2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« ドクター・フー第1話の感想 | トップページ | ドクター・フー第3話の感想 »

2006年9月27日 (水)

ドクター・フー第2話の感想

「THE END OF THE WORLD」

 

50億年後の地球最後の日に連れてこられたローズ。

お金持ちのエイリアン達が集まって、星の最期を見物するそうです。

趣味悪い…

展望宇宙船のエントランスから中へ入ろうとした所、青い顔をした神経質そうなデスラー総統に呼び止められました。

招待状が無いと入れないみたい。

でも、ドクター・フーの持っているサイキックペーパーのおかげで中に入ることに成功。

なんでも、見せたい物に変化する紙だそうで。

コイツ、すごい隠しアイテム持ってやがった!

 

中に入ると、後を追うように次々とエイリアンが到着。

チームの森の人達からは、祖父の小枝を挿し木用にプレゼントされましたよ。

お返しに、ドクター・フーは肺の空気をプレゼント。

その手があったか!!!

 

そして最後の地球人も登場です。

708回の整形手術で干物になったカサンドラさん。

いいのか、それ?

 

あと、興味を持ったのが、プレゼントと称してツバを吐きかける、目玉親父っぽい声の、青いぬらりひょん。

ツバって…

今の地球じゃ、殴り合いに発展しそうだね☆

 

ローズは、身の置き場が無くなったのか、船内をウロウロしてます。

青い顔の配管工とちょっぴり話をして、ドクター・フーのことをちっとも知らない自分に気付き、さっさと立ち去りました。

それにしても配管工さんの青い顔。

あきらかにペンキみたいな塗料で塗ってあるけど、気付かないフリをするのが良心ですね。

だって青い顔は元からだもん。エイリアンだし。

 

その頃、船内では静かにクモっぽい小型のロボが徘徊中。

何かアヤシイ雰囲気です。

配管工さんは、案の定、登場から5分くらいで退場。

ローズの後ろにもクモっぽいヤツが!

間一髪でドクター・フーが部屋に入ってきて、事無きを得たのでした。

この辺で痴話喧嘩発生。

なんかカルチャーショックとホームシックで一方的にローズが八つ当たりしてるっぽいです。

そんなガキンチョには、裏技で50億年前の地球にケータイで電話でもさせとけと、細工するドクター・フー。

すげえ、それ欲しい!

やっとこ大人しくなったローズたん。どうやら感傷的になっている模様。

 

その頃、神経質なデスラー総統はクモっぽいメカにやられて丸焦げ☆

サラバ!

 

ドクター・フーは目聡く船内の異変に気付き探索開始。

木人間ジェイブも行動を共にします。

 

ローズは黒いローブ集団に襲われ気絶。

気付くと部屋に閉じ込められていました。

その上、サンフィルターが下がり始めます。

良く分からんけど、サンフィルターが下がると太陽熱が直で入って来て、真っ黒クロスケになるみたいです。

またしても間一髪でドクターに助けられるローズ。

でも熱のせいでドアがくっ付き、外に出られません。

今回、ローズたんは役立たずの予感。

 

さてドクターですが、ホールにみんなを集めると、突然推理を開始します。

船を制御不能に陥らせ、みんなの身を危険にしているのは誰か?

その犯人の元にクモっぽいメカを帰らせてみることに。

何?コナン気取ってんの?

クモっぽいメカが近付いたのは、黒ローブ集団のミーム修道士。

でもコイツらはリモコンで動くドロイドで、真の犯人はカサンドラでした。

どうやら整形費用を得る為に、賠償金をせしめようって魂胆らしいです。

でもテレポート禁止だから、お前もヤバいんじゃね?

と突っ込まれると、何故か用意してあった装置ですんなり転送。

これ、事故に見せかけて賠償金請求しようって腹だけど、無理なんじゃないの?

明らかにコイツだけ助かるのはおかしいもん。

と、そんなことはどうでもいいみたいで、ストーリーはサッサと進みます。

途中、船内の温度がめっちゃ上がって木人間ジェイブが燃えちゃったり、ローズはやっぱり役立たずだったり波乱含みでしたが、なんとかシールドを回復することが出来、ほとんどのエイリアンが生き残れました。

で、逃げ出したカサンドラはどうなったかと言うと、逆テレポートで呼び戻されちゃいましたよ!

ご都合ご都合。

しかも船内の気温が上がっていたので、カサンドラのお肌がカピカピに。

哀れ、ホントの干物になって飛び散っちゃったのでした。

ホント、乾燥ってお肌の敵ですよね。

 

「何十億という歴史が誰も見てない中で終わった。」

感傷的になるローズ。

んでもタイムトラベル出来るんなら、もう1回その時間に連れて来てもらえば?とか思っちゃいけませんねそうですね。

そんなローズを励まそうとしたのか、ドクター・フー自身も滅びた惑星の出身者であることを告げます。

いや、それ逆効果。

案の定、しんみりした空気が漂います。

でもそのしんみり空気を凌駕する、フィッシュ&チップスの匂いが漂って来て、ローズの興味はそっちに。

急いで、食いに行こうとする二人。

感傷より食い気かよ…お前ら。

「店が閉まるまで後50億年しかないもの。」

ごもっとも。

 

« ドクター・フー第1話の感想 | トップページ | ドクター・フー第3話の感想 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ちょ。1話の感想から読まさせて頂いてるんですがこのアヴァンギャルドなドラマは一体!!!

Radiotomさん、ごきげんよ~。
これ、面白いですよ。BS2が映れば是非!
多分、DVDとかも出てると思うんですが…多分?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/12061758

この記事へのトラックバック一覧です: ドクター・フー第2話の感想:

« ドクター・フー第1話の感想 | トップページ | ドクター・フー第3話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク