2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

猫と文具の好きな方、相互フォロー募集中

アルカナ

無料ブログはココログ

« 辞めちゃった | トップページ | 週刊少年ジャンプ27号の感想 »

2006年6月 3日 (土)

BLOOD+第34話の感想

「俺たちのいる世界」

 

今週の見所

ハジが微笑みのカウンセラーに!!!

 

ル~ルル ルルル ル~ルル♪

さて皆様、今週もにゅげ子の部屋にようこそ。

今週のお客様は、小夜一筋ほぼ2世紀。

ちょっとエキセントリックな所が魅力的な、時代を超えたストーカー、ファントムこと

カールさんです。

 

儂    「こんばんわ、カールさん。」

カール 「こんばんわ。」

儂    「小夜は、カイ達とはぐれてから1年振りの登場ですが、

      ちょっと雰囲気がかわってますね。」

カール 「小ァ夜ァ!!!」

儂    「あ、ヤベ!早くも使い物にならない予感。

      その小夜なんですが、見違えるほど冷静沈着に

      翼手を仕留めています。」

カール 「僕の小夜ァ!!!」

儂    「…駆け寄るカイやルイスに鋭い一瞥を投げかけてますね。

      もう仲間じゃないのかと言うルイスの問いに、

      『敵ではありません』と答えるハジ。

      それに食事もロクに摂らず倒れてしまう小夜。

      あまりの変貌に戸惑いを隠せませんね。

      つか、儂にしゃべらし過ぎだろ。

      ノド渇くっつーの!」

カール 「レッツ ダ~ンス♪」

儂    「…ああ、ハイ、分かりました。

      ええ~っと、仮面とマント。

      どうぞ、コレ着けてあっちで踊っといて下さい。」

 

儂    「コープスコーズなんですが、

      彼らは生後48日で実戦投入できるみたいですね。

カール 「ああ、僕は関与してないので詳細は知らないんだ。」

儂    「つか、教えてもらえないのが正しゲホッゴホッ。

      失礼。

      ジュリアさんは人間なら誰でも持っている

      倫理的な部分で悩んでおられますが。

      それをコリンズ教授が丸め込んでいる、と。」

カール 「ヴァンじゃないか!

      ふははははは…盗聴かい、悪趣味だね。」

儂    「コリンズ教授はスルーかよ!

      つか、飴ジャーノさん?

      『トレビア~ン』て、ムッシュピエールですか?」

 

儂    「グレイさんちに小夜が担ぎ込まれましたよ。

      それにしてもデヴィッドさん、

      やさぐれるのも大概にした方がいいです。

      小夜が帰ってきて鉄人復活と思ったんですが

      全く無反応。アル中街道爆進中です。」

カール 「あのシュバリエェェェエ!!」

儂    「は?あ、ハジですか。

      ちょ、ケンカ売るのはやめて下さいよね。

      この前アンタが勝ったのはマグレですから。」

カール 「脇役のくせに僕と小夜の邪魔をぉぉぉ!」

儂    「いや、脇役はアンタゴホッゴホッ。

      勝ち目無いからやめとけっつってんだろぉ!?

      はい、コレでも見て落ち着けや。」

カール 「これはエクセレントモデルBLOOD+音無小夜ァ!!」

儂    「く、詳しいですね。」

カール 「あたりまえだよ。

     僕の部屋にもこれと同じのが100体ある。」

儂    「そ、そうですか。って、今バキってヘンな音が!?」

カール 「いらないものを取ってるんだ。邪魔をしないでくれ!」

儂    「いらないものって…ギャアアアアア!!

     ハジ、ハジがぁぁぁぁぁ!!!」

カール 「これでいいぃぃぃ。」

儂    「も、いいです。

      それにしてもハジですら、この1年どう過ごしてきたか

      語ってくれないですね。

      これからのことも、まるでカイ達と一緒に戦うのを

      望んでない口ぶり。気になります。 

      て、聞いてないよ、この人。

      フィギュアに夢中だよ、チクショー。」

 

カール 「小ァ夜ァ!

      小娘、僕の小夜に触るんじゃない!」

儂    「あ、突然こっちの世界に戻ってきましたね。

      すばらしい小夜センサーです。

      モニークが小夜の顔に手をやった瞬間、

      目覚めて殴りかかろうとしましたよ。

      一体、どんな日々を送って来たんでしょうね。」

カール 「僕に会えなくて寂しかっただろう、小夜?」

儂    「アンタ、それよく真顔で… 

      久しぶりの腹サウンドと思ったら、犬に向けてですか。

      ホント、どんな日々を送って来たんでしょうね(ホロリ)」

 

儂    「極力、人と関わるのをやめ、

      自分のせいで誰かが翼手の犠牲にならない様にとの考えなんでしょうか。

      取るものも取りあえず、グレイさんちから出て行こうとします。

      でもグレイさんが引き止めてくれました。

      やれば出来るやん、ハゲ。」

カール  「パンケ~キ♪パンケ~キ♪」

儂    「いや、アンタは小夜と一緒にパンケーキ食えないから。

      そんなことより、ルイスが抜け目無く倉庫から

      クランベリージャムをパチってくるのにはビックリです。」

 

カール 「誰だ、あの人間は?

      小夜の隣にいるのは僕のはずだ。」

儂    「ああ、たった1年しか経ってないのに、

      ものっそい成長の早さでイケメンになったカイです。」

カール 「カイ? 脇役の分際で!」

儂    「ああはいはい、そうですね。もうどうでもいいや。

      んでも、小夜はカイに沖縄へ帰れと言いましたね。

      気持ちも力も違うから。

      こんな誤解される様な言い方しか出来ないんですかね。

      切ないですね。」

カール 「ふはははははは、フラれたんだね!」

儂    「いや、これのどこをどう見て!?

      あああ!?

      微笑のカウンセラー・ハジ登場ですね!」

カール 「僕の爪で引き裂いてあげるよ!」

儂    「テメェ、アンシェルに言いつけるぞ!

      アル中デヴィッドさんと通じ合った様な会話。

      この2人がこんなにしゃべってるのを見たことありません。

      ちょっと新鮮。

      あ!?翼手ですよ!

      小夜のニオイを追ってやって来たみたいです。」   

カール 「小夜のニオイかい?

      彼女のニオイはまるで天上から降りて来た天使の」

儂    「ああはいはい、寝言は棺桶の中で言え!

      言ってる側からモニークがピンチです。

      カイの銃も腕の鈍ったデヴィッドさんも歯が立ちません。」

カール 「小ァ夜ァ!僕の小夜が…

      まるで踊っているみたいだよ。次は僕と一曲。」

儂    「一生、妄想の中で踊ってろ!

      剣が見つからず、キッチンの包丁で止めを刺す小夜。

      んん? 1年前に比べるとやっぱ変わってますね。

      以前はガムシャラに突っ込んでましたが、

      今はまるで翼手を哀れんでいる様です。

      翼手もまたディーヴァの犠牲者と気付いたんでしょうか?」

カール 「どこへ行くんだい?小夜?」

儂    「ホント、人の話聞かないな、コイツ。

      『ごめんなさい』

      自分のせいで迷惑がかかったことを気に病んでいるんでしょう。

      この『ごめんなさい』がとても悲しく響きますね。」

カール 「ん~んんん~ん~♪」

儂    「ヤベ!コイツ、ついにあっちの世界へ!?

      とか思ったら、このTVに出て歌ってる人は誰ですか?

      声はディーヴァだけど、ルックスはリクきゅんと足して2で割った様な。

      胸も無いし…まさか…?」

カール 「ん~んんん~ん~♪」

儂    「ええ~、カールたんが壊れてしまったみたいなので

      今回はこの辺で。

      ちなみに儂はカールたん大好きですよ。

      ヒドイ言葉を投げかけてるのもゆえです。

      それでは皆様、また来週~。」

 

« 辞めちゃった | トップページ | 週刊少年ジャンプ27号の感想 »

BLOOD+」カテゴリの記事

コメント

にゅげさん ご機嫌麗しゅう~☆

ちょ、いきなり『あ、ヤベ!早くも使い物にならない予感。』で噴いたよwwwwww!
で、ホントに使い物になってなかったし! ゚(´∀`゚)゚。

その後もカール語録のキレっぷりも最高です!

一番最後、
>『ちなみに儂はカールたん大好きですよ。
>ヒドイ言葉を投げかけてるのも愛ゆえです。』

って、マジですか!?Σ( ̄□ ̄|||) 
てっきりカールを緑色に変色させる為、挑発してるんだと思ってました(笑)

あっ、ハジバトン頂きます~♪

鷹2号さん、ごきげんよ~。
カールたんは、むしろ使い物にならない方が光ってますね。
>緑色に変色させる為、挑発
いえいえ、愛ゆえの言葉責めですwww
緑色になると、おかしな発言がなくなりますからね。人型のまんまで奇妙なセリフばっか言っとけば長生きするだろうに…
バトンどうぞ~。
やっぱハジスキーファンクラブ会員はやっとかなきゃですねw

こんばんわ~。遅々コメントですいません~。
もう、今回もにゅげさんの感想は「保存版」にしたいぐらい、爆笑しました。
もう、ほんんんと、「隣にカールたんがいる!!」って感じで笑。つか、カールたんの
「トークショウホスト」をヤルのは至難のワザですね笑。来週は何か、「カッパ」みたいな感じになってたし・・スタッフさんは、まだまだ長生きさせてくれる感じですね。

Radiotomさんの「カッパ」でド吹いた!今週、私はまるっきり鬱々な気分で見てたうえ次週予告も涙ボロッボロだったんだけど、カールたんがカッパになってゆく様だけは泣き笑いでした。

Radiotomさん、ごきげんよ~。
喜んでもらえて何よりです~。
実際、隣にカールたんがいたら、1人じゃ相手できなくて、友達呼ぶと思いますよ。なんかね、取り扱い注意キャラw
あの人、なにかと言えばカッパに変身しますよね。カッパだと珍妙なセリフが出てこないから、なるべく人間の姿でぶっちゃけて欲しいんですが。
まあカッパも愛嬌あるから…

姫、お帰り~。
先週から怒涛の展開だよね。
その上、お先真っ暗感は否めません(;_;)
ええ、そんな中カッパだけは変わりなくって、ちょっと吹いた。いつもでもそのままでいて欲しい。いっそ、最後も生き延びて欲しいよ。

ハロハロ~♪

変態カ~ルの壊れっぷりが素晴らしい♪
にゅげさん、いい仕事してマスねえ~♪
次回予告では緑色になったりもするよ~な変態カ~ル♪
その活躍に期待度Lデスね!!

復活の小夜たんはツンデレのよ~なので
(いやツンはともかくデレのシ~ンはないだろ)
周囲の人達は大変デスね♪

それではSee you next week♪
Bye bye♪( ̄∀ ̄)ノシ

にゅげさん、こんばんは~!
&コメント・TBありがとうございますっ★

>ハジが微笑みのカウンセラーに!!!
それにしてもこのデヴィハジの仲の良さってちょっとびっくりでした。
親切なルイスにあんなに無愛想だったくせに・・・ハジ。

>あ、ヤベ!早くも使い物にならない予感。

いきなり興奮するカールワロス!!
仮面とマントやフィギャを渡して上手くあしらうにゅげ子さんナイス。
カール、100体の大半を魔改造してるに100オーブダラー。

そんなカールが私も大好きデス★

ようかんさん、ごきげんよ~。
ありがとうございます。
褒められちった、テヘ。
カールたんは出て来る度にグリーンマンに変身ですねぇ。次は何をやらかしてくれるのか楽しみですよ。
小夜はツンでしたねぇ。早くデレも復活してほしいです。

しのぶんさん、ごきげんよ~。
>デヴィハジの仲の良さってちょっとびっくりでした。
そうなんですよね、意外です。あんなにフレンドリーに話しかけてくれるルイスを差し置いて。ゴハンだってルイスに付いてれば美味い物が食べられるのにw
カールたんの正装はファントムの格好だと思ってるので、やっぱ仮面とマントはいりますよね~。フィギュアは間違いなく改造するだろう、ヤツなら…
あ、良かった。しのぶんさんもヘンタイ好きで何よりです(オイ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122528/10378482

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD+第34話の感想:

» BLOOD+第34話 「俺たちのいる世界」 [ネコミミアンテナ]
えーっと、どうしてハジは戦いませんか? ずっと彫像のように立ってるのは何故ですか? グレイの家で皆が翼手と戦ってる間、何してましたか? デヴィッドから「お前は空気」扱いされた事に、ああ、だから、いつも空気のようにスルーされてきたんだね(にこっ)って、突っ込むべきですか? まあ、それはいいとしてw ハジ、無事の再登場おめでとうーー! ... [続きを読む]

» BLOOD+ #34 「俺たちのいる世界」 感想 [つれづれにっき@Rainbow]
やっと小夜とハジジがでてきたーー! 成長したカイはかっこいくなったけど、やっぱハジがいないとつまんないよ…(^ω^;) ってなわけで 第34話「俺たちのいる世界」 感想いきまっす!! ●小夜・ハジとの再会 カイとルイスのピンチに駆けつ...... [続きを読む]

» 今週のBLOOD+「俺たちのいる世界」 [さすがブログだ、なんともないぜ!]
サヤがついに戻ってきた?・・・のですが、どうも様子がおかしい。 すっかり人が変わってしまったようで。 [続きを読む]

» BLOOD+ 第34話 [鷹2号の観察日記]
 今週も何だかな~ って、感じです。既に気分は来週に入ってる。  ちょっとだれよ [続きを読む]

» 第1800回 アニメ BLOOD+Episode-34「俺たちのいる世界」 [ran rabbit junk's blog]
今回はデヴィッド、復活!?な回でした。 〜あらすじ〜 小夜との再会をはたしたカイ。しかし小夜はよろめき倒れてしまった。 カイは、介抱のため小夜をグレイの家に運ぶが、そこに翼手が襲いかかってくる。 あれっ…? 普通なら先にハジが出ないか…? って....... [続きを読む]

» [BLOOD+] Episode-34 俺たちのいる世界 [ばんごはん備忘録]
見てみぃ、この勇ましいタイトル!内容のほうもさぞや漢臭く勇ましい展開に違いない!!・・・と信じて疑わなかったのですけど、どうですかこの見終わった後の鬱々感・・・ラストシーンは、軽く吐き気を覚えるような絶望感、そのうえ、次週予告に涙がボロボロ出たうえ、ダメ... [続きを読む]

» (アニメ感想) BLOOD+ 第34話 「僕達のいる世界」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
BLOOD+ Vol.7 [完全限定生産]/アニメ 前回、ラストにようやく登場した小夜。逞しく成長したカイと同じく、以前とは違う様子の彼女。しかし、側には以前とは変わらず小夜を守り続けるハジの姿が・・・。リクを失ったあの後、沈みゆく船に残された小夜とディーヴァの間に....... [続きを読む]

« 辞めちゃった | トップページ | 週刊少年ジャンプ27号の感想 »

フォト

Y商店ハテナ支店

  • 完全作り話商会
    小説でも書けたらいいかな…と。 メガネ小人、はじめました。

※ ※ ※

山口県民ならば

最近のトラックバック

相互的エクセレントリンク