2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« BLOOD+第37話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第12話の感想 »

2006年6月26日 (月)

トリニティ・ブラッドDVD11巻の感想

最終巻までラスト1巻ですね。

Tbvdv11

第21話 THE THRONE OF ROSES Ⅱ.

         THE REFUGE

第22話 THE THRONE OF ROSES Ⅲ.

         LOAD OF ABYSS

小説の方では「薔薇の玉座」「茨の冠」の辺りですね。

そろそろ終わりが近いせいか、登場人物みんな切羽詰って大変です。

みんな死して屍拾うもの無しモードです。

あんまり突飛過ぎてついていけません。

だから…せめて3クールくらいやってくれれば…

ううん、泣き言なんてダメダメ。

これは小説とは無関係なアニメだと思わなきゃ。

 

泣き虫でヘタレだったアレッサンドロ聖下もやっと、男の子から男の人に成長しました。

あ、精神的にね。

もうカワイくって、儂がお守りしたいくらいです。

 

あと、なんか知らんが突然復活して、いきなりディートリッヒを殺しちゃったカイン様にはビックリしました。

薄笑い浮かべてフラフラ歩いてるシーンはまるでジャンキーの様でしたよ?

これで後2話で終わるってのが信じられないですね~。

 

おまけタロット。

Tbdvd112

聖下だ、わ~い。

 

おまけパズル

Tbdvd114

パズルはいいんで、せめて最終巻にはCDつけてくれ。

 

おまけ4コマ

Tbdvd113

気付けよ。

 

« BLOOD+第37話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第12話の感想 »

トリブラDVD」カテゴリの記事

コメント

またまたこんばんわ~

>これで後2話で終わるってのが信じられないですね~。

いや、どう見てもみか・・・ごほごほ・・

アレッサンドロは最初からほぼ最後まで嫌いなキャラでしたが、ここら辺でやっと見れるようになった記憶が。
それでもボソボソ喋りだけど・・

4こま、オモシロスW

鷹2号さん、ごきげんよ~。
やはり世間の風評通りのヘッポコなラストの様です。ガッカリ。

アレッサンドロ聖下は、作者の遺稿の中から、エステルをかばって死ぬという設定が練られてた様で、それを知ってから大好きになりました。
好きな女子をかばって死ぬ、って萌えツボなんですよね。
よくぞ、ヘッポコが勇気を出したなって感じでw

4コマ、最後のディードリッヒの笑顔がカワイ過ぎます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/10681164

この記事へのトラックバック一覧です: トリニティ・ブラッドDVD11巻の感想:

« BLOOD+第37話の感想 | トップページ | デジモンセイバーズ第12話の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク