすればいいか、貴女はもう知っています。」

どっこい、女王の方がメンドクサって思ってる!!

 

エンジュはコンチクショーと思いつつ、自分の心の中(煩悩)を探ってみます。

すると、あらあら不思議。

鋼様筆頭に、守護聖様方のサービスショット連発。

「思い出すんだ、エンジュ。

そなたのしてきたことを。」

誇り高い光の人が、誇り高い幻で、誇り高くアドバイスです。

エンジュ、これでピンときました。

「そうだ、分かった!」

イケメンだよ!

神鳥の宇宙の様に、聖獣の宇宙でもイケメンを私の周りにハベらすのよ~!!

 

レイチェルさんにも、尤もらしく報告です。

守護聖の力があれば、宇宙はうまいこと繁栄できるかもね~。

と、レイチェルさんも嬉しそう。

でも騙されちゃダメ。

エンジュの目的は違うのよ!

 

でもレイチェルさんもカワイイ顔して非道です。

「どんなに抵抗しようが、守護聖候補を聖地に連れて来なくちゃならない。

私達にとって必要な人物だからね。」

怖いよ、レイチェルさん!

 

その言葉にエンジュの脳裏に、薄暗い陰気臭い顔した闇の人が浮かびました。

ノンノン!

トラウマがあると恋愛ゲージがうまく上がんないのよ。

「私にやらせてください!」

エンジュ自ら守護聖候補のスカウトに名乗りを上げました。

自分が行くことにより、自分の好感度だけ上げる恐ろしい作戦です。

 

で、最初の犠牲者は、惑星ジーレの将来漁師希望の元気者・ユーイ君。

ああ、もう逃げられない…

 

そうそう、EDも良かったんですが、

水の人2人そろって観光案内してるみたいで、ちょっと笑えました。

NORA 8巻 の感想

フォールさんとのバトルも8巻で決着。

8_3

ウ○コっぽいタトゥーだな、コレ。

にしても、ノラってばよく体を操られるよね。

操られ癖ついてんのか?

 

82_2

オセル、カワイイよ!

犬っぽいところがカワイイよ!

や、確か元ネタ悪魔はヒョウだったと思うけど…

気にしない気にしない♪

 

83

なんかそうめん巻き付けてカッコイイこと言ってる。

 

いやいや、ホント、カズマはすごく成長したと思います。

 

84

ノラも成長したよね~。

 

2人の絆が強く結ばれていたからこその勝利を得ました。

まあ、ノラが魔力吸収と放出で世界を支えることになったってのは、

ご都合だなぁって思わないでもないけども。

 

85

滅多に使わない言葉だよね☆

「忌々しい」

今度カッコ良く使わせて頂きます。

 

で、次の巻で第1部が終了…

 

な、なんだって~ッ!!!?

 

第1部で終わらせといた方がいいんじゃね?

いや、続くのは嬉しいんですが、2部とかになると途端につまんなくなるヤツの方が多いやん。

キレイにすっぱり終わらせた方が…

う~ん、微妙だなぁ。

 

イヤイヤ、続くのは嬉しいんですよ、ホント。

 

鋼の錬金術師15巻の感想

1月も中途半端に9日過ぎましたが、皆様、いかがお過ごし?

 

ハガレンの15巻は、イシュヴァール殲滅戦の話で、かなり重い内容ですね。

発売日には買ってましたが、感想を書く勇気が出ねぇ。

さっき1回読み返したんですが、涙出てしょうがないよ、コレ。

 

15

儂さぁ、1回だけ間近で盛大に噴いた人を見たことあるんだ。

迷 惑 だ よ ね ☆

 

152

真理だな。

ヒューズさんてば、昔っから奥さんにメロメロですぅ。

 

153

戦争は経験してないんで、ノックス先生の無念さってのは

儂には半分くらいしか受け取れないと思うんですよね。

でも実際の戦争には人体実験とか付き物だったみたいだし、

日本もやってますよね。

 

戦争だったからか、人間の隠された本能からなのか、

その状況に身を置かないと理解は出来ませんが、

儂がもし、その立場に置かれたら、

ロックベル先生の様に振舞いたいですね。

「やらない善よりやる偽善」

いい言葉だと思います。

 

154

キンブリーみたいな人間は、

まさしく戦争の寵児というか、適正者だと思います。

言ってることは間違ってないもん。

まあ、彼は、破壊することが楽しくて一線を越えちゃいましたけど。

 

155

戦争ってイヤだよね~。こんなこと、しないように皆で手を取って平和な世界になるよう頑張ろうね~。

そんな言葉は絵空事だと実感できる一言。

一瞬で、無残に無慈悲に、なぜ薙ぎ払われなきゃならんのか。

戦争だからか。

戦争なら、何をしても許されるのか。

戦火においては英雄でも、終われば人殺しとして裁かれる。

こんな不毛な行為は愚かだと分かっていながら、今でもどこかで戦争は続いています。

 

「戦争の映画とかね、そんなのは観ないですよ。」

カバーの言葉がズシリと心に留まります。

 

ヤベェ!書いてて欝になる!

 

4コマはいつもの様に面白かったですね~。

スカーがいいようにあしらわれてるのがカワイイです。

 

儂はフトモモ派ですよ、ブラッドレイ閣下。

2007年1月 8日 (月)

コミクス感想

[ダブル・フェイス 11巻 ・ 細野不二彦]

今回は、春井さんの過去が垣間見れた切ないお話と、

黒渕ライブラリーに接触しようとしてきた、悪徳業者のお話でした。

  11

それにしても、毎回いい話描くよなぁ。

 

112

“正義”について悩むジャンヌに、スッパリ自分の意見を述べる春井さん。

過去にとんでもないことがあったからこそ、持てる信念もあるってことですね。

 

病院のエピソードにはホロリときました。

みんな、年寄りは大事にしないとダメよ。

 

[電波の城 2巻 ・ 細野不二彦]

この人の書く主人公って、みんな超越しちゃってますよね。

2_5

BSのお天気お姉さんに採用される為、

やれることは全部やった…って、めっちゃ怖いよ!

1人、病院送りになったよ!

 

天宮さんは、味方にすると女神とか天使とかに見えるらしいんですが、

敵に回すとおっそろしいですね。

22_2

FM時代の乗っ取りエピソードもボチボチ明らかになってきてますが、

大ダメージを受けるであろう、社長さんに今から同情です。

 

コミクス感想

何故、正月早々、自分が躍起になってコミクス感想を書き続けているか分からない。

自分で自分が分からない。

 

でもあと6冊感想書けば終わりだし。そのあと、ゲームが…

 

[クレイモア 11巻 ・ 八木教広]

北の都市・ピエタに集結した覚醒者達と、クレイモアの死闘から。

でもライオンマスクのせいで、クレイモアの方が被害が甚大です。

もうダメっぽいって所で、クレアが四肢のみの完全覚醒を行い、

ライオンマスクを倒しましたが、戦局は打開できず。

  11_2

クレアが覚醒者になりかけちゃいました。

そこへジーンが自分の命と引き換えに、クレアに人間の意識を取り戻させます。

 

なんかもう、吹雪いてるし、希望も何もないし、読むのが辛い展開なんですが、本誌の方では復活してるっぽいし、いいとします。

で、覚醒者達もアレなんですが、組織の方も、後々倒さなければならない様ですね。

じゃないと、クレア達が本当に幸せになるってのは難しそう。

112_1

ルシエラ、カワイイよ!

リフルもカワイイけど、断然ルシエラの方が好み!

このマンガには美人さんが多く登場してくるので、それも楽しみです。

 

[孔雀王 曲神紀 2巻 ・ 荻野真]

もうず~っと読み続けてる孔雀王ですが、この曲神紀は土着信仰の神が多く登場します。

で、曲神の説明もしてくれたんですが、イマイチよく分かりません。

2_6

奇魂、カワイイよ!

 

月読の月我を体内に取り入れ、欲望バリッバリな人間に取り付いた霊が、曲神って解釈でいいのかしら?

21

いろんな意味で最強最悪の神さん出てきた!!!

 

曲神は、結構強力で、孔雀の真言もイマイチ効き目が薄いです。

それをサポートするのが、スサノオの牙。

でも、この牙にもまだまだ謎があるみたいです。

で、孔雀は織姫の力を借りて、物部村に出発~♪

ってことで、とっ捕まっちゃいました。

 

まあ、アレです。

今回、唾液やらゲロまみれになった孔雀がちょっぴり哀れでした。

 

2007年1月 7日 (日)

コミクス感想

もうホントにね、先月以前に出たコミクス感想ってのもアレなんですけども。

もう、儂なんか、洗ってない犬の匂いがするぜぇ!って罵ってもらっても構いませんけども。

せっかく自主的ロングバケーションに入ったんで、気の済むまでやらせて下さいすんません。

 

[魔人探偵脳噛ネウロ 9巻 ・ 松井優征]

vs HAL編の中盤ですね。

9

いっつも傲岸不遜なネウロが焦った表情っても、またいいもんですね~。

クラクラします~。

 

ヤコちゃんの拷問も今回は、油性マジックだったり、瞬間接着剤だったり、ガソリンだったり、ロープだったり。

もう、クラクラします~(え

 

吾代さんの車もボッコボコにされるし、篚口も敵に回るし、アノ人も、ありえないくらいシャツをズボンに入れちゃってるし、目が離せない展開。

 

相変わらず、オマケカットはステキでした。

92

これはもう流行らすしかないね☆

 

[太臓もて王サーガ 5巻 ・ 大亜門]

欲情生徒会が暴走し過ぎて、極上も何もあったもんじゃねぇって巻でした。

5_1

これ、ティッシュでスカート作って、それを見て描かれたそうです。

んもう、大センセーって努力家さん♪

 

52_1

儂も妖精さんなんですが、

妖しい精では決してありませんとも。

 

それにしても、大センセーのファンレターが月に10~20くらいしか無いってのが驚きでした。

みんな、もっと出してやれよ。

出さない儂が言うのもアレだけど。

 

あ、外伝の荒木センセーが描かれた太臓が、あまりにも麗しくて

ズギュゥゥゥゥゥン!!!って感じでした。

最高だった…

 

[都立水商! 14巻 ・ 猪熊しのぶ]

今回はホストのタマゴのお話でした。

目的があって、手っ取り早くお金を稼ぐ為にホストを目指す田畑と、

尊敬する人が花柳界にいたので、ホストを目指す七瀬君と、

好対照な2人がメイン。

内容は、兎と亀っぽかったです。

14_1

メガネは親父ギャグも麗しい。

 

で修学旅行が北海道か福岡なんですが、水商なので研修を兼ねて夜はお仕事。

北海道組はススキノだそうです。

いやだ、そんな修学旅行。

 

コミクス・コードギアス 反逆のルルーシュ 1巻の感想

買ってみました1巻。

あ~、アニメよりも小規模な感じで、ブリタニアぶっ潰し作戦決行中って感じです。

 

始まりはお貴族様とのチェスでスタート。

ここはアニメと同じですね。

そこからトラブルに巻き込まれることなく、学園に帰っちゃうけど。

そう、この学園ってのがアレだ。

なんでか知らんが、物事のほとんどが学園で進行してるよ。

スザク君も最初から学園にいるしさ。

1_2

部活内恋愛って禁止されてるし~。

 

あれだけ差別化されてる日本人と、ブリタニア人の共学ってのが不自然です。

あと、ロイドさんまで学園の校医さん?なのが笑った。

そこまで学園に縛り付ける意味が分からん。

大人の都合ってヤツかしら?

 

12_2

カッコイイ、クレジットの組み方。

儂も今度、車買う時こう言ってみよっと。

 

で、力を手に入れたルルは、選民意識バリバリの学生にその能力を使ってみたり、

メイドさんから苺を食べさせてもらったり、

結構やりたい放題です。

 

カレンちゃんも学園内でテロ行為に勤しんでます。

13_2

自分を 世界さえも 変えてしまいそうな

瞬間はいつもすぐ傍に!!!

 

やってることは、校長センセの銅像にイタズラするヤンキーたんと何ら変わりはありませんが、何か?

 

1巻ではクロヴィス殿下、サヨ~ナラ~まで。

でもルルのお母様暗殺計画に噛んでいた皇族の中に、コーネリア様の名前が入ってなかったので、そのへん、微妙に変わってくるのかな?

コーネリア様は結構好感度高いんで、陰謀に関与してない方が儂としても嬉しいです。

 

14_2

最後に出ちゃったよ、ヘンタイ仮面。

ルルってば、もっとマシなコーディネートは無かったのかってばよ。

 

2007年1月 6日 (土)

BLOOD+ 4巻の感想

Blood04

どのマンガ見ても、この表情だな、アンシェル兄さん。

 

で、ディーヴァと愉快な仲間たちは、赤い盾のお船にみんなで殴り込みです。

 

あっれぇ~!?

ジェイムズさんってば、登場して8コマでサヨナラですよ~!?

あっれぇ~!?

ほんと、カチコチねぇん。

そんなネイサンも、ディーヴァに内臓ブッ千切られて瀕死だけど。

ショッペェなぁ…

あ、でも黒ソロモンはステキでした。

 

Blood042

白さに誇りをもって着込んだ白スーツが、黒く見える程ブラックだぜぇ。

 

でさ、小夜ってばディーヴァの歌で暴走してんですよね。

それを正気に戻したのがさ、沖縄出身のアノ人なんですよね。

あ~あ、ツマンネ。

Blood043

もっと言ってやれ、ハジ!

 

 

Blood044

ディーヴァ、めっちゃカワイイよ!

 

ディーヴァと対峙し、彼女の夢“世界中の人間を翼手にする”って言葉を聞いて浮かんでくるのが、沖縄出身のアノ人ってのが気に入らないけども。

そして、小夜よ!

小夜の言葉一つで、暗~い表情浮かべて自分を追い詰める従者が控えてるのもお忘れなく。

 

因縁の姉妹対決は、ディーヴァの「んちゃ砲」で船が破壊されておあずけ。

すげぇ声量。

 

囚われのリク姫は、ディーヴァと交配させられそうになった挙句、首を絞められぶっ殺されそうになりましたが、黒ソロモンさんに助けられ、何とか脱出成功。

それにしても、黒ソロモンさん。

自分のお顔を傷付けられたからって、離反するとは。

意外とちっちぇなぁ…

だが、そこがいい。

 

で、一つ気になることが。

最後のシーン。

「捜そう 小夜とリクを」

カイよ…またハジは除け者か…

 

あ、おまけの四コマは、チョコレート翼手の悪夢で悩むルイスが、めっちゃキュートでした。

BLOOD+A 2巻の感想

サヤハジ至上主義の儂としては、

ハジの回想シーンで、めっちゃときめき♪

ときめきメモリアル♪な訳ですよ。

待ちぼうけ喰らってるハジとか、

全裸の小夜にのしかかられて血を吸われてるハジとか、

ゴハン食べる小夜を見てるハジとか、

この戦いが終わったら、何をするか考えといてって言ってる小夜を、ホンワカ見つめるハジとか、

どれもサイコー。

 

でも現実は、ハジの串刺しタイムでした~。

つか、ラスプーチン、早くしねばいいのに。

頑張って下さいよ、アンシェル兄さん。

Blooda2

お前の顔が悪魔だよ。

 

なんか、ラスプーチンもディーヴァに愛される為にね、色々頑張ってたみたいだけどさ。

やることが自分本位でさ、もうキライ、ほんとキライ、全部キライ。

ディーヴァに「いらない」って言われたって同情してやんね。

(ハジをイジメたからってのが、デッカイ理由なのは内緒ですよ。)

 

で、楽団のみなさんまで翼手化してまして、慟哭する小夜に刀を渡すハジの辛そうな表情。

Blooda22_1

出来ることなら、代わってあげたいのに出来ないハジの苦悩。

見てるこっちが辛くなります。

 

一方、やりたい放題のディーヴァたんは、アレクセイをシュバリエに。

Blooda23

最高のプロポォォォォォズ!!!!!

 

ええ~、もう、めっちゃカワイイよ、アレクセイ!

んでも小夜に一瞬で、肉塊に変えられちゃいました。な~む~。

アレクセイの世界はあまりに狭くて、ディーヴァしかいなかったってのは分かるんだけど、小夜にだって、そうしなくちゃいけない理由がある。

その小夜に対して、アレクセイは言ってはいけない言葉を発しちゃったワケです。

『人殺し』

小夜にとって、その言葉は体の傷より鋭く、心を抉るんだよ。

このシーンは、読んでてどっちも可哀想でした。

アレクセイも小夜もね。

 

唯一の救いは、ディーヴァがアレクセイの死を悼んでいたこと。

ディーヴァがこの気持ちをもっと持っていたら、アニメのラストの様にはならなかったのかしら。

ま、今そう思っても詮無いことですが。

 

でもコミクスのラストは良かったですね~。

Blooda24

ハジ、頑張った!

コミクス感想

[DOLLS 3巻 ・ naked ape]

ゴッド・ハンド事件がメイン。

特刑のⅠからⅢで分担して捜査という、

まあ、読んでる人には分かるだろう、お先真っ暗な共同捜査方法。

でも、個性の強過ぎる皆様ですから、重なり合わない様に、捜査範囲を分断しました。

で、第一は法務大臣のお守りです。

でもこの大臣さん、かなりの食わせ者。

ものっすごい好みです。

チョコ好きもポイント高いです。

3_3

肝心のゴッド・ハンド事件は、警察関係者も巻き込んだアンチ特刑テロでした。

まあ、かなりの特権を与えられた特刑と、軋轢のある警察関係者の気持ちも分からんではないけど、自分の手で、誰かの命を奪わなければならない彼らの重責も考えてやれ。

ってな感じです。

32_2

今回、ポイント高かった人。

儂、気が強くて高飛車な頭のいい女って大嫌いなんですが、(これがヴァカだとカワイイのは何故?)彼女はいいですね。

御子柴に絡まれて赤くなる所なんかキュンときます。

 

[機動戦士ガンダムさん つぎの巻 ・ 大和田秀樹]

儂、シャアが出てるガンダムって見たこと無いんですが、何故か買っちゃってます。

分かんなくても面白いよね、コレ。

Photo_21

愚問だな。

  2_3

ひよこさんもかなりカワイイです。

つか、鳥を飼うと、1回は頭の上に爆弾攻撃されますよね。

が・ま・ん。

 

あと、隊長のザクさんは、ホントにもう、切なくって。

こんな中間管理職の人って、沢山いるんだろうなぁ。

コレ読んだ若者は、気の弱いオッサン上司をイジメるのは、今すぐやめような。

 

[トリニティ・ブラッド 8巻 ・ 九条キヨ]

82_1

あれぇ?

ここにもガンダムさんがいるよ?

 

小説、アニメで何回も見てる、お馴染みの女王暗殺のお話。

これもコミクスではクライマックスですね。

8_2

マザコン・スレイマンが、あんまり構ってくれない女王に対して、遅まきながら反抗期。

って展開でした(違

 

この巻は、儂の中でトリブラ名シーン№1じゃないかってくらい、好きなエピソードが入ってます。

“渇き”を覚え、エステルを襲いそうになったイオン君が、自分を殺せと彼女に懇願する所ですね。

エステルは「吸ってもいいですよ。」ってイオン君を赦します。

まさに聖母の様なエステル。

うぉぉぉぉお、好きじゃぁぁぁぁ!!!

 

で、あとがきサイコーでした。

いなりとバナナを差し入れに持ってくる担当さんとか、

ネームをカッターでペン入れする九条センセとか、

ステキな人ばっかですね。

 

退魔針 紅虫魔殺行1巻の感想

退魔針っていうのは、菊池秀行センセ原作のコミクスなんですが、

儂の大好きなクトゥルー神話も絡んでて、かなりお気に入りでした。

で、太古から人間に害なす妖魅を、針で退治する退魔師が主人公でした。

前のコミクスでは。

今回は、敵で出てきた紅虫さんが主人公です。

で、作画がシン・ヨンカンさんに変わって、ちょっとショック。

Photo_20

斉藤岬センセの絵が好きなのになぁ。

 

今回、紅虫さんがかなりシャープかつスタイリッシュになってて笑えました。

前は噛ませ犬っぽく、はっちゃけてて、そこが好きだったのに。

1_1

はっちゃけの“は”の字もねぇよ。

まあ、カッコイイからいいとします。

 

1巻は、韓国が舞台。

謎のムカデ軍団やら、淫蘭って名前のコウモリ女やらに追われるヒロイン・大鳥恵。

それをカッコ良くスタイリッシュアクションで助ける紅虫さん。

物語はまだ序盤なので、何故ヒロインが追われているのかサッパリ分かりません。

でも「キナサ」とか出てくるし、2巻は日本に移るらしいので、長野県の鬼無里が関わってくるんでしょうか?

前回も鬼の話だったし、鬼女・紅葉関係かな?

つか、ヒロインってば、もう死んでるみたいだし。

最終回とかションボリしそうです。

あ、大摩センセとか出てきたら嬉しいなぁ。

 

12_1

帽子の上にろうそく1本。

これが今年1番のファッション☆

 

溜まりました。

Photo_18

多分、こいつらは感想を書いてないと思われます。

今日からボチボチ書き始めようと思います。

これの感想を書かなきゃ、気になって就職活動も出来ません。

あ、あと、ゲームも終了してないので、アレも終わらせないと就職活動出来ません。

あ、あと…とか言ってるとオカンにぶっ殺されるので、適当な所で夢の国から旅立たなければなりません。

世知辛いね。

坊ちゃんは(BlogPet)

坊ちゃんは、ジャガーと一へジャガーで参加された!
いやきのうはジャンプされたみたい…
いや雨竜に乳へ参加されたみたい…
いやきょうはポーまでジャガーが先生みたいな広告するつもりだった?
だって坊ちゃんは勘っぽい戦争したかったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「坊ちゃん」が書きました。

2007年1月 4日 (木)

参る!

今日は地元の神社にお参りです。

宮司さんが、謎の失踪を遂げてから数年が経ちましたが、まだ新しい宮司さんがやって来ません。

まあ、過疎化が進む田舎だから仕方ないのかもしれないけど、由緒正しい神社なだけにもったいないです。

Photo_16

いっそ、儂が宮司さんに!

 

…調べたら年齢制限でひっかかっちゃった。

そんなに若くてピッチピチの方がいいのかぁぁぁぁぁ!!!

神も仏もあったもんじゃねぇぇぇぇぇ!!!

 

んでも、古墳もあって、古くていい神社なんで、早いとこ誰か宮司さんに来てもらいたいです。

今は他の神社の宮司さんが、持ち回りで管理してるけど、それじゃあ神様に失礼な気がしてなりません。

小さい頃から慣れ親しんでいるので、ホント、そう思うんですよね~。

欲は言いません。

白さに誇りを持ったイケメガネの宮司さんが来てくれます様に~。

 

で、次は御大師様。

なんか親父が調子に乗って、山登りを始めやがりましたよ。

山道にズラ~っとお地蔵様が並んでて、四国八十八箇所のお寺の仏様が祠に祭られてます。

ちなみに祠を探っても、小さなメダルは出てきません。

 

儂、まだ体力には自信あるから、一緒に山登りしたけど…

Photo_17

道がハンパねぇぇぇぇぇぇ!!!

 

…今日のヒールは…5cmくらい…か…なぁ…

とんだトレッキングです。

いや、あのぅ、登る時はいいんですよ。勢いで。

降りる時が、めっちゃ怖い。

ヒールがね、プルプル震えてやがんの。

死を覚悟しました。

 

で、無事に降りられたんで、次は沼っぽい名前の八幡様へ。

ここも…階段…かよ…

まあでも、山道よりは全然登りやすかったので楽勝でした。

でもね、太ももがね、プルプル震えてやがんの。

筋肉痛を覚悟しました。

 

ここはねぇ、儂がお払いしてもらった神社なんで、いつもより3割増しで感謝の念を込めてお参り。

な~む~(違

 

明日から、何かとんでもなく良い事が起きそうな予感(こればっか)。

 

2007年1月 3日 (水)

お買い物

今日はですね、お友達とその旦那と、HI・RO・SHI・MAの金剛石街・太陽っぽい名前の複合施設にお買い物に行きました。

お正月の3日目で覚悟して行ったのですが、思うほどギュウギュウでは無く、もっさりショッピングを楽しみましたよ。

なんか3階を6往復くらいしたけど。

街中は、これでもかと言うくらい、車が宮島さんに吸い込まれて行ってたけど。

 

それはいいとして、儂はここ、初めてなので、おのぼりさんモードでショッピング。

ぐっさん県の田舎には、どう転んでもお目見えしないテナントとコンニチワして、大興奮です。

お友達は、グラサンやらピアスやらちびっ子のオモチャやらコートやら順調に買い進めてました。

 

儂?

 

・お洋服

 気に入るワンピースが見付かりませんでした。

 

・ブーツ

 気に入るブーツが見付かりませんでした。

 

・お財布

 コロッと忘れてました。

 

・ゲーム(機)

 なんか売り切れてた挙句、入手困難って表示してありました。

 

でも1番手に入れたいものは購入しました。

Photo_14

LUSHの石鹸とコミクス。

あははははははははははははは。

 

「退魔針 紅虫魔殺行」が、儂の住んでる地域の本屋、どこを探しても無かったんですよね。

儂んとこみたいな田舎には、メディアファクトリーの本は配給されんのかのぅ…

って、ガックリきてたんで、見付けて大喜び。

大好きな紅虫さんを舐める様に眺めます。

感想はまた今度書かせて頂きます。

 

LUSHの石鹸は、みつばちマーチとnorikoソープを購入。

norikoソープは、米や日本酒、豆腐等を使った冬季限定だそうです。

ええ、冬季限定。

もちろん冬季限定。

つか、冬季限定。

買うしかないじゃねぇかぁぁぁぁぁ!!!

 

でも使うのは、みつばちが先♪

この甘臭い香りがなんとも堪りません。

冬だからウットリできる。

夏なら、あまりの甘臭さにぶっ倒れると思うけど。

でもほら、今は冬だし、お肌カッサカサだし、はちみつ成分でツヤツヤ計画でさぁ。

え?

お風呂上り?

もう、トゥルットゥル。

隅から隅までトゥルットゥル。

甘臭いけど。

いいの、夏になれば、赤頭巾ちゃん気を付けてだから。

 

そんなワケで、甘臭ささに包まれて、ウットリしながら夢の世界へ旅立ちます。

2007年1月 2日 (火)

真の寝正月

朝から早く起きて、地元の神社にお参りしようと思ってたんですが、時計を見たら正午でした。

キッチンへ行くと、ママンの字で

「街へお買い物に行ってきます。」

と書かれたメモが置いてあり、儂だけ置いてけぼりでした。

 

なんじゃそりゃぁぁぁぁぁ!!!

 

悔しくてフテ寝してました。

気付くと午後3時でした。

 

めっちゃ頭痛い!

寝過ぎで頭痛い!

つか、1日つまんねぇ過ごし方した!

 

いいもん、明日はお友達とお買い物だもん。

お洋服とかブーツとかLUSHの石鹸とかコミクスとかゲームとか見てくるもん。

2007年1月 1日 (月)

明けましてニートだぜ。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

Photo_13

 やっぱ、りんご飴はいいよな~。

 

という訳で、やっと退職することが出来、元旦早々無職です。

まあ、ず~っとプラプラしてる気は全くないんで、すぐに仕事探しの旅に出なくてはならないんですが、とりあえず10日くらいまでは引き篭もります。

 

で、昨年は自分的に冴えない年だったので、年明け早々に初詣に行きましたよ。

つか、職場の同僚ちゃんが連れてってくれるという話だったので、31日に仕事が終わってすぐ、同僚ちゃんのお家へ。

そこの家族と共に年越しソバをすすり、景気が良くなるようにとケーキを食い、腹いっぱい。

ついでに紅白も堪能です。

だってさ、サブちゃんがさ、「まつり」を歌うんだよ。

♪燃~えろよ 涙と汗こそ 男のロマ~ン

だよ?

もう、堪りません。

儂はサブちゃんを見て盛り上がり。

同僚ちゃんの家族は、儂を見て盛り上がり。

すごいフィーバーしてたらしい。

確かに「まつり」が終わった後、軽く汗かいてたけど。

 

そして、行く年来る年のダイビング鐘突きにまたまた興奮してから、初詣に出発です。

すごかったよ、坊主のダイビング鐘突き。

説明出来ないけど、熱かった。

 

とりあえず、地元の神社にお参りしてから、

防府天満宮へ。

出店でスジ張った牛串を噛み千切り、

チーズがシャリシャリ言うほど凍ったチーズちくわを食い千切り、

タコが凍ったたこ焼きを同僚ちゃんの弟が無言で食うのを見詰め、

同僚ちゃんのフランクフルトについたケチャップが、儂の白いコートにポッタリ落ちたけど、

りんご飴だけは美味しかったです。

ええ、ほんと。りんご飴サイコー。

 

そうそう、儂、神様にお祈りするのが長いみたいです。

最初の神社でお祈りしてたら、みんな居なくなってました。

おかしいなぁ。そんな特別ブツブツ言ってないんだけどなぁ。

「昨年はお守りくださり、ありがとうございました。

今年も家族と友達と儂が、楽しく毎日を送れるように見守っていてください。

それと、儂がいい仕事に就けますように。

それと、イケメガネの男子と出会えますように。

それと、宝くじが当たりますように。

それとPS3とW…」

おかしいなぁ、そんな長くないと思うんだけどなぁ。

 

なので、防府天満宮では手短に祈っておきました。

「昨年はお守りくださり、ありがとうございました。

今年も家族と友達と儂が、楽しく毎日を送れるように見守っていてください。

金!オトコ!仕事! 」

 

いや~、今年はいい年になりそうだ~。

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク