2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ジャンケンかよ… | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号の感想 »

2006年9月24日 (日)

BLOOD+第50話の感想

「ナンクルナイサ」

 

サヤハジEND、おめでとうございます!!!

 

間違いなくピンチピンチ大ピーンチ!だった飴ちゃんですが、デヴィッドさんに助けられました。

良かった。完全に死んだと思ったから、嬉しい誤算です。

そして、ルイスもルルゥも生き残り組。

ディーヴァが死んだのを察知したのか、翼手たちが天を仰いで咆哮し始めましたよ。

しかも動きも止まりました。

こんなご都合主義な展開でも、ほら、耳を澄ませば聞こえてくるよ。

魔法のあの言葉が。

ナンクルナイサー。

 

飴ちゃんからオプションDの発動を知ったデヴィッドさんは、ジュリジュリに軍の情報を集める様に指示を出します。

風雲急を告げるMET周辺ですが、ジョエルと岡村ちゃんは高い所からサヤハジとカイのやり取りを見物。

結構余裕です。きっとナンクルの呪文が発動しているに違いありません。

小夜は赤子達に剣を突き付け、自分達の血のせいで争いが起きるのだから、生きてちゃいけないとカイに訴えます。

ここからカイの必死の説得。

最後の最後でカイを見直したシーンでもあります。

「オレが愛情を注いで、面倒を見てやる。

だからオレの側にいろよ。」

これには、眉間にシワが寄りましたが、この後はいいね。

「お前だって小夜を愛してるんだろ。」

ハジの御意見を求めてくれました。

それに対してのハジの答えがまた泣かせます。

「笑顔が欲しかったのです。」

うわぁぁぁぁん、ハジ!

出会った頃の笑顔が小夜に戻るなら、自分の全てを投げ打つ覚悟でどこまでも付いて来たって。

時を越えたストーカーだの何だの、言われ続けて早1年。

沖縄で見た小夜の笑顔が、昔の笑顔だったこと。

それを与えたのは宮城家の人々で、自分ではなかったこと。

だから、付かず離れずで小夜に接してたんだね。

切ないよ、ハジ。

 

カイの説得と、ハジの想いが小夜の頑なな心を動かします。

「生きて…。生きて下さい。明日の為に今日を生きて。」

これよぉぉぉぉぉ!!!!!

この言葉をハジの口から聞きたかったのよぅ。

小夜もそれに答えて、ただ一言。

「生きたい…。」

いいですね。こういう、魂の底からしぼり出すような願いって。

ONE PIECEのロビンちゃんの「生ぎだい!」発言の次くらいに感動しました。

 

そしてここから、刮目シーン。

ちゅ、ちゅ、ちゅうしたぁぁぁぁぁ!!!

脳内で3万回はリプレイです。

すごい魅せられるシーンでした。ごっつあん。

 

「今日を生きて明日を笑うんだ。」

ジョージリスペクトのカイがいいこと言ってます。

そうだよ、笑ってれば全てナンクル♪

でも素直には終わらせてくれないらしく、アンシェル登場。

この死ぞこないさんめッ☆

ここでもハジが大活躍です。

小夜から刀を奪うと超高速でアンシェルにとどめ。

最初からこうしていれば…

ノンノンノン。

こういう連携は体力を使うので、なかなか使用できないんですよ、きっと。

血を飲んでもうまく発動しなかったことから考えて、ハジのドーピング原材料は小夜の唾液と見た!

だってテンションも上がってるらしく、普段は言わないことを口走っちゃいましたよ。

「ナンクルナイサ。貴女を愛しています。」

ナンクルナイサナンクルナイサナンクルナンクル

えええええええ!?

ハジ、実はこれ言いたくてウズウズしてたのかしら。

ここぞとばかりに使って、してやったりなのかしら?

つか、今年の流行語大賞かしら?

 

ハジってば埋もれちゃって行方不明だけど、沖縄で女子高生を謳歌する小夜。

ナンクルナンクル。

METの爆破はテロ扱いで済ませるようです。

さすが、ナメリカ。

飴ちゃんは生き残ったが為に、逮捕されちゃいましたね。

部下の人が生き残ってた上に、潜入捜査官ってのはどうかと思いましたが、最後のカットがめっちゃデキるメガネ風だったので満足です。

にしても、ネイサンもちゃっかり生き残ってマスコミ関係者になってたのは笑ったけど。

「カチコチねぇん。」

やっぱこの決め台詞が無いとダメですね。

ネイサンって最後まで謎キャラでしたが、またディーヴァの双子を影から見守ったりするんでしょうか。

それを考えると、もしかして小夜とディーヴァの母親のシュバリエよりも、もっと古くから存在し、歴代の女王を見続けてるのかも~って思ったりなんかして。

そっちの方が面白いし。

まあ、もう最終回なんで永遠に分かりませんが。

ナンクルナイサー。

ルルゥもなんとか生き延びることが出来そうです。

ジュリジュリにはベイビーが宿ってます。

海外へ向かう岡村ちゃんに、真央様も付いて行くそうです。

すごい、怒涛の展開。

そしてデヴィッドさんのアロ~ハ姿。

赤い盾は崩壊して、みんなただの暇したオッサンと化している模様。

でもでも聞こえてくるよ、あの言葉。

ナンクルナイサー。

 

カイに髪を切ってもらって、昔の姿に戻る小夜。

うわっ、なんてことするんだよ!

前髪長い方が可愛かったのに!

とか思ったけど、ホントに以前の何も知らない笑顔の小夜が戻ってきたみたいで、ウルっときました。

なんかこの辺りのカイの、「ハジ嫌いだったんだよね~」発言が、ちょっと気になりましたが。

まあ、ハジもお前のことは嫌いだっただろうし。

ナンクルナイサー。

 

小夜が眠りに付いて、しばらくしてバラの花が1輪、置いてあるのがまたキュンときましたよ。

青いリボンも付けて、自己主張はハッキリと。

でもカイ達には挨拶なしってのが、ハジらしくて笑えました。

んもう、ハジってば奥ゆかしいんだから(違

 

EDが「語り継ぐこと」だったのも良かったです。

で、最後の「1年間ありがとうございました」のカット。

すっごい幸せそうな小夜の笑顔と、ほとんど見えないハジの横顔。

これが良かった!

前回で駄ニメ決定してたんですが、撤回。

いい終わり方でした。

ホント、終わりよければ全て良しです。

にしても、コリンズはどこへ?

 

あ、いや、そのぅ。

ナンクルナイサー。

 

« ジャンケンかよ… | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号の感想 »

BLOOD+」カテゴリの記事

コメント

にゅげさん ご機嫌麗しゅう~。

今の今まですっかり忘れてたコリンズ先生、非業エンドが希望だったのに、デヴィッド撃ってそのままドロンですか!
ゆ、許せん~
続編で抜け赤い盾のコリンズ追跡記しないかな~
って、これ以上血+は見たくないや。
変なアニメになりそうだし・・・


翼主がおとなしくなったり、どう見ても食われて死んだメガネが生きてたり、その上潜入捜査官だったりとご都合主義でしたが、ハジの活躍とふたごが元気に生きてたのを見て満足です~

特にハジは最終回でも串刺しになるなんて、サービス精神旺盛杉!w

>それを与えたのは宮城家の人々で、自分ではなかったこと。
だから、付かず離れずで小夜に接してたんだね。

青いリボンの薔薇もその表れでしょうか~
あとは宮城家に任せて自分は影からこっそりストーカー・・・じゃなかった、見守ると。
奥ゆかしくて最後まで漢の中の漢ですw

いい最終回だったねえ・・・なにがいいって、ちゃんとハジ小夜ENDになったことが・・・感無量ですよホント。ぎこちない「ナンクルナイサ」もグッときた。

そんでもって「語り継ぐこと」!これ以上ないエンディングでした・・・いっそのことOPも、青空のナミダにしてくれりゃよかったのに・・・!

もうなにをどう書いたらいいかわからんくらいグッときまくりの最終回だったよ。満足。

にゅげさん、ごきげんよ~!&レビュー乙でした!

>サヤハジEND、おめでとうございます!!!

うす、おめでとうございます!!!

>完全に死んだと思ったから、嬉しい誤算です。
>そして、ルイスもルルゥも生き残り組。
思った以上に生き残っててくれてびっくりですが、良かったですよね~。
特にルルゥたん、よかったネ!
あ~あ、モーゼスってばあそこで早まらなければ・・・。

>こんなご都合主義な展開でも、ほら、耳を澄ませば聞こえてくるよ。
>魔法のあの言葉が。
>ナンクルナイサー。

まさに、ナンクルナイサー、最強呪文デスね!
 

>高い所からサヤハジとカイのやり取りを見物。
>結構余裕です。きっとナンクルの呪文が発動しているに違いありません。

ナンクルは防御力無限になるっつーことですね?きっと。
しかし愛のもつれ劇場を高みの見物とはいいご身分ですなあ、さすが長官!(笑)

>これよぉぉぉぉぉ!!!!!
>この言葉をハジの口から聞きたかったのよぅ。

はじめてハジがポジティブ発言を!
このハジの言葉で小夜が決心するのがまたうれしいですね♪

>脳内で3万回はリプレイです。
本日もついつい2回も見てしまいました。

>ドーピング原材料は小夜の唾液と見た!
そっか!小夜の方もはじめて残像効果があったのは、ハジの唾液が効いてるのかナ☆

>ハジ、実はこれ言いたくてウズウズしてたのかしら。
>ここぞとばかりに使って、してやったりなのかしら?
>つか、今年の流行語大賞かしら?

もうね、ちょっとあんぐりですよ。
言いたくてたまらなかったんデス、ハジってば。
ひそかに深夜トイレの鏡に向かって、言い方を練習したりしてたんです。
その甲斐あって、カイのキメ台詞をかすめとったわけですよ☆

>部下の人が生き残ってた上に、潜入捜査官ってのはどうかと思いましたが、最後のカットがめっちゃデキるメガネ風だったので満足です。
一気に攻めキャラに転向しましたね、メガネ部下。
これで部下×飴展開が現実のものになりました!<ならんでいい

>「カチコチねぇん。」
絶対、ネイサンが出てくるヤオイ本(あるのかYO!)ってこの台詞使うと思う。
<まあ!お下品!

>まあ、もう最終回なんで永遠に分かりませんが。
>ナンクルナイサー。

謎は謎のままで。
謎リスト作ったら数ページになる予感ですが、ナンクルナイサー。

>でもカイ達には挨拶なしってのが、ハジらしくて笑えました。

やっぱりハジはカイが嫌いなんじゃ・・(笑)

>にしても、コリンズはどこへ?

やっぱりあぼーんなんでしょうか。
でもいつの時点で?!というのくらいは教えてほしかったデスね。

いやはや、心配だった最終回、なんとか現在考えられる限りでは、一番良い形で終わってくれてほっとしましたね~。
BLOOD+は終わりましたが、ちょくちょく顔を出すと思いますので、今後も相手してやってくださると幸いなのデス☆では~。

鷹2号さん、ごきげんよ~。
コリンズ先生はきっと街の翼手に食い殺されたと思われます♪

>これ以上血+は見たくないや。
後付で色んな謎の辻褄合わせをするのも見苦しいですからね~。ここはスパっと終わらせるのがデヴィッド男塾テイスト。

>どう見ても食われて死んだメガネが生きてたり
ですよね~。不思議現象です。まさか潜入捜査官も双子!?

>ハジは最終回でも串刺しになるなんて
ファンサービスは忘れませんよ。

>青いリボンの薔薇もその表れでしょうか~

きっとそうです。
双子がだんだん大きくなるのを、嬉しそうに見てるんですよ。
「子供達は…成長するのが早いですね…」とか何とか。

最後の最後でハジも活躍。
双子も笑顔。
いいエンドでした~。
次はゼーガペインのラストがどうなるかですね。

姫、ごきげんよ~。
感無量だったね~。
>ぎこちない「ナンクルナイサ」もグッときた。
ほとんど棒読みのハジにキュンときた!

>「語り継ぐこと」
ホントにこれしかないよってEDだったよね。
いい終わりだった。
OP?ライオン?なんのことです?

儂としては、墓参りのカイがすっと空を見上げる→沖縄の青空→「青空のナミダ」のイントロ流れる→30年後くらいで繭割れの兆候。
でも良かった。
でもいい終わりだったよ。満足。
カイもビッグな大人になって、彼の成長譚でもあったね。

しのぶんさん、ごきげんよ~。
>レビュー乙でした!
お互い、お疲れ様でした~。

>うす、おめでとうございます!!!
おめでとうございます返しです。

>あ~あ、モーゼスってばあそこで早まらなければ
そうですよ。犬死代表者として、モーゼス、キミは伝説になる。

>最強呪文デスね!
困った時にはナンクルナイサー。

>さすが長官!
「やあ、痴話喧嘩だね。」あくまでも爽やかに。

>はじめてハジがポジティブ発言を!
最初からポジティブに行っとけば、ここまで小夜が欝な性格にならなかったのでは…
「小夜、戦って…明日へ向かってGOGOです。」とか。

>本日もついつい2回も見てしまいました。
このシーンで何杯でもおかわりできますね。

>ハジの唾液
なんかエロいw

>深夜トイレの鏡に向かって
「ナ、ナンクリュ…あ…ナンクルナイサー。…よしッ。」

>一気に攻めキャラに転向しましたね、メガネ部下。
名前もやっと判明です。これで同人やってる人が作りやすい環境にw

>ネイサンが出てくるヤオイ本
ネイサンオンリー見てみたいですね(怖いもの見たさ)。

>謎リスト作ったら数ページになる予感ですが
謎は謎のままの方がいいこともある…かも?ナンクルナンクル。

>やっぱりハジはカイが嫌いなんじゃ・
100%そうかもね、ですよ。

>やっぱりあぼーんなんでしょうか。
よくよく考えると1番酷い扱いなのかもしれませんね、この人。

なんとか形になりましたね~。破綻するかな~とか思ってましたがw
儂も毎日の様にこっそり伺いますので、よろしくですよ~。

にゅげたま、こんばんはー!あなたの心の友、まこたんです。

いやー、ついに終っちゃいましたねー。
色々積み残しもある気がしますが、ハジと小夜のチッスで全部水に流します。なんくるないさー

ハジもカイの事は普通に嫌いだったと思います。カイの前に姿を見せないのも、「リクと俺と小夜の3人で沖縄へ帰ろう」だの「二人で沖縄へ帰ろう」だのとスルーされ続けた事をを根にもってるからだろ思います~wでも、まあ、なんくるないさー

B+が終っても、にゅげたまとともに過ごした日々を私は忘れません!
コンゴトモヨロシクですよ~!

真己たん、ごきげんよ~。
あなたのシュバリエ、にゅげです。

>色々積み残しもある気がしますが
そうなんですよ。でもチュウしたし、いいかってw
最後も辛うじて生存臭を発してるし、ナンクル発言もしたし。

>ハジもカイの事は普通に嫌いだったと思います。
「3人」発言という地味な嫌がらせを始め、唐突に相棒宣言されたり、奇妙な扱いをされたハジ。小夜が間にいないと、カイとはまともに話せない、つか話したくないって感じですよねw
長い年月生きてても、ちょっぴり大人気無いシャイなあん畜生が大好きですよ、ええ。

>にゅげたまとともに過ごした日々を私は忘れません!
儂も!儂も~!
こちらこそヨロシク~。

こんばんわ~。
出遅れコメントですいません~。
この記事の前日の記事で、にゅげさんが少しブルーになっていたのが、気がかかりで、ついつい、にゅげさんが見る前に「良かったですよ」とかコメントしてしまいました~。うっかりネタバレしそうになってすいません笑。

にゅげさんのパンチの利いた感想で1年間楽しめました~。

Radiotomさん、ごきげんよ~。
ブルーというか、最後がオペラ座の怪人とクリソツよって言われて、あっちゃ~と思ってたんですよね~。でも全然いい終わりで大満足でしたよ。
ネタバレは…ギリギリならOKですよ。
全バラしなら…先ずは紅茶でも淹れようか。


感想を書くのってしんどいんですが、BLOOD+は楽しく書けました。ちょんまげも楽しく書ければいいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/12027290

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+第50話の感想:

» [BLOOD+] Episode-50 ナンクルナイサ [ばんごはん備忘録]
銀魂の14巻で空知先生が「映画やアニメやマンガには必ず終わりがあって、散々感情移入して見てたのに急に、自分だけポーンと外に放り出されるあの寂しいカンジが凄くイヤで、作り手に回った」みたいなことを書いてたのですけど、私もその「寂しいカンジ」が凄くダメなタイプ... [続きを読む]

» BLOOD+50話 [ライトオタクなOL奥様の節約入門日記]
泣いても笑ってもついに本日が最終回。 ハジの運命にドキドキしつつも、行きますよ〜。 [続きを読む]

» BLOOD+第50話 「ナンクルナイサ」 [ネコミミアンテナ]
ふー、なんだかフルマラソンを走りきったような気分です。 一年間良く付き合った!最後まで頑張った! 良かった良かった、な気分半分、結局何も解決して無い様な気が…って微妙な気分半分、ですが。 「ハジ小夜で終るなら総てを水に流す」と以前から言っていたので、とりあえずは約束通り水に流しときます。 ... [続きを読む]

« ジャンケンかよ… | トップページ | 週刊少年ジャンプ43号の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク