2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« .hack//G.U.歩くような速さで をやってる③ | トップページ | .hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑤ »

2007年1月23日 (火)

.hack//G.U.歩くような速さで をやってる④

アリーナ決勝戦。

ヘテロ3人組とバトルです。

「ダレカタスケテクレ…!」

榊によって苦しめられていた彼らを救う為、ハセヲは憑神を使います。

「勝つためには、もはや妥協はしないということか。」

あれ?榊さん、今回は憑神についてツッコまないんだ。

まあ、それやると、自分とこもヤバいからなぁ。

で、タイトルマッチを楽しみに、榊さんはクールに去ります。

 

アトリからクエストのお誘い。

 

Σ漂う 支離滅裂の 占い師 LV110 お宝LV113

銀色のくだんを蹴ったらいいらしいです。

モンスターもいつもの顔ぶれ。

サー・アンノゥとリヴァダイルとキャプテンフックの臓物をブチ撒けつつ進みます。

最下層でくだん発見。

またアトリに邪魔されるかと、戦々恐々のハセヲでしたが、今回彼女はヤル気満々。

「蹴りましょう!」

その時の「へ?」ってハセヲの声がラヴかったです。

で、くだんに近付くと。

 

♪つの ぼーん!(略)く~だ~ん、チェキ!

 

ありがとう、蹴りがいがあるよ。

そんなくだんは、ラップホップ夢遊病にかかってたんだそうです。

それはスゴイ奇病ですね(棒読み)。

くだんの予言は、ゲームクリア後のアビスクエストのことでも言ってたみたいです。

で、クリアすると怪力の秘伝書が貰えました。

 

そして、ここからいいシーン。

「アトリ…こいつ、こんなに可愛かったっけ…」

キタコレ!ヒャッホゥ!

ヤバイ、これヤバイ!悶え死ぬ!

アトリちゃん大好きな儂としては、この後30分ぐらい、ぐね…ぐね…してました。

 

ついにアリーナタイトルマッチ。

エン様と朔も相手じゃ、ちょっとしんどいなって思ってたら、太白さん1人で戦うみたい。

彼はAIDAの宿った魔剣を完全に操っています。

そんな太白さん、チャンピオンの座には執着がないが、この剣LOVEって武器フェチをカミングアウト。

どうでもいいんで、そんな剣はブチ折ってやります。

でも、その破片から黒点が湧いてきて、ハセヲに憑こうとします。

一瞬、ハセヲの目が黒く染まりかけた時、アトリの声が彼の耳に届きました。

「ハセヲさん!!」

うっわ~、いいね。こういう展開。大好きです。

 

「やはり最後の主役はこの私だ。」

太白を降し、満身創痍のハセヲの前にノコノコ出てきたのは榊さんでした。

榊さんはクーンさんとアトリを強制退場。

「くたばれ、ハセヲ!!」

榊さんは、邪魔するものがいなくなったので、勝ち誇った様に剣をかざします。

そんな榊さんのバックを取ったのは、エン様でした。

「ボクがハセヲを裏切るわけないじゃないか。」

ゴメン、完全に寝返ったと思ってた。

エン様は榊に従うフリをして、常に機会を窺っていたそうです。

それを教えてもらってなかった朔は、ショックでログアウト。

一波乱ありそうな予感…

 

ハセヲはエン様の憑神の力を借り、榊と対峙。

でも先ほどのダメージが大きく、スケィスを呼べません。

そんな時、どこからとも無くアトリとクーンさんの声が。

みんなの力を借り、榊を撃破。

この辺、ジャンプっぽい展開(しかも最終回直前)みたいで半笑いでした。

で、榊さんは「うそだうそだ」とかいいながら、どっかに落下。

落ち癖ついたんじゃね?榊さん。

 

榊さんの落ちた先は認知外迷宮でした。

そこには彼を煽ったオーヴァンの姿が。

榊さんはもう1度、AIDAの種子をくれと懇願しますが、オーヴァンは冷たくあしらいます。

「どうやら来たようだな。『追跡者』、お前の死神が。」

って、利用するだけ利用してポイかよ。

榊さんも未帰還者になるんだろうなぁ。

オーヴァン、目的の為とはいえ、非情すぎるなぁ。

 

八咫様が見付かったということなので、@レイブンへ。

彼はC.C社に裏切られたショックで、心を閉ざし寝込んでいるそうです。

なに、このデリケートさん。

パイはG.U.の権限を取り戻せないか動いてみるとのこと。

やっぱパイってば強いなぁ。

それにしても、八咫様が思った以上のヘタレだったことがショックです。

 

メールチェックをすると、オーヴァンからオメデトメール。

正直ウザい。

で、C.C社の戴冠式メールのはっちゃけぶりに驚き。

 

太白から「イコロ」へ呼び出されたんで、ダラダラ向かいます。

チャンピオンプライベートルーム・竜賢の間に案内してくれました。

ハセヲがチャンピオンなので、この部屋は彼のものだそうです。

でもカナードを引っ張っていくので精一杯だから、この部屋はいらんとお断り。

太白は輝いているハセヲが羨ましいようです。

彼は虚無感を抱えて生きてってるのかな?

でも物でそれは埋められないから、早く気付けよ。

そして何かくれ。

と思ったら大剣「シラード」をくれました。

サンキュー、もうここには用は無いぜ☆

 

次は朔からショートメールです。忙しいなぁ。

ルミナ・クロスの裏路地へ行くと、朔が待っていました。

彼女は、弱い望が生んだもう1人の人格であるとカミングアウト。

望を守るのはハセヲがいるから、自分の役目は終わった。

だから、お別れだとハセヲに告げます。

「必要ない?!バカなこと言ってるんじゃねぇよ!」

ハセヲは止めますが、『世界』の誰も自分がいなくなって悲しむ人間なんかおらんと、朔は目に涙を浮かべて走り去って行きました。

 

『世界』の誰も自分がいなくなって悲しむ人間なんかおらんって考えは、儂もよく思うんで、朔の気持ちは良く分かります。

どうしよう、朔、可哀想。どうにかして彼女の生きる方法を見つけてあげたいですね。

 

メールチェックすると、C.C社から戴冠式中止のお知らせが来ていました。

あのはっちゃけた文章を書いたのが、アリーナの実況の人だったと判明。

はっちゃけ過ぎだろ、とか思いましたが、メガネなんで許します。

 

で、また八咫様が失踪したとのこと。

もう、どうしたら?

 

つづく。

« .hack//G.U.歩くような速さで をやってる③ | トップページ | .hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑤ »

.hack//G.U.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/13629074

この記事へのトラックバック一覧です: .hack//G.U.歩くような速さで をやってる④:

« .hack//G.U.歩くような速さで をやってる③ | トップページ | .hack//G.U.歩くような速さで をやってる⑤ »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク