2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« サイレント・ニャンコ | トップページ | 聖なる夜にはゴージャスで… »

2006年12月 7日 (木)

デジモンセイバーズ第34話の感想

「決別の日

    最強の敵・トーマ!」

 

政府はデジモン対策委員会を召集。

もともと倉田が吹っ掛けたバトルなのに、全部デジモンのせいにされているのがムカつきます。

で、ついにマサル達は、警察に追われる身になっちゃいました。

「たく、こんな時にトーマのヤツ、何してやがんだ。」

なんかノルシュタイン家のヘリに乗って、セレブってたよ。

 

マサル達は、はぐれてしまったトーマ様を心配。

離れていったのも、何か理由があってのことだろうと信じています。

そうだよ!

トーマ様が何の考えも無しに、仲間と別れることなんてしないよ!

きっと何か思うことがあったんだよ。

 

で、トーマ様が連れてこられた場所は…どこだ、ここ?

日本のノルシュタイン家の別荘か?

よく分かりませんが、トーマ様の妹・リリーナちゃん登場です。

どうやら、病弱みたい。

ベタやなぁ。

だが、それがいい。

 

そのリリーナちゃんときたら、ガオモンを犬扱いです。

でも、ガオモンの鼻が犬みたいに濡れていることが発覚。

ありがとう、1つ賢くなったよ。

それにしても照れるガオモンがカワイイなぁ。

うふふふふ。

 

「ご無沙汰しております、父上。」

リリーナちゃんに向ける優しい目とは一転、厳しい表情のトーマ様。

やっぱ何らかの確執があるみたいです。

 

で、

えええええええ!!!!!?

なんか倉田がいるよ。

なんだよ、お前、エラそうだよ。

人んちのソファに勝手に座ってんじゃねぇよ!

あ、すんません、あまりの展開にちょっと言葉使いが…

 

どうやら病弱なリリーナちゃんを、倉田が診てくれた様です。

そして、倉田はそれをネタに、トーマ様の頭脳を貸せと言い出しやがりましたよ。

ベタやなぁ。

 

その頃、マサル達のもとには、ママンとチカちゃんがお弁当を持ってきてくれてました。

のほほんとしているママンを心配したマサルが、声を張り上げます。

自分達はお尋ね者になっているのに、ママン達を巻き込みたくないもんね。

でも、ママンの愛は偉大でした。

「大丈夫、何があってもマサルは私の息子だから。」

うわぁぁぁぁん。

みんなこんなママンだったら、グレるヤツなんていないよね。

 

って、バンチョーレオモンがマサルの所へやって来ました。

人間界がデジモンパニックになってるのに、堂々としたもんだな、バンチョーよ…

 

ノルシュタイン家では、ちょっぴりテンションの低い親子喧嘩。

トーマ様の父上は、トーマ様がDATSに戻って、家名に傷が付く事を怖れているとのこと。

ウソかホントか分からないけど、息子にここまで言われる父上。

そうとう信頼が失われてます。

でもトーマ様のママンが大変な時に、手を差し伸べてくれなかったオッサンなんて、ガオモンのフルムーンブラスターかなんかで、ギッタギタにされるといいよ。

 

んで、倉田ですが、トーマ様と自分が手を組めば、この戦いを終わらせ、新しい世界を築くことが出来ると言い出しやがりました。

って、その戦いの元凶はアンタやん。

何、トーマ様を新世界のネ申にお誘いしちゃってるのよ。やめてよね。

そんな提案、クールでステキなハンサムGUYのトーマ様が受け入れる訳な…

受け入れちゃったぁぁぁぁあ!

あ~あ、やっぱトーマ様もまだまだ子供ってことかぁ。

ま、自分がどんだけ頑張っても、褒められるのはマサルだけじゃあなぁ。

分かるけど。う~ん。

 

一方、堂々とご登場のバンチョーさん。

ジオグレイソードのもっと上の力、バーストモードについて御説明。

諸刃の剣だから、絶対使っちゃダメなんだって。

ということは、今週の最後か来週あたりにバーストモードお目見えですね。

 

さて、ピッコロモンを助けようと駆けつけたマサル達ですが、時すでに遅く、ギズモンの餌食になってしまいました。

結構な数のギズモンに苦戦するシャイングレイモンとロゼモン。

それを心配するマサル。

の背後にトーマ様!

マサル、うしろうしろ!

 

トーマ様の表情が物凄く険しいんですが、それに思わずときめく儂はオカシイですねそうですね。

だってさ、ここからマサルと仲違いでしょ。

乙女的には、ドキドキの展開だもん。

一度、仲間割れして、また再び絆を深めて戻ってくるのよ、きっとそうよ、ええ、そうですともさ。

ま、まあ、今日はお互いの顔に右ストレート炸裂だけど…

「僕は常に冷静だよ。」

とか言ってたけど。

倉田と手を組む時点で冷静じゃないからなぁ。

早くそれに気付いて下さい、トーマ様。

 

だって、マサルにパンチくれてるトーマ様って、マサルに八つ当たりしてるみたいなんだもん。

で、ごっつ腹立てたマサルが、変なデジソウル出したと思ったら、シャイングレイモンからも変なオーラが出てるよ。

これがバーストモードですか?

思ったより早くお目見えしたよ。

来週、アグモンが卵になっちゃうそうですが、トーマ様は放ったらかし…ですか?

 

« サイレント・ニャンコ | トップページ | 聖なる夜にはゴージャスで… »

デジモンセイバーズ 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/12969465

この記事へのトラックバック一覧です: デジモンセイバーズ第34話の感想:

« サイレント・ニャンコ | トップページ | 聖なる夜にはゴージャスで… »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク