2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« デジモンセイバーズ第27話の感想 | トップページ | コミクス感想 »

2006年10月20日 (金)

ドクター・フー第7話の感想

「THE LONG GAME」

 

サヨナラ、アダム。

 

ドクター達3人は、いつもの手段で宇宙ステーションに不法侵入。

調子ぶっこいて、2001世紀に来ちゃいましたよ。

時間旅行初心者のアダムのポカン顔がステキで堪りません。

あああああ、もうこの人、重要ポジションから外された予感がするよ。

 

2001世紀、地球の人口は960億に増え、銀河系にも進出してるらしいです。

食糧事情とか、偉大なる将軍様の国とか、どうなってるのか心配。

宇宙ステーションの人達に、やたらモヒカンが多いのも心配。

で、ソレを見たドクターが違和感を覚えます(違

女子アナをナンパすると、どうやらここがサテライトファイブだということが判明。

そこのモニター室では、やたら顔が青白いフリーズドラってる様な人達が、無表情でモニターを監視していました。

ドクター、またまたTO LOVEるの予感です。

 

女子アナ2人は、ドクターを偉い人と勘違いして、情報を全宇宙に発信する所を披露。

中心にキャシカが座り、周りの人達はボードに手を乗せ、目を閉じます。

新手のコックリさんか?

って、キャシカの額が開いて、青白い光が吸い込まれ始めましたよ!

額パッカ~ンって設定、大好きだな、このドラマ…

 

このコックリさんの途中、スーキーは手を離しちゃったので、監視者から不振人物と疑われます。

スーキーはフロア500に呼ばれましたが、これを栄転だと勘違いして大喜び。

無邪気な女子アナがピンチです。

 

その頃アダムは、2001世紀に軽くカルチャーショック。

ローズに1人になりたいと切り出します。

心配して、ターディスの鍵を渡すローズ。

んでも、1人になった途端、アダムってばほくそえみやがったよ?

なんか企んでるよ、コイツ。

 

一方、フロア500に辿り着いたスーキー。

そこは壁が金ぴかの素敵プレイスではなく、めっちゃ寒い氷の世界でした。

なぜか用意周到に、バッグから懐中電灯を取り出すスーキー。

うわ~、フリーズドラってる骸骨さんとコンニチワです。

ちょっといい感じのお化け屋敷と見た!

 

そうこうするうちにスーキーは、ウザいエディターと出会います。

あれ?いきなり銃を取り出したよ、彼女。

スーキーさん、実はサテライトファイブを偵察に来た人だった模様。

んでも返り討ち。

天井でなんかグルグル言ってるのが気になる所。

 

好き勝手に動き回っているアダムは、額パッカ~ン手術を受け、あらゆる情報を額から受け取られる様になりました。

って、思い切りいいね、アダム。つかヴァカの香がする…

 

ドクターは、サテライトファイブに疑問を持ち、この施設におイタ開始。

人間の進化がおかしいんですって。

90年前に退化しているそうです。

だからって、建物を壊していい理由にはなりませんよ?

これをエディターが見逃すはずがありません。

でも、人類帝国のIDが無いドクターの正体を見破ることが出来ず。

そのドクターは、エアコンの配管図からフロア500がおかしいと判断しました。

最初っから、どこをどう見てもおかしいよ、フロア500。

 

アダムはチップを埋め込み、無事額パッカ~ン手術終了。

指パッチンで額が開くそうです。

ああ、ヴァカの香…

 

そんなヴァカ行為に気付くことなく、ドクターとローズはエディターと対決です。

でも捕まった。

お約束♪

さらにアダムのせいで、どんどん窮地に陥りますw

 

あ、エイリアン出てきたエイリアン。

ジャグラフェスという種族。

コイツはものすごい熱を発している為、寒くないと生きていけないそうです。

なので、人間をうまく操り、自分が住みやすい様にサテライトファイブを支配した模様。

つか、コレ、トドだろ。

 

ジャーナリスト魂に火がついた女子アナ・キャシカのおかげで、なんとか助かるドクターとローズ。

またまた他力本願の勝利です。

ここまでいくと、いっそ清々しい…なぁ…

 

今回の真の主人公・キャシカは、エアコン装置を操作し、トド部屋が熱くなるように仕向けます。

「私もこれで辞めさせてもらいます。」

英国テイストたっぷりに、さっさと逃げ出そうとしたエディターですが、足をつかまれトドと御一緒にドッカ~ン☆

さよ~なら~。

やたらウザいコメディアンみたいなキミのことは、1日くらいなら忘れないよ。

 

アダムのせいでめっちゃピンチに陥ったドクターは、ありえないくらいの険しい顔。

彼を家まで送り届けると、乱暴に突き放します。

んで、やたら早口でイヤミを言いながら、指パッチンのコンボ。

すっげ~イジメです。

自業自得とはいえ、アダムが可哀想…じゃないなぁ。

そこはかとなく、徹底したヴァカっぷりに妙な笑いが出てきます。

そしてゴタゴタしてるうちに、アダムママが帰ってきましたよ。

ああああああ、ほんのりヴァカ臭。

 

ママ、久し振りの息子を見て大喜び。

そして指パッチン。

・ ・ ・ ・ ・

やっちゃったぁぁぁぁぁ!

 

« デジモンセイバーズ第27話の感想 | トップページ | コミクス感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/12356432

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・フー第7話の感想:

« デジモンセイバーズ第27話の感想 | トップページ | コミクス感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク