2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« う、嬉しくなんかないんだからね! | トップページ | コミクス・BLOOD+3巻の感想 »

2006年9月 2日 (土)

BLOOD+第47話の感想

「全ての血を超えて」

 

ぅ王子ぃぃぃぃぃぃッ!!!

 

物語りも終盤に来て、メッキリつまんなくなったこの作品ですが、今回の作画は良かったよね?

王子が輝いてたよね?

最期の…輝き…か…

 

沖縄ではカオリたんがOMOROを見上げ、心配そうです。

スタッフが急に、今まで出てきて死んでないキャラを思い出した模様。

次週はミン登場か?

「みんな、どこにいるの?」

クーラーぶっ壊れた小汚い部屋で、世界を救う作戦とか立ててるよ。

 

あーくんのママンも健在です。

放任主義でしたが、そろそろあーくんが心配になってきたみたいです。

大丈夫だよ、たぶん生きて帰れるよ。

その時は、どっかいい就職先を探してあげてください。

 

その頃、クーラーのぶっ壊れた小汚い部屋では、デヴィッドさんがゼンリンマップを指差し、作戦会議中。

アンテナ爆破するんですって。

「私とルイス、カイ、それからキサマだ。」

実行部隊になんと岡村さんが入ってますよ!

キサマ呼ばわりだけど。

 

サヤハジはちょっぴりイチャラブ中。

「この体で戦うのはムリです。」

ハジ、さりげなく小夜の腕を触ってます。

 

んでも、こっから展開が気に入りません。

 

ハジの口から、カイに『約束』のことを話したのかって言葉が出たとき、耳を疑いましたよ。

マジ、ありえねぇ!

その次の小夜のセリフもありえねぇ!

「私は翼手だから、明日を望んではいけない。」

あげく、

「だから、貴方としか生きられない。」

はぁぁぁぁッ!?

アンタ、今ハジの心をズッタズタにしたわよね。

ハジを翼手にしたの、アンタやんけ!

つか、ホントに自己憐憫大好きだよなぁ、小夜。

ハジのことは1㎜も想ってないってことが、今ここでハッキリ分かりましたよ。

「想う」ってのは恋愛とかじゃなくても別に良いんです。

大事な「家族」として、ハジのことを想ってくれてるなら、満足でした。

でも違うんですね。

小夜にとって、ハジって何なんだろう。

単なる世話係なの?

今回、ホントにハジが可哀想で悔し涙で視界がにじみましたよ。

 

もう、なんか今日はブルーなんで、これから王子のことしか書かない。

 

王子、鎖で両手の自由を奪われ、宙吊り。

色っぽい色っぽい!

そこへ、ちょっとアッチの世界へぶっ飛んじゃったジェイムズさんがお出ましです。

「ママお気に入りの美しいソロモンが卑しい家畜の様だな。」

とか何とか?

「家畜」に反応しちゃったので、前後のセリフはうろ覚えです、家畜。

ジェイムズさん、ソロモン王子に小夜の首を持って帰ってあげる宣言。

ちょっぴり得意げです。

でもその頃、アンシェルとネイサンの間では、ジェイムズさん切り捨て計画が持ち上がっていたのでした。

「ジェイムズが担うはずだった~。」

過 去 形 ☆

サヨナラ、短い間だったけど、楽しませてもらったよ、ジェイムズ。

 

その頃、赤い盾のメンツはサンセットクルーズ。

一番カッコイイのは、そうねぇ、やっぱルイスかしら?

 

さらにさらに、囚われの王子様。

今度はネイサンが現れましたよ。

人気者は辛いですね。

さりげなくネイサンにセクハラされてたり、王子も大変です。

でもネイサンは王子を解放してくれましたよ。

新しいサロメの物語が見たいんですって。

ホント、とんだヘンタイじゃないの…

 

デヴィッドが、ことのほか作業服が似合うことが分かったり、岡村さんはやっぱり足手まといだったりのアンテナ爆破し隊が活動中、アパートではハジとルルゥが小夜の寝顔を見詰め続けるという不気味なプレイを続行中。

その時、窓から無数のナイフが飛び込んできましたよ。

万能チェロケース登場!

ガラスの破片をいつもの様にチェロケースで防ぐハジ。

ジェイムズ相手に臨戦態勢を取ったのはいいんだけど、ものの3秒でサヨ~ナラ。

スタッフ、ハジをなんだと思ってんだ?

 

ハジを退けたジェイムズは、ご近所の迷惑も顧みず、

「どうも~、小夜の首をもらいに来ました~。」

発言です。

その割れたガラス、誰が弁償すると思ってんの?

ホント、迷惑なんだから。

 

で、いつもの様にハジが貫かれて、小夜は絶対絶命。

そんな時、駆け付けたのは、もちろん王子。

「たとえ報われなくても、僕は小夜のシュバリエになる。」

めっちゃカッコイイ~(ウットリ)。

「今この時より、僕は貴女のシュバリエです。」

勝手に宣言した~(ウットリ)。

つか、小夜を挟んで右にハジ、左にソロモン。

全国の乙女、垂涎のシチュエーション!

待ってたよ、このシーンを!

ちゃんと役割も違います。

ハジが貫かれて敵の隙を誘い(オイ)、ソロモンが超スピードで攻撃。

ステキ、悶える!

 

それでも硬いジェイムズはまだまだ元気で、小夜ピンチかと思われたんですが、何か突然ひび割れちゃった。

なんじゃこりゃぁぁぁ!?

それはいいとして、ハジが小夜を抱えてダイブでとどめ。

それもいいとして、ハジが一瞬、小夜の胸を抱えて飛んでるのかと錯覚した儂は、ブルーベリーエキスとか飲んだ方がいいですか?

 

戦闘終了後、ソロモンは爽やかに去って行きます。

「僕が必要な時は、いつでも僕の名を。」

呼ぶ、5秒後にすぐ呼ぶ!

ハジだって今回の働きで王子を認めてくれましたよ。

「血を超えて彼は小夜のシュバリエになったのです。

誇り高い。」

誇り高いって!

ソロモンを追いかけようとする小夜をしっかり止めてたけども。

 

んでもソロモン、小夜の血がついた刀がちょっと当たりましたので、今回で退場。

あっけなくて涙も出ません。

なんてご都合主義なのかしら。

つか、小夜が今度ピンチになって、ソロモンの名を呼んでみなよ。

「んだよ、来ないじゃん。使えねぇな。」

とか思われちゃってみなよ。

イヤァァァァアァァ!!!

可哀想!

可哀想過ぎる、ソロモン!

心からご冥福をお祈りしますよ、ええ、ホント。

 

ラスト、休眠期が近いと知った赤い盾のみなさんが、小夜の寝顔を取り巻くように見てますが。

何かの儀式ですか?

 

« う、嬉しくなんかないんだからね! | トップページ | コミクス・BLOOD+3巻の感想 »

BLOOD+」カテゴリの記事

コメント

にゅげさん ご機嫌麗しゅう~♪

>物語りも終盤に来て、メッキリつまんなくなったこの作品ですが、今回の作画は良かったよね?

い、言っちゃったwwwwwwwww!
・・・でもホントそうですよね。
これもすべて第4期OPの呪い・・・・


ソロモン王子、小夜に名前を呼んでもらっても出てこれないのが・・・マジで小夜に誤解されそうで可哀想です。
もう少し退場のさせ方考えてあげても良かったのに~。
まあ小夜に自分の死を悟らせないようにと言うのはちょっと美学(?)を感じました.

それにしてもハジ、弱杉 (つд`)・゚・

ショックだったわ・・・あんなに華やかだった王子が、あんなにひっそりと死んでゆくなんて、想像してなかった。ホントにショック。

あと、小夜のセリフもひどすぎてショック。なにかとショッキンだった・・・「貴様」てのはウケたけど。なんつう高飛車な応援要請なんだ!(だが、それがいい。)

ああ、ソロモンかわいそう・・・あ、死んだのに可哀想って言ってもらえないジェイムズも可哀想だけど・・・

鷹2号さん、ごきげんよ~。
言っちゃいましたw
OPのクリリンにも度肝を抜かれましたが、最近のヘナチョコ展開にもお口あんぐり状態が続いて、身が持ちません。いいけど…

ソロモン、どこまでも小夜の為に行動して、最期を看取ったのが後退ハゲ。
しかも「馬鹿者が」とか言われて、ホントに報われません。

ハジは…きっと…来週からスーパーハジ3くらいになるから…

姫、ごきげんよ~。
王子、路地裏で死す!
シュバリエの扱いって、どこまでも酷いよね。
ジェイムズといい…

小夜の気持ちがねぇ…
もっと脚本、練れなかったのかしら…
「貴様」はいいよね、スカッと気持ちいいよね。

ソロモン、天国でお幸せに。
ついでにジェイムズも。
「ソース!」

>アンタ、今ハジの心をズッタズタにしたわよね。ハジを翼手にしたの、アンタやんけ!
つか、ホントに自己憐憫大好きだよなぁ、小夜


あああ!同じ!同じ心の叫びをにゅげさんが!私今週ここの冒頭のセリフがもんの凄く頭にキテ、ソロモン王子の最後さえ、素直に見れませんでした・・・。

もうディーバとネイサンが幸せになればいいと思います(黒)

Radiotomさん、ごきげんよ~。
あ、やっぱり思いました?
ちょっとそれはないよな~って発言ですよね。
こんな酷いこと言われる為に、ハジってば2世紀近く小夜を守ってきたのかと思うと涙が出てきます。

ソロモンの死もなんだかなぁだし…
IGさんにしては作り方が甘いような気がしますよ。

儂もディーヴァとネイサンが幸せになればいいと思います。沖縄で。

にゅげさん、ドモです~。
王子が・・・ついにこげなことになってしまい、がっくりしてます(--;)

>王子が輝いてたよね?
>最期の…輝き…か…

王子の作画は今回すごく良かったですね!
最後のサービスだったんですね・・・。

>その時は、どっかいい就職先を探してあげてください。

ダメなら、うちの写真館を継ぐってことでOK★

>ハジ、さりげなく小夜の腕を触ってます。

隙あらばスキンシップを狙うハジなのでした♪

>今回、ホントにハジが可哀想で悔し涙で視界がにじみましたよ。

いや~、ホントに、あの言い草はないと思いましたヨ!
小夜たんてば、ナチュラルにSなんじゃ?
無理やり変なこと言わされるわ、しょうがないんでお前を相手にしてやってるんだと言われるわ、ハジはかなり容赦ないプレイを強要されてましたネ。

>「家畜」に反応しちゃったので、前後のセリフはうろ覚えです、家畜。

ここにも「家畜」に反応しちゃった人間が一人★

>「僕が必要な時は、いつでも僕の名を。」
>呼ぶ、5秒後にすぐ呼ぶ!

うんうん!私も絶対すぐさま呼びつけますよ!!

>んでもソロモン、小夜の血がついた刀がちょっと当たりましたので、今回で退場。

これ、あんまりあっさりすぎて気がつかなかったですヨ!
あれ、なんで?!とか思っちゃいました。

>「んだよ、来ないじゃん。使えねぇな。」
>とか思われちゃってみなよ。

ああああ!そうなんですよう!私もおんなじ心配しちゃいましたヨ!
不憫すぎる・・・・(涙)

>何かの儀式ですか?

あの雰囲気は怪しすぎました(笑)
あと3話・・・大丈夫なんでしょうかね・・・。
今回の話を見る限りでは、赤い盾側の戦力はほぼ期待できない、と。

ではでは~。


しのぶんさん、ごきげんよ~。
王子のフェロモン溢れる作画にドッキドキです。
でも最期のサービスだと思うと寂しいですね。

>ダメなら、うちの写真館を継ぐってことでOK★
そうか、その手があったか!

ハジのセクハラは何でもOKです。もっと触れ。
でも小夜のセリフはあんまりです。
ドMでもきっと涙が止まりませんよ。


「家畜」万歳!!!

ソロモン王子には、急な呼び出しにすぐ対応できる様、半径5m以内にいることを義務付けるとします。
 
王子のあっけない最期にはホントにしょんぼりです。いくら血を抜かれて弱ってたからって、アレはない…

しかも小夜からは「使えないヤツ」と思われて、これはもうスピリチュアルな活動をするしか他に手はありませんよ、王子。

へんな儀式を始める赤い盾に、明日は来るのでしょうか…

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/11735756

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+第47話の感想:

» BLOOD  第47話 [鷹2号の観察日記]
 これは・・・寸止めで死亡フラグ回避って事でいいのかな?    真央様に写真を撮 [続きを読む]

» BLOOD+ 47話 「全ての血を超えて」 [白狼PunkRockerS]
今日のストーリーはね、ジェームズがね、攻めて来たの。そんだけ。 「小夜、ここは私にまかせて!」 しかし、自分の持ちネタを披露するかのごとく、 今回も私は串刺しにされてしまったのだった ハジの日記... [続きを読む]

» ブラットプラス47話感想。 [あつあつアニメ感想日記]
Episode-47「すべての血を超えて」 ジェイムズ、死亡・・ソロモン死亡(?)という今回の結末を迎えました・・・。 ソロモンは本当に亡くなってしまったのでしょうか・・・。 亡くなったとしたら・・・(´・ω・`)です・・・。 小夜側にも動きはありましたね・・・。 それでは本編です。 沖縄では金城、岡村の母が心配していた・・・。 そして沖縄にはコープスコーズが派遣されてしまっていた・・・。 一方デヴィッド達はディーヴァの公演阻止の失敗した場合の保険をかけに衛星基地... [続きを読む]

» BLOOD+ 第47話 「全ての血を越えて」 [欲望の赴くままに…。]
 …うん、いやね?わかってはいたんですよ。BLOOD+に生易しいシナリオなんてあるわけがないそれがBLOOD+クオリティですからね?正直先週のあの終わり方で絶望的だなと思っていたのですが、それでも奇跡って起きた事があるか... [続きを読む]

» BLOOD+第47話 「全ての血を超えて」 [ネコミミアンテナ]
今度という今度は、私の忍耐力も底を尽きましたよ…。 何かしんどいなと思ってたら、熱がありました。 通常の感想を追記しておきましたが、すでにハジ以外の全てに対してアンチ化の勢いですので、あまりお上品でない言葉遣いが苦手な方や、作品に満足している方、又、ヲチ目的の方はご遠慮下さい。 ... [続きを読む]

» BLOOD+ −ブラッドプラス− 第47話 「すべての血を超えて」 キャプ感想 [スターフィールド・ザ・ワールド(時は止まらない)]
岡村「とにかく、俺が戻るまで大事に置いといてくれ」真央「まぁ・・・はいはい、大事大事と」ちょwwww岡村さんそんな急に(死亡)フラグ立てんなwwwwしかも真央様も真央様で案外まんざらでもないご様子・・・・こりゃもしかすると?( ・∀・) ワクワク... [続きを読む]

» 第47話 全ての血を超えて [Delete?]
ハジ、乙女モード全開!!w そして 羽出しモードも役に立ってないよ!! そして弱ええ――――――――――――――→!!!!! ま、今回は乙女モードだから・・・ね! [続きを読む]

» []Episode-47 全ての血を越えて [ばんごはん備忘録]
タイトル通り「血」と、「自らの選択」がテーマの回でした。けっこう深い。 で、ソロモン・・・こんな終わり方はまるで予測していませんでした。小夜の目の前で華々しく戦った末、涙ぐむ小夜の膝の上か何かでキザなセリフの一つでも言い残して、そうして小夜に看取られて死... [続きを読む]

» BLOOD+ Episode-47「全ての血を超えて」 [kasumidokiの日記]
30話ぶりくらい?にカオリ(香里)と沖縄とOMOROと岡村のママンが出た。 不自然すぎる……。 まとめの時期だよというサインとしても。 発言者:→宵里、 [続きを読む]

» BLOOD+ 47話 [ライトオタクなOL奥様の節約入門日記]
コミックス「BLOOD+ 」3巻、小説「BLOOD+ 02 シュヴァリエ」2巻入手してほくほくの週末デス。小説はこれから読みます〜。 しかし、もう土曜か。早っ!!今週は早めにUPがんばりました<頑張ってコレというヘタレさん... [続きを読む]

» BLOOD+47話~キタ!キタよ姉さん最強伝説~ [ズッコケギャンブラーのドサ回り奮闘記]
イラストのハジのような心境で見始めました今回、都合により病院の休憩室で見てたんですが・・30分前からテレビチャンネル確保していたのにもかかわらず、6時ころやってきたガキんちょお子様がマリオがどうだクッパが倒せないとか騒いでて、ほとんど「映像のみでお楽しみ..... [続きを読む]

» (アニメ感想) BLOOD+ 第47話 「すべての血を超えて」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
BLOOD+(10) ディーヴァへの裏切り・・・それは破壊の女神の逆鱗に触れ、ソロモンは瀕死の重傷を負わされます。囚われの身となった彼の元を訪れるジェイムズ。彼は絶望の淵に立たされたソロモンに、小夜を殺すことを告げます。一方、ディーヴァの衛星中継を阻止すべく動き....... [続きを読む]

« う、嬉しくなんかないんだからね! | トップページ | コミクス・BLOOD+3巻の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク